FC2ブログ

  • 時の流れを噛みしめながら・・
  •  「突然の訃報に・・」
     
     ★午前中は事務所にて、この3日間の活動での写真や資料整理などのデスクワークをする。

     午後2時からの告別式に間に合うように、エミフル前から宇和島バスに飛び乗った。
     東大洲のバス停で降り歩き始めたが、夫が迎えにきてくれたのですぐに会館に入場できた。

      義理の兄さんのお母さんが朝自宅にて突然だったらしい・・ほんの2週間前のお父さんの1周忌の法事でお会いした時はお元気そうでいらしたので本当に信じられなかった・・。
     
     祭壇に飾られた写真の中のお母さんはニコニコと微笑みかけていて、向こうで待っているご主人や息子さんとワイワイやってそうにも見えるほど明るい方だった。

     兄さんは4人家族(親・兄弟)の中で、とうとう一人だけ残った形になってしまった。住み慣れた出海のおうちのことや色々残務整理も残っていて、しっとりと寂しさに紛れる時間もないようだ。

     49日の法要も同時に行なわれ、夕方帰宅した。
     身近な人の旅立ちが妙に切なく感じてきて、私自身も残りの人生少なくなってきたんだなぁ・・と思いつつ、まだ両親健在の私にはこの二人を先にきっちり送るという仕事が残っているんだと責任の重さも感じた。

     明日は、厚生常任委員会所管の決算特別委員会がある。
     疲れを残さぬように、もう休もう。

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://midorinokobeya.blog84.fc2.com/tb.php/921-ef26963b