fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

「案外 気づかない地域資源は、宝の山」  2008-01-24-Thu


 今日コミセンで開催された、地域資源活用促進フォーラムin四国に行ってきました。
(この模様は、2月23日の愛媛朝日テレビ朝7時半からの番組で放送予定)
全国の中小企業にもっと元気になってもらうべく政府の肝いりで作られた中小企業基盤整備機構の四国支部が主催で、基調講演と4人のパネリストによるディスカッションという二本立ての内容でした。
 
 会場は、各分野から(多くは、県内企業関係者)の出席者でほぼ満員でした。
基調講演の講師もされた(株)庵 取締役会長のアレックス・カー氏の話は、とても興味深いものでした。
 
 アメリカ人の彼が学生時代に日本の古い民家に大変魅せられ、1973年に徳島県の東祖谷山村で茅葺き屋根の民家を購入し、その後屋根の葺き替えから田舎の復活活動に取り組み、1977年からは活動の拠点を京都に移し、古民家再生でまちおこしを成功させ、1993年には著書「美しき日本の残像」で新潮学芸賞を受賞など今や全国区の幅広い活動をされています。
 そこに住んでいる人が、案外気づかない地域資源(昔からやっている産業や事業、文化などの資源)を充分に再生させる事なく、廃れて、また諦めてしまっている現実がある。
  そこに、部外者が入ってそのすばらしさに感動している様子を見て、地域の人にそのよさを再確認してもらうことがよくある。
  そこからスタートなんだと・・・・・

 後半のパネルディスカッションでは~
パネリストの三宅曜子氏(株)クリエイティブ・ワイズ代表取締役の言葉から(マーケティングコンサルタントという仕事柄とてもわかりやすく、コンセプトの伝わりやすいプレゼンの見本のような発表だった)

・地域資源活用の秘訣
 どこに・・・すぐ首都圏をねらうな 
 誰に・・・ターゲットをしぼりこめ
 手法は・・・簡単レシピ(10分間で調理できる)の添付
       ネットの有効利用、コストをかけずに最大の効果をアピールできるプレゼンを!

 まだまだ書きたいけど、眠くなってきたのでまた明日   おやすみなさい zzZZ・・ zzz


                                               (1月23日)

CATEGORY勉強 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 『宝の山・・』 partⅡ | ホーム | 「気づかぬルール違反」 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |