fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

息子夫婦、帰省の4日間 2022-10-09-Sun

 「6日の午後3時には松山空港に長男夫婦が到着。私が迎えに行って、帰りに空港に比較的近くにあるヒロタ写真館に連れて行った。コロナ禍のため去年の結婚式に私たち夫婦は参加できず和装だけの写真集があるのだが、せっかくなので私から洋装の記念写真も是非残しておきたいと提案をしていたこともあって、やっとその実現のため休みを取ってきてくれた。先に写真館でたくさんの衣装の中から選んでもらい、翌日写真撮りをすることに・・・。白のウエディングドレスとカクテルドレスの2種類を選び、息子は1種類のタキシードを決め、約1時間半はかかった。それでも早いほうだと言われたが、写真のレイアウトや大きさなども決めて、7日10時に写真館に入るように決めた。私もフォーマルウエアを去年購入していたのでそれを持っていき、夫も当日タキシードを決める予定だ。」

 帰宅後、夫の買ってきた長浜の魚で夕食を。ハギや鯛の刺身やホゴの煮つけ、ゆで蛸などお酒が進んだ。久しぶりの息子たちとの団らんで夫も上機嫌で、明日を楽しみに早めに就寝するようにした。
 7日は朝食後、私の車で写真館につ入れて行き、お嫁さんからメイクとヘヤーのセットを。専門の美容師さんが手早くきれいに仕上げていく。彼女のロングヘヤーはいかようにもアレンジができ、ウエディングドレスの時はアップにして、カクテルドレスの時は下に三つ編みのように1本にして素敵な変化だった。堀の深い顔にはメイクも生えて、本当に写真映えのする彼女はカメラマンも何カットもまたいろんなシチュエーションで写真を撮ってくれて、あとでその中から選ぶのに迷う、迷う。1か月後には製本されるのだが、今から楽しみだ。

  
PXL_20221007_025513712_3.jpg PXL_20221007_041746482.jpg
 私と夫もせっかくだから別に記念写真をとってもらった。夫はスタイルだけはいいので顔は老けているのだが恰好だけはジェームスボンドのようで、こんなに黒のタキシードが似合うとは思わなかった。それに比べて私の太った体型が強調されて、本当にがっくりした・・・・
         
PXL_20221007_024227614.jpg
 結局すべての写真撮りからデータの選択、支払額の算出、支払など終えるとほほ夕方までかかり1日仕事だった。それでも早いほうだと言われたぐらい順調に終わったみたいだ。
 夜は松山市内の行きつけのステーキハウスで食事を。ボトルワインを開けて、お祝をして帰宅。
 8日は午後から長浜の山の家に上がって、ラブも一緒に連れて行ってお泊りを。山の中なので冷えるかなと思っていたがさほど冷えず、それでも夜のために薪ストーブに着火し、外のバーべキュー用の火も炊き、お風呂の薪をくべて岩風呂の湯も沸かしてすべて順調だったのだが、途中からストーブの煙が逆流して部屋の中が煙たくて大変。
 外のBBQも暗くなったので蛍光灯を付けてやっていると、スズメバチが何匹もやってきてぶんぶん飛び出したので電気を消して、家の中の囲炉裏の上に鉄板を置いて焼肉の続きをしてたら、ストーブの不完全燃焼か?煙がうまく煙突に逃げてくれないので大変なことに。下手すると一酸化炭素中毒で寝ている間に窒息死なんてことになったら、昨日撮った写真が遺影になってしまう・・・なんて大笑いしながら煙を追い出す作業に。
 ハプニングいっぱいの山の家の宿泊でした。
         
PXL_20221008_050658059.jpg

     PXL_20221008_090900259.jpg
PXL_20221008_121453627.jpg PXL_20221008_095108099.jpg
 今朝もそんなには冷えずに、みんな元気に下山。早速、煙突の不具合の原因について夫は業者に電話をしていた。煙突掃除も必要では・・・
 朝9時半には軽トラに私たちが、息子たちは軽のライトエースで別々行動を。
 午後3時過ぎの飛行機で帰宅の途に就く息子夫婦を自宅で見送り、夫が空港まで送って行った。
 私は明日から11日まで大阪行きの予定なのでその準備などで忙しく、また昨日までの残り物でタコ飯やアラの煮つけなども作って、残った分は明日の分にでも・・・夫が食べれるように。

CATEGORY日記 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 関大交友総会2022 | ホーム | 足の痛みを引きずりながら・・・ »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |