fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

防災ワークショップ 2022-04-16-Sat

 「今朝からとってもいいお天気。さすがに庭の花たちも水切れ状態でシュンとなっていたので、すぐに水やりを。やはり水は大事、夕方にはきれいに元気に背中をのばし色鮮やかに微笑んでいるようでした。午前中は何かと雑用に追われ午後からの会議に向けて少し準備もあって事務所に行って書類や資料をそろえ、帰宅後軽くドーナツ1個の昼食を済ませ、1時過ぎに山越の女性センターに向かった。女性と防災の会と愛媛大学の学生さんたちの防災グループの方々、さらには障がい者グループの代表の方々とコラボでマイタイムライン作りと逃げ地図作成のワークショップをして、夕方4時過ぎまで一緒に勉強してきました。」
            PXL_20220416_041741735.jpg
 マイタイムラインでは事前に自分なりのものを作って行っていたのですが、時間系列で講師からいろんな条件を出されていくと、どのタイミングで避難をしていっていいのか非常に難しいなと感じた。ましてや自分だけでなく周り、近所の高齢者や避難困難者とともに移動するとなれば、それなりに時間の余裕が必要であることが良くわかり、学生さんたちも自分のシュミレーションの甘さに気づかれたようで、感想を述べる時間帯でそのことについて触れていた人が多かった。もちろん災害は起きる場所、時間帯も異なるしその災害の種類によっても異なり、特にタイムラインは水害には効果ありだが、地震には起こる時間が掴めないので何時間も前から準備することも今の科学では無理。
 その後の逃げ地図作成では、色鉛筆を使って実際の2500分の1の白地図に皮状の3センチ刻みのひもを使って3分間で進む距離を表し色鉛筆で塗っていく作業を行い、自宅から避難場所へのルートを考えていくワークショップをして普通に逃げる場合と冠水に近い道路状況や風雨の中、避難グッズをもって歩いていくことが、どれだけ短い距離でも普段何もない状況下と違って時間がかかるかを実感してもらう作業だ。

 今回は私の事務所を起点に岡田小学校へ避難することを考えて、事前にまちづくり課にお願いして白地図を作ってもらい、4グループで実際にトライしてもらった。
                PXL_20220416_045909741.jpg
PXL_20220416_064304499.jpg

 県道沿いの私の事務所から岡田小学校までは恐らく500メートルもないくらいだが、作業してみると移動に17~8分かかることがわかり、それらも起算してタイムラインを作成すべきと感じた。
 4時過ぎに研修会は終了し、防災ベストをお金と交換で実際に手渡して女性と防災の会の皆さんの注文分は無事支払い分も回収できた。
 夜は夫からのリクエストで久々の外食で、美味しいお酒と肴で満足の1日だった。充実の疲れをしっかりとって、来週に向かおう・・・

CATEGORY日記 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 18日から19日にかけて | ホーム | 花びら泥棒? »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |