fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

岡田保育園 内覧 2022-03-31-Thu

 「今日は朝からシトシト雨の菜種梅雨のような1日中降っていました。そして同時に21年度の年度末、3月も終わり、明日から新年度4月となります。本当に早い3ヶ月でした。午前中は銀行に行けば、やはり多くの人が来ていたし、事務所でも明日への準備や雑務に追われ、昼過ぎにはいったん自宅にそして2時にはできたばかりの新築の岡田保育園の内覧をさせてもらった。あいにくの雨だったがやはり園庭も広く建物も木の香りが温かな感じで、明日から子どもたちの元気な声がここで聞けるようになるのだと思うと、関係者の皆さんの長年の夢がかなって本当によかったなと感じた。ゆっくりと園長先生から隅々まで案内してもらって、写真も撮らせてもらった。」
  
PXL_20220331_045913136.jpg

            PXL_20220331_052406906.jpg

PXL_20220331_051543821.jpg

           PXL_20220331_051505471.jpg

 PXL_20220331_051134391.jpg

           PXL_20220331_050737130.jpg

 PXL_20220331_050424682.jpg
 その後、エミフルと郵便局に行って用事を済ませ、カネボウ化粧品売り場でメイク商品の切れている分を購入して、ちょうどいつも担当してくれる女性が5月で結婚退職されると聞いて、ちょうどお別れの言葉もかけることができてよかった。彼女も目には涙が・・・でもおめでたいことだから、お幸せにと笑ってさよならした。まさに3月は別れの時期なんだなと思った。
 食材の買い物を済ませ4時半ごろ帰宅。いつものようにテレビを
つけてニュースを見ると、まずはウクライナ情勢、そしてコロナ関連・・・・今日も272人の県の感染者が出ている。松前町は7人、粗衣手若い世代が全体の8割近くを占めている。愛媛県は、全国的に見たらまだ少ないほうで、蔓延防止機関が外れた他県の多くがまた高止まり、もしくは増加傾向となり、日本全体では1日の感染者がまた5万人台となってきた。今は季節もよくなり、お花見や卒業、入学入社、転勤移動など、多くの人が躍動的に動き出す季節となるため、どうしても感染拡大につながるようだ。しかもステルス2などという同じオミクロン株でもさらに感染力が強い株に変異してきているようで、これはブースター接種しているものでも感染するし、まだまだ若い人たちには3回目のワクチン接種が行き渡っていない状態が続いている。
 明日からようやく松前町内の公民館や福祉センター、体育館や町
立図書館なども使用できるようになり、私たちもそこでのサークル活動が再開されることになった。
 このように感染が収まればまた少しづつでも日常が戻ってくる
。でもウクライナで今起こっていることは人が平気で破壊を繰り返すことで多くの命や暮らしそのものが取り返しのつかない喪失状態になっている。本当に戦争がもたらすものは、不幸と悲しみだけで、得るものは一つもない。停戦交渉が何回も行われているが、なかなか妥協点が見いだせず、この間にも多くの罪のない命が失われている
 ウクライナの人々はもちろんのことロシアの一般の人たちも不幸
なことに巻き込まれている。ごく一部の権力者の野心が多くの人の平穏な幸せを奪い、全世界の人々の気持ちをさかなぜしている。一刻も早いあ停戦とロシア軍の撤退を願う。そしてウクライナの平和を取り戻し、復興のために日本も全力でサポートしてほしい。
 日本のすぐそばに北方領土を実効支配しているロシアがいて、こ
このところお構いなしにミサイルを飛ばしている北朝鮮がある。そして南方には尖閣列島と台湾を挟んで中国が圧をかけている。ウクライナのように核を放棄すると、このように侵攻されたとき、守ってもらえないと悲惨なことになるので、やはり核を持つべきだとか、兵器を拡充しや軍隊をもつべきとの考えや声が大きくなることも懸念される。
 77年前の悲惨な戦争の終焉を経験した人たちが少なく成って来
た今だからこそ冷静に考えていかなければならないと思う。

CATEGORY日記 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« フラダンス教室、会計監査 | ホーム | 公民館の開放はまだ? »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |