fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

オリンピック競技にハラハラドキドキ 2022-02-07-Mon

 「今朝も大変寒く本当にベッドから出るのもつらい毎日が続きますが、暦の上では立春も過ぎ暖かい春が待ち遠しいところです。午前中は防災士と今度の会合で配布する資料について打ち合わせ、また先日から行っている私のホームページの更新について依頼先との確認を。またセキュリティについてもさらにランクアップした提案があった。午後からもデスクワーク中心の仕事に終始。」

 昼休憩の折には北京オリンピックのフィギュア団体戦をハラハラしながら観戦。日本は男女シングルに関しては問題なく上位に行くのだが、ペアとアイスダンスについてはアメリカ、ロシア、カナダにはなかなか歯が立たなかったのだが、今回は特にペアの演技が十分対等に戦えるレベルまで来たので初めてこの種目で銅メダルを取ることができた。
 夜もジャンプ混合団体や女子スピードスケート1500メートルの競技にエキサイトした。高木美保さんが一番金メダルに近い実力者だっただけに、1500メートル滑り終わった後に0.44秒差で2位のタイムだった結果を見て悔しさをにじませる顔になっていたのが印象的だった。またそれ以上に悔しさと悲しさ、落胆の中、2回目のジャンプに挑んだ高梨選手に拍手をしたい。個人競技で着ていたジャンプスーツが気圧の関係で体重が減少した高梨選手には大きくて規定違反となり、最初の大ジャンプは失格となり点数がゼロになってしまったのだ。これには視ている私たちも会場の皆さんもワケがわからず戸惑う中、試合は淡々と進み8位に落ちた日本チームも何とか決勝に残れて最終小林の大ジャンプもあって4位にまでこぎつけた。ほかにドイツやオーストリアも失格の選手が出て、ドイツは決勝に残れずオーストリアも5位に沈んだ。
   
号泣の高梨沙羅

CATEGORY日記 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« そろそろ一般質問の準備を | ホーム | リモート コムズフェスティバル »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |