fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

高齢社会をよくする会 2021-06-13-Sun

 「今日は朝から雨模様という予報があったにもかかわらず、日が差していたので思い切って洗濯を。もし急な夕立があっても濡れないようにテラス内に干して、モーニングに行って、帰宅後昼までの時間はパソコンの前でおおかたFacebookやメールなどのチェックをして書き込みも済ませた。12時前には友人宅まで車でお迎えに行き、今日の会合「高齢社会をよくする女性の会全国大会㏌松山」の実行委員会の総会に出席するためコムズまで行った。午後1時35分から上野千鶴子さんの講演があって、その後総会がありその議長を事前に事務局より頼まれていた。」

 上野先生の軽快で本音でズバリと語るトークは、聞いていても小気味いい。確かにもう間近に迫っている終末をどう迎えるかという課題について、機嫌よく自分の意志で家族や伴侶に遠慮せずに決めてその道を進むには・・・・在宅一人死をお勧めだといわれる。
 これは孤独死ではなく、不審死でもなく安らかにその時を迎えるや
り方だとおっしゃる。ピンピンコロリはいいようでよくない・・・なぜなら本人はいいかもしれないが突然死なので、不審死の疑いをかけられ警察などいろいろ調べられたりするので後に残るものに迷惑をかけることになる。かといって死ぬ間際に親せき一同集まって周りで泣かれたり、呼び続けられると自然に亡くなろうとしているのに、うるさくて仕方ない。と先生は言う。あ~なるほどなと思いつつ、認知症になったら自分の意志は通しにくいよなと思うが、事前に自分の希望をしっかり伝えておくことが大事で、最後までターミナルケアを在宅で行うことができるのだといわれる。訪問介護や診療がしっかりできるならと思いながら聞いていたが、国の政策として介護保険の限界からだんだん在宅ケアを勧める方向になっていて介護度3以上にならないと施設介護もできにくくなるようだ。国の意図にはまるのではなく、自分の意志で行きたくもない施設に入って最後を迎える必要はないのだと結んでおられた。納得・・・・
          
上野さん 
 その後、総会があって私が議長でスムーズに皆さんの協力も得て進
行することができた。ほぼ時間通りに終了することができ、ほっとした。
       PXL_20210425_043604531_20210614110652de5.jpg

             PXL_20210425_055357572_20210614110650be7.jpg

 明日はいよいよ一般質問だが、今日の会は私自身にとって新しい
発想を得る機会にもなったし、質問に関連するような内容にもなったし参考にもなった。
 ★夜は全仏オープン最後の男子シングル決勝を楽しんだ。

CATEGORY日記 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 一般質問を | ホーム | 保育士さん向け防災講座 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |