fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

久々の史談会へ 2020-12-11-Fri

 「朝事務所によって少し原稿の修正をして、そのコピーをもって史談会の集まりに。10時半ごろだったのですでにいつものメンバーが集まって談笑中だった。進行役の麻生氏から議会のトピックスはと聞かれて、息が上がってハアハア状態だったので少し息が整うまで持っていたコピーの原稿を皆様に披露。それは「コロナ禍の1年を振り返って」というタイトルのもと約2千文字ほどでまとめた文だった。急ぎ昨日今日にかけて書いたものなので十分に網羅されてはいない部分もあったが、それなりに時系列で書き上げた分、皆さんにはある程度納得と賛同頂けるかなというようなものだった。特に政府批判をするものでもなく、自然に感じた未知の感染症拡大という初めての経験、それによる戸惑い、新生活様式、悉く中止や延期になる行事や分断されるコミュニケーションの場、そして目に見えないウイルスへの恐怖からくる誹謗・中傷など、本当に翻弄される自分とそれでも何か、今だからこそできることは何かを模索し、やれなかったこともできたことも綴った。いつかは抜け出せる長い苦難のトンネル、でもここで人は当たり前の便利さや環境についてしっかり考えさせられる時間をもらって、トンネルの向こうに新しい光や発見もあるような気がする。もう超ポジティブに生きていくしかないね(笑)」

 史談会の皆さんには結構そうだそうだと同感を頂きながら、そこからコロナ感染拡大のこの1年の話に火がついて話題ががどんどん広がって、約30分ぐらいコロナ談義と化した。おかげで私の呼吸もごく普通に戻って最初の提案から話を戻した。
 
来年3月に完成予定の西古泉からラウンドアバウトまでの防災道路の件、令和7年完成予定の上水道施設のこと、子どもと高齢者の窓口が福祉課や健康課、保険課がバーター状態だったものをほぼに心から子供の成長に向けて一貫した子ども支援課として1本化して高齢者政策や包括支援センターなどと割り振りが変わったことなどを話した。そこで、またまた話題が広がり挙句はエネルギー問題や地球環境へとお話はよりアカデミックになって、本来の史談会的な話はどこか飛んで行ってしまった感があったが、本当に面白お話し好きなおじさんたちの集まりだった・・・
 なんだか12時までしっかりこちらが元気をもらって、新刊の発行には是非こういう座談会の模様を掲載するのも面白いのではと、つい提案してしまった。もちろんテーマは史談会らしく、歴史上のだれもが知ってる事件など、でも謎が多い、例えば本能寺の変とか2・26事件など、史談会の面々なら謎の部分をオリジナルの発想でいろいろ想像してとんでもない意見が出たりするかもしれないので・・・・・皆さんかなり乗り気になってくれたみたい。
 その後庁舎に行って用事を済ませ、いったん事務所に戻りデスクワーク。
 4時ごろ事務所を出て、買い物などを済ませ5時前に帰宅。
 夫から電話があって空港に行く。7時前に到着。夜の運転はあまり好きじゃないのだが、車が2台いる状況なので出動。7時40分には息子の友人とスタッフさんが来て、これからプロジェクトの作業のため長浜の山のログハウスに行くため伊予市あたりまで誘導、帰りは私の車で夕食のため北斗により帰宅。
 明日は息子が昼過ぎのジェットスターで帰ってくるので迎えに行き、そのまま夫もログハウスで泊まるらしい。お邪魔虫にならないようにと願うのだが、本人的には若い人たちと酒を飲みながらの会食を楽しみにしているのだが、マスクとソーシャルディスタンスが守れるか少し心配。息子に電話で頼んでおいたが、さてさて・・・・

CATEGORY日記 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« コムズフェスティバル打ち合せ | ホーム | 止まないコロナ感染・・ »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |