fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

コロナ対策基金は・・・ 2020-04-30-Thu

 「今日も日中の気温が上がっていよいよ5月が初夏を読んでるような感じになってきた。明日から5月、一年中でも一番過ごしやすい季節となるわけだが、コロナのためにステイホームで遊びに行けない。気分は滅入るが、みんなで乗り切らないといつまでもこの生活が続くわけだ。今日は国としてこの国民の生活を助けるための施策のための
補正予算が衆、参両議員で可決通過して、いよいよ各自治体へと流れてくる。1日でも
早い現金給付やそれに代わる救済施策となる雇用調整助成や事業休業補償など経済活
動支援、また医療体制への支援、大型のそれこそリーマンショック以上の国難に向けての大型補正予算が実践される。緊急事態宣言も5月いっぱいまで延長されるようだ。まだこの自粛体制を緩める段階ではないと判断されたようだ。」

 ★午前中は事務所にてワクワクレポートを封筒へ入れていく作業を続けて、ほぼ明日にはすべて終了できそうだ。
 午後からは庁舎に行き用事を済ませた。一つには基金の件で町長とも話をさせてもらえる機会も得たので、意見交換もさせてもらった。ちょうど県がふるさと納税を
利用した対策応援基金の創設を打ち出していたので、町としてもやりませんかというと、そのことが職員に対してプレッシャーになってしまうのもよくないのではないかと思うとの事だった。それも理解できるのだが、直接その思いを一般人や団体で寄付していただくことは問題ないので、総務課が受け付けるとの事だったが私たち議員はもちろんその行為は公選法にも抵触するのでできないので、ふるさと納税を家族
にしてもらうような形しかできないのかもしれない。辞退すればせっかくのお金を松前町のコロナ対策に使ってもらうことはできないし、非常に悩ましい問題だ。
 医療従事者への感謝と応援の気持ちを込めて庁舎の5,6階の窓に11文字のメッセージが張り付けてあって夜には青く光るようになっているらしい。実際にそんな時間帯に見たことがないので、どんな様子かははっきりは言えないが、医療従事者や運送業者などへの差別的な言動や行動に注意しよう。当然あってはならないことだけど、つい自分のことだけを考えてしまって恐れるがあまりコロナと一番前線で戦ってくれている、また動いてくれている人たちに感謝こそすれそのような言動を発することなどは信じられないが、本当に残念なことだ。

CATEGORY日記 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« ラブ、逃走! | ホーム | パンデミックで発想の転換期? »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |