fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

パンデミックで発想の転換期? 2020-04-29-Wed

 「今日は朝からとてもいいお天気、そして昭和の日で祝日。のんびりした朝を迎え、たまった洗濯物を一気に済ませ気分爽快。ただ頭に少し白いものが目だつようになってきたので行きつけのヘアーサロンに行ってカット、ダイイングをしてもらった。コロナのせいでステイホームをしているので本を読んだり、パソコンを前にブログを書いたり、昨日購入した本、特に経済に関する本だが面白そうなのでしっかり読んでいきたいと思う。」

 このゴールデンウイーク明けでなにかも元に戻す自粛解除は考えにくい。まだ感染者の数字も下火になっていないし、いまだにPCR検査も思うほど拡大していないので正確な市中感染率が把握できない中で簡単には解除は無理だろう。
 そうなれば今月いっぱいまで様子を見るような自粛が続くかもしれない。そうなると6月議会をどのような形にして開会していくのか、その運営にも工夫が必要だろう。傍聴者への検温チェックなどを県議会の臨時会では行っていく予定らしい。
 何かしらの検討がされるべきだろう・・・・様子を見ながらの動きかもしれない。
 また9月入学説も浮上してきた。会計年度が3月末になっているし、いろいろな大きな行事の見直しなども必要だろう。メリットとしてあの冬の寒い時期の入試はなくなるし、諸外国の9月入学制に合わすことで留学や留学生受け入れなどもスムーズになる。
 デメリットしては甲子園の高校野球などの春・夏の大会や就職活動や雇用関係などもいろいろな制度との調整が必要だが、かなり混乱が予想されるだろう・・・・ただこんなことがないと真剣に考えることもなかったのではないだろうか。
 コロナパンデミックは日本のいろいろな制度の見直しにも関係する大きな発想の転換期にもなりそうな大事件なのだ。

CATEGORY日記 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« コロナ対策基金は・・・ | ホーム | ネットワーク松前 打ち合せ »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |