fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

逃げ地図作成ワークショップ 2020-02-16-Sun

 「今日は朝から雨模様、8時半には家を出てコムズに向かった。9時前には指定の駐車場に車を入れて、4階視聴覚室へ。年に1回の私たち女性と防災の会にとっては、大きな発表会のようなイベントだ。何回も重ねてきた打ち合わせに従ってワークショップの準備、そして受付の手伝いをしてほぼ参加予定者の9割がそろったところで会は始まる。私の地区の自主防災会から4人の防災士が参加してくれて、A~Fの島に分かれて、それぞれの作業にかかわってくれた。今日のテーマは「逃げ地図づくり」で、取り上げた場所は松山市の垣生地区で海に面して比較的標高も低い住宅密集地に大きな地震が起こって津波が来るという想定で、避難所まで何分ぐらいでたどり着くかをシュミレーションするワークショップだ。避難道路の確認と避難所への道、果たしてどれほど時間がかかるのか、しかも夜や昼間という時間帯や健常者と車いす使用の障がい者の場合など、いろいろな想定を付加して話し合いをしてもらいながら、3分で進む距離を革ひもで創りそこに色鉛筆で道沿いに色塗りをしてもらう。皆さん、いろんなことを言いながら、実際に道に色を塗ってその距離感や逃げるタイミングをかかった時間の観点から見ることができ、これがこの逃げ地図作りの醍醐味でもあるといえる。」
          IMG_20200216_100830.jpg
 12時にはそれぞれのできた地図を見ながら。グループごとに選ばれた人が前に出て発表。中には小学生の防災士さんがいたり、高校生も参加してくれて発表。本当に年令幅の広い老若男女が集まっていろんな意見を出し合って一つの逃げ地図という作品作りをして、その中身について発表してもらった。グループごとにいろいろ想定も異なり、それぞれ相違工夫を凝らして、一生懸命取り組んでくれて、いい会にすることができた。
  IMG_20200216_111045.jpg
          IMG_20200216_115731.jpg
 また帰りに書いてもらったアンケートも集計して、これからの参考にさせてもらう予定だ。また後ろの方には乾燥野菜やフルーツの試食や飲み物なども用意して、作業中にほっと一息ついてもらうために設けたコーナーも盛況で、ロングライフパンも持って帰るなりその場で試食してもらってもOKということで用意した。みなさん300円の参加費を払って頂いているのだが、しっかり元をとってもらったのではと思えた。
 もちろん逃げ地図作成用の資料や色鉛筆セットなどは、各自受付けでもらってたので、これから自分たちの市町や地域で実際にこの作業をしてもらえるのではないだろうか。

 無事すべての工程にファシリテイターとして高知の建築士会のグループさんにかかわってもらい、今後の活動の連携にもつながるし、本当にいい指導をしてもらってありがたかった。

 昨日から泊りがけで来ていただいた6人のメンバーが、このイベントにかかわってらって、実際の場所にも前日見に行ってもらい写真などもとってもらい、今日の逃げ地図作りの資料として準備もしてもらった。
 すべてが終わって部屋の片づけを終えて場所を変え、近くのホテルで昼食会をした。またそこで懇親を深めて2時半ごろお開きとして、再会を誓って解散した。本当に皆さんご苦労様でした。

CATEGORY日記 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 議会報告会、最終打ち合せ | ホーム | 共同参画のすすめ 講演 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |