FC2ブログ
2019 / 09
≪ 2019 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2019 / 10 ≫
Page.3800

 「昨日から地域を回ったり、手分けしてリーフレットなどのグッズを専用封筒に入れることやワクワクレポートと送り状をセットにしてメール便用に準備があるなど手仕事がまだかなり残っているので、そちらにも人手が必要。そのため同時並行的にあいさつ回りなど一連の行動をするのに、これも時間との戦いとなるが日程的にも厳しい。昨日に引き続き朝から会長と共に車で塩屋や近辺を回ることに。10時半ごろからお日様さんさんの中、汗かきながら廻った。途中でご在宅中の家人と町の事や最近の近況などをしっかり話され、こちらは聞き役に徹し遮ることなく聞いていると意外と時間がかかった。」

 2時頃、後援会長とともにもあいさつ回りをして遅めの昼食を摂り、次の地域周りのために事務所に戻った。ところが事務所前まで行ってから、ふと大事なことに気が付いた。今日は午前中でスタッフが帰る日なので自分で鍵を開け事務所に入らないといけないのに、その鍵も車のキーもすべて事務所内に置いたまま出てきたものだから、このままでは事務所内に入れない。さて困った。スタッフにすぐ連絡を取ったのだが、なかなか電話がつながらない。
 いったん自宅に戻って、再度連絡を取った。数回してるうちにやっとつながった。しかしかなり遠方にいてるとのことで戻ってくるのは夕方6時過ぎにはなりそうだという事だった。急きょそのあとの予定をキャンセルして明日に回した。本当に自分のミスとはいえ、もったいない時間を無駄にしてしまったが、少し家でゆっくりできた。
 6時過ぎに事務所の鍵を開けてもらって私が戻って入り、車で買い物など移動して、私一人分の夕食分を購入、夫は東京へ出張のためお一人様夕食のため・・・
 明日予定しているところの知り合いのところに連絡をしておいた。これでお留守でもポスティングしておいてもしっかりつながるので。
 夜8時より8チャンネルのアンビリバボーという番組で、先日ご一緒した高山さんの17年のカンボジアでの活動を通してその苦労と功績について放送された。
 再現シーンに出てくる俳優さんが本当に高山さんにそっくりの人をキャスティングされていてびっくりした。話の内容もしっかりした軸があって、誇張やフィクションはなく見るものに感動をもたらすものだった。
 私は彼の仕事に以前から協力できるところはさせてもらって、ほんの一部だが関わっている部分があるので、このようにストーリーになると知らなかった苦労の部分もあっての実績を知って、改めて自分の関わりに誇りが持ててうれしかった。


この記事へコメントする














藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!