FC2ブログ
2019 / 09
≪ 2019 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2019 / 10 ≫
Page.3721

 「朝9時ちょうど発のフライトで大阪へ行く予定だったが、飛行機の延着で11時半過ぎに梅田へと、約1時間ぐらい遅れての到着だったが目的の防災フォーラムは1時半始まりなので、先にホテルに立ち寄って不要な荷物を預けて少し身軽にして、三番街の新しく変わったレストラン街へ行くと、ガラッと雰囲気が変わってオープンスタイルのフードコート形式になっていたのでびっくり。でも好きなものをリーズナブルな価格で食べることができ、お一人様でも気兼ねなく食事ができるのがいいなと思った。外国の空港などにこのスタイルのレストランをよく見た。多分これから外国人がもっと多くなる大坂には、先を見越したリニューアルだったのかもしれない。軽く讃岐のシラスうどんを食して、目的地TKPガーデンシティホテル淀屋橋に向かった。」
DSC_2318.jpg
 会場には事前に登録していたメンバーだけが集まるのだが、広い会場にびっしりだった。もちろん45分も早く会場入りしたものだから最初はパラパラだったが、時間前にはほぼ満席になっていた。
      DSC_2304.jpg
 私の横には兵庫県立大学の防災学の大学院修士課程を終えてこの4月から博士課程に進まれる防災コミュニティなどを専門とされるインテリ女性の方が来られた。特に防災関連の企業さんを束ねて自治体とか施設、学校などとのコミュニケーションをとるコーディネイターとして事務局として仕事をしながら学生をされてるスーパーウーマンだった。
 今日は特に地区防災計画について内閣府からこれができた経緯やその根本になっている考え方の紹介が参事から話され、山本順三防災大臣も来られ会の途中までおられ、今この計画で実践し一人の犠牲者も出さなかった大洲市三好地区の自主防の話をされ、実際にその自治会長も来られて後半でパネラーとしてディスカッションに参画されていた。
          DSC_2280.jpg
 また東京で受けた議員向けの防災セミナー時の講師の鍵屋一教授も来られていて、親しみ深い秋田なまりの語り口で「地区防災計画のベースに災害対応マニュアルをいろいろな組織を巻き込んで作るうちに地域コミュニティが活性化されてくる…この流れをみんなで共有し作っただけで終わりではなく、そのあと常に検証して行こう」と話された。
 最後に自主防’zに参加した自治体チームが会場前列に並んで、これからの意気込みを叫んでいた・・・
     DSC_2316.jpg
 時間は少し延長になったけど、なかなか素晴らしい防災フォーラムに参加できて収穫は大きかった。今まさに旬の地区防災計画のスペシャリストたちが集結し、自治体だけでなく企業体もあるいはUR都市機構の賃貸住宅群の中で作った地区防災計画もあることを知り、今後は学校や福祉施設の中にもできていくのだなと感じた。
 ホテルには6時ごろ戻り、事前に弟と食事することにしていたので久しぶりに時間通り来てくれてホテルの近くで美味しいビールで乾杯した。
          乾杯!
 母のことや今後の過程のことなど色々話すことは多かったが、白髪の増えた久しぶりに会う弟の風貌にちょっと驚いた。仕事帰りにはジムに行って体力づくりには気を付けているようだが、少し心配だ。
 ホテルには9時過ぎには戻り、久々に12時前に就寝したが、お酒も入っていたからか即眠りについた。


この記事へコメントする














藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!