FC2ブログ
2019 / 09
≪ 2019 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2019 / 10 ≫
Page.3719

 「今日は朝から好天に恵まれ絶好行楽日和となったが、午前9時より議会運営委員会、さらに9時半からは議員全員協議会となり10時半からは本会議場にて3月議会最終日の議会を行った。昨日から母の様子に変化があって、もしかしたら病院に行くような事態になるような兆候があって施設より電話が来るのではと冷や冷やしていた。それで全協の前の休憩時間に電話をしたら、何とか熱も下がって病院に行くような事態には至らなかったとの連絡を受けてほっとした。これで議会に集中できそうだ。」

 これまでの1号から16号議案までは淡々と可決され、17、18号の追加議案は人事案件でしかも再任人事だったので問題なく同意して、残る19号議案これに長い時間をかけて理事者側と議員間で攻防があった。
 この議案は公共施設温暖化対策の一環として環境省の補助を受けての事業実施を目指し、申請書類の作成支援に係る業務を委託するのにかかる費用329万4千円を平成31年度補正予算として追加計上するものだった。
 議員からは当初予算になぜ入れることができなかったのか、間に合わないなら6月補正でもよかったのではないかという意見が出て、しかもその申請が通った後の公共施設の省エネ改修事業に一体いくらかかるのか、それも明確でないものに議決はできないという意見もあった。
 ただこの申請は31年から3年までの3年間の期間しかできず、財政指数の高い自治体でも費用の2分の1の補助がある有利なものなので是非これを使いたいという切なる思いがあって議会にかけているわけだからと熱のこもった町長の話もあって、議会としても駆け込み的な補正に対する抵抗感もあったが11対2の賛成多数で可決した。
 そのあと広報常任委員会があってページ構成などを話し合い、次回の委員会までにできる限り担当ページについて原案作りに専念することで一致した。
 ★夜には川崎屋さんで理事者と議会による懇親会で、新年度に向けて新たな船出を協力して頑張ろうと誓った。今日のような緊張感のある議論で汗を流すのは爽快感もあるような、二元代表制たる議会の役割をしっかり担えたように感じた。


この記事へコメントする














藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!