FC2ブログ
2019 / 09
≪ 2019 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2019 / 10 ≫
Page.3716

 「今日は午前9時半より予算決算常任委員会の文教厚生分野の審査に入った。学校教育課では松前中学校の改修工事や青葉幼稚園の認定こども園化への補助、さらには給食センターの調理業務契約の5年間締結とか、規模の大きい当初予算となりそうだ。エアコン設置やブロック塀補修など、学校関係に3月補正に上がっているものも含めて子供たちの安全・安心に関わるものが多い。社会教育においては補助金の付け替えの部分で聞きたいところがあったので質問し、予算付けは総務であっても執行は社会教育という整理の仕方をしていて今回減額になった部分は科目を変えて計上しているので問題はないとのことだった。また北公民館耐震改修工事について、この6月から来年4月まで使用できない期間中のサークル活動について質した。福祉課に関しては、岡田小学校敷地内に建設予定の放課後児童クラブのことや児童手当について質問。昼1時から保険課や健康課さらには特別会計部門3つ、この説明を聞いているあたりでは昨夜の睡眠不足が特に体に効いてきて極端に思考力低下状態になった。理事者側からの説明も子守唄のように聞こえてしまって、これではよくないなと思い体調を万全にして臨むべきだったと反省している。」

 また追加議案についての説明を、もうかなりみんなが疲れている時に最後の方で出してきたものだから議会を軽視しているのではとかなり膠着状態に。
 結局本会議に追加議案として上程したいという事なので、会議後控室の各デスク上には議案書が置かれていた。
 予算決算常任委員会が終了したのが4時45分ごろ。議会報告会の時の意見交換会の集約表も皆さんに配布できて、(最終日にプラスαの意見収集をするために)やっとという気分だ。
 5時過ぎにやっと庁舎を出てスタッフに連絡し、今日はお互い顔を合わすことができなかった。
 実は3時半ごろ会議中にぐらぐらっと感じてびっくり、なんと地震だった。今日は3月11日だ。この日は何かが特に災害の予感のする日なのか・・
 今日はテレビ番組の多くのところで東北大地震関連の内容だった。何度見ても信じられない光景に胸が痛くなる。今はその当時の面影が少なくなってきていて一見復興が進んでるのかなと思いきや、人の心はそう簡単には復興できないものだ。一方であれからすっかり生活が一変し、人生もガラリと変わってしまった人も多い。避難生活から戻れない人々、仮設住宅のまま原発で帰りたくても帰れない複雑な人々の気持ちの葛藤など・・・難しい問題が根強く残っている。決して他人ごとではない。日本にいる限り、いつ自分の身にも降りかかってくるか分からない災害大国の国民として、いつも防災・減災について備えておかなければならないわけだ。

この記事へコメントする














藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!