FC2ブログ

  • 阪神大震災から24年目
  •  「今日は阪神淡路大震災から24年目の6400人以上もの人が亡くなった命日となる。誰もが予想できないような都市型直下型地震は今までの災害の常識を覆し、防災という考えがいかに重要であるかという事をみんなが深く認識した歴史的な日でもあった。当時の被災者もその後大きく人生が変わり、私の両親も宝塚で被災したがその後10年してこの愛媛に来て住み、その記憶も薄らぐ中で2年前に父は亡くなり、母はもはや認知症で寝たきりのゆえにその頃の話はできない。でもその当時の家はリフォームし社協の方々に利用してもらっている。また周りの住宅もずいぶん変わった。神戸や芦屋あたりは当時の面影は全然なくて、新しく生まれ変わった街になっている。復興は進み、それと同時にその記憶も薄らいでいくのかもしれない。」

     ただその16年後には東北大震災が起こり、その後は九州や中部地方、北海道などでも頻繁に地震が起こり、風水害も尋常でないような降雨量で河川の氾濫、山崩れ、道路冠水など日本中どこでも災害から逃げることはできないことをしっかりと受け止め、私たちも防災士としてまたグループや団体を組織しながら防災・減災のための活動や啓蒙に力を注いでいる。
     午前中は議会だよりの三校にむけて原稿チェックをして、また明日予定している作業部会のための準備資料作りなどで11時半までかかり、そのあと『いいとこ見つけ隊』の会議に出席し、今後の活動について話し合い、その後の昼食会でもさらに話し合いを続けた。

     ★その後、議会事務局に行って表紙や少し残っていた修正の部分を確認し、明日の委員長・副委員長チェックでさらに校正を仕上げていきたい。ちょうど作業部会のメンバーとして来ているのでちょうどチェックもできて良かった。
     夕食後の楽しみは、全豪オープンだ。錦織、大坂の両エースにっかり頑張ってほしい。

      なおみ 錦織

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://midorinokobeya.blog84.fc2.com/tb.php/3666-1cd4bf18