fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

勉強になりました 2009-02-28-Sat

 「2月もあっという間に終わってしまい・・・」  

 午後から【市民防災フォーラム】に参加した。 (この模様は3月中旬の愛媛新聞に掲載されるとのことで楽しみだ。)

 会場の愛媛大学グリーンホールは、ほぼ満員(250人収容)状態で、結構ごった返すという感じだった。圧倒的に男性・・しかもご高齢の方が多かった。

 松山気象台長の金崎厚さんが『天気を知る。地域を知る。災害に備える。』というタイトルで基調講演をされた。
 何気なく見ている天気予報図の情報キャッチに向け、上手い見方などを教えていただいた。

 そのあと愛媛大学防災情報研究センターが行っている防災教育のツールとしての防災88話の紹介、まんがや紙芝居にして分かりやすく広めていく教育の実践例として見せて頂きとても参考になった。是非松前町の子どもたちの総合学習の一端に加えていただきたいものだと感じた。

 その後15分の休憩を挟んで、松前町の白石町長がパネリストとして登場するパネルディスカッションが始まる。

 ここでは『近年増加している集中豪雨と地域の備え』というタイトルで、4人のパネリストに1人のコーディネイターがついて話し合われた。
 白石町長以外は大学の理工学部の教授や松山市内の自主防災会長、国土交通省のお役人さんというメンバーだった。

 雨の被害や備えについての話から自主防災会の活動と今後の問題点など、様々な違う立場でのお話を聞くことができ今後の私の防災活動に役立った。

 ただ・・フロアの質問コーナーや意見交換の時間がなかったので言いたかった事が言えず、その点が少し残念だった。女性参画の視点が全然入ってなかったので、是非その辺りを指摘したかったんだが~~

 しかし全体を通していいフォーラムでした。 
   防災フォーラム

 帰宅後、大慌てで夕食を用意し7時からのミーファ(まさき国際交流の会)の運営会議に出席。
 今年度の総括・来年度の活動計画・総会の形式など…9時頃まで話し合った。
 国際的な活動を2年頑張ってきた海外支援協力隊の皆さんが今年帰ってこられるのを機に、彼らの話をメインに知っとく講座を展開し、そこに外国の家庭料理やお菓子作りなどを加えた企画にしては・・・という流れで話がまとまった。

 

CATEGORY日記 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 海の恋人まつり | ホーム | タイトルなし »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |