FC2ブログ
2019 / 09
≪ 2019 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2019 / 10 ≫
Page.3536

 「台風19号と20号に挟まれて西日本全体が大変な時に研修に本当に行けるのかなと案じておりましたが、19号が北西に進路を変え朝鮮半島のほうにずれこみ直接的な影響はなくなり、その上20号もまだ本土上陸までにはかなり時間差もあって23日の午前の便はしっかり飛行機は予定通り飛ぶことになっていた。それで結局帰りの心配は若干あったのだが、とりあえず予定通り研修は決行することになり朝1番の羽田行で予定通り1日目の船橋市に向けて移動し、先に昼食を。ところが日中は猛暑で、荷物をロッカーに入れて予約の店に歩いて10分。汗ダラダラ状態でたどり着き、食事を済ませたころには汗は引いたが、また駅まで重い足を引きずりながら戻って、13時船橋市の車のお迎えがくるまで自由時間。とは言え動くと汗が噴き出そうな日中なので、結局スタバでアイスコーヒーを。」
                 
 13時半より今回の私たち委員会の研修目的である「恒常的保育士不足の解消とその結果待機児童ゼロに向けての対策」について、船橋市の画期的ないろいろな施策をスライドと多くの資料を基に説明して頂いた。
             DSC_0945 (250x158)
 まず目を引いたのが保育士さんになろうと目指している学生さんたちに教育資金としての奨学金制度があり、船橋市の私立保育園に5年以上勤務すれば返還責任の解除となるこの制度は、就職意欲を高め多くの人材を吸収する力となる。当然国の行っている処遇改善や市独自の上乗せ給与(ふなばし手当)と同時に臨時保育士の時給賃金の引き上げ、常勤保育士の採用増、さらには国の補助金ではあるが保育士宿舎借り上げ事業、保育士確保キャラバンと称した勧誘パンフレットの作成、保育士養成校への職員訪問など、行政のこの問題に対する意気込みや情熱を感じる事例を感じることができた。
 事前の質問への丁寧な対応、またこの問題に対する首長以下行政マン全体で取り組もうとしている意識の高さに見習うべき点が多いなと思ったし、研修の意義も深く感じた。
 1時間半の研修を終え、中の本会議所を見せて頂き4年前にリニューアルされただけあってとっても天井が高く広々とした空間を感じ、さすが63万人の市議会場だなと思った。
 DSC_0948 (250x187) DSC_0953 (230x172)
          
 夕方4時過ぎには新宿に、そのあとワシントンホテルまで約15分歩く歩く・・・もうヘトヘト。しかも船橋でもらった資料をごっそりカバンに入れたので、しかも今回キャリーバックにしてなかったのでホテルのロビーではほとんど放心状態。疲れた・・・研修に疲れたのではなく、歩くのに疲れた。いかに普段、歩いてないのか! しかも重い荷物を持ち歩いてないのかもよくわかった。(反省)
 6時前にロビーに再度集合。いったん各人部屋で休憩してからではあるが、またもや夕食の予約場所へ移動。これがまた荷物はないけど、まだ暑さの残るアスファルトの道は足の疲労を加速させる。今回の事務局さんは若くて健脚なんだが、私にはかなりハード。10分ぐらい歩いてやっと到着。石狩川というお店だった。安くておいしいお店との評判もあるとのことで、なかなかの美味で、足の疲れを忘れさせてくれるものだった。
 店を出てからはプライベートタイムなので、私は事務局とホテルに戻ってしばし足の疲れを癒した。
 9時過ぎには次男がホテルに来てくれたので、盆に会えなかったのもあって25階のレストランバーで夜景を楽しみながら、近況や今後のことなど久しぶりの親子の会話を楽しんだ。
          DSC_0959 (230x172)
 11時過ぎには別れ、私もさすがにシャワー後バタンキューの状態だった。本当は明日の予習でもと思いつつ、疲労感に勝てなかった。明日に疲れを残さず、元気に回復しておかないと・・・


この記事へコメントする














藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!