FC2ブログ
2019 / 09
≪ 2019 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2019 / 10 ≫
Page.3529

 「今日はお盆のため朝から和尚さんが仏壇の前で読経して下さる日で、御料豊膳を用意して朝8時前からスタンバイ。息子たちも一緒に正座してほんの5分ほどの間手を合わせ、ご先祖様に日頃のご加護を感謝した。」

 朝食をすませ息子と彼女は一足先にレンタカーで出て、私と夫は車で待ち合わせの12時に大洲のウナギ料理のお店で合流し、今はアユも名物のカジカも川が濁ってあまり獲れなくなっているとことだった。
 食事の後、息子の要望で草刈り機の刃が摩耗しているので買い換えたいとのことだったので、ホームセンターを探すのにまだまだ東大洲あたりでは唯一ダイキさんが開いていたので買えたが、かなりの部分、あの西日本豪雨災害以降1か月は経つのだが被害の爪痕が色濃く残っていた。あの時の肱川氾濫と水の勢いがどれほど強かったのか・・・やはり恐ろしさを感じる。
 そのあと長浜の方に移動して、お墓参りをすませ、魚屋さんによって夕食のおかずを調達して、そこで彼らと別れた。
 結局、私たちは3時半には帰宅して夫はすぐに事務所に用事があると言って出かけ、息子たちも6時半ぐらいまでは帰らないと聞いていたので、私は溜まっているビデオ録画の映画を1本見て、5時半ぐらいから台所に立ち夕食の準備を始めた。
 皆さんがそろったのは7時前、魚尽くしのメニューにはなったが、彼女には好評だったようでよかった。ハマチとタイのお刺身、ハマチの照り焼き、ハマチのアラ煮、タイのうしお汁、鯛めしに・・・
 ただ残念だったのはハマチの照り焼きは、十分味の浸み込みが出来てなくて申し訳なかった。つけ汁が薄味すぎたのもあったのだが、魚が新鮮すぎて十分に細胞に入り込まなかったのかもしれない・・・
 今晩で最後の彼女との夕食になったが、短い間でもとっても楽しくお話もできたし、今後彼らが付き合いを深めてまたそういった報告がある時までじっくり待ちましょう。ご縁があれば、そういう日も近いでしょうし・・・外野はでしゃばらず大人の二人のお付き合いに任せましょう・・


この記事へコメントする














藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!