FC2ブログ
2019 / 09
≪ 2019 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2019 / 10 ≫
Page.3477

 「朝から大きな地震が大阪北、高槻あたりを震源地とした震度6弱の揺れとともにやってきて各地に被害だ出てきた。高槻市内でも登校中の小学生が通学路上を歩いていた時、プール横のブロック塀が突然の揺れで完全にくずれ道路との間に挟まれた小学3年生の女の子が亡くなり、また学童の交通誘導に出ていた80歳の老人がやはりブロック塀の犠牲になり、85歳の高齢者が自宅内で倒れてきた本箱の下敷きになって、やはり亡くなっていた。けが人も150人以上、火災も7件と数字自体はさほどのものではなかったが、交通マヒ状態で多くの人々の移動を妨げ、道路も車の大渋滞、所々で水道管の破裂で水が噴水状態になり道路陥没で車の往来もできないところが多く出て、断水家屋が何万戸と広がっている。停電やガスがストップしたりでライフラインも遮断されているところも多く、住民生活もかなり不便になっていて、家屋被害のひどいところでは避難所生活を余儀なくされているところも多いようだ。」
0618_rakka[1] (210x230) 11368634[1] (230x153)
 このニュースを午前7時58分に聞いてから高槻の親戚のところにも連絡したが、早スマホでは無理だった。本当に災害はいつやってくるか分からない。特に地震については明確にいつ来るかを知ることができないので、不意打ちを食らう感がしてしまう。今日は私も一般質問で、防災・減災に関連して避難所運営や設置、また地区防災計画を早く庁内全地域で作成できるような仕掛けやアプローチについて聞いた。
 また町内の農業、特に若手農業就業者や女性農業者に対する支援、ブランド化していく町の働きかけなどについても聞いた。シ-ル作りや人材バンクの設置なども視野に入れた取り組みが紹介された。
 また麻疹予防接種のことで、特に27~40歳の空白世代についてどう広報していくのかなど町の考えを問うた。あまり危機感はなかったようだが、県内にだれも感染者がいない時に対策しておくことが肝心かなと考える。
 そのあと4人の議員が、防災関係、教育関係、保育所関係、公会計や公共施設管理運営などについて質問が続き、3時過ぎまでかかった。
 買い物も済ませ帰宅。午後6時には地域の方々との懇親会があって、今後の防災訓練などの協力体制など、親睦を図りながらいろいろとお話をすることができ充実した時間を過ごせた。

この記事へコメントする














藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!