FC2ブログ
2019 / 09
≪ 2019 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2019 / 10 ≫
Page.3440

 「朝5時半に起床。眠い目をこすりながら、遅刻してはいけないので目覚まし時計に合わせて飛び起きた。前日に荷物はそろえていたのだが、当日入れなければならないものをそろえて6時半過ぎには家を出て、車を文化センター裏の駐車場に止めて庁舎前の集合場所に駆け付けた。6時45分ぎりぎりについた。旅行代金を支払ってバスに乗り込んだ。松前史談会のメンバーだけでなく、いつもこの研修旅行にだけ参加される一部有志で19人、また伊予鉄トラベルの清水さん、いつもながらやさしい安全運転の松岡女性ドライバーの総勢22人で松前町を午前7時スタート。少し曇りがちでちょっとひんやりする気候の中、今回の研修先米子・松江を目指してスタート。」

 松山インターから高速でしまなみ海道を抜け、途中何か所かのサービスエリアによりながら11時過ぎには松江玉造インターを降り、11時半には松江ふじな亭で少し早目の昼食に。鯛めしを頂いた。 
          P1130563 (230x173)
 ご飯の上にタイのほぐした身や錦糸卵、のりやワサビをトッピングして、鯛めし用のコクのあるだし汁をかけて食べるのだ。とってもおいしかった。
 足立美術館には12時45分には到着。庭園日本一を誇る見事なお庭にくぎ付け。庭の向こうの中国連山の借景を含めた立体感のある庭の作りには引き込まれるような重厚感が・・・春夏秋冬のそれぞれの季節に合した異なる表情をまた別の機会に見てみたいものだ。
 その中に横山大観、菱田春草など近代日本画の巨匠たちの作品が展示され、創始者の足立全康のコレクションへの思いと庭造りの情熱が伝わってくる素晴らしい美術館だった。
 DSC_0093 (230x129) P1130568 (250x188)
 14時半にはバスは、境港のゲゲゲの鬼太郎ロード水木茂記念館を散策。ロードのほうは今リニューアルのための工事中でちょっと興ざめな感もあったが、記念館の前では砂かけ婆の着ぐるみを着た妖怪と一緒に写真をパチリ。また記念館内も写真の取れるところも結構あって、面白い水木ワールドの漫画のキャラクターたちと面白い時間空間を共有させてもらった。
 DSC_0116 (250x130) DSC_0123 (149x180)
 15時半にはそこから一路宍道湖、中海を一望できるホテル一畑へ。松江温泉でゆっくりとくつろぐ楽しい宴会タイムだ。芸達者な皆さんのカラオケや踊りを楽しみながら、おいしい山海の珍味を賞味し、最後には円陣を組んでみんなで北国の春を歌ってお開きとなった。
      DSC_0138_DIAGONAL (230x129)
 明日は、いよいよ国宝松江城見学だ。部屋から一望できる宍道湖が夕日に照らされ美しかった。

この記事へコメントする














藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!