FC2ブログ
2019 / 09
≪ 2019 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2019 / 10 ≫
Page.3412

 「朝から白鶴保育所の入園式に来賓として出席。卒園式とはずいぶん様子が違って、1歳や2歳の園児たちが多くて、泣き声や話声で園長先生のお話も長くは聞いてもらえない状況の中、それでも多くの保護者の皆さんは入園の喜びでなんだかウキウキした感じがこちらにもよく伝わってきた。」
           P1130424 (250x187)
 1時間弱の短時間で式は終わり、そのあと事務所に戻り、広報原稿の残りの部分の仕上げをする。特に項目の中身が多いものを、限られたスペースの中に入れ込むことが結構難しい。
 午後3時ごろまでかかって、ほぼ出来上がったので事務局に送って私自身も庁舎に向かう。
 午後4時半には母のことで担当医と今後の治療方針などの打ち合わせに行き、いよいよ終末の迎え方に重い決断をせねばならない。胃瘻をしないで点滴だけにした場合、最期のお別れが早くなる。その決断を私一人が背負うことの重さに押しつぶされそうになりながら、帰宅後大阪にいる弟と再度話し合い、結論的に胃瘻をして少しでも生きてもらおうという事になった。
 そう決めたとたんに、なんだか胸のあたりがすっきりしてくるのがわかった。

この記事へコメントする














藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!