FC2ブログ

  • 広報委員会に向けて
  •  「今日は暖かいけど、どんよりした1日だった。私の気持ちも母のことで何となくどんよりしていたが、明日の広報委員会のためにできる限り準備をしておきたいと思い、午前中は事務所の中でスタッフと分担しながら残りの原稿書きを続けた。事務局と電話でやり取りしながら、明日一挙に出てきそうな原稿のことを想定しながら、業者渡しのタイミングのことなど考えながら、会議後の作業量が多くなりそうな予測で動いていかなければならないと覚悟した。」

     初稿の出方がやはり全体に遅いため当日チェックというパターンになってしまうので、見落としが多くなる。きめられた締切になるべく入稿努力をしてもらいたいものだ。
     3月議会は当初予算という大きな年度初めの項目があるため、作成過程にも時間がかかりボリュームも大きいのだが、それなりにやりがいもある。また行政広報紙との違いも明確に出していかないと同時期に出るものとして、その意味合い性を欠いてしまう。
     夕方母の入院先に洗濯物の引き取り、交換に行った。その時、転院先のことで母の場合は経口飲食ができない以上グループホームにもう帰れないし、療養型病院に行かなければならない。
     この前まで入退院させてもらっていた病院にも今の状態での転院は無理だと断られてしまい、いよいよ最期の病院探しという事になりそうだ。
     なるべく居心地のいいお部屋で過ごさせてあげたいので、多少お金がかかってもいい個室を要望しておいた。

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://midorinokobeya.blog84.fc2.com/tb.php/3408-f65b3378