FC2ブログ
2019 / 09
≪ 2019 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2019 / 10 ≫
Page.3345

 「今朝からとっても寒い気候が続き、これから行く阪神方面への出張がちょっと不安。8時には庁舎前に集合。まずは1日目の宝塚クリーンセンターに向けてバスは進む。途中石鎚インターや高速の山沿いでのトンネルの多い当たりでは、結構雪がふぶいていて、豪雪に合って車が渋滞したらどうなるんだろう…なんて不安を抱えながら、でも途中からお日様がさんさんと照らし私たちの不安を一気に消し去った。松山、徳島自動車道から淡路島に抜けるルートを走って、昼食を景色のいい淡路サービスエリアで済ませ、明石海峡大橋を通り一路目的地に。途中バスの中で組合議長として挨拶を頼まれていたので、事務局のあんちょこを覚えながら自分なりの台本を描き何度も自分の中で繰り返していた。なんといっても宝塚は自分の青春時代を過ごした第2の故郷でもあるし、そのあたりの思いも込めて挨拶ができるようにオリジナルも完成。センターにはほぼ時間通り到着して、無事挨拶も少しなごめるような雰囲気も醸し出して成功。」
            P1130035 (250x200)   
 最初に所長さんたち3人のスタッフさんからパワポを使っての全体説明と今回のごみ焼却施設の基幹的設備改良工事を施された先進的設備として視察研修に来たので、そのことを中心とした説明並びに施設をずっとまわってその要所要所で立ち止まり、通路側からガラス窓を通して中を見ることができるようになっていたので、少し寒かったけれどもじっくり見せてもらうことができた。
P1130017 (250x178)
           P1130020 (250x140)
 またそのあと研修室に戻って質疑応答の時間などを取って、無事1時間半の視察研修を終えた。やはり長年使っている焼却炉を長寿命化させていくためにメンテナンスを含め大規模な改良工事をしながら、その性能を維持していくにはやはり多額のお金がかかることは否めない。でも宝塚の住宅街の中に武庫川沿いとはいえこういう施設が何十年も前から稼働しているという事は、私も以前住んではいたがこの施設の存在すら知らなかった。
       P1130027 (250x188)
 今後は今の伊予市三秋の施設もそれぞれの市町の真ん中に作られる時代が来るかもしれないと思った。環境に配慮し汚染水や有毒ガスなど一切排出しない施設ができて、しかも冷却ボイラー熱などを利用して自家発電できる施設なら、理解はしてもらえるし、今までのごみ焼却施設のイメージは払しょくされるのではないだろうか・・
 施設を出た後、時間調整のため宝塚文化創造館すみれミュージアムに入り、宝塚少女歌劇団音楽学校の100年の歴史などDVDの上映などを観て、一路今夜の宿泊場所神戸の大和ロイヤルネットホテル三宮へとむかった。
 夕食は伊予鉄観光さんおすすめの神戸中華街の中の京華楼で、伊予市・松前町の一部事務組合のメンバー(両首長含む)で懇親の宴で時を過ごした。ここでも乾杯の音頭を頼まれ、終わりの挨拶は岡本町長という布陣となっていた。そのあと二次会はまだまだ元気な一部メンバーでカラオケで盛り上がった。

この記事へコメントする














藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!