FC2ブログ
2019 / 09
≪ 2019 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2019 / 10 ≫
Page.3233

 「今日は昨日の台風が去ってウソのような青空が広がる気持ちよい朝を迎えた。とはいえ昨日の自主避難、川の危険水位に一喜一憂する夕方から夜にかけてのドラマのような現実・・・本当に疲れました。ただ今日も観光ボランティアガイド講座の最終日ということで、少し遅れはしたのだが頑張って行きました。最初に立正大学の先生で松山観光文化コンシュルジュをされている武田先生のお話を聞かせてもらった。ガイドの第1歩は笑顔ですって。毎日手鏡で口角を上にあげて、3か月頑張れば素晴らしい笑顔美人になれるんだって・・・頑張ろう。そしてガイドしてほしいものが何かをしっかり把握して時間も守ってガイドすること、最後に口臭にも気を付けてと・・(孫に言われて、ハッとしたという経験から)1時間ほどのパワポを使った講義でした。お話上手で退屈しなくて、紙で作ったオリジナル兜のお土産までいただいちゃいました。」
          P1110818 (250x131) 
 そのあと休憩をはさんでワークショップを。2グループに分かれて、喜んでもらえるガイドとはどんな風にすればいいのか、若い人、ファミリーにはどんなアプローチを、これからこのボランティアガイド「はんぎり」をどうやって広めていこうかなどなど、7~8人のメンバーで付箋に書いて、いろいろ議論しながら貼り付けて、結局最後の発表は任されちゃったのだが。
     P1110819 (250x188)
 
最後のまとめとして町づくりの大家である若松進一氏の総括があり、いつもながら辛口コメントや激励の言葉もあって、課題もたくさん見つかりました。
 国体を皮切りにさらに一歩前進させていく「はんぎり」に私も本気で付
き合っていこうと感じた。
 
さらに行政に振り向いてもらう仕掛けをどんどん作って行かなきゃならないと思ったし、私にしかできないやり方もあるし、みんなに愛される松前を演出して初めて県外の方々にもおすすめガイドができるのではないだろうか。町内の人々相手の春夏秋冬の観光ツアーを企画してみるのもいいじゃないかと若松氏からの提案もあった。今は観光に食べることは外せない。お金がないならスポンサーを見つけよう。それにはその会社の試供品で宣伝することも一つの方法。なんだかわくわくしてくるのは私だけだろうか???

この記事へコメントする














藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!