FC2ブログ

  • 総務産業建設常任委員会
  •  「今日は朝から比較的暖かくて、気持ちのいいお花見の季節に近づいてきた感がする。ただ私は9時半から総務産業建設常任委員会の委員長として請願一つと5つの案件について審議のための采配を取らなければならず、時に理事者とのやり取りだけでなく議員間討論も踏まえて結局11時45分までかかった。特に公共施設維持管理基金条例の制定について意見が分かれ全会一致とはならなかった。」

     今後40年間の公共施設の老朽化について補修大幅改修、あるいは建て替えなどが必要になってきて概算すると342億かかるといわれている。平均8.3億円ぐらいの維持費がかかることになる。当然その年々で改修したりする物の対象が変わるので明確な数字は出てこない。ただ一般会計にあまり響かないようにできる限り補助金や起債そしてこのような積み立てがあるとなお会計上の健全化が図れることになる。
     そのためこのような基金をしていくための条例を制定しておこうというものだから、問題はないのかと思っていたが、すでに予算決算常任委員会で今年の3000万の基金の枠を補正で承認しているのでこの条例が後付けになり、自治法の予算計上時に根拠法が同時に必要だから問題があるのではということを主張して、認められないという意見が出て議論となった。結局理事者側は委員会は違うが同じ議会中に可決してもらえば公布の日との前後はあるが問題ないのではという見解と衝突して休憩をはさんで紛糾はしたが、時間切れで採決をとらしてもらい結果賛成多数で可決した。

     その他の案件はさほどの議論もなく可決された。協議会はなく委員会は閉じて、その後研修内容について意見交換をする時間を取った。

     空き家対策については研修先での移住定住対策の一環として打ち出されている施策は松前町には直接的には当てはまらないというのが大方の意見だった。ただ今後は空き家はもっと増えていくし、人口減少も進む中で公共施設などは長寿命化政策の方向であるなら、やはり空き家の利活用というのはこれからの課題となってくるだろうと考えられる。

     またタブレット導入には議会単独ですべきものでもないし、全庁的な流れの中で予算化されていくものではないか。完全ペーパーレス化の方向にはまだ当分至らないだろうというのが皆さんの考えのようだった。今後の動向を見ながら私たちも導入の時期を考えるべきだろう。

     12時にはこの会も終えて、今日の予定は終わった。
     なんだか本当に疲れた。明日は久しぶりに午前中はゆっくりしたい。

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://midorinokobeya.blog84.fc2.com/tb.php/3065-ebaa7a15