fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

議会改革ステップアップ講座 2 2017-01-24-Tue

 「今朝は外の景色を見るとブルッと来るぐらいの雪景色。さすが昨日から大雪警報が出ていたくらいのところだからね。今日は丸1日研修で缶詰だ。朝から山梨学院大学法学部大学院研究科長の江藤俊昭先生の議会改革のキーポイント的な話、さらには今その第2ステージに向かってい    るとの話が興味深かった。」
                            DSC_0520 (141x250)
 自治法96条の議決事件についてや、議員間討論がいかに問題をえぐりだす第3の道の発見につながるという考え方、独善性の排除として調査研究と住民との意見交換会つまり議会報告会のあり方などと関連させて議会改革の起点についてなかなか興味深い話を聞いた。
 議会報告会を実際に行っている議会の悩みとして、
するたびに参加人数が減っている事例など、その原因は、また住民の興味を引く、行ってみたいと思う報告会になっているかなど・・・
 先進事例としてワークショップ形式、
また光緒の部分を強めていく会、また出前講座のようにこちらからターゲットを絞っていくやり方など。

 総合計画を軸とした地域経営・・・新しい「
議会からの政策サイクル」質問→条例→財政
 飯田市、会津若松市の実践例から・・・・議会の通年化
 議員、議会の評価の目標設定→4年任期中、1年、
定例会ごとの項目に吟活動の要素を軸に評価表を作った場合の考え方など

 午後からは広瀬先生(法政大学教授)議会改革の成果とは、
議会と住民の関係→コミュニケーションできているか。
 市町村計画体系を設計、予算はパッケージで考える。
個々の事業審査、予算全体の校正審査、政策評価としての決算審査の重要性→課題の発見と改善意見→予算審査への反映
 
そのあとまたグループワークで班分けされたグループで課題をワークショップ形式で解決して発表する。これも時間内作業なので効率性を問われる。
      DSC_0516 (250x140)
 夕方最後に自己ワークの宿題が出て、
それを仕上げないとゆっくりした気分でご飯も食べれないし、ましてやコミュニケーションができない。頑張って書き上げてから、食事へ。今日が最後の夜になるので、みんなとラウンジに上がり交流の場を楽しんだ。

CATEGORY日記 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 議会改革ステップアップ講座 3 | ホーム | 議会改革ステップアップ講座 1 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |