FC2ブログ

  • 小樽へ
  •  「今日は旅の3日目。いよいよこの新プリンスを出て、一路小樽に向かう。高速の途中でトイレ休憩を兼ねたお菓子類のお土産豊富なドライブインに入る。そのあと小樽運河を中心に小樽の街並み散策120分の自由行動となる。私たちは早速お昼のラーメンをターゲットにお店探しを。道路沿いの看板を見つけて中の狭い路地を入ると、ジンギスカン、スイーツ、海鮮丼、ラーメンなど・・いろんな一坪屋台のような店が集合した中のラーメン屋を訪ねた。まだ開店していないようだったけど、トントンすれば開けてくれるよと訊いたので、その通りしたら開けてくれた。商売っ気はないけど面白い店主と客のやり取りを聞きながら、私たちもその仲間に。義元左文次という店の名前もおかしいけど、お湯を沸かしてないから今から火を入れると言うし、ビール注文しても品切れで常連客に近所の店に買いに行かしたり、ホンマに吉本みたいな店やった。でも楽しい旅の思い出となった。」
     IMG_7779 (300x200)
    DSC_0287 (112x200)
     昼食後、いよいよ散策マップを片手にいろんな店を覗きながら街並み巡回。特にガラスグッズの店でガラス細工やアクセサリー、ベネチアンガラスのペンダントトップなども購入。
     バスに乗る前に三段ソフトクリームなどを食べる。あ~ご満悦。
     
     
    そのあと海岸沿いにあるホテル、グランドパーク小樽にチェックイン。すぐ隣に石原裕次郎館もあったがさほど興味もないので行かずに、夜のオプショナルツアー天狗山夜景観賞に行った。ロープウエイで約4分で頂上に。さすがに山の上は地面が凍りつくほど寒かったが、空気が澄みきっていて本当にきれいに夜の小樽の街並みが見えた。
     宝石をちりばめたようなこの夜景は北海道三大夜景の一つとして有
    名らしい。
        IMG_7818 (250x167)
     夜景を見た後、
    ホテルに帰るバスから途中下車して小樽駅の近くのお寿司屋さんに行って、お腹いっぱい小樽の鮨を堪能した。食べきれないものはホテルに持って帰って、夜食でも食べた。
           DSC_0292 (201x250)
     あらかじめガイドブックで決めていたすし屋だったのだが、
    私たちが入ってきてからも次々にお客さんが来て、あっという間に満席になっていた。どうもこのあたりでは知る人ぞ知る有名店だったみたいだ。
     
     タクシーでホテルに戻って、
    お風呂に入ってそれから荷物の整理をして休んだ。
     明日はいよいよ帰る日で、しかもとても早い出発なので
    荷物をきちっとキャリーバッグなどにまとめておかないと。

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://midorinokobeya.blog84.fc2.com/tb.php/2942-bc24bc86