FC2ブログ
 

町村議会研修会

 「今日も強烈な暑さを感じる始まりだった。午前中は事務所にてワクワクレポートの最後のチェックをして、午後から印刷にかかる段取りとした。いったん自宅に戻り12時過ぎに自宅前までお迎えタクシーが来る。愛媛県町村議会の研修会に参加。車内はエアコンが聞かずに汗ぶうぶうだったのだが、会場のメルパルクの会議室は冷房が効きすぎて寒いくらいだった。二部構成の講演内容だった。①1時半から3時までは地域創生でしっかり成功している実例を挙げての話 ②3時10分から4時半まで、読売新聞編集委員による参院選後の政局についてだった。その後は1市3町の親睦会で松前町が担当だったのでエミフルのバックヤード会議室において、6時から8時までの議員間の親交を深めた。砥部町も久万高原町も選挙間近で何かそわそわ感があった。」
           P1080195 (300x225)
 今日の研修会
 ①演題『地元』の力 地域力創造 7つの法則
  講師 食環境ジャーナリスト 金丸博美先生 『食』が地域の元気を作るその原動力は、デザイン力、発進力、知恵力、コミュニティ力、編集力、伝統力、連携力の7つが必要と説く。          
 先進事例は皆その原動力を兼ね備えて成功している。山間地の農家民宿、、グリーンツーリズム、絵になる景色や自然、人が見捨ててしまうようなものを輝かせる創造力や発信力には、若者の発想や今どきのツールを駆使して飛躍的な売り上げを挙げている。
  P1080188 (250x138) 
 フランスやドイツ、イギリスの農家レストランなどから学んでの環境にも良くて都会が持たない産物を明確化して人を惹きつけている。
 私は松前は宿泊地をあきらめている感があると思うが、民泊できるエリアもあるはずでそこに農家レストランや空き家利用での面白い発信も可能だと考えるただそのグランドデザインができていないだけだと思うのだ。
 今後の可能性についてもっと多くの発想を加味して、地威力を挙げてほしいとも思う。その言動力に若者の力がぜひ必要だと考える。何かのきっかけで雇用にもつながるし、松前をさらに発進させることができるのでは・・・と夢は膨らむ。

 ②演題 日本政治の未来
 講師:読売新聞編集委員 伊藤俊行先生 
 参院選後のこれからの安部政権の行方や、東京都知事選の動向、さらには新聞報道の危うさや、若者の新聞離れ、オンラインでニュースキャッチする動きに警鐘を。
 選挙制度の問題点、特に小選挙区がもたらす弊害・・・・二大政党化すると思いきや一強他弱になってしかも選挙のたびに揺れが大きく、そのため有権者に寄り添って、ご機嫌伺いをしてしまうポピュリズムの大きなうねり。これは決していい現象ではない。国会議員の数を減らすことに目がいっているが本当にそれでいいのか。色々な視点を提唱してわたしたち議員にも今後考えてほしいとのことだった。

 私自身、やはり小選挙区、つまり一人区が多いと女性議員や新人議員は出ずらく、出てもその命は短く、長い議員活動もしないまま次には落選の憂き目になっているように思える。安定的な活動がしにくくなっていて、論破タイプの議員が多く説得タイプは少なくなってきているようにも思える。今後少子高齢化社会で大規模災害の多いこの日本で、じっくりと腰の据わった政治が本当にできるのか・・・・問題提議が多かった。

 懇親会ではちょっと飲み過ぎたのか疲れていたのか帰宅後かなり胃腸の具合が悪くてしんどかった。明日も早起きしないといけないのに困ったものだ。

Comment


        

09 | 2019/10 | 11

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索