fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

残すところ2日 2016-01-01-Fri

 「(4日目)ロンドンブリッジ近くのビジネスホテルでゆっくり起床。9時過ぎに朝食を。荷物を持ってロンドン最後の2日間を過ごすホテルに移動。外観はまるで中世のお城のようで、中はマリオット系列の高級ホテルだった。荷物を置いてから、いつもの移動手段であるチューブという地下鉄電車に乗る。長いエスカレーターは地下深くまで伸びてるって感じだ。しかもこのエスカレーターのスピードが日本のものよりは、かなり速い。父のような高齢者の足取りでは、乗るのも一苦労じゃないかなと思うぐらいだ。しかも乗り換え通路にはいろいろなパフォーマーがいてジャズを演奏したり、オペラのような歌声やカントリー調の軽ミュージュックが聞こえてくるのだ。鉄道会社の許可を得て時間と場所が決められているのだろうけど、なかなか面白い取り組みだと思った。」

 今日は午後1時にナオミさんファミリーと会う予定だった。彼女は、長男のロンドン大学時代の友人で、イスラエルでしっかり社会人として仕事をしてきて30代になってから学部を受けたという異色の存在だ。2年前には来日して我が家でも宿泊されて、私のことを日本のマミイと言ってくれるようになっている。その彼女がイギリスで同じイスラエル人の夫との間に女の子を産んで、ミカと名付けてとても可愛がっていると話を聞いていたので、今回の再会はとても楽しみなプランなのだ。もちろんティムさんファミリーに渡したようにお土産をしっかり準備して待ち合わせ場所に。
 最初に指定された場所は昔の貴族の所有地で今は市民の憩いの公園のようになっていた。そこに集まってくる人たちは犬を連れている人が多くて、広い緑のフィールドをドッグラン代わりに犬たちが走り回っていた。でもあまりに人が多いのと落ち着いて食事ができそうにないので急きょ場所を変え、ナオミさんの夫のギャビイさんが車で迎えに来てくれて予約しなおしたアジア料理のお店に案内してくれた。
 到着後、少し遅れてナオミさんがミカちゃんを連れてやってきた。以前よりずっとお母さんらしく輝いていた。特に娘の話になると二人ともとても嬉しそうに、賢い子なんだと素直に自慢するので親バカっぽいんだけど嫌味でなくて好感は持てた。お土産はとっても気に入ってくれたようでよかった。ミカちゃんにはキティちゃんの人形や絵本などを。目を輝かせてうれしそうだった。
 ここの食事は、韓国や日本の餃子・春巻き・焼き肉・串揚げなどがあって、ほっとした。2時間ぐらいかけてゆっくりと話をしながらの楽しいひと時をすごした。
             ナオミファミリー      
 夕方5時過ぎにはもう外は真っ暗で雨模様だった。また日本での再会を誓ってナオミファミリーとお別れした。

 そのあと息子の提案でホテルに戻るのではなく、大きなショッピングセンターがあるのでそこで靴を見たいなどの希望に沿って行ってみた。
 まるでエミフルのような大きなショッピングセンターで、結構ブランド物なども置いてある大きなタウンモールでもあった。
       ショッピングモール
 息子の気に入った靴も見つかったので、私としては今回のいろいろな気配りに対してお礼もかねて購入させてもらった。
 ホテルに戻ったのは7時半過ぎだった。ここのホテルは今回の旅の中で一番高級。
    外観 ホテル前にて
 ホテル内 ホテルフロント
 もちろんお値段も高級。でもこんな経験も一生の内でそう何回もない事なんだから思い切り楽
しもうということで選んだところだから、ゆっくりくつろぐことができた。
        部屋の中
 夜は家族でゆっくりホテルのバーで飲みながら、これからの息子たちの進路についてなど話をして、10時過ぎには部屋に戻り就寝した。

CATEGORY日記 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 最高の旅に | ホーム | カウントダウン »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |