fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

町村議会議員研修会 2015-07-06-Mon

 「午前中は事務所にて、土・日に上がってきたカードのチェックやそれらに関係する事務や来客対応などでいつの間にか昼前に。急いで帰宅、昼食をかき込んで12時20分には議会から大型タクシーのお迎え。メルパルクにて町村議会主催の講演会があるので聴きにいくことに。13時半より前半、後半に分かれてそれぞれのタイトルでお話を聞いた。」

 13:40~15:00 中川政雄氏 株オフィス・中川代表『人は化ける、組織も化ける』
 すぐれたリーダーが人を育て組織をよくする。逆に人の欠点ばかりを指摘する様なリーダーの下では人は育たない。ご自分の信用金庫に勤めていた時代の体験談から、24歳で係長に抜擢、また28歳にして支店長と出世していた背景にはいいリーダーに引き出された自分の能力にも気づき、最後まであきらめない気持ちを持つ言雄の大事さに気づかされた。どうせ・・・やる前からやれない理由を述べる人にはなるな・・・
 吉本新喜劇のような語り口で、聞いてて面白く全然眠くならない講義だった。
       中川氏 
 15:10~16:30 門田隆将氏 ジャーナリスト、ノンフィクション作家
 2011年の東北大震災で大きな被害を被った福島第1原子力発電所の爆発で、この影響を自らの命を懸けて守った東電の現場作業員たちのあの時の行動が、のちの被害を何とかここまでに抑えきることができた真実。これを故吉田元所長をはじめとするとする久居当日あの現場でかかわった男たちの証言を基に、チェルノブイリの10倍の規模の爆発と言われていた大規模爆発を、何とか最少エリアに抑えきったあの数時間の政府や東電本社との攻防の中で頑張りぬいた事実を生々しく語る門田氏の話もまた時間の過ぎるのも忘れて聞き入った。
 高温と数分で致死量の被爆指数を示す建屋の中にベントの弁を開けに行く彼らに去来する死への恐怖と家族への思い、そして日本を救うという本義、まさに涙なしには語れぬ話でもあった。ただあまり時間が無くて最後の方は橋尾って話されたが、続きは彼の著書を読めばわかるのかもしれない。
        門田氏
 講演の後、1市3町の交流親睦会のためバスで移動。幹事役の伊予市産の接待でウエルピア伊予で、6時から約2時間の会を終えた。
 明日はまた朝から広報の会議もあるしゆっくりはしていられない。

 そういえばなでしこジャパンは強豪アメリカに5-2で負けてしまったが、今の実力ではある程度予想はついたが、よく走って頑張ったと思う。4年後を目指して新しいスタートを切ってほしいな。

CATEGORY議員活動 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 夫、入院する | ホーム | ボチボチ頑張ってます »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |