fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

フランスでテロ事件が・・ 2015-01-08-Thu

 「昨日よりは寒さを感じる朝だった。夫は朝から詩吟の大会のために黒スーツに白ネクタイの正装で年賀の会にも出る予定だ。私は子どもたちへの減災絵本の読み聞かせ活動をエンゼルさんにお願いに行って、今度の仙台で予定されてる国連世界防災会議での動画発表に使わせていただく了承を得ることができた。今後は日程調整や段取りについて打ち合わせが必要になってくるだろう。2月に向けて結構忙しくなりそうだ。」

 昼前に従弟から連絡が入って私の車が修理が終わり納車できる状態だということで、昼食後に自宅まで持ってきてくれた。明日は母を連れての愛大病院への定期検診に行かなきゃならないので、それに間に合わせてもらって本当に助かった。

 午後からは庁舎に行って、広報関係でメールの確認や写真について打ち合わせ。
 また成人式のアンケート用紙の準備・段取りの確認など用事を済ませ、エミフルに夫の誕生プレゼントを買いに行った。
 2階に上がって友人に出会ってお茶したり、話が弾んで気が付けば外は真っ暗、すっかり夜になっていた。帰宅後ラブとのんびり夕食を。

 また嫌なニュースが飛び込んできた。フランスのパリで大きなテロ事件が起こった。風刺漫画や体制批判で有名な新聞社で、武装した2人組のテロリストが12人の編集関係者を次々と殺傷し今も逃走中だという。最近特にイスラム教やその慣習に対する批判や風刺漫画が多く掲載されていることで脅迫事件も起きていたらしいが、こんな残忍な言論封殺に動くとはどこまでいくのか暴力の応酬が本当に悲しい気持ちになる。言論の自由と行き過ぎた宗教批判表現がそれらを崇拝している一部の過激派には耐えられない屈辱を感じるのか、それをペンで押収するのでなく銃で押さえつけようとすることが、また負の連鎖へとつながっていく。きっとフランスやその周辺国のイスラム系の移民やその二世、三世が反逆の対象となってしまうことが予想される。冷静な対応をお願いしたい。多くのイスラム教徒はこのような事を望まないし、一部のテロリストによってもっとも迷惑するのも彼らなのだから。

CATEGORY日記 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 母の健診 | ホーム | 広報編集会議 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |