FC2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

町長と面談

2014/08/22 22:31 ジャンル: Category:日記
TB(0) | CM(0) Edit

 「今朝は曇り空で久々涼しさを感じた。ラブとの散歩の帰り道、もう雨がぽつぽつと。そのうち雨足が強くなって、どしゃ降りに。でもそれほど長くは降らず、父母を迎えに行く時にはすっかり上がっていた。今日は2か月に1回の母の検診日。愛大病院まで連れて行き、母の糖尿のインシュリン注射によるコントロールがしっかりできているかを見てもらい、月平均値も安定できていると言われほっとした。1時過ぎには母のグループホームに、そのあと父をケアハウスに降ろして帰宅したのは2時過ぎだった。」

 3時半には特別委員会として、町長と面談するため庁舎に向かう。
 自由通路建設に向けての建設費の開きをどう縮めていくのか、具体的な方策について率直な胸の内を語ってもらった。
 基本的には工事についてはJR四国にやってもらうことなので、いろいろな提案はこれからの折衝だがあくまでもイニシアチブは向こうにあるという中でどう落とし所を見つけていくかというところだった。
 特別委員会として研究し案を出してもらうことはどんどんやってもらっていいという基本スタンスも、エレベーターのことも今なら計画の中に入れることはできるという考えも聞いた。
 また地域の活性化にかける町長の自由通路を生かして起爆剤にしたいぐらいの思いはあることが分かった。このあたりももっと議員にアピールしてもらいたいものだと思った。

  およそ1時間は超える話し合いの中で、25日にまた委員の皆さんにそのあたりの報告をしっかりしないといけないのではと感じた。

 事務所に戻ったらスタッフが青い顔をして誤るので何事かと思ったら、地域行事などを録画したビデオカメラを編集中そのすべてを消してしまい再生に苦慮していて、その修復についての相談だった。私は修復できるなら、そんなに心配しなくてもと思い、もし無くなってしまったら私が地域の人たちに謝ればすことなのでさほど驚かなかった。私が彼女に任しているのだから・・・

 ここ毎日の広島の土砂災害被害の大きさを報道で見ながら、2千人以上の応援の救助隊が入っていてもなかなか救助が思うようにできないもどかしさの中で、被害者の方々の心境はどんなものだろうかとものすごく心が痛む。
 その上天候まで妨害するかのように大量の雨を降らしている。まだ明日も明後日もこの雨雲や前線の影響で雨が断続的に降るようだ。山の土壌にまた大量の水分が含まれ、さらに土砂崩れの危険も多い中での捜索を続けなければならないことになりそうだ。
            土砂災害現場での捜索 
 お願いだからもう雨を降らさないで、せめて捜索・救助の時間帯は・・・

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索