fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

松前町防災訓練 2008-09-08-Mon

 「松前町防災訓練に参加して、実践的な避難誘導行進もやってみる。訓練がゆえに緊張感がないのは、仕方がないのかな・・・」

 さすがです!消防団や警察学校の生徒さんたちの機敏な行動。見ていて気持ちが良いですね。
 そして地域の人たちも、バケツリレーや崩れた家屋に閉じ込められた人の救助活動訓練などなど~負けじと取り組んでいました。良いお天気で、まさに訓練日和でした。

    防災訓練の様子

 10時半より文化センターの広域大ホールで、「防災講座」講演会を開催。
 阪神大震災の被災体験&私たちにとって本当に知らないと大変なことになりそうな情報を、涙なくしては語れない・・しかも実際の体験談から来る【リアリティ】を持ってバンバン伝えてもらった。

             防災講演会

 特に印象に残った話・・・。
 ①アスファルトの道路は大地震に弱い! 亀裂で盛り上がったりで、車などは避難ツールとなりえない。
 

 ②大火災の主な原因は、住民の火の不始末ではない! 家の水道の蛇口バーが上からの物の落下などで、通水状態となり漏れ出した水と電気から発火し火災の原因となった場合が多かった。

 ③お年寄りは、サバイバルに強い! 便利な生活に慣れきった若い世代の人は電気、ガス、水道などライフラインを絶たれた状態で生活するのは大変苦手。
 焚き火で暖を取りながら作った炭を、水の浄化やおいしいご飯炊きに利用する。新聞紙を細かく千切って丸玉を作りビニール袋に入れてコタツ代わりにする・・・なんて、さすが戦後の何もない時代を生きてきたおじいちゃん、おばあちゃんの生活の知恵はすご~い。

                                  老人1

 ④グラッときたら、まずすることは出口の確保! 火を消す事は二の次・・・。家から出る時に火の始末、配電盤のブレーカーを落としておくことなど。

 ⑤家族間で二箇所は避難場所を確認しておくこと!

   まだまだあるんですが、主な事として・・・以上。

 夫は朝からコミセンにて『詩吟の大会』に出場。決勝に残り二段の部で3位入賞でした。でもその結果を知るまでに夕方までかかり、朝の9時から夕方5時まで拘束される大会運営に少々うんざりってかんじでした。
 
   でも、とにかくおめでとう・・・

 勇人も昼間は自分のbyebyeパーティーに出てて、夕方家族4人の水入らずでお寿司など・・暫らく向こうで食べられない?和食(寿司、てんぷら、刺身、焼き魚などなど)を食べに三番町に。 いよいよ子離れの時か~~

                                              9月7日

CATEGORY日記 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 9月議会、始まり 始まり~ | ホーム | 全員協議会 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |