fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

詩吟大会 2013-09-22-Sun

 「今日は夫の詩吟大会の応援に。例年通り尼崎のアルカイックホールで行われるので父と予定通り飛行場へ向かった。・・・が、ハプニングが! 父は透析患者なので一級の身障者手帳を持っている。その割引でチケットを買っているために搭乗時には手帳提示を求められるが・・・無い!(泣)

 毎度の事なのに保険証も手帳も持ってきていないし、今晩泊まる宝塚の家の鍵も持ってきていない・・・。
 鍵
については、電話で先方に連絡して家のポストに合鍵を置いていただくように頼んでいたので事なきを得たが、手帳は確認できないと飛行機に乗ることもできない。仕方なく一本送らせ、父と共に施設に戻り手帳と追加の必要物をリュックに詰めて、再度空港に向かう。何とか手帳の確認もしてもらいチケットの再発行してもらって、11時40分の便に間に合った。

 またちょうどそういう時に限って第1駐車場が満車であの遠い第2
駐車場の端の端に駐車したので、私は息を切らして2回も往復するハメに・・・父はにやにやして「すまんのう」と言うだけ。
 腹も立ったが年を取った父にあまりガミガミ言うこともできず、
イライラしながら大汗搔いてこのハプニングの後始末に走り廻った
 これまでも身障者割引で何度も購入して搭乗時に窓口確認をしていたのに、
もう忘れていて勝手に荷物準備の時にカバンからのけてしまっているのだ。これからは前日に私が最終確認しておかなきゃいけないと思った。

 ホールに着いたのは
2時過ぎだったが、昼食も食べる暇もなかったのでホール横の都ホテル系列のレストランでなんとか昼オーダーの時間ギリギリに滑り込んだ。
 1時間ぐらいゆっくりと食事をした。
夫の出番までにはまだ1時間以上も時間があったが、会場でレベルの高い素晴らしい吟詠を聞かせてもらった。
 夫の部は200番中189番だったので本当に終わりの方の出番で、
5時ごろの出吟だった。なかなかの出来で、まあいい線いくかなとも思ったが、なんせ若い人たちのはつらつとした迫力のある声と節調に埋もれてしまい、結局入賞もできずレベルの高さに圧倒された感じだった。

 
そのあと400人中各部2名ずつの計16名の決勝進出者による律詩で、この戦いがまた凄かった。ほとんどが30代前後の若い男女で、13人が女性で所属会派はほとんど兵庫と大阪の吟者だった。
 とても悔しそうに自分の吟についていろいろ言っていたけど、
やはりレベルが違いますね。まあ来年に向けて1年間頑張ってください。ただ若さは買えませんがね・・・
             詩吟大会

 決勝の吟詠まで聴いて、今年の吟士権者(優勝者)、
2位、3位と16名全員の成績発表を聞いてから帰った。
 
会場を出たのが8時半でJR宝塚に着いたのは9時過ぎ。ほとんどの店が閉店前で夕食をどこにするか探し、やっと韓国料理の居酒屋さんを見つけて父と夫と私の3人で残念会のビールで乾杯[完敗]をやりました。

 宝塚の家に着いたのは10時過ぎで、
私以外の男たちは二人ともシャワーも浴びずに即寝てしまった。気持ち悪くないのかしら・・・
 もちろん私は
シャワーを浴びスッキリして、ゆっくりお茶を飲みながらテレビを見て心地よくなってから就寝した。

CATEGORY日記 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 秋分の日 | ホーム | 衣選びに戸惑う »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |