fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

人生のゴールを考える 2013-06-01-Sat

 「朝から曇ってラブとの散歩も微妙だったが、何とか行けれて彼女は満足そうだった。午前中は取材をお願いしていたので、モーニングも行かず準備をした。昼からは終活セミナーに参加して、人生のゴールについて前向きに考える、元気なうちに生前整理をする考え方にも理解ができて良かった。」

 10時より近所のお宅に取材に出掛ける。
 史談会で来週末に予定している松前地区探訪での資料として、義農作兵衛像の作者である越智綱雄氏についての調査依頼をされていたが、すぐ近所にその方の姪御さんになる方が
ご健在で話を聞くことができた。
 彼の作品(見事な木彫りの鹿)を見せて頂きながら、若いころの逸話やエピソードを聞かせて頂くことができて約1時間半の時間があっという間に過ぎてしまった。

 また話をされる老婦人も、とてもニコニコと楽しそうに叔父さんのことを話され、きっといい思い出があるのでしょう。尊敬の気持ちがその言葉の端々に感じられるものだった。
 大工
仕事にあこがれた青年が上京して、弟子入りした先で有名な彫刻家に見出され次々と意欲的に作品、とくに仏像や偉人の銅像などを彫り上げた。昭和32年ごろ作兵衛像を彫り上げ、翌年除幕となった。彼が44歳のときだった。
 その後も精力的に多くの作品を生み出し平成2年に77歳で逝去されるまで、和霊神社の狛犬や浅草寺や高野山の仏像などあちらこちらにその作品が息づいている。
 
そんな話を聞きながら、残っている文献や資料・作品の写真を見せて頂き、彼の人物像をしっかりイメージすることができたような気がする。
    作品1 作品2

 午後は、取材先の嫁さん(私の友人でもある)と共通の友人と3人で人生の終末をいかにスマートに終えるか、そのために何をしていくべきなのかを学ぶため、終活セミナーに参加した。
 
残されたい遺族にもめ事なく自分の人生を閉じれたら一番なので、そういう準備はとても大切なことだとよくわかった。早速エンディングノートを買って事前整理をしながら、終活をしていこうと思った。
  終活セミナー  
  帰宅途中で喫茶店で談笑し、5時半ころ帰宅。それから夕飯の準備し、帰りの遅い夫を待たずに一人食事を済ませた。8時ごろ帰宅の夫に夕食を提供し、全仏オープンテニスを楽しみながらパソコンをはじく私を尻目に、さっさと寝室に入る夫。
 明日は詩吟大会でかなり早く起床するとか・・・。私はゆっくりするぞ! 明日ぐらいは・・。でも天気が良ければ庭の花の入れ替えをしなきゃ、買ってきた苗が
枯れちゃうね。
 錦織選手が4回戦に進んだとかで、その相手がナダルかフォニーニか、今まさにその試合をしてるので気になるところだがライブなのでなんとも言えない。

CATEGORY日記 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« のんびりだけど、予定通りに | ホーム | 5月も終わりました »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |