FC2ブログ
2019 / 09
≪ 2019 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2019 / 10 ≫
Page.1701

 「今日も寒い朝だった。晴れているのだが、上旬の暖かさはない。東北や北海道では雪が降り、せっかく咲いた桜も凍えているようだった。本格的な春はまだなのか。」
 
 午前中は事務所にて、デスクワーク。来客対応、電話連絡、週の始めは何かと忙しい。
 今週半ばから関西方面に自主的研修に出かけし、その後も大型連休が控えているので片づけておかないといけない用事も結構あるので、時間の経つのも早い。
 とりあえず議会だよりも印刷に入るし、26日ごろには出来上がって来るだろうから楽しみと不安が入り混じって複雑な心境だ。というのも今回これを持って全国の広報研修委員会に乗りこむつもりなので、どんな辛口コメントが出てくるのか気になるところだ。

 昼からは国会中継、参議院予算委員会の民主『新緑風会』と政府とのやり取りが、文教関係でいじめ問題や高校の授業料無償化、幼児教育の無償化、そこに所得制限の有無が絡んで結構深い議論が展開されていたのでつい見入ってしまった。
 女性が子育てしながら安心して仕事を続けることができる環境づくりの大切さを安倍政権がしっかりと認識し、待機児童ゼロを目指す具体的施策を進める兆しのあらわれであるのなら歓迎だが、育休取得の期間、また男性にも取りやすい環境づくりを経済界にもしっかり主張して頂きたい。少子高齢化の勢いを止めるには、このような総合的な施策を急速に進めて行かないとその効果は表れにくいと思う。
 
 ところでまた中国四川省で大きなマグニチュード7.0級の大地震があって大きな被害が出ているようだ。
 人命救出可能性が縮小する72時間が明日で過ぎようとしているが、外国の救出隊の入国を断っているようだ。人命救出に最大集中しているのか、それとも国の威信にかけて他国へ借りを作りたくないのか・・・それにしてもこの前の大地震の場所から100キロしか離れていないところが震源地らしいので、関連性があるのだろうが、その時の被害から立ち直って耐震化住宅への強化策などは全然間に合っていなかったのでは。
 ましてや今回の場所は農村部の比較的貧しい所得層の人々の集落が多い所だったようだから、家屋全壊の被害が多かったようだ。この復興をうまくやって行かないと国民の怒りが政府の方に向かないとも限らない。まさに生まれたばかりの習近平政権のかじ取りにかかっているのかもしれない。
         倒壊した建物

この記事へコメントする














藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!