FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

経済懇話会講演に感動

2012/10/02
 「朝からこれぞ秋晴れという、雲一つ無いようなお天気だった。午前中は事務所に入るのに時間がかかって思うことの半分も出来なかった。午後は2週間ぶりのフラダンスレッスン。発表会まであと1ケ月・・どうしよう・・」

 議会広報もとりあえず3日の原稿取りの分までには間に合ったので、今日は他の人の分も含めて今の段階でどういう状況になっているか事務局に確認に行く。
 やっぱり気になっている人の分が、厳しい状態になっている。今回は再度本人さんに修正してもらってから、直していくことに決めた。
 5日までには表紙写真もある程度出してみるか・・・

  午後からのフラダンスのレッスン。11月15日の発表会に向けて頑張って練習しているが、なかなか覚えられなくて困ったモノだ。
 
 練習後、父のいるケアハウスに行く。昨日、かなりの高血圧の数値を出したようで、入浴前の血圧確認をしてから入るように伝えた。
 ちょっと気を許すと体重も増えるし、血圧も上昇気味だ。施設に新しい男性の仲間が入居され話がよく合うらしく、その方の自家用車でちょこちょこ二人でお出かけしてるみたい・・・。お茶を飲みながらケーキを食べたりして、間食が増えているようだ。楽しみもあるだろうからあんまりとやかくは言いたくないんだけど、寮母さんたちは心配してる様子。

 夜は、松前町経済懇話会主催の記念講演会に参加。
 講師 : 東レ経営研究所の特別顧問  佐々木常夫氏
 演題 : ワーク・ライフ・バランス「私は仕事も家族も決してあきらめない」 
      
 働きながら家族再生を果たした佐々木氏本人の感動の秘話をいっぱい聞かせてもらって、帰りにその著書《ビッグツリー》と《リーダーに贈る17の言葉》をサイン入りで購入させてもらった
 妻の入院43回、6度の転勤、激務、家事、看護、自殺未遂、自閉症の子、うつ病の妻を守りぬいて、壮絶な人生の日々を送りながら、『決して負けるまい、決してあきらめない、きっと良い日が来る』と思い改めて前に進んで来られたその人生観が、私たちに多くの勇気や力を与えてくれる小気味の良い話だった。
 なかなかの楽天家を自称されるように、つらい経験も力に変えてしまうその生き方が何とも恰好いいし、同じようにうつや障がい、仕事の行き詰まりやいろんな苦しみを持っている人々にエールを送ってくれているような、まさに応援歌のようにも聞こえた。
        講演会
22:33 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示