fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

プロフィール

藤岡みどりの【小部屋】

Author:藤岡みどりの【小部屋】

■藤岡みどり

夫と二人の息子の協力を得ながら活動を続けております。もちろん「主婦業」も頑張ってます!

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

原稿書きに追われる 2012-10-01-Mon

 早いもので今日から10月。秋本番かな。朝晩は長袖が恋しい季節となったが、日中はまだまだ暑い。台風がこちらには直接来ずに中部、関東、東北地方に向けて縦走していった。そちらの方では被害が大きく特に東北の太平洋側の地域がまたもや被害を受けていたようだ。地震や津波も大変だけど、川の氾濫で床上浸水も後の処理がこれまた生活に大きな支障を与える。復興の真っ最中に自然の猛威は容赦しないところが怖い。」

 朝から事務所で広報原稿作成に追われていると事務局より連絡が入った。
 議会活性化勉強会のこれからの位置づけを議長・副議長に相談したいとの意向を伝えていた関係で、今日午前中にこちらに来るようにとのことで、予定を変更して急きょ庁舎に向かった。

 話し合いの結果、議長サイドとしてはこれからも任意の会で続けてもらって良しということであった。但し内容によっては議運に馴染むものなど、そのたび報告しつつ判断を仰ぐということなので、毎回の記録表は提出する。
 また倫理条例について、よく勉強してほしいとの注文もあった。この報告は次回の勉強会に伝えたい。

 昼からは議会広報の原稿書きに専念。夕方までに仕上げるために、かなり焦って何とかメールなどを駆使して、時間いっぱいのギリギリ5時過ぎに持って行く。
 あ~疲れました。

 夜、「強制帰国」という中国残留婦人たちの悲しい軌跡と勇気ある行動で自らの悲しい歴史に終止符を打たれたドキュメント風ドラマを観た。
 その背景には支援団体があり、その会の維持のため私財を投げ打って支えた日本人がいたことも知った。戦争が生んだ負の財産ではあるが、今この日中関係がぎくしゃくしている時、改めて隣国への侵略や戦争の結果が何をもたらしたか、決して繰り返してはならない悲劇とは何かを語りかけてくるような番組だったと感じた。

CATEGORY日記 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 経済懇話会講演に感動 | ホーム | 地域防災訓練 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |