fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

3月議会始まる

 「2月の最終週は、結構忙しい。昨日は朝から議会初日で会期日程や提案案件について ほとんどが上程後各委員会に付託されることが決まり、3月4日の一般質問後の5日からその週の4日間は各常任委員会で審議されることに。いつもの現場視察がなかったので12時過ぎに終わったのでランチのためエミフルに行って、午後2時過ぎには庁舎に戻り3階の大会議室で行われる防災士のフォローアップ研修に参加した。松山気象庁から楠田気象官が講師として来られ約1時間ぐらい講習を終えたころ、急にガタガタと床や壁が揺れて各自のスマホが緊急地震速報を知らせる警戒音がけたたましく鳴り響き、ほんの数秒だったが結構揺れてびっくりした。まさに防災講座の真っ最中に起こった震度4の地震だった。一瞬騒然とした室内だったが短い時間の揺れでその後の体に感じる揺れはなかったので冷静に対応できたが、M5.1で結構威力のあるものだったことが分かった。結局、講座はそこで中止になり、危機管理課としても町内見回りに行くことになった。私は緊急停止したエレベーターには乗らず階段で5階に上がり、議会事務局へ。特に物が落ちるなど変わったことはなく局長やスタッフと無事を確認して事務所に戻った。事務所内も特に異変はなく、板ちゃんと確認してすべてOK。夕方にはいつもの検診のためかかりつけ医のいる病院へ。いつもの薬を1か月分もらって帰宅。」
         
1000003452.jpg
        1000003446.jpg
  1000003448.jpg
 家では、夫がやっと私のあげたプレゼントのホームウエアとベストを着て、嬉しそうにしていた。息子たちにも𠮟られ、私の怒りの手紙を見て改心したのか、素直にプレゼントに対するリアクションをしていたわけだ。「とってもあったかいし軽いね、これなら早く開けて着るんやった。てっきりいつものパジャマと思っていたので‥‥」なんて言い訳をしていたが、それならとっとと開けて中身を確認しろってんだ・・・
 ま、下手な言い訳をして謝ってるつもりなんだから、ここは大きな心で許してやろう・・・なんて優しいんだろう、いや~甘いんだろうなんて思いながら、怒り疲れで急にテンション丸下がりだ。


 今日27日は、朝から今年度最後の補正予算について審議する予算決算常任委員会だった。朝9時半からお昼を挟んで2時近くまであった。
 その後の広報委員会からの議会だよりの表紙のリニューアルについて提案があったが、表紙の更新はとても大切なことなので慎重に時間をかけて検討してほしい旨を伝えた。
 3時過ぎには帰宅。洗濯物を取り込んでラブちゃんの御飯を用意して着替えて、午後4時半には倫理法人会の講演会並びに懇親会に行くため友人のお迎えを待つ。
 久しぶりに彼女と一緒に松山の元全日空ホテルのクラウンホテルに行き、6時から8時まで二人の会社経営や人の道についてのお話を聞き、8時過ぎから9時半ごろまで懇親会で皆さんとの交流や談笑でリラックスさせてもらった。
        
1000003455.jpg
 明日は一日かけて、4日の一般質問の発表原稿を仕上げてしまいたい・・

防災講座を

 「今日は午前中に、夜行う地域の防災講座のパワポの説明と実施実験の時間など自分なりにタイムを計りながらシュミレーションしていた。昼前には簡単な昼食を摂って、コムズに向かった。午後1時半から大川小学校の津波による74人の子どもの犠牲者のたちの7年にわたる闘いの日々の記録映画の上映会に行った。日本防災士会愛媛県支部の中予ブロックの主催で、この記録映画をコムズで上映することになっていたので少しでもお手伝いをと思って参加したのだが、実際には私はお手伝いできなくて申し訳なかった。でも映画の内容は本当に子どもの死に向き合う親御さんたちの壮絶な戦いの記録で、なぜ大川小学校の校庭に50分もの間津波が来るのもわからず高台に逃げることができなかったのか、その間の真実、何があの時あったのか、なぜ避難経路を津波が来るほうに誘導してしまったのか、11人の教師の中で唯一人生き残った教師の証言、教育委員会のその後の検証や何回か行われた保護者への事後説明会の緊迫したやり取りなど、特に前半から中盤にかけてのストーリーは見ている私たちにもその憤りが伝わってくるものだった。私も3回ほど大川小学校に行って現場も見てきた。正直すぐそばにある山へ駆け上がれば十分津波からは逃れたはずなのに・・・と素朴な疑問があった。でも当時の学校現場では海岸から37キロ離れているし、まさか北上川を津波がそこまで遡上してくるとは想像もしていなかったのだろう・・・のちに19人の子供たちの遺族が訴訟を起こし、その過程で学校側の防災・危機意識の低さが露呈してきて、結局学校教育委員会敗訴で保護者の一番知りたかった子どもたちの無念と実際に起こったことも、ある程度明確になった。たとえ高額の賠償金を支払われても子どもたちは帰ってこない。子供さんたちの明るい未来とその成長を楽しみにしていた御遺族のことを思うと、どっしりと思い虚しさを感じた。でも私たちはこの子たちの死を決して無駄にしないためにも、防災、安全安心のためにこれからも学び準備し、自然に寄り添いながら身を守る努力を続けていくべきだろう。『生きる』と題したこの映画は、いろいろなことを伝えてくれた。もっと多くの人に見てもらいたかったが、参加者が少なかったのが少し残念に思えた。午後4時過ぎには映画会の後片付けも、途中で私は夜に行われる防災講座のために急ぎ帰宅した。」

 帰宅後すぐに軽く夕食を食べて、5時半には西高柳集会所へ。
 
パソコン・プロジェクターなどの準備、机やいすを並べ、7時からの2部構成の役員会を兼ねた防災講座の準備をした。
 7時前には約30人の最初の役員組長さんたちが会場に来られ、
早速区長の挨拶、自主防災会からの組織図やメンバー更新の連絡などがあって、私にもらった35分の時間で防災の基本的なことを能登半島地震をはじめに関連して説明した。さらに災害時のトイレ問題に特化して話を進め、段ボールを使ってぐるぐる巻きトイレの作り方を実際に3つのグループに分かれてもらって準備した段ボールやガムテープなどで順に作ってもらい、できたものに50リットルの黒いポリ袋をかぶせさらに簡易トイレ代わりの白い袋を入れ、そしてその中にペットボトルに用意した350mlの色水を入れ、さらに凝固剤を入れて固まる様子をみてもらい、可燃ごみとして収容して蓋つきのポリバケツなどに入れておくことなど皆さんに確認してもらった。ほぼ時間内で終えることができほっとした。
 8時前には最初の組が終って、つぎの組のメンバーが入ってこら
れ、また同じことを繰り返しやって9時には終了。
 皆さん結構 楽しんでおられたようで、座学だけより
ワークショップがあったほうがよかったみたいで、今後も実践、実
験などを取り入れた話し合いにしていこうとスタッフ一同共通認識を持った。
 さすがに疲れまし~~~た。
 この3連休は夫は出張中で明日の日曜日もマイペースで過ごせそ
う・・・

組合議会

 「今日は午前10時から三秋のごみ組合事務所にて、伊予地区ごみ処理施設管理組合の新年度に向けて当初予算の審議のため組合議長としての務めを果たした。組合議会の後、伊予地区清掃センターの解体やその後のことなど業者からの話や伊予市の考え方なのも拝聴した。今後は松前町としてどうしていくのかについても町議会にて審議されていくものと思う。環境や費用のことなどもあって、これからも組合議会として数年はかかることが分かった。11時過ぎには会議も終わり、冷蔵庫の件もあってエミフルのデオデオによって、そのあと庁舎によって帰宅。13時半には業者が来て、新しい冷蔵庫をもって来た。25年間頑張ってくれた今の冷蔵庫さんに敬意を表して、ほぼ同じ容量のビルトインできるサイズの同じメーカーの新しい冷蔵庫をはめ込んだ。それまでに冷蔵庫の中身を出して、かなりの賞味期限切れの食品を大量に廃棄した。その整理に3時間ぐらいかかって、掃除してきれいにして新しい冷蔵庫に食品を入れて完全に稼働する状況になったのは夕方5時過ぎで、くたくたになった。」
(旧)1000003413.jpg →(新)1000003437.jpg

 夕食は伊予市のおがたの焼き鳥を食べに出かけ、かなり疲労困憊だったのが、かなり癒された。明日から夫は出張で大坂から東京へと連休中はいない。
 私は明日にはラブちゃんをシャンプーカットに連れて行き、11時からは集会所にて24日に行う地域の防災講座で実際に行うワークショップについてリハーサルをして、本番をスムースにできるようにする打ち合わせと段ボールトイレづくりの実施をする予定だ。
       
1000003430.jpg

小規模保育園 見学

 「朝から雨模様で気温は高く、ぐずついたお天気だ。天気予報ではこの1週間ほとんど曇りから降水確率の高い日が続くようで、石手川ダムの貯水率は上がりそうでひとまず水不足は解消されそうかな・・・今日は午前10時半には国道沿いにできた小規模保育所『あおなみまさき園』の内見会に行ってきた。0~2歳児対象の園で、中の机や椅子、トイレなど、どれをとっても可愛らしく、3月1日からは幼児たちの声が聞こえる賑やかな園になるんだろうなと思いながら見学させてもらった。」
        1000003434.jpg
  1000003418.jpg
        1000003425.jpg
  1000003420.jpg
 そのあと家の冷蔵庫が昨晩から故障してヤバいことになりそうなので、エミフル内のデオデオさんに行って早速新しいのに取り換えてもらう段取りをつけた。
 25年間使った冷蔵庫だけに愛着もあるが、さすがにこれを修繕してという気にはなれず買い替えることにした。
 明日の午後には届けてもらえるようになったので、何とか午前中の会議後帰宅して準備に取り掛かることに。なんせシステムキッチンの中の1台なので「枠に入らないと困るので、大きさは決まってくるし、何とか収まるサイズの同じメーカーのものがあったのでそれにした。今入っているものは一部倉庫の冷蔵庫に移し替えた。

まなぼうさい

  「今日は、日本防災士会愛媛県支部のメンバーとして伊予市で行われた『まなぼうさい』という防災イベントにスタッフの形で参加。会場は①ウエルピア伊予と②夢未来館で、私たちは②の方の2階で災害時のトイレや液状化現象についての簡単で分かりやすい実験を示すことで興味を持ってもらったり、その重要性を認識してもらったりした。他に非常持ち出し用のリュックの中身についてぬり絵を使って子どもさんや一緒に来ている保護者の方に作業を通して楽しく学んでもらったりして、日頃からの防災への興味を深めてもらった。」

     1000003402.jpg
 午前10時開始のため1時間前から準備に入ったが、なかなか11時過ぎぐらいまで参加者が少なくて、このまま閑古鳥にならないか心配だったが、昼前ぐらいからどっと人が来だして13時半ぐらいまでは、昼食もままならないぐらいその対応に追われた。
 松前町内の人も結構来られて、防災士になりたいという若い女性の方などもおられ、早速危機管理課へも繋げれるようにお話を聞いたり、ぬり絵のところでは幼い子供さん連れのファミリーがきて一緒に楽しんでもらったり、子どもさんのはさみ遣いに冷や冷やさせられたり、個性豊かな子どもの感性にこちらが驚かされたり結構面白い時間を過ごさせてもらった。
 
1000003393.jpg 1000003406.jpg
 同じ部屋ではロープワークの指導や展示もあって、私も時間のある時教えてもらうのだが、なかなか覚えられなくて困ったものです。
     
1000003405.jpg
 3時過ぎには搬出の準備に取り掛かり、4時前にはお開きとなった。
 夫も椿さんから帰ってきて、結構人が多かったと言っていた。今回は、3日ともいろんな行事でお手伝いできなくて椿さんに行くこともできずじまいだった。

議会報告会

  「今日は朝から議会報告&意見交換会開催のため、議員全員8時半には文化センター2階の会場に集合した。お天気はいいし、さて何人の人がこの会に集まってくれるか・・とても不安だったけど、何とかワークショップの島を5つ準備していたがちょうどぎりぎり10時開催頃には6人づつ入ることができ、そこに議員が二人、ファシリテイターと記録係という形で入ってもらうことに。初めての経験の方もいてハラハラするような場面もあったが、これも経験でそれらを踏まえて次のステップに進んでいけばいいのかなと思う部分もあるので、今日の会はおおむね成功だったのではないだろうか。私はタイムキーパーや写真班など裏方で支える立場で動いたが、来てくださった町民の皆さんが町政に対しそれなりのレベルの意識を持っておられる方方だったので、各グループそれぞれ短い時間の中で皆さんでテーマを出してもらって議論した頂き、それぞれ記録係の方が発表してもらうという形式で盛り上げることができた。」
      1000003412.jpg
    1000003410.jpg
 ほぼ予定していた時間内にすべてのスケジュールをこなすことができ、本当によかった。
 中心的に動いてくれた議会改革の座長さん、ご苦労さんでした。少し一人で結構何もかも抱えて進めていかれたので、できればもう少し皆さんにシェアしてもらって全体的スキルを上げていく方向で今後は進めていってもらいたいとも思った。
 多分皆さんに書いてもらったアンケートの集計や議員各自の反省事項に上がってくる内容などから、次回へ向けての道筋が見えてくるだろう・・・
 この会の後の結果報告やこれらをどう生かして議会活性化に結び付けていくのか、時間はかかるがしっかりと進めていかなければならないだろう
 閉会後、来てくださった町民の皆さんを出口でお礼しながら送り出して、あと片付けが終ったら12時過ぎになっていた。
 帰宅後、昼食を終え気がつけば疲労感がどっと出て眠気も出てきたが、これで寝てしまうとどっぷり寝てしまいそうなのでテレビを視ながらリラックスしてこらえた。
 明日は伊予市の夢未来館にて「まなぼうさい」のイベントのため、午前9時から4時近くまで張り付いていなきゃならないし、県防災士のメンバーとして頑張らなくちゃ・・・

防災講習会準備

 「今日は朝からどんよりしていて、洗濯は洗いから乾燥までの全自動コースにして天日干しはあきらめた。10時から事務所にて地域の防災士と24日の件でパワポの確認、配布資料の中身についてなど話し合って、印刷前準備をして19日の資料印刷には間に合いそうだ。あと実験に関する説明資料は追加であるが、全員に配布するものではないので今日のやるべきことは終了できた。」

 午後から事務所でパワポのシュミレーションとして、いかに短時間で皆さんに分かりやすく説明するかを練習してみた。
 夜は友人と食事をすることに。女性同士の楽しいひと時・・・
 フランス料理をあまり得意としない夫と食べるより、彼女のご推薦のお店で初めてコースでいただくのは、至極の時では・・・
 明日から3月議会に向けて議会運営委員会が始まり、3月13日の会期末まで忙しい日々が続きそうだ。
 インフルやコロナの忍び寄るこの季節、体調管理もしっかりして、大事な時期を乗り切っていきたい。

バレンタインデーだが・・

 「今日は世間的にはバレンタインデーだけど、今年は珍しく誰にもチョコの準備はしていない。ただ夫には先日買ったパジャマと部屋着用ベストをプレゼントして、これに振り替えた。でも部屋のベッドに置いたままで開けてもいない態度には気落ちする。感情表現の不器用なのは昭和男子の当たり前なのかもしれないが・・その点、平成生まれの息子たちは全然違う。プレゼントしたりされたりすることに慣れていて、その対応もとても自然でスマートだ。」

 朝から事務所で忙しくデスクワーク。今月24日に予定している地域の防災講座の説明パワポ作成、重要ポイントチェックなど資料作りに時間をかけた。明日の打ち合わせの題材にもなるので。
 依頼のあった被災者向けの今年のカレンダー集め(能登半島地震でほとんどの家財道具をなくされた被災者の方々が今年のカレンダーもほとんどなくて困っていると聞き、家で眠っている余っている2024年版カレンダーを被災地に届けようと来週現地に行く松山市の行政メンバーに託そうという運動)の呼びかけを活動仲間にすると事務所に続々と届けてくれて嬉しかった。
 みんなできることは、何でもしたいという気持ちがあるので、結構な反応の良さに驚いた。

三連休はフリー!

 「わ~い!久しぶりのフリー連休だ。ここの所、土日が何かと行事でふさがっていたけど、10日はお昼にコムズの反省会という名の食事会だし、楽しいことはワクワク感でOKなのだ。ただ集合場所がマルブンさんで行ったことがないところでナビと地図を頼りに行かなくちゃ~。前日スタッフに地図と行き方の要領を聞いていたのだけど、結局一つ手前の交差点で右折したためグルっと回ってまた本道に戻って、その後はスマホのナビでびくびくしながら誘導通りに行くと何とかたどり着いたし、駐車場も空きがあってほっとした。やはり知らない所に行くのは緊張するね。スタート時間もギリギリだったので結局20分ほど遅刻したけど、食事のコースは始まったばかりだったのですぐに合流出来てよかった。イタリアの家庭料理のお店でいろいろメニューも多くしっかりシェアしながら、いろいろな種類のものを頂いた。全体に塩気が強い感はあったが、ワインやビールにはよく合いそうな感じ。でもお昼なのでお水が進んだ。高血圧の私にはちょっと塩分きつめだったが、最後のデザートとコーヒーで中和したかな・・・」

 帰宅後、明日からの2日間をどう過ごそうかと、まずはプラニングを。
 結局のとこ
ろ2月24日の地域防災講座のパワポの中身について更新をかける
ため、スタッフとの
共同作業において少しでもスムースにできるための準備をしっかり
しておこうと決めた。これは11日に事務所で2~3時間あればできる事なので、11日の午後から夕方にかけて仕上げた。
 
 ★12日は午前中はいつものルーティーンで家事をこなし、少しあ
たたかい日差しを感じながらの近所周りのお散歩をして帰宅。ラブもすっかり満足で、またいつもの自分のお昼寝用マットの中に潜り込んでスヤスヤ。もう高齢犬のためあまり長距離のお散歩は必要なくて、少しの時間でも行ってあげると満足みたい。でも普段は仕事でほとんど連れて行ってあげれないので、自分でお庭に出て日向ぼっこしたり庭から見える景色の中の猫などを見つけ、ワンワンと存在感を主張するように吠えたりしてストレス解消しているみたい・・・・
 私もちょっとお買い物に出かけ、ストレス解消しようかな、読書
? こうやって選択肢があることが嬉しい・・・うっとうしい夫もいなくて本当に清々しい1日だ。

大遅刻!!

  「朝、目が覚めるとなんと9時43分だった。どういう事? 会合には今から行っても大遅刻・・・なんで目覚まし時計が鳴らなかったのか、気が付かなかったのか!・・それから慌てて朝の支度を終え、朝食抜きで事務所によってメールの件の確認をして庁舎に向かった。寝坊して会には参加できなかったこと、とても恥ずかしかったが、正直に議長や関係者に謝ったが、とりあえず出欠は任意の会だったので内容の確認で終わった。ただ8時間しっかり夢一つ見ずにぐっすり寝たので、頭がすっきりしていた。やはりここの所の寝不足が続いていたのがこういう形で現れたのかなと思った。事務所に戻ってから、防災講座のパワポの更新に向けて必要な資料をセレクトして、スタッフとともに準備していった。」

 夜は久々に行きつけの居酒屋に行って飲みたい気分だったので夫を誘い、松山にいるという事なんで直接そこで待ち合わせた。
 カウンターに座るか躍
動し、またカウンター越しに大将やバイトの女性とか皆でいろんな話をしながらお酒をぐびぐび、大将の美味しい料理に舌鼓しながら酒も進み、後で入ってきた日本語が上手な松山在住のフランス人の男性も加わって本当に面白い会話が弾んだ。

防災講座にむけて

 「今日は事務所のスタッフの板ちゃんが亡父の家の整理などで1日お休みだったので、私が11時ごろより事務所に入り一般質問の原稿書きのためほぼ缶詰状態でパソコンに向かっていた。午後1時半からは地域の防災士が集まって2月24日に行う予定の防災講座について、どんな内容にするか話し合った。今回はパワポでの説明は少なめに、段ボールを使っての簡易トイレの作り方の実践、さらにはそれを使ってのし尿を見立てて水を使って実験をするワークショップ中心の形にしようという事になった。そのために材料となる段ボールやガムテープの準備や毎年更新しているパワポの内容も新しい情報を入れ込んだり、古くなったものは差し替えたりする作業があるので結構忙しくなりそうだ。」

 2時間以上かかって会議も終え、6時近くまで事務所にこもって何とか原稿を書き上げたので明朝から板ちゃんにきちっとフォーマットに入れてメールで事務局に送ってもらうようにメモをして帰宅。
 夕食を作って終わった後は本当にほっとしたけど、目もかなり疲れている感じだった。
 さあ明日は9時半から自由出席ではあるが、議会報告会の準備の最終打ち合わせがあるので事務所に出ずに庁舎へ直行するつもりだ。

復興計画を早急に

 「今日は少し暖かくなって日も射し、昨日までの関東一円や東日本全体の大雪の大混乱が少し収まった感がする。このまま春に向かうのか週間天気予報では結構気温も10度を超える日も続くようで、コートの出番の少ない毎日になりそうだ。朝から洗濯をしようと思っていたのにすっかり忘れて、明日に回すことにしたがランドリーボックスはかなり満タン状態。10時過ぎに事務所に入り、ほぼ1日夕方6時ごろまでデスクワークで過ごした。まずはこの前行ったコムズでの分科会の報告書を書き上げる事。資料を基に内容をまとめ、写真の添付、当日行ったGoogleアプリを使ったアンケート集計の結果も踏まえ、会場の皆さんの感想なども入れて記録用紙A4判2枚にまとめ上げた。遅めの昼食を済ませ、今度は一般質問の原稿も着手。」

 今回は毎日のように報道される能登半島地震の被害状況から、過酷な避難生活を強いられる住民の皆さんの奮闘ぶりや行政の対応、また福祉避難所の実態、トイレ問題、日増しに感染症や災害関連死につながる要因ともいえる環境の変化・・・道路崩壊や半島独特の地形によるアクセスの悪さで人や物の流通も悪く、孤立する事態も。いまだに続く体育館などでの避難生活は寒さや感染症リスク、プライバシー確保の難しさなどに直面し、一刻も早く仮設住宅への入居、もしくは取りあえず2次避難場所への移動ができるようにコミュニティー移動も可能にして挙げてほしい。
 高齢者が多く、建物も耐震基準を満たさないものが多く、今後の街の復興計画にも課題が多い。そんな中、輪島の朝市存続のため仮設でも隣町からでも復活させようとしている皆さんの底力には頭が下がります。頑張ってください。。インターネットでも買い物して応援します。
       
輪島朝一通り
 なんといっても断水がいまだに続いている地域が多く、停電状態のところもまだ多いとの事。地震で電信柱が次々横倒しになったり架線が切れたりして、電気の復旧にも時間がかかっている。この寒い時期に暖房が使えないなんて・・・そのため石油ストーブや練炭、炭などが重宝される。
 被災者の皆さんはかなり疲労が溜っているだろう。そろそろ本格的に家の片づけや道路整備、心のケアなどボランティアさんの助けも欲しいところだ。同じ行政マンとして各自治体が交代で罹災証明発行など、事務処理の手伝いに派遣されつつある。現に松前町からも1週間交代で3人づつ派遣されている。ぜひ疲労困憊の現地の行政マンを助けてあげてほしい。

ネットワーク松前、打ち合せ会

  「今日は朝から雨で、いつもより肌寒い。昨夜ネットワーク松前の代表の後藤ちゃんから電話があって、月曜の集まりに体調不良で出席できそうにないとの事だったので、やめてもよかったのだが、せっかくだからと集まったメンバーで上半期の活動について話し合いをした。新年会は出来ないが、花見の会は3月終わりから4月にかけて予定し、2台ぐらいで乗り合わせ近場に行こうという事になった。また研修旅行は原則日帰りにして泊りなどはトラベル会社の企画等でいいものがあれば行けそうな人が何人かで参加し、その選択は自由にするという事に。また総会は5月のゴールデンウィーク後で場所は私の事務所でという事になった。これらについてスマホのスピーカー機能を使って後藤ちゃんに伝え、みんなの声も聞こえるようにして彼女にも共通認識してもらうことに。これらを元に今後動いていくことにしたい・・・」

 その後、ランチに行ける人が3人いたのでアーバンライフへ。美味しくいただきました。もちろんお話しも弾んで、隣の席には顔見知りの方々が新年会をやっていて結構にぎやかで、私たちの席にも話しに来られる方もいて、ほんとにご近所さんクラブのようなアーバンライフでした。
 事務所に戻ってから確定申告の書類のことで確認したり、いろい
ろな事務処理などしているうちに夕方となり帰宅。
 明日こそ、コムズ分科会の報告レ
ポートを仕上げ、一般質問の原稿書きに着手しなくちゃ。

公民館研究大会

 「今日は午後1時から公民館研究大会及び生涯学習推進大会のため来賓として、議長の代理もかねて祝辞の代読もあって緊張した時間もあったが、不思議と登壇すると気持ちよく話ができてよかった。その挨拶のスピーチ前に長年地域の公民館活動や生涯学習活動に携わりお世話してくださった方々への功績をたたえて感謝状の授与があり、皆さんのご努力が報われる瞬間でもありました。これからも皆さんがお元気である限り、地域での活動は続けていかれると思いますが、引き続き伝統文化の継承、地域活動のけん引役として頑張ってもらいたいと思った。今回は実践発表に大間と神崎からスライドや動画DVDなどで説明があり、コーディネイターの愛大の井上先生から助言もあり、他の地域の方々のいい参考になるのではないかと思った。」
           1000003377.jpg
 その後、スポーツ選手の心身のサポートや助言を行うコーチとして専門的にアメリカの大学院で学ばれた岩崎先生から長い間日本代表になるバレーやバスケットの選手たちに同行して培われた言葉の力についてわかりやすく、また時には身体全体で表現しながら笑いを呼びながら、スライドや動画を使っていろいろな場面でのやる気の引き出し方や、励ますとき、叱らなければならないときの注意点など今後人とのかかわりでとても大事なペップトークについてもお話ししてくださった。約1時間のお話がとっても短く眠くもならず聞くことができた。先生の著書をぜひ購入したいなと思ったぐらいだ。
   1000003385.jpg

コムズで防災ワークショップを

 「今日は節分だけど、朝からコムズフェスティバルでしっかり分科会をこなしてきました。私たち女性と防災の会のメンバーは昨年の夏ごろから災害時のトイレについて以前に1度やったことはあるのですがグレードアップさせて企画、「トイレは命をつなぐもの」というタイトルで災害時のトイレについて学習会とワークショップを実施しました。たまたま元旦に今回の大きな能登半島地震で毎日のように報道されるトイレ問題に、皆さんの関心は高かったのか定員オーバーになるぐらいの盛況ぶりで皆さんにしっかり学んで頂けたか不安だったが、最後のアンケートで大方満足していただけたようで結構な紙のあるものになったようで、ほっといしています。10時から前段で災害時のトイレ問題について何が問題なのかわかりやすく、そして災害関連死への原因になっていること、また市の上下水道管理局から二人の専門家からその仕組みや下水道以外の浄化槽などの仕組みや災害時のチェック点などのお話があり、休憩時には災害時の避難時の便利なベストや防災頭巾の紹介、また非常持ち出し時の便利グッズの紹介などもあって、参加者たちは興味深げに注目していた。11時以降は前段の話への質問事項への回答、そして実際に段ボールトイレを作ってみることに。そしてできたそのトイレにビニール袋を設置し、さらにもう一つ上からビニール袋を入れてそこに新聞紙、猫砂、犬のトイレシート、凝固剤の4種類のものをそれぞれにトイレ一回の300mlの水を入れたときにどのような形態になるかを実験し、それらを可燃ごみとしてポリバケツなど蓋のできる大きなバケツなどに保管し市のごみ収集車が来てくれるまで、置いておくことなど確認した。もちろんっ結果は凝固剤が一番ごみとして保管するときにいい状態で固まってくれるのでいいのだが、意外と皆さんはそれを知らない状況だ。そういった知識を皆さんと共有し、いざというときに少しでも役立ててもらえたらと思った。」
   1000003354.jpg
      1000003341.jpg
 1000003369.jpg 1000003365.jpg
 本当に会場が満杯になるほどの盛況ぶりで、半年かけて企画、計画してきたことが実って充実感があった。私には、この後記録表にまとめる仕事もあるので頑張らなきゃ・・・
 お昼にはランチで、いろいろ今回の分科会の振り返りをしつつ、皆さん安どの顔だった。
 帰宅後はどっと疲れが出て眠気もでたけど、もうひと踏ん張り頑張って夕食をして、この後はサッカーのイラン戦を視なくちゃ~~

能登半島地震から1ヶ月経ちました・・・

 「今日から2月、もうあの能登半島地震から1か月が経ちます。でもまだ1万人以上の人が避難所生活をされている。まだ断水のところが4万個もあるし、寸断された道路もなかなか回復していない。ようやく他県からのボランティアも受け入れだしたが、夥しい災害ゴミや瓦礫の片づけが思うように進まない中、雪や寒風にも曝され本当につらい復旧作業だろう。その上、身内や友人などを亡くした人々の精神的ダメージはさらに大きいだろう。それでも前に向かって一生懸命生活再建に向けて頑張っておられる姿には、同じ日本人として何か支援できることはないかと、今は義援金ぐらいしか思いつかないが時間とともに求めていくものも変わっていくと思うのでその時に何か応援できないか準備はしていきたいと思っている。国は早急に二次避難先や生活再建のための仮設住宅、みなし仮設住宅や借り上げ賃貸住宅など、この過酷な状態から脱却できるような支援を手厚くしてほしい。インフラ整備、アクセス道路の復旧、優先的に傾注してほしい。その要でもある国政において与党の自民党の裏金問題で揺れに揺れている国会審議でも、岸田総理のリーダーシップに懸けるしかないが本当に信頼していいのか首をかしげたくなるような政治家の皆さんの言動や行動に情けなくなる感じだ。また麻生副総理の女性に対する外見とは関係ないはずの能力について言及したり、名前を間違え過去の外務大臣のことも忘れているのか堂々と記憶違いの話をして地元の後援会で受け狙いをしている。もうこの暴言を繰り返す老害爺さんをこのような立場にいつまでも置いておく党の姿勢にもうんざりする。だから日本のジェンダーギャップ指数の低さが屈辱的なものとして露呈しているのだ。」

 ラブちゃんは食欲も回復して、また以前のような食いしん坊のラブになりました。元気に走りまわることもできるようになりました。
 今日は私が帰って来た時、玄関で出迎えて甘えた声を出して嬉しそうにしていました。高齢犬なので、これからも食べるものには気を付けてなるべく元気で長生きできるように見守っていきたいと思った。
 皆さんには心配かけましたが、ひとまず元の元気なラブちゃんに戻ってきましたので、ご安心ください。