fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

癒やしの紅葉狩り

 「この2~3日天気予報ではぐっと冷え込むとの事だったけど、結局さほど冷えずむしろ日中は良く晴れて雲一つない行楽日和となった。土日は女性と防災の会の仲間と一緒に松野町のあざみ野という民宿に泊りがけで移動し、防災抜きの思いっきりリラックスの旅に出かけた。ちょうど近くの森の国ホテル辺りの渓谷や山道はすっかり紅葉していて何とも言えない赤・黄・緑のグラデーションになっていたり、燃えるような赤もあり、谷川にかかるモミジもまさに絵になる光景で日々の疲れを忘れさせてくれる素晴らしい時間を私たちにプレゼントしてもらったような気がする。メンバーそれぞれ日々忙しく活動している仲間たちなので、この癒し旅は来週からの喧騒に耐えるエネルギーともなった。」
    1000003003.jpg
1000003015.jpg

   1000003036.jpg 1000003030.jpg
 1000003059.jpg
      1000003047.jpg
          1000003067.jpg
  1000003069.jpg
 26日、夕方4時ごろには帰宅。早目の夕飯を済ませ、21時には北川原の集会所に。
 町長選の最終投票率は60%を少し割っていた。とは言え、私たち町議選の45%に比べればかなり高い数字だ。今回の町長選の町民の関心の深さを物語っている。
 現職対元職員の一騎打ちで、年齢は70対40というこれも異例の対戦だ。私は自分の選挙を8月末に終えた後は今の岡本町長の誕生時からのいきさつもあってずっと応援してきたが、やはりこの2期目からのかじ取りについては結構批判評があったのは分かっていた。現職でそれなりの実績もある方なので引き続き応援していたが、対戦相手の勢い、またSNS作戦、若さを強調したアピールチラシ、若者層の応援がかなりの勢いがあって従来型の選挙戦では厳しい戦いになるのは分かっていたが、陣営にはそれらに対抗するすべはななかったのだろうか。
 私自身の選挙においてもSNSの力、若い人たちのネットワーク、行動力にはかなり魅せられる部分があったので、かなりやり方も変えて対応してきたので、従来型オンリーでは厳しいものなると伝えてはきたが、今回のこの結果には驚きを隠せない。あっぱれというしかないのか・・・まさに世代交代を見せつけられたような感ありだった。
 結果的にはここの所の政治離れしていた若い人たちも町のことを自分たちの暮らしや身近な政治について真剣に考え、力を結集したのだから、町全体にとってはとてもいいことなのかもしれない。
 この皆さんの熱意に応えて、しっかりとした舵取りをされるであろう新町長に期待し、まずはお手並み拝見といこう・・・

紅葉狩り、楽しみました

 「21日、いよいよ松前町の次の首長を決める決戦の火ぶたが切られた。まさに青天、岡本、田中両候補は次に向かって走り出した。私は個人的には岡本氏のホップ、ステップ、ジャンプの3期目の町政の総仕上げを視たい気持ちで応援しているが、若い力の台頭もこれは時代の常で町民みんなが町政に向けて注目し、それぞれの陣営の必死さが伝わってくる。出陣式には両陣営とも多くの支持者が詰めかけ、それぞれの候補者にエールを送りこれから26日までの選挙戦が展開されていくだろう。この緊張感が町の活性化につながれば更に良いことで、結果についてはしっかり受け止めノーサイドで前進すべきと思っている。」
      1000002944.jpg
 1000002939.jpg
 今日22日は、以前から計画していたネットワーク松前の研修旅行に参加した。今回は中型バスで15人ワイワイガヤガヤと雲一つない好天の中、一路南楽園へ。
 距離の割には高速が繋がっているので、伊予鉄岡田駅となりのJAを午前9時スタート、途中三間でトイレ休憩をして目的地南楽園には10時半到着。
     1000002985.jpg
 紅葉を期待しつつ、やはり暖冬の影響か少し色落ちした感じの紅葉だった。
 でも十分手入れされた日本庭園には独特の落ち着いた晩秋の風情が醸し出され、楽しく秋を満喫できたのでは・・・
       
 1000002953.jpg
       1000002986.jpg
 昼食は園内にある「わびすけ別館」にて。事前にメニューを見て予約をしていたので、12時過ぎに入った時にはほぼテーブル別に配膳され、鯛めしや日向薩摩めしなど楽しんだ。
 1000002983.jpg 1000002976.jpg
     1000002977.jpg
 食後、2時間余り散策。そしてお土産などの販売所に休憩場所もあり、そこで机いすをつなげ、先日のワイワイ座談会のアンケート結果をもとに参加したメンバーで今後の会の運営などにもつながるフリートークをした。結構、中身の濃い話し合いになってよかった。
 2時15分出発で、帰路途中できさいや広場により30分ほどそこで買い物やソフトクリームなどを食べて3時15分、またトイレ休憩で内子のサービスエリア、そして4時半には岡田駅に戻って来た。
 ネットワーク松前のメンバー以外のゲストさんが5人いたが、皆さん楽しんでくれたでしょうか・・・次回お誘いして気安くOKしてくれたら、楽しんでくれたという事でしょう。

防災フェアで活動を

 「昨日の朝はものすごい荒れ模様で、予定していたコムズでの日本防災士会愛媛県支部の役員会はズーム会議でやることになり、事務所に置いているパソコンしか使えないので9時前には事務所に行き、スタンバイ。12時ぐらいまで今の課題になっている諸問題について12人で議論しながら、一つ一つ今の段階での支部としての見解をまとめていった。途中、事務所に訪ねてくる人もいたりで中断することもあったが、何とかお昼過ぎまでには会議を終えることができた。昼食後、提出期限のある防災に関するアンケート調査票を書き上げた。ほかの雑務、書類の整理などで5時過ぎに事務所を出て、帰宅後夫が持ってきた刺身や煮つけ用の魚の切り身やアラで夕食の準備をし、明日の詩吟大会の準備で遅くなった夫とともに8時過ぎの夕食となった。」

 今日は朝からお天気は回復し、午前9時には防災フェアのためエミフルの従業員入り口から入った。防災士として愛媛県支部の活動として、エミフルのグリーンコートにいくつかのブースを作り、そこでロープワーク、トイレの実験、液状化現象の簡単な装置を示しての実験、また新しく防災塗り絵というアプローチもやってみた。
     1000002898.jpg
       1000002925.jpg
 今日はこれを中心に、私はスタッフとして幼い子どもさんたちを相手に非常持ち出し袋の中身を考えてもらういい機会になったのでは。それもぬり絵という楽しい時間を過ごしながら・・・。一緒に来たママやパパさんたちも子どもさんの集中する姿を見て楽しそうだった。
      1000002916.jpg
 1000002915.jpg
 朝の9時から準備をし、10時から4時まで昼食休憩を交代で取って、ずっとブース内で多くのお客さん相手に、興味を持ってくださる方々、お半橋を聞いてくださる方々と一緒に活動できて、本当に長い時間も短く感じられるくらい楽しい活動だった。特に子供さんたちのそれぞれの塗り絵一つとっても個性があって、いろんな発見もあった。60セット用意していったのだが、2時半ぐらいには全部使い切って、あとから来た親子連れさんたち何組もお断りしなくちゃならないぐらい盛況だった。
 4時半には片付け始め搬出を終え、5時過ぎに帰宅。
 帰宅後は、さすがに立ちっぱなしだったので足が辛かったけど充実した1日だった。

友人夫婦と会食を

 「今日は、久しぶりに宇高さんと再会する日だ。彼女は私が愛媛に来てすぐに友人になった40年来の友人なのだ。その彼女が一時期福岡にご主人の仕事の関係で8年間ほど住んで松山を離れていたけど、また戻ってきて今年の5月まで住んでいたマンションから娘さんの住んでいる福岡の便利な市内のマンションを購入し引っ越しをして、そこを終の棲家にするらしい。とても寂しいけど、この松山のマンションもまだ売らずに健在なので、こちらに帰って来た時のホテル代わりに使っていくとの事。それで今回の2週間ほどの滞在時期に、私との再会を果たしてくれ2時から4時までの間、高島屋の中の喫茶店で、この間の情報交換などまさに女子会、お互いしゃべることしゃべること・・・楽しかった。」

 夜は私も彼女も夫連れで、4人でまたワイワイ会食を。私たちより10年ほど年上のカップルなんだけど、とてもお元気でコロナ前は年に何回か飲み会をしてカラオケなども楽しんだ頃が懐かしい。
 今回は私たちの行きつけの割烹に予約して、ズワイカニの鍋を中心にお酒も進んだ。
 年もだんだんいってお互い健康に少しずつ不安を持つようにはなったけど、前向きにこれからも残りの人生、悔いの無いようしたいことをして生きていこうと誓い合った4人でした。
 せっかくだからと写真を撮ったのだが、せっかくのカニを食べてしまった後の鍋しか映っていなかったのが残念でした。
     
1000002893.jpg
 年末年始についても、明日フジトラベルに行って計画を立ててみようと思っている。

フラ発表会が終わり一息

 「12日のフラダンスの発表会が無事終わり、ほっとした安堵感とコミセンのステージ横の楽屋までの狭い迷路のような通路を行ったり来たり、また狭い階段を上ったり下りたりで思いのほか足腰に痛みが増した感じで、昨日はリハビリの1日のような感じで、朝から全協があったので頑張って登庁した。11日の議運を受けて、議員の請負緩和における公表の条例設置の件や議会活性化に向けて改革委員会の設置に向けてそのメンバーなどについて決めることができ、これから稼働していくことに。今日14日は発表会後の初めてのフラのレッスンで、潤子先生が来ていたので大会を成功させるための苦労話やハプニングなどいろんな話を聞かしてくれて結局1時間ほとんどお話を聞くだけになってしまったが、こういうのもいいんじゃないですか・・・・初めてのことだから。」

 昨日の1時半からは近くの集会場で町長を囲んでのお話し会もあって、近所のおばちゃんたちが集まって町のいろいろな課題に向けて行政がどう対処していこうとしていこうとしてるのか、またこれまでの取り組みや達成できた事柄などについて話を聞き、女性たちからいろいろな質問が出た。それ等について丁寧な返答があり、また今後についての要望などにはメモしながら実践できるものについては、すぐにかかってもらえそうで期待したい。
 3時半には事務所に戻り、デスクワーク、スタッフとの打ち合わせを。
 今日はスタッフがお休みなので、午前中はなるべく事務所に出て用事をすませるようにしたいと思い、10時過ぎから13時ごろまで事務所にて過ごした。
 一般質問の内容についてした準備をする。来週中には通告書を書き上げ提出したい。

たわわ祭のお手伝い

 「今日はスタッフの結婚記念日だという事らしいがとっても爽やかな秋晴れで、エミフルのまさき村でのたわわ祭には最適の陽気となった。午前中は明日の西高柳文化祭の準備があったので、9時半からその展示や参加された方への持ち帰り品としてお水と小タオル、防災メモをセットして、予定の250のうち140セットを作って箱にセットした。明日の本番には自分のフラの年に1度の発表会のためスタッフとしてかかわれないため、今日できる事をしておきたい。」
      1000002882.jpg
  1000002884.jpg
 午後1時から、エミフルまさき村でのたわわ祭の中にブースを構えた「まさきいいとこ見つけ隊」のスタッフとしてお手伝いを。
    1000002887.jpg
      1000002890.jpg
 まさきマップの配布や観光についてのアンケート記入斡旋、裸麦茶のお接待など、いろんな知った顔や、友人、そのお仲間たちなどがブース内のテーブルでお茶を飲みながら、おしゃべりしていく皆さんと楽しい時間を過ごすことができた。時々、派手な法被を着て、いいとこ見つけ隊の宣伝をしながら他のブースにいって買い物をしたり、おしゃべりをしたりして、いい時間を過ごすことができた。
 夜は夫が用事でまた東京や千葉に行って私一人の夜なので、のんびり過ごした。美味しいお酒とお刺身など帰りのお店で買ったものや、たわわ祭で購入した北海道松前町の本マグロキムチを頂き満足だった。
 明日はフラダンスの発表会。一年のおさらいだし、友人も見に来てくれている。頑張らなくっちゃ・・・・

ワイワイ座談会

 「今日は朝から議員運営委員会があり、議会改革委員会や議会報告会の実施に当たり、そのスタッフや委員をどのように選出していくか、またその進め方についていろいろ意見が出て13日の全協に向けて議員全員に向けての希望の取り方など、早く進めていくにはどうするかなど前向きな議論もあって、結果的にはともに早く進めていく一歩が踏み出すことができた。また作業部会からさらに特別委員会に上げていくにはもう少し中身の具体化を進めてからということになり、議員の請負公表も合わせて12月議会に向けていい発進ができた。」

 午後からはネットワーク松前主催のワイワイ座談会が行われ、12時半には福祉センター2F集会室にて準備に入り、ほぼ1時半の始まりにはゲストさんも皆さん5つの島に別れ着座し、先生のパワポの準備、プロジェクターやスクリーンへのセッティングもスムースにできてほっとした。
 お誘いした議員さんたちも参加してくださって、一緒に
災害時のマイタイムラインの考え方などをワークショップをすることで学んでもらった
  1000002839.jpg
1000002870.jpg


  1000002858.jpg
 それぞれのグループが5人づつでワイワイ話をしながら、事前に用意していた模造紙の表の中に各人が考えたアイデアを付箋に書き張り付けていき、避難準備、避難指示などの段階での行動について話し合い、最後に発表し、先生の総括で終わった。
       1000002856.jpg
 最初の講話の部分が結構予定時間より長くなったので、その後のワークショップが最初の打ち合わせとは異なるものにはなったけど、結果的には予定通りの内容でまとめることができたので、会としては成功だったのでは・・・・
 3時半過ぎには予定通り座談会は終わり、みんなで後片付けをして4時には事務所に戻ることができた。
 最後にアンケートも出してもらっているので、まとめて近いうちに反省会もしたいところだ。

平和な世の中を期待するが・・

 「今日も日中はとても暑くて、真夏日さながらの気温に秋が恋しい1日でした。明日以降から少しづつ気温も下がるとの事、特に朝晩は10度前後まで下がり寒暖の差が大きくなるようだ。これで一挙に紅葉も進むかもしれない・・・今月22日には南楽園に紅葉狩りを予定しているので少し楽しみになってきた。午前中は庁舎にて打ち合わせ会議に。明日のネットワーク松前のワイワイ座談会の準備はほぼ出来た。6日の後藤代表との事前打ち合わせにて名札も全部用意できたし、ワークショップの配置図や受付対応についても若干の手直しもした。かなり細かい部分についてもチェックして明日に備えた。」

 午後からはフラのレッスンで、今日は見学者もいて少々緊張した。12日の大会に向けて衣装を着ての最後の調整を行い、当日のステージ周りや集合からその日のスケジュール確認をし、私たちのグループは後半20番目の出番で、そのタイミングなどを講師から聞き、昼食の取り方なども場所も含め指示があった。
 本番さながらにステージ入場から退出も含め、踊りの部分を何回も練習して、みんなが揃っていいムードを出せるようにスマイルを何度も要求されるのだが、なかなか緊張して口角が上がらないようだ。
         
フラダンス4
 今日でイスラエルとパレスチナの戦闘が1か月となり、犠牲者の数が双方で合わせて1万人を超えている。最初のハマスのイスラエルへの奇襲攻撃から今そのハマスの拠点となっているガザ地区がイスラエルからの空爆地上戦も始まり、多くの人々が地獄絵のような現実の中命の危機にさらされている。多くの一般市民が巻き込まれ病院や学校の下にハマスの地下組織があるとして、イスラエルからの容赦ない攻撃を受けていて幼い子どもたちや若者、女性、老人たちなどが負傷し亡くなっている。
 どんな歴史や理由があるにせよ、こんな攻撃し合う戦争からは何の解決にもならず、憎しみと憎悪で人の気持ちが狂ってしまい最悪の状況になりつつある。
 世界の人々がこんな状況をスルーすることは出来ないし、1日でも早い停戦、人道的立場からの食料や燃料の供給、医療の回復をすることができるように働きかけていくべきだろう。そんな中、国連もなかなか機能していない苦しさが見てとれる。
 東京でもG7外相会議で、この戦争の人道的立場からの一時的停戦を求めていく方向だが、その実効性に期待したいのだが・・・
 ウクライナ、ロシア紛争でのアメリカの主張とイスラエルのパレスチナへの攻撃についての考えがダブルスタンスになっているのが非常に腹立たしい。
 イスラエルとパレスチナの人々が平和に共存し合える日は、これからも来ないのか・・・いや悲しい歴史を乗り越えて、未来に向けて憎しみ合うのをやめて、お互いを認め合い、生きていってほしいと願うことは出来ないことなのだろうか・・・

2日間の家族の絆

       4日~5日にかけて
 
「朝はゆっくり豪華な朝食を食べて、もう昼はいらないぐらいの量も内容もすごかっ た。息子たちへのお土産などを売店にて購入。9時半過ぎに玄関で記念写真をとってもらい、ゆっくり強羅の駅まで歩いて5分。そこから箱根湯本まで出て、途中山間の景色を楽しみながら、今日もまた額に汗がにじむほどの夏日の幕開けとなった。」
     1000002794.jpg 
 PXL_20231104_002537547.jpg             1000002800.jpg
         1000002786.jpg
            1000002799.jpg
 小田急線のロマンスカーで新宿まで1時間半ほどで行き、長男とは上野駅公園下で合流し、彼の勤めている都立美術館の古代ローマ展を見に行った。その前に2階のレストランでランチを食べて、2時過ぎから約1時間半ほど音声ガイドが流れる機械とイヤホンを有料で借り、壁面のレリーフだけ写真が許されていたので撮ってきた。
      1000002802.jpg
 長い期間、紀元
前の彫刻やいろいろな出土品を保存するにはかなりの技術が必要だろうが、このように我々がそれらを目にする機会を与えてくれる美術館や関係者のみなさんに敬意を表したい。
          1000002807.jpg
 夜は、長男の妻のベリーダンスの発表会があるので日本橋公会堂へ。
 途中次男とも
合流し、会場では彼女のお母さんや妹さんとその友人たちも来てい
て、一緒に見せていただいた。コンテンポラリーなジャズダンス教室ともコラボした素晴らしい演技を披露していただいた。もちろん演技そのものの写真は禁止されていたのだが、最後の舞台あいさつに出演者全員ステージに集合し、その部分については撮影が許されたので撮らせてもらった。
 その後、解除外のロビーでも舞台出演者との写真撮りもOKだった。
        1000002816.jpg
 その後、千葉の自宅近くの居酒屋さんまで戻って、9時過ぎにはな
っていたがそこで遅めの夕食と、遅れて駆けつける彼女より先に乾杯をして美味しい焼き鳥に舌鼓。
 10時近くになって彼女も合流し大盛り上がり。すぐ近くにお住ま
いのあるお母さんは、マンションの入り口でお別れした。私たちは今晩は長男宅で泊まることになっていたので、またもや家にても酒盛り談議が始まって、結局床に就いたのは午前3時過ぎ。

 11月5日(日曜日)

 朝から熱い日差しがベランダ越しに入
ってくる。みんな昨晩遅かったので、朝は皆さん10時近くに起床。
 もう12時にはラ
ンチの予約をしている近所のイタリア料理店にいくため、珈琲とフルーツを少し食べた。長男の自宅から歩いて5分ぐらいのところにあるその店はよく利用するらしく常連客待遇で、コース料理を私たちの記念日仕様で長男夫婦でコーディネートしてくれていた。5人でワインボトル2本も空けて、堪能させてもらった。
 2時過ぎには帰りのフライトの時間もあるので
最寄りの駅まで行き、長男夫婦とはそこで別れ、次男は私たちをその後空港までエスコートしてくれた。
 時間まで約1時間半ぐらいあったが、さすがにおなかいっぱい
だったので 次男とも軽くいっぱいと思っていたのだが、さすがにそれもできずゲート検査所前で別れた。
 優しい息子たちとの2日間とのふれあいタイムだったが、とても
充実していたし、いい記念日を過ごさせてもらって感謝でいっぱいだ。普段は離れていてたまにラインや電話でのやり取りをするぐらいだが、家族の絆は強いなと感じた。本当にありがとう・・
 明日から日常に戻るわけだし、しっかり切り替えていこう。

箱根へ

 「今日は文化の日であり、私たちの結婚記念日でもある。44年もその関係を続けているのが我ながらよくもったなと思いつつ、これも縁なのか…不思議な気がする。夫と一緒にならなければ、たぶん四国の愛媛で生活し、まさか議員生活など送るなんてことは想像もできなかっただろう・・・結婚後10年経って初めて子供ができ、その後1年4か月後に二人目の男子に恵まれるなんて。でも本当は女の子が欲しかったのも事実。ただ3人目に挑戦するには40を超えるし、体力的にも無理だとあきらめた。今はその二人も30を過ぎ、長男は結婚し2年目を迎え、次男はまだ独身。今回も明日から東京で合流し、またいつものようにのん兵衛家族集合で楽しい時間を過ごせたらと期待してる。」

 朝9時半のフライトで11時過ぎに羽田に到着、その後、京急で品川に出て新幹線でまずは小田原に。ここでいったん下車して、昼食を。小田原駅の近くの商店街の入り口付近にある有名なおでん屋さんに入り、大根田楽やおでん、かまぼこのわさび漬け等々巣立ちハイボールもおいしかった。

 そこから箱根湯本へ、そして箱根登山電車で強羅まで行き、今日
のお宿である雪月花別邸翠雲へ。
 ちょっと贅沢なお部屋だったけど、静かでゆっくり
落ち着いて部屋食も楽しめたし、いい思い出になった。夕食は板長から記念日という事もあってお手紙や夫婦箸を頂き、料理にも一品追加もあって、そこの気遣いが嬉しかった。
 箱根はこの温暖化で紅葉に
は至っていなかったが、また来てみたいところとなった。しかし11月とは思えない夏日となって、びっくりだった。
 夜は大浴場だけでなくお部屋のベランダ越しにある露天風呂にも
入って、箱根の湯を楽しんだ。

連休の旅行準備を

 「ついに11月に入りましたね・・・ハロインも終わり、今度の楽しいイベントはクリスマスかな?私は3~5日の連休を使って、久しぶりに関東にいる息子たちと合流する旅行に行きます。3日は結婚記念日でもあり、44年目になるかな・・・よくもってます(笑)箱根の紅葉はどうかな、とりあえず温泉でのんびりしますか。翌日は長男と東京の日本橋あたりで合流し、彼の勤め先でもある都立上野美術館で展示会を見て、その後夕方から彼の奥さんのダンスの発表会を観て、夜は千葉へ移動。次男も合流して、彼のマンションへと移動・・・翌日ゆっくりして夕方、羽田から松山へ。いい旅になることを期待して今日は午前中仕事、午後からラブちゃんを行きつけのペットホテルに預け、その準備を着々と。」

 ほぼ雨の降らない毎日に庭の水やりが気になるところ。
 前日からしっかり準備しておかないと意外と忘れ物が多くて、向こうで困ることに。気候的にはさほど寒くもなく、薄手のコートで十分みたい。
 スマホで飛行機の事前チェックインも終えたし、今晩は早めに休もう。昨日も寝不足だったし、体調は万全に。なんせ都会は1万歩近く歩く覚悟で行かねばならないので・・・
 44年前の結婚式の翌日は、炬燵が欲しいほど寒かったような記憶がある。正に温暖化が進んでいることを身をもって感じるね・・。