fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

3月議会 始まる

 「昨日の3月議会初日を受けて、今日は一般会計及び特別会計の3月補正についてすべての所管別に審議した。結局お昼を挟んで午後3時近くまでかかって終了した。帰りに銀行やスーパーによって用事を済ませ帰宅。昨日中に一般質問の発表原稿を書き上げ、今日スタッフにいつものフォーマットに仕上げてもらった。ここまでしておけば6日当日にうまく質問することができるし、行政側からも適切な回答をもらうことができるので、次につなげることができるのだ。」

 明日はネットワーク松前の人たちと久しぶりにお会いして、今後の打ち合わせ会議を予定している。またお昼には時間のある方とともに、近くの料理屋さんで春の会席弁当を食べながら、おしゃべり会?を。コロナ禍でなかなかそろって食事会もできなかったが、少しづつ元の生活に戻って
いこうとしているのだ・・・・・
 今日は春らしく少し気温も高くなって杉花粉もかなり飛散しているようだが、私も少しアレルギーがあるので少しづつだが鼻がグズグズしてくしゃみがでそうになる。まさに春風とともにやってくる迷惑なお客さんたちだ。
 梅の花もすっかり開花し、すでに河津桜もあちこちで惜しげもなくその美形を披露している。土手の意菜の花も少しづつ増えている。
 さあ明日からいよいよ3月だ。もう令和5年は2か月過ぎたのだ・・・・・
 そういえば今日、お昼の休憩で福祉センターのみどり喫茶に行ったら、入り口付近でキッチンカーが食事提供のデモンストレーションをやっていたので、話しかけたら私たちにも試食のラーメンを。おいしかったが私には少し塩分が強く感じられたが、塩ラーメンというからこんなものなのか?
 でも防災時などに大勢の人たちにいろんな食事を準備できるキッチンカーらしい。きずな博でも大いに活躍したらしい。インスタを視ると多くの写真がフォローできた。是非、平常時には防災訓練などに参加してもらって、こんな炊き出しもあるよと皆さんにお示しできるのもアリではないかと思い、早速連絡先の示してある名刺をもらった。
        
PXL_20230228_032719611.jpg

防災講習会に向けて

 「昨日24日から今日にかけて、何かと気ぜわしくバタバタと時間が過ぎて行った。」

昨日は地域の自主防災会主催の防災講習会のレジュメ作りに夕方まで掛かり、パワポの中身について新旧情報の入れ替えや写真の挿入など、スタッフとの掛け合いで何とかこなした。
 その上、朝から別の講演用のレジュメ印刷の依頼を受け、依頼者の家の印
刷機にアクシデントがあって急遽こちらで刷り上げることになり相当な量のデータが入ってきて、それを開けるまでに結構時間がかかった。とりあえず取りに来る時間までには十分間に合ったが、印刷機は午前中ほとんどフル稼働だった。
 午後からは来客もあり、昼食もそこそこに慌ただしい1日が過ぎた。
 夜は久しぶりに夫や彼の友人たちと行きつけの焼き鳥屋で、
おいしいビールを。忙しく仕事を終えた後の一杯はやはりおいしいものだ。
日は朝から夫は東京行きに向けてバタバタと準備。
 私も集会所にて今晩行う講習会に向けてプロジェクターやパソコンの設置などリハーサル。レジュメの人数分の印刷もあって、結構バタバタと時間が過ぎ、夕方買い物に行って軽く夕食を終え、午後7時からの本番に向けてスタンバイ。
集会所での役員会の審議事項については、ほぼ満場一致で承認され15分ほどで終わり、自主防の規約の改正や位置づけ、役割分担、連絡網等について石橋氏のほうから報告され、私のほうは持ち時間約30分で講習をさせてもらった。
 新しい役員さんが多いので、講習経験者は少なかったかもしれない。というのも、この3年間コロナの影響で講習会事態3年ぶりに行えたという経緯があったので・・・・
 今後は実際の訓練や活動にかかわってもらって、防災の意識を高めてもらうことが地域全体の減災につながるということを皆さんがしっかり自覚していただけるようになったらと思うので、私たち防災士も常に新しい情報の発信役として頑張って行かなければと感じた。
      
防災講習会  

帰宅後、午後10時過ぎに息子夫婦のところに泊まっている夫から電話があり、次男も一緒に行ってるようで楽しそうな雰囲気が伝わってきた。ほんとは私も行きたかったのだが、こちらも3月議会前でもあるし、いろいろな行事が目白押しなので今回はスルーしたが、また4月ごろ季節がよくなったころには行ってみたいと考えている。

祝日返上

 「今日は天皇陛下63歳のお誕生日を祝う祝日です。ちなみに私の弟も同じ年ですが、学年で言うと一つ下になるのかな・・・とはいえ、令和になって初めての一般参賀という形だということで、本当にコロナの影響でいろんなことがストップしていたんだなとつくづく感じました。コロナが少しづつピークアウトして新株がでてこなければ、インフルエンザのように季節の感染病という風にその脅威はだいぶ薄まっていき、私たちの日常生活も元に戻っていくでしょうが、マスクを来月13日から自己判断でつける、つけないは対処するという事実上解禁とはなるが、この3年間の癖で急にはまだ感染拡大も怖いし、どうなっていくのか微妙だ。」

 久しぶりに朝は夫とモーニングに行き、その帰りに事務所の昼食用にと冷凍食品をがっちり買い込んで、直接持って帰りそのまま事務所にて夕方まで仕事をした。
 時間のある時にしておかないといけない事務的な用事や書類の作成で結構時間もかかった。また明日の準備もかねて印刷機や用紙のチェックも。
 NHKでロシアの負の歴史の特集のような番組をしていたので、仕事をしながら聞いていた。
 スターリン時代からソ連邦の崩壊、そこに現れた第二の冷徹な権力者プーチンのこと、また大統領に上り詰めるまでの経緯やその後の天然ガスやエネルギー戦略でヨーロッパの国々との軋轢、チェチェンへの侵略戦争、そして今のウクライナ侵攻へと進むプーチンの野望、NATOへの脅威など複雑なそして権力闘争へと突き進む悪魔のようなプロセスを見聞きして、ロシア国民もまたその苦しみや悲劇に巻き込まれているような気がして、穏やかに過ごせる日々はいつ来るのか全く先が見えない今の状況に、忸怩たる思いで胸がいっぱいになった。
 この戦いが海の向こうの遠い出来事としてとらえられない自分たちにも大きく影響していることに気づきながら、武力ではない支援や避難民の受け皿や援助にも力を入れていき日本流のやり方でこの戦いの1日でも早い終焉を待ちたい。

和楽園 組合議会へ

 「今日は朝から好天に恵まれていたけど、ちょっと冬戻りで寒かった。朝10時から老人ホーム和楽園にて組合議会があって各種条例改正や来年度に向けての予算について審議。ほとんどが質疑もなく原案通り可決されて約1時間ほどで閉会し、そのあと銀行に行ったり、母の施設に介護保険証を届けに行ったり。事務所に戻ったのは12時ちょうどぐらいで、スタッフと連絡事項のやり取りをして、私は1時半までに昼食を済ませフラのレッスンのため北公民館に向かった。約1時間フラの練習をすると足腰がだるくて、結構きつい。でもこれを続けないと、ますます筋肉が減って弱くなってしまいそう。」
             フラダンス2
 3時半には庁舎に行って、現地視察について事務局やまちづくり課などに掛け合い、せっかくなのでいくつか案も出して、明日にはほぼ固まるだろう・・・・
 昨日の全協で今回の予算関係で出てきたいろいろな案件に関連するもので、できるだけチェックしておいたほうが良いものについて選んでみたのだが。
 さてさて、明日からまずは本会議初日に向けて準備。今回は初日後の視察研修、翌日の3月補正予算(一般、特別)審議の委員会に向けて式次第の準備も事務局で作成してもらってスムースな進行ができるように頑張ろう・・・
 もうすぐロシアのウクライナ侵攻から1年を迎える。戦争は終わりが見えない様相で、バイデン大統領がウクライナに極秘のうちにやってきてゼレンスキー大統領とハグし合い、お互いの信頼を高めた感じだった。

 一方でロシアのプーチン大統領は、ウクライナが西側諸国の人質になっていて自分たちは平和のために戦っている。戦争を仕掛けているのは西側諸国だと勝手な言い分で、多くの国民の前で高らかに演説している。あんな非道な戦争を仕掛けておきながら。権力者はこんな勝手な言い分で国民を信用させていくのか・・・どんなに多くの人の命を奪い、心や体を傷つけ、建物や自然を破壊し、自国民の大きな犠牲も構わず突き進むこの一国のリーダーは、まさに現代のヒットラーやスターリンを彷彿とさせる恐ろしい人物だ。とはいえ、一緒に同じ時間・空間にいながら、この人物の暴挙をやめさせることが出来ないはがいさを感じるている。それにはあまり追い込むと核兵器を使用するのではという懸念が付きまとうからだ。経済制裁や銀行間の為替のやり取りの凍結も逃げ道がいくつもあって、長期の持久戦になると結構しぶとく生き延びている。この先、世界中に影響を及ぼしている物価上昇やエネルギー危機に対してどのあたりで落としどころがあるのか、なかなか予測が付かない状況だ。
         3人の大統領

大学ゼミ同窓会へ

 前日の17日は3月議会に向けての議会運営委員会があって、議会日程や案件付託について決め、当初予算審議に向けて着々と準備を。午前中に会議は終わり、20日の全協に向けてとりあえず段取りはできた・・・午後から事務所にて用事を済ませ、3時にヘヤーサロンに行き、夕方からは行きつけの居酒屋で食事を済ませ、翌日の大阪行きに備えた。18日の朝早く家を出て8時発の大阪行きの便に乗り、モノレールで南茨木に。途中、宿泊場所の千里阪急ホテルに荷物を預け、立命館キャンパスの中の大きな図書館に隣接するビールバーに向かった。かなり時間が早かったので隣のスタバでコーヒーブレイクし11時半ごろみんなと合流。やっとオープンした店に入り、3時ぐらいまで飲み放題で大学のゼミ仲間1期2期生の11人は本当に4~5年ぶりの再会に大いに盛り上がった。もう退職してのんびり年金生活の人や、今もバリバリ働いている人、お互い卒業して半世紀近くとなって風貌はすっかり変わってしまったが、話し出すとあの頃に戻っているから面白い。とは言え、もう同級生で亡くなっている人や重い病気にかかっている人の話など聞くと、遅かれ早かれこうやって会って話ができる機会が少しづつなくなっていくのかなと少し寂しい気分になった。今年の秋、松山道後温泉に集まって、この会を盛り上げようと約束した。その時はどのくらいのメンバーが集まってくれるのかちょっと心配だが、しっかり計画は立てるつもりだ。」

 午後3時にはいったん会場から出て最寄りの駅に向かう途中で写真を撮り、その時みんなで気づいたことだが、さっきの会場にて全員の集合写真を撮るべきだったのに一部違う駅のほうに別れていった3人は入ってない写真になってしまった。それぐらいおしゃべりに夢中になっていたということなんだろう。まるで時間を惜しむかのように・・・
             PXL_20230218_055219686.jpg
 JR南茨木駅の近くまで行ってそのあたりで1期生6人が喫茶店に入り珈琲とケーキでまた1時間ぐらい話をして、もう話題は健康のことや体の不調をどう克服するかなど高齢者の話題そのものだった。
 その後、私はタクシーで千里阪急ホテルまで帰った。もうかなり歩いて足はギンギン痛かったので・・・
 午後5時過ぎにチェックインをして、預かってもらっていた荷物をもって自分の部屋に。約2時間ゆっくりして、夕食はあまりお腹が空いてなかったのでどうしようか迷ったけど、結局ホテル内で済ませた。

 今日の朝は8時ぐらいまでぐっすり休んでから起床。モーニングは和定食で。
 11時のチェックアウトだったので、10時半過ぎにホテルを出て北急行線で新大阪へ。ここで知人と待ち合わせていたのだが、すこし約束の時間より早かったのでホームで時間をつぶしてラインで連絡し、中央改札で合流。
 久しぶりの再会だが、とても元気そうでよかった。彼女の予約しているホテルで中華のコース料理を、お互いの情報交換とともに楽しい時間を過ごした。
 私のフライトの時間に合わせて空港行きのバス停まで同行してくれて、その上、空港まで来てくれてうれしかった。ゲートに入るのにあまり時間がなかったのでそこではゆっくりできなかったけど、最後まで優しく手を振って見送ってくれて、ぜひまた次回の再会を計画したいものだと感じた。
        
1676819087943.jpg
 明日は全協で理事者からの説明される案件も多く、1日かかりそうな日程だ。1泊2日の充電で、しっかり気分転換もできたのだから、しっかり頑張ろう~~

雑事に追われる

 「今日は朝からとっても寒くて、冬にキュッと戻ったみたい。午前中は雑事に追われ、事務局に提出した一般質問通告書の原案補正がメール返信され、再度チェックしてパソコン画面を見ながら電話で事務局とやり取りして、明日最終原稿のメールとして返ってくることに。そちらが一段落すると、3月初めに予定している会合に関してメンバーや会場先との打ち合わせ、やり取りであっという間に昼になってしまい、午後からの来客に備えて大急ぎで事務所の冷蔵庫の冷食ストックから選んで食事を済ませ、日々の出来事をニュースで確認。」

 気になるニュースとしては、中国の女性が沖縄本島に近い無人島を購入してSNSやユーチュウブで拡散し、中国本土の人からは中国の領土になった気分で返信投稿している人もいる・・・
 そもそも日本の土地や島などを特別な地域を覗いて外国人が自由に売買できるということにも驚きだったが、何か国の法律をしっかり見直さないと相当諸外国から付け入るスキを見せつけているような、かなり安全保障上由々しき事態と感じた。特に今のように所属不明な気球が領空侵犯して飛び交うことに非常に不気味さを感じる。
 夫が、所属している詩吟の会の会長になったことで何かと忙しくなり、今夜も道後で打ち合わせを兼ねて泊まり込みで今後の方針等で話し合いをするとの事で、私は知人と食事会に行った。
 彼女ご指定のカジュアルフランス料理のお店でワインを傾け、楽しいひと時を過ごした。こういう時間が本当に仕事の疲れを癒してくれる。さあ今週中にやり上げないといけない用事をダッシュで頑張ろう・・・・

通告書の仕上げ

 「今日は、朝から事務所にてほとんどデスクワークで夕方まで過ごしていた。一般質問の通告書を何とか書き上げて夕方事務局へメールで送り、内容のチェックをお願いした。その間に来客があったり、スタッフと打ち合わせをしたり、連絡事項のグループラインについて話し合ったり、何かと忙しく時間が過ぎていった。今回の質問内容の中心は少子化対策と子育て支援について、また人権に関してLGBTQや同性婚などについての町の考え方やDX推進の影響やその中身について聞く予定だ。」

 12日の日曜日も11時ごろから事務所にてデスクワークしながら、愛媛マラソンの実況中継を聞きながら、時々走っている選手の様子を見ながら、結構高齢の方も元気に走っておられるのでびっくり・・・
 今の自分では考えられない皆さんの体力に、やはり甘やかしてきた自分の体にちょっと鍛えなくてはと反省させられた。でも多くの選手の皆さんはマラソンを楽しんでいるような感じがして、きつくてしんどいことでも皆なで走ってその連帯感と自分のペースで完走していこうとするそのエネルギーにもちょっと感動した。
 トルコ、シリアの大地震から1週間が過ぎてまだ幼い命が助け出されているけど、ついに死者は3万5千人とも言われている。これからも更に犠牲者は増えそうだ。この惨状を見るにつけ、建物の耐震性がいかに重要かがよくわかる。いかにそれが分かっていても実際に耐震化の工事をしない限り、何度もこれ以上の犠牲が増えるだけだ。残念なことだが、政治の責任は大きい。
 日本も地震大国だ。いつまた大きな災害に見舞われるかわからない。そのために常に減災、耐震のため備えることはやめない国であってほしい。私たち住民一人一人もその意識をしっかり持って日ごろからしっかり備えていくべきだろう。
     
トルコ地震 

一般質問の準備を

  「午前中は庁舎にて、所属組合議会の事務局から今度予定されている組合議会の中で出される案件の中で理解を求める内容のものについて事前説明があり、了解した。その後、住民相談で問われている内容について管轄の課に行き説明を求め、とりあえず私なりに回答できることをその範囲内で申し述べ、それ以上のことは直接聞いてもらうように理解を求めたいと考えている。午後から事務所にて一般質問の通告書の原案作りに専念して、スタッフに関連資料をリサーチしてもらいながら夕方5時までデスクワークを。この週末は休日返上で仕上げていくつもりだ。」

 帰宅後、夕食を作り出すまで、なぜか今日は外食でもいいかなと思いながら夫の帰りを待っていたら、思いのほか遅く帰ってきた。そんな予感がして、その少し前から実際は作り出していたので、結局外食は断念していたのだが・・・時々無性に夕飯づくりがとってもめんどくさくなって、上膳据え膳で食べたいなと思う時がある。特に週末前の金曜日には。
 ニュースでは、トルコ、シリアの直下型大地震で今わかっている
だけでも2万人以上の人が犠牲になっている。そして今も大勢の子供や老人など体力的にも弱者の人たちが瓦礫の中で助けを待っている。
 発災後72時間も過ぎ生存率が非常に低くなってしまう時間帯に
突入して、救助隊も焦りの色が濃くなっている。日本からも救助支援隊が派遣されているが、本当につらい作業だろう。また日中の気温も低く、救出されても治療する病院もなく、被災した人たちの避難場所も暖が取れずに低体温症で亡くなる人も増えている。シリアでは紛争中の場所も多く、救援物資もまともに届くかよくわからない状況らしい。
 ウクライナではまたロシアが再度大規模攻撃をかけてきて、戦
争を仕掛けて24日で1年になる前に戦果を上げようとしている。ゼレンスキー大統領はヨーロッパ主要国やEU本部を訪問し、武器の供与のお願いに回っている。本当に残念なことだが多くの苦しんでいる人たちがこれ以上増えないようにと願いながら新年を迎えるのだが、今年もこうして大きな自然災害に見舞われ、ロシアのウクライナ侵攻も1年経っても収まるどころか戦禍の惨状はひどくなるばかりだ。グローバル化して世界の出来事が一瞬にして伝わるようになって便利になった代わりに、その悲劇も惨状も伝わるようになって、心穏やかな日常がいつになったら来るのか私が生きてる間には期待できないような気がする。残念ながら・・・

そろそろ忙しくなる予感・・

 「久しぶりにいいお天気で洗濯もしたかったのだが、のんびり朝食を楽しんでいると急ぎの用事が飛び込んできてそれどころではなく、伊予市の友人のところに行って午前中で用事を済ませ、事務所に戻り一般質問に向けて通告書の原稿作成に必要な資料を収集したり、新年度に向けての行政側の意気込みや内容を見て本当は検討したいところだがそれでは締め切りには間に合わないので昨年度からの宿題等、今後やっていくべきものについて積算されたものを想像しつつ書き上げていくしかないだろう・・・午後からは地域の防災士が集まっての打ち合わせが予定されていたので、その準備と急ぎ昼食を。」

 1時半には予定していた皆さんが集まったので、早速2月の役員会での防災研修をどうするかについて意見交換。対象メンバーや許容時間の関係もあって大幅縮小される可能性もあるため、ダイジェスト版レジュメ作りと規約の変更による組織図変更など、自主防災会の概要の一部作り替えなどやらなければならない作業の分担を議論して、私はパワポのレジュメの縮小版づくりを担当することに。
 また新年度に向けて今後のコロナの状況にはよるが、ここ2~3年できなかった行事なども含めて計画づくりを今年度内に作成し、また備えニュースなどに掲載し地域の方々に広報できるように順次話し合いの場を持っていくことを決めた。
 さらに先日のコムズフェスティバルでやったマイタイムライン作成のワークショップなどの紹介をして、今後の参考にしてもらった。
 午後4時ごろからは通告書原稿用資料として集めたものを並べ、どういう切り口で書き上げていくか構想を練り、しばらく事務所に居残りパソコンとにらめっこだった。
 この時間を明日からの作業につなげていく予定だ。さてさてこれから忙しい毎日が続く予感・・・がんばるぞ~~ 

松前町公民館大会&生涯学習推進大会

  「昨夜の寝不足から、今日の目覚ましなしで自然に起きた時間は9時前だった。それからいつものルーティーンをこなして遅めの朝食を済ませ、昨日までの少し溜まった仕事を済ませるためパソコンの前で作業をして、早く済ませるつもりが思わぬPCの調子がよくなくて再起動させたりしているうちに時間が過ぎ、昼からの予定に向けて昼食を食べる時間が無くなった。朝食が遅かったせいもあってさほどお腹も空いていないし、そのまま昼食抜きで13時から始まる文化センターでの公民館大会に急いだ。今日は同時に生涯学習推進大会もあって、終了は16時20分という長丁場だった。最初の40分間は教育長の挨拶から始まり公民館活動功労者表彰、町長、議会議長、県議の来賓あいさつ、引き続き東公民館、西公民館、北公民館の順に実践発表があった。」
         PXL_20230205_040813236.jpg              
 コーディネイターは、おなじみの前田真愛大教授で、各公民館の活動内容の発表があったのだが、ここ2~3年はコロナ禍のためほとんど活動ができていないというのが実際で発表も過去の写真を中心に過去形での発表というのが中心だった。
 ただ今後コ
ロナの収束はなかなか望めず、この状況下の中で新し
い視点で新しい活動を企画し実践していくことが大事だ。その点では我が西高柳の発表は結構皆さんにとっていいヒントになったのではないだろうか。一挙に同じところに人を集めてのイベントはコロナ禍ではできにくい。そのため季節ごとにこいのぼりやちょうちん、七夕飾りなどを子どもたちに作ってもらって集会所にその季節ごろに1~2か月展示し、集会所に地域の人々が立寄ったり目に触れるような工夫をしたり、文化祭にはキッチンカー4台を手配し若いファミリー層や一人暮らしのお年寄りにも喜んでもらえたその時、防災グッズの景品や啓もう活動も。文化祭と防災訓練の代わりの抱き合わせな、アイデアたっぷりの試みが行われている。
            PXL_20230205_051358684.jpg
 前田先生からも感心していただき、西高柳の執行部や分館役員の
努力の跡がうかがえる。従来通りのことが出来なければ、出来るようにするにはどうすればよいかを考え実践してみる。とかく新しいことをする時は失敗したらどうしようと後ろ向きになりがちだが、その時はその時、何もしないよりはいいだろうという前向きな姿勢が成功した例だろう。皆さんの苦労と努力に感謝です・・・
 ★最後に15時から記念講演が。「心地よい日本語」というタイトルで、日本一受けたい日本語授業という内容だったが、実際には金田一先生のぼやきが中心の少しテーマからはそれた感のあるお話しだった。とは言え、面白おかしく話されるので退屈はしなかったが、あまり印象に残るお話しとは感じられなかった・・・あくまで私の印象ですが・・・
      PXL_20230205_062749392.jpg

防災分科会inコムズフェスティバル

 「今日は朝からいいお天気で、事務所にて女性議員仲間の渡部さんと川口さんと待ち合わせし、9時集合のコムズ会場に向けて私の車で出発した。午前中に予定されている女性と防災の会の準備物として、水中歩行疑似体験時に使うもので8キロ近くある非常持ち出し袋などキャリーカーも含め積み込み、会場に到着後、指定の駐車場から移動。8時45分には大方のスタッフが揃っていて、皆こまめに会場づくりに勤しみ、講師の方々も講義用のパワポの準備など忙しそうだった。開始時刻10時前には会場全体ほぼくまなく人が入り、コロナ禍の中での会場としては密にもならず、少し窓を透かして換気にも配慮した形でのスタートができた。各テーブル上には資料やアンケート用紙、今日のワークショップとなるマイタイムラインの書き込み用紙なども準備され、まず最初に松山気象台地域防災官の佐伯直之氏の災害時の気象図の見方、備え、防災全般についての話、その後松山市の防災・危機管理課の玉井さんと門田さんの二人のファシリテーターの指導の下、実際に大雨洪水被害が起きそうな想定のもとマイタイムラインを作成していった。休憩中には会場奥に設置した水中歩行疑似体験に参加者の方々に体験してもらったりして、終始熱心にまた新しい発見に驚いて頂いたりで、その効果は大きかったように思える。これは是非、自分たちの地域でもやってみたい体験だという声もあって、貸出も可能だということなので多くの人に利用していただければいいなと感じた。」
         PXL_20230204_001845213.jpg
  PXL_20230204_020457540_2.jpg
              PXL_20230204_003036630.jpg
PXL_20230204_005226758_2 (1)

 午後からは、議会に女性を送る会主催のパネルディスカッションに一緒に来た3人で参加。女性議員の体験談をもとに参加者とジェンダー平等について考えていくもので、現職議員、特に若い議員さんからの体験、つらかったお話など、かなりセクハラ、パワハラなどに関するものも多く、私たち現職女性議員が真剣に考え、そういったものの撲滅、ジェンダー問題への深い思慮、対策についてまだまだ不足していると強く感じる機会となった。気づかずにスルーしてしまっていたのでは議会に来てもらいにくい。本当に新しく入ってくる女性議員にそんな苦労をさせないためにも、私たちが心地よく力を発揮できる場所づくりなど、すべきことが多いとしっかり認識した。
8月の私たちの議会選挙においても多くの女性に手を挙げてもらうためにも環境づくりが必要なのかとも思えた。
        PXL_20230204_045651929.jpg
 5日の朝刊1面にも地方議会の女性
議員の割合の低さ、問題について特集されていた。また3面には、このコムズでの催しについて取材記事が載っていた。
 

母のバースデー

 「今日は朝からポカポカ陽気。事務所にて今日提出分の書類の最終チェックをする際に代表者の印鑑が必要と分かり、サークル代表者に連絡。何とかお昼前には直接事務所に来てもらい押印することができた。久しぶりに彼女とお話しする機会を得て、若いころの話など、今後の趣味に生きる話から、そこへ飛んでなかなか日ごろ聞けないいろいろなプライベートなお話まで聞かせてもらった。いつの間にかお昼もすぎ、1時半ごろには別れ私はいったん家に帰り、それから昨日の残りのカレーを食べて2時半過ぎに北公民館へ。」

 そこで提出書類の簡単なチェックをしていただき、明日までに社会教育課のほうに提出していただくようにお願いしてきた。その間に館長の若いころのお写真を見せてもらったり、過去のオリンピックや今の中国ロシア、ウクライナの話など世界情勢についてや、興味深い話と雑談に花が咲いた。
 帰り際には同人誌に寄稿された文章のコピー分を分けていただき、記録として残しておくにはもったいないくらいによくかけた原稿だと感心した。
 私もこのブログを議員になってからずっとやっているけど、夜遅くパソコンの前で半分夢現状態で書いているものも多かったので、ほめられた代物ではないのだが、確かに振り返った時あ~こんなことがあったなとか、楽しかったこと、苦しかったこと、悲しかったこと、悔しかったことなど、その時の背景とともに振り返ることができるので、自分史的な記録ものとしては価値があるかなと思う。
 とかく人間は忘れる動物なので、たくましく生きてこれるのかもしれない。いちいち悲しいことや苦しいことに振り回されとどまっていると、長生きできないのかもしれない。私はこの良いとこ取りの楽天的な生き方で今後も歩んでいきたい・・・・
 今日は母の満93歳の誕生日で、施設にプレゼントを届けに。相変わらずコロナのため直接顔を合わすことは出来ないのだが、私の母への直接会えないための言い訳のようなプレゼントになっているかもしれないが、今回もパジャマを贈った。「お誕生日、おめでとう。」

怪奇現象かと・・・

 「今日は久しぶりに、あたたかい1日だった。昨日までの同じコートを着ると汗ばむぐらいの気温だった。少し起床が遅かった分、朝のルーティーンをこなしてやっとテーブルで新聞に目を通しているとパーンと音がして、何か白い破片が飛び散ってきたのでびっくり。怪奇現象かと思うぐらい一瞬何が起こったかわからないぐらいの出来事だった。最初は外から石でも投げられたのかなと思ったが、そんな石もないし、横からというより完全に上から落ちてきたのだ。よ~く見るとテーブルの上に下がってきている照明器具(ペンダント)の天井との接点にカバーがあるのだが、それが下に下がって来て、ペンダントの傘の上に落ちてきている状況だった。つまり経年劣化だろう・・・カバーが茹で卵の殻のようにパラパラになっていたから、もう寿命なのかな・・でも照明器具としては壊れてはいないのだが、カバーがないとコードがむき出しになってあまり見た感じもよくないので、昼からエディオンエミフル店で新しいペンダントを購入し、9日に取り付けに来てくれるとの事で1週間がまんだ。」
       
PXL_20230201_020322278.jpg
 エミフルから戻って事務所にて、3日に提出期限の迫る書類の仕上げのため関係者に確認の電話を入れながら書き上げていった。
 昨日は私の誕生プレゼントにと息子夫婦がかわいいガラスの花瓶を送ってきて、添えていたカードも素敵なものだった。次男からは期待してないけど、やっぱりリアクションなしだった・・・
 明日は母の誕生日だ。もうプレゼントは準備しているが、直接渡せないのがつらい。未だに間接接触の受け渡しなのだ。施設側の考えだから仕方ないが・・・寂しいものだ。