fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

ワイワイ座談会反省会

 「今日はネットワーク松前の皆さんが私の事務所コミュニティルームに集まって、去る11月9日に行ったワイワイ座談会について事後のアンケートをもとに反省会をしました。若い40代後半の竹下准教授を中心にエシカルファッションについて学び、4グループに分かれてレゴブロックを使っていろいろなものを創造していく作業がとても新鮮で皆さんの脳活にもとても役立ったのでは・・・・まさにエシカルとは思いやり・倫理的という言葉なんだが、それが環境や開発途上国の労働問題、人権上の多くの課題を含んでいて、特に衣類の製作過程に深い関係があるなどということは、この学習を通して知りえたことでもあり、皆さんとても勉強になったと感じていたようだった。」

 その後12時前からは事前に注文していたお弁当を食べながら、またこの前神戸に行った時のお土産で作ったお菓子パックを配って、ちょっとしたクリスマス会のような楽しいひと時を過ごした。
          
クリスマス
 日ごろのちょっとした出来事、健康、病気、家族のことなど本当に女性が集まれば、しかも平均年齢70歳代ともなると話題が絶えることはない。
 午後2時前までおしゃべり三昧、また息子たちのウエディングアルバムを見てもらったりと、次回の再会は第9のコーラス演奏会になるのかしら、別れを惜しみながら三々五々帰宅の途に・・・
 その後、頼んでいた封筒などを持って来てもらってお支払いを済ませ、それらをしまうため収納場所を考えながらスタッフとともに何とか収めた。
 3時過ぎにはコーヒーブレイクをスタッフとしつつ、今後の12月議会から年末にかけてのスケジュール確認などを済ませ、ほっとしていたところにお話好きの近所のおじさんがやってきて結局5時過ぎまでお付き合い。
 帰宅後、明日に向けてタブレットで資料確認をしようとしたらデスクトップに保存してるつもりがなかったので見ることもできず、明日の会議前にチェックすることに。

はんぎり会議へ

 「今日は朝から雨模様。でも気温は結構高くて、11月の終わりとは思えない蒸し暑ささえ感じる。午前9時半より庁舎6階にて、12月議会のための議会運営委員会に出席。議会日程や予定されている条例案件や予算案件などについて、委員会付託の内容など事務局から説明を受け確認した。議員間討論など出されている案件についても、ルール作りもしっかりして再度3月議会までに決めていきたいとの議長からの話もあった。2日後の全協にもその報告があるだろう。今回からは少しづつペーパーレス化のため理事者側からの全協での説明のある資料についてはタブレットにデータ保持され、紙ベースのものはないとの話だった。早く慣れていきたいものだ。」

 11時過ぎには事務局から出された議事録の署名なども済ませ、いったん昼食のため福祉センターの喫茶みどりで今日の日替わりメニューのカレーセットを食べた。
 しとしと雨の中、1時半からのはんぎり(ボランティアガイド)の会議に行く前に銀行や買い物をしたり忙しく動き、会の始まる10分前には福祉センター2階の集会室に。
 久々にはんぎりの会議に参加。今回はこの秋に誕生した観光協会の正岡さんも来てくれて、今後の活動や観光事業、商工会とのつながりから物産部門も会員募集にも力を入れて足腰の強い協会にしていくとの意気込みも聞いた。
 はんぎりやいいとこ見つけ隊、史談会などとの連携で、観光部門もしっかり窓口として機能できるよう12月末にはアクセスできるHPも完成させたいとの頼もしいお話もうかがった。
 はんぎりとしての今年度の活動報告と残り4か月間の活動計画についても話があった。コロナ禍でずいぶんと計画の中止・延期もあって、思うように活動できなかった部分もあった。いろいろな工夫やアイデアを出しながら、より多くの人にもこの活動を知ってもらい松前町のアピールにつながり、今後の観光の広がりにもつなげていきたいと感じた。
      
PXL_20221129_044459936.jpg
 4時には歯医者さんの予約も入っていて、忙しい1日だった。

ワクチン接種5回目

  「昨日25日は無事仕事を片付け、若干旅の疲れもあったが心地よい疲れなので回復は早かった。そして今日は、ゆっくり起床。9時過ぎのお目覚めだ。ゆっくり朝食を済ませ、自宅にてパソコンを前にブログや他メールチェックなどデスクワークをして、気が付くと12時も過ぎていた。1時30分には5回目のワクチン接種に行かなければならない。今回初めてオミクロンBA5対応分で、集団接種の形で受けた。福祉センターに行くと周りの駐車場がいっぱいで、結局庁舎前のやっと1台空いていた所を見つけて停めた。注射はちょっと痛かったけど一瞬で終わり、しばらく15分程度控室でじっと待機。その間に何か異常があれば副反応につながっていくのだろうが、今回もさほど何もなく、ただ何となく倦怠感はあったので隣の文化センターでやっている福祉大会には行けなかった。」

 帰りに事務所の神棚のサカキを買って、古くなったサカキと交換。遅めの簡単な昼食もそこで済ませ、ちょっとテレビを見ながら寛いでいつしかウトウト。やっと倦怠感も無くなって帰宅。
 帰宅後は夕食の準備。不機嫌な夫が帰宅。マイペースの夫はパ
ジャマに着替えて、また炬燵周りでリラックスして寝転んでテレビを見ている。私の夕食準備を手伝う気配なし。
 今日はお鍋にしたので、わざとカウンターに鍋や電熱器などを置
いて、テーブルに運ばすように誘導。切った材料をお皿に乗せてそれも置いておくと、ようやくテーブルに運ぶぐらいはする。
「大根おろしお願いね」何の返事もないので再度言うと「わかっと
る」と不機嫌な声が帰ってくる。それなら最初から分かったと返事すりゃいいのに。ムカッ、イラっとする。
 さあ明日はいよいよ日本対コスタリカ戦。早目の夕食にして私は
応援に集中するぞ・・・

神戸を楽しもう♬

 「昨夜はマグロ解体ショーまで見せてくれるサービス精神旺盛な料理長のもと多くのお料理群に舌鼓。ついアレコレと手を出してあとが大変だった反省のもと、朝食は少し控え目に・・・。本日の観光は北野異人館!」

 朝食は窓から見える朝の神戸港を背景に、今日も一日頑張ろう!!と、ガッツリ?頂いた。3人とも食べた割にはお通じがストップ気味でちょっと苦しかったりして、旅行するととかく便秘気味になるのだが今日もしっかり歩いてこなしていくか‥と覚悟。昨日はそれでも1万歩以上歩いているので、かなり腰も足も痛い・・・。
 
まずはチェックアウトを済ませ、シャトルバスで三宮に出てそこから地下鉄で新神戸に向かいたいのだが、そのバス停から地下鉄乗り場までが結構迷路で遠かった。スマホのナビでもなかなか分からない。結局、道行く人に尋ねてやっとたどり着き、新幹線の乗り場近くのコインロッカーに大きな荷物は全部押し込んで手軽になってから、まずは北野異人館へと向かった。
 タクシーに乗り、運転手さんからあの坂道は
きついですよと脅されたが、実際行ってみると確かにすごかった。
  特にうろこの館への坂道は半端なく傾斜があって、しかも120メートルも続いていたのでまさに心臓破りの坂道で、思わずマスクを外さないと息苦しくてふらふらした。
         PXL_20221124_025752762.jpg
PXL_20221124_032119405.jpg PXL_20221124_030520542.jpg

 館に着くといろいろな昔の調度品、とくに家具・食器・
装飾品には芸術品のような豪華さが漂っていた。ただそれらを全部見るためには、2階の階段(結構きついのだが)を上がったり下りたりしなくちゃいけなくて、足や膝が辛かった。
 PXL_20221124_033024320.jpg  PXL_20221124_030755303.jpg
 ホテルでもらった兵庫旅クーポン3千円分を使うため、おみやげや記念のギフトなどいろいろ買って、やっとお腹も空いてきたしランチにしようと貰ったマップでイタリア料理のお店を見つけ、そこに入っておいしくいただいた。
 2時40分ごろ新神戸の駅に
り、当初予定していた布引の滝への散策は次回にとあきらめた。でも北野異人街をゆっくり散策できて大満足だった。
 午後3時12分発の岡山行きのひかりに乗って、4時過ぎにしおかぜに乗り換え、さすがに車中では3人ともお疲れモードでスマホをしながら居眠り状態で口数少なく、7時20分ごろ松山に帰ってきた。
 夕食代わりに駅近くの居酒屋
さんに立ち寄り旅の最後の食事をして、旅の振り返り話やお金の精算も終え、タクシーに乗って一人づつ順に降りて、最後に板ちゃんに託して私も下りた。
 明日は朝から仕事もあるし、しっかり頑張らなきゃと思いつつ
、帰宅後は不機嫌な夫に「ただいま」と言ったら背中でお帰りといったかな? とにかくあの11月初めにかかった病気以降すっかりお酒が飲めなくなって不機嫌そのもの・・・洗濯物や荷物の整理などしてたらすぐに2階の寝室へ行ったので、私は台所や洗面所など片付けてゆっくりお風呂に入って旅の疲れをいやし、ワールドカップの他のグループの戦いなど見て、1時過ぎに就寝。

神戸旅行へ

 「朝早く久しぶりに、事務所スタッフやお友達と女3人旅に出かけました。コロナ禍ではあるのですが、みな最大限の対策をして神戸に向かってしおかぜと新幹線を使って移動。あいにくの小雨模様で車窓からの景色はあまりよくはなかったのですが、それでも女性3人集まれば話題に欠くことはないし、時間はあっという間に過ぎ11時半には新神戸に到着。そこからJRの在来線があると思って探すも地下鉄しかなくて、三宮に出るのも一苦労。関西は得意なはずの私も40年前の土地勘は通用するはずもなく、お上りさんのようにウロウロ・・・それでもチェックインには早い12時過ぎにはホテルに到着。キャリーバッグなど不要な重い荷物はホテルに預け身軽になって、そこからまずは腹ごしらえとお目当ての南京町の老舗「民生」さんに。ガイドブックおすすめのイカの天ぷらを目指し歩いた歩いた・・・もう腰のあたりが痛くて、普段の運動不足を反省。約30分ぐらい店の前で順番待ち。でも待っただけのことはあったし、おいしかった。」
       PXL_20221123_034502465.jpg
        PXL_20221123_041727414.jpg
   PXL_20221123_042305577.jpg
 その後、いろいろ事前の計画から変更して、小雨模様だし、一番近くのベイエリアのメリケンパークへと向かい、ちょうど市民向け野外イベントをやっていて学生さんたちのジャズミュージック演奏などが聞けて、私は椅子に座れてほっと一息ついた。
PXL_20221123_055613087.jpg PXL_20221123_033248995.jpg
 3時半ごろから急に雲行きが怪しくなって雷・稲光もすごくて、ほとんど小走りで近くの建物に避難や高架下を歩いたりして、ようやくホテルに戻った。
          PXL_20221123_064132915.jpg
 チェックインしてお部屋に入ってゆっくりリラックス。温泉好きの友人は早速浴衣に着替えて、もうすぐにでも行くぞ体制に。
  
 夕食タイムは7時半からだったのでかなり時間もあったので、5時ぐらいから浴場に。
 ここはホテルなのに大きな露天風呂やサウナ、ジャグジー風呂などが整備されていて、海を望む天然温泉場として泊り客以外にも一般客の日帰りでも楽しめるようになっていて、名前も神戸みなと温泉「蓮」というぐらいだから・・・もちろんまだ新しいホテルなので、施設もお部屋もアメニティグッズも素敵で充実していた。その温泉付きの友人のお勧めのホテルだったので納得でした。
 夕食も神戸港を一望できる素晴らしい造りになっているレストランで、ビュッフェ形式で両手にビニール手袋をしてかなりコロナ対策を気にした形式になっていたが、好き
なものを多くの種類の中からチョイスできるのでついついいろいろ摂ってしまって、あとで苦しくなってしまうという失敗はあったが本当に満足できるものだった。
 夜9時半から、私はワールドカップ日本のドイツ戦にかじりついて観ていた。友人たちはさほど興味はなかったのか、お風呂や温泉を楽しんで部屋を出たり入ったり、食べ過ぎでベッドで苦しんでる人もいたっけ(笑)
 とにかく前半戦で日本はやばいなと心配していたが、後半戦の森安監督の采配と切り替えでスイッチが入ったのか日本の動きが変わって、まるでドイツが日本と入れ替わったかのようなスピーディーな動きで結局2-1で逆転してしまったのだ。思わず涙・・・感動、雄たけび、もう寝ている二人には迷惑だったかも・・・・興奮して疲れてベッドに入ったら、即寝ていたらしい。大イビキで??
        PXL_20221123_064738895.jpg

女性と防災の会

  「今日は朝からゆっくり行動してると気付けば、もう昼前に。事務所に行って午後からの会議に向けて送付されてる書類のプリントアウトをして、ぎりぎり1時半にコムズへ。久しぶりにズームでの会議ではなく対面リアルにやることに。女性と防災の会のメンバーに姫野さん以外にもう一人宇和島から防災ボランティア活動を主体的にされてる男性の方が参加されていて、会議が盛り上がった。やはり私は対面でじかに話し合いながら会議することが実感があっていいな・・・テーマのメインはコムズフェスティバルで行うタイムラインの実践で、ワークショップの目玉となる。そのため実際に我々でやってみて時間がどれくらいかかるかやってみた。やはり30分ぐらいはかかりそうだ。他にも水深50センチの歩行の足にかかる負荷を水入りペットボトルで体験してもらうコーナーなども予定している。また事前に気象予報士からのお話を40分くらい予定している。」

            1668995737033.jpg
 気象予報士からの話の中に、『キキクル』
という言葉が出てくるようで、その響きが私がよく利用しているアスクルに似ていたため、その話をすると妙に受けて笑いの渦に・・・・どのくらいの危険度があるかという指針のようなものだが、響きとしては分かりやすい。地震ではわからないが、水害予報にはかなり重要なアイテムとなりそうだ。
 PXL_20221119_072020537.jpg PXL_20221119_071739870.jpg

 実際にペットボトルでの水中歩行の負荷体験は、想像以上に重たかった。2リットルのボトルを5本繋げて作った重りでやってみたのだ。
       PXL_20221119_071807192.jpg

 4時半ごろ会が終わり、帰りに期日前投票に行き知事選に一票を。さすがに帰りは、すっかり陽が落ちて暗くなっていた。

高野山金剛峯寺展へ

 「今日は朝からぽかぽか陽気。午前中は来客予定があったのだが、先方に急な用事ができ来れなくなったため、その間に一般質問の通告書の原稿作成の時間に振り替えた。前日に資料を作っていたので割とスムーズに作業ができた。お昼ご飯は駆け込むように食べて、1時半過ぎに近所の友人二人とともに県美術館に行き、今月20日に終了する高野山金剛峰寺展並びに運慶・快慶の彫刻展などを鑑賞した。空海と四国八十八か寺の関係やその地図など数多くの展示物があったが、館内がかなり暗くて黒っぽい掛け軸などはほとんど見えなくてちょっと残念だった。」

 館内は写真撮影は出来なかったのだが、入り口の大きなポスター前で写真をパチリ。
    
PXL_20221118_065336626.jpg
 駐車場から美術館の入り口までの松山城堀之内公園内の木々が紅葉して、天守までの山肌など空も抜けるような青空で、これも絵になるような景色だったのでカメラに収めた。
               PXL_20221118_065923542.jpg
 約2時間近く鑑賞と散歩で充実した午後のひと時だった。
 4時半ごろ事務所に戻り、明日の会議の準備をして5時半ごろ事務所を出て、食材を購入のため近場のスーパーに。
 今日も全国で10万人以上がコロナ新規感染者として登録されていた。本格的に第8波が到来したと言い切れるようになってきたが、政府として行動制限については特に呼び掛けていない。むしろ個人個人がコロナ対策をきっちりするようにということだ。ただ7波の時のようにまた医療現場がひっ迫してくると、その状況次第では行動抑制のお願いをすることになるだろう。

そろそろクリスマスモード!

 「今日は朝から曇りがちなお天気で、寒いのか暖かいのかよくわからないような1日だった。午前中はデスクワークで、いろんな連絡事項や一般質問内容について資料集めを開始。環境に関する事、教育関係など2つの項目は決まっているのだが、あと一つについては明日住民相談で来られる若いお母さんから聞く内容で行政対応に関するものならそれも候補になるかもしれない。原稿づくりにそろそろかかるかな・・・お昼までで事務所を出て、母のお世話になっている施設に5回目のワクチン接種券を持っていく。92歳の母も頑張っているので私もしっかり充実した生き方をしていきたいと思う。」

 久しぶりにエミフルに。もうすっかりクリスマスモードになっている。だんだん早くなっているクリスマスディスプレイに、なんだか年末が近い錯覚に陥ってあせらしい気分。
 事務所の中もそろそろクリスマスモードにしようかと、つい可愛いクリスマスグッズに手が出る。玄関のリースとデスクの上に置くガラスツリーにキラキライルミネーションが付くものを買ってしまった。
 こんな気分に水を差すのがコロナ感染者拡大で、第8波に突入か…というニュース。コロナとロシアのウクライナへの侵略戦争が今年の暗いニュースとしてずっと続いたが、来年こそはと新しい展望を望む。

野上の家へ

 「今日の宝塚の朝は少し寒いのか・・・ホテルの窓から見える外の様子から、コートやジャンパーなどを着ている人が多いような~とは言え、ホテル内は暖かいので実感はないが天気はすっかり回復して気持ちのいい朝だった。朝食を済ませチェックアウトの後、タクシーで逆瀬川の私の実家へ。」
         PXL_20221114_021132834.jpg
 実家は現在、宝塚社会福祉協議会に貸して「野上の家」という高齢者デイケア施設として使ってもらっている。年に1~2回家主として訪問し打ち合わせをするのだが、この2年半はコロナのために来ることができなかったが、今回行くことができた。
 施設長と現在の経営状態や今後の方針、施設上の問題点、改善点など1時間ぐらい話をして
、駐車場の管理をしてもらっている逆瀬川住研さんにもよって、担当者と話をすることができた。
 その後、隣の銀行により空港に向かった。
 フライトの時間まで1時間半ぐらいあったのでレ
ストラン街に行き食事を済ませ、ゲートに入ってからお土産を買い、搭乗までゆっくりスマホチェックなどして時間を過ごした。夕方4時半には松山に。
 帰宅後、買い物に出かけ、明日のガーデニングのためにパンジーやビオラを購入。
 明日は忙しくなりそうな予感。早く休んで体力温存を。

宝塚高校 創立60周年記念

 「 今日は朝から久しぶりの雨。気温はさほど低くなく、むしろ生暖かい感じだ。午前9時45分のフライトで大坂空港へ。今晩の宿泊場所の宝塚ワシントンホテルまでタクシーで直行し、チェックイン前の時間なのでフロントで荷物の一部を預けて目的地の宝塚ホテルまで徒歩5分。県立宝塚高校の創立60周年記念の同窓会に出席。懐かしい顔が揃い、私たち6期生たちは古希を迎えるれっきとした高齢者たちなのだが、みんながテーブルにつくと50年ぐらい経ってはいるのに心はもうあの頃の高校生の時のようにタイムスリップしてワクワクとし感じで、時間の経つのも忘れるような話で盛り上がった。50周年の時に会ったメンバーもいたが、それから早10年は立っているのだから・・・この間にもう病気などで亡くなった仲間もいて、こうやってみんないつまで会えるのかなんてちょっと寂しくなるような思いもあって、次の70周年目の会にも会えるように頑張ろうねと誓い合って別れた。」
      PXL_20221113_031406912.jpg
  PXL_20221113_032314484.jpg
        PXL_20221113_051047734.jpg
 宝塚ホテルでの1次会は12時から14時で終わりその後、同期の仲間10人とお茶にしようと近くの喫茶店に移動したが行くとこ行くとこいっぱいで、結局私が今夜のお宿としているワシントンホテル1階のシャンゼリゼという喫茶コーナーで少し待つことに。30分近く待ってやっと10人座れる席が空いたので、そこに2~3人ずつに分かれて座り、近況報告など半世紀近い人生のダイジェストを語り合うのだから面白いし、お互い苦労しながらもここまで来たのだから、あとは残りの人生好きなことをやって最期を迎えたいよねって感じで、お互い外見はずいぶん変わったけど、その頃の一緒に過ごした高校生活を思い出しなんだか若返った気分になってしまうのが不思議だ。     
 夜は午後6時にそのホテルのロビーで幼友達のみっちゃんと待ち合わせをして、8階のガスライトで夕食を共に。
 夜景を見ながら互いの近況などを語り合いながら、時間の過ぎるのも忘れるぐらい語り合って気が付けば10時過ぎ、4時間も経っていたとは思えないほど素敵な時間だった。彼女とは本当に幼い時からの友人で家族ぐるみで交流し、その両親もみっちゃんのほうは両方なくし、私も年老いた母だけになってしまった。時間や距離が隔たりをもたらしても、いつも何らかの形でお互い音信不通になった時はない。私たちに別れがあるとしたら認知症で分からなくなってしまうか、病気などで亡くなってしまう時だろうが、できる限りその時は遅くあってほしいと願う。こういう繋がりが私のモチベーションの源なんだろう・・・だからできる限り大事にしていきたい。

人権プラザ

 「今日も暖かい1日だった。明後日からの宝塚行きに向けてベージュのズボンを取り置きしてもらっていたので高島屋に行く。試着するとちょっと想像していた感じとは違ったのだが、まあその色が少ないので購入することに。さらに店員さんの勧めで軽くて着安いハーフコートを試着。値段もリーズナブルで、それも購入することに。この前少しクローゼットの中をかたずけたのに、また増えちゃう…と反省しながら、事務所に戻ってデスクワークを。夜は人権プラザがあり、西高柳と塩屋の合同の講習会だった。人権講座の専門家、水本先生のお話は25分のDVDを視聴してからだった。同和地区の出身の主人公が職場でのいろいろな仕事の場面で、この問題について考える視点を提供してくれるものだった。差別によって人権侵害がいろんな場面でおこなわれていて、意外と気づかずにスルーしてしまっていることも多い。まずは私たち自身がそう言った問題に敏感でなければならないし、多様性を認め合う社会にしていく努力も必要。」

 ★帰宅後8時半は過ぎていたが、夫は夕食を食べて2階の自室に入ってもう就寝だ。
 テーブルの上に息子からの伝言が書いてあるメモを見てすぐに電話して用事は終わったが、まだまだ本調子ではないのだろう夫は、明日早くに電話予約するだろうか・・・ちょっと心配だけど、自分のことだからちゃんとやるでしょう。  

史談会研修

 「今日も朝から秋晴れ、空気が澄み切ってまさに行楽日和。午前7時半過ぎには文化センター前に集合して、史談会の1日県外研修に参加。女性26人男性7人の33人の一行で、たぶん平均年齢は70歳を優に超えているだろう元気な高齢者の団体だ。大型バスで最初に丸亀城に行きお城周りを散策、ボランティアガイドさん二人にそれぞれ2組に分かれて説明を受ける。特に石垣の修復作業に入っている現場にも行き、坂を上がったり下りたり。また10度の傾斜の坂道が150メートル続いているところでは、マスクをかけていると息が苦しく足も乳酸が溜まってきつかった。それでもせっかくここまで来たんだから頑張ろうと自分を励まし、また自分的にはこの団体の中では若いほうなのでこんなところでギブアップはできない。また天守に上がったのだが、この階段がまさに60度の傾斜・・・まさに足を滑らしたら下まで落ちそう、かなり慎重にゆっくり上がった。また降りるときはもっと怖かった。」
  PXL_20221110_015232369.jpg PXL_20221110_015252848.jpg
     PXL_20221110_021609275.jpg PXL_20221110_024044294.jpg
 約2時間の散策を終え、最後に資料館に行ってジオラマを見て、歩いて見てきたお城全体を確認した。丸亀城自体は戦国時代が終わって徳川時代に入ってからの築城なので戦禍に塗れることなく現代まできているので、門も建物もかなり朽ちてきているので修復は繰り返し行われてきたようだ。
PXL_20221110_025146297.jpg
 その後バスに戻って中津万象園へ。そこで昼食を摂り、もちろん讃岐うどんも頂いた。
 
PXL_20221110_033041093.jpg PXL_20221110_041846497.jpg
 食後は、その立派な庭園を散策。松の多い庭園で中央に大きな池があり、その周りから橋がかけられ池には鯉がたくさん泳いでいた。また竹林に並行して赤い100本鳥居の先にお稲荷さんが祭ってあった。見事な百年松の横にはお茶席が週一で設けられている
庵があり、素敵な風情を醸し出していた。
  
PXL_20221110_042057307.jpg PXL_20221110_041430897.jpg
       PXL_20221110_042132953.jpg
    PXL_20221110_042904107.jpg
 もうこの時点で7千歩ぐらい歩いていたのでかなり足が痛かったけど、なかなか来れるところではないので頑張った。最後にバスで善通寺に移動。四国お遍路寺75番札所の善通寺の境内には大きな五重の塔がそびえていた。また本堂には大きな黄金の釈迦如来坐像があり、みなそこで手を合わせていた。
          
PXL_20221110_054646971.jpg
 3時半ごろには一路帰路につき、途中豊浜インターに立ち寄り皆さんお土産を買って、私は美味しいソフトクリームを食べてご満悦。帰りのバスの中では、いろいろ幹事の山本氏が気を使って面白い話をしてくれたり、ゲストの手品の疲労など、かなり盛り上げてくださったのだが、私にはもうほとんど子守唄のような感じでウトウトしていたら、午後5時20分には松前文化センターに戻ってきて、1日観光は終わって解散。お疲れさまでした・・・

ワイワイ座談会

 「今日も朝から上天気でまさに小春日和。午前9時集合のネットワーク松前のワイワイ座談会に向け、8時40分には家を出て会場には50分ごろ到着。鍵や消毒関係品、検温器などをもって集会室に。講師の竹下先生もほぼ同時に来られ、会場の机や椅子のセッティングなども手伝ってくださり、名札・受付準備など、ほぼ30分前には出来上がってゲストを迎える体制に。」
            PXL_20221109_005937895.jpg
 ゲストはギリギリの方が多かったが、用意した椅子には皆さんほぼ着席していただき、時間通りにスタートできた。
 先生の研究テーマでもあるエスカルファッション(思いやりのある衣類)ついて、ロゴブロックを使ってのワークショップを挟んで、みんなとワイワイおしゃべりしながら考えていく座談会となった。
 4つのテーブルで作った島に5~6人座ってもらい、各人に資料と紙皿、そして100ピースぐらいのロゴブロックを置いて、先生の指示でお題を頂き各人限られた時間内にブロックで創造していく作業があって、そのあと、それらについて各島からの説明があって話し合いをして、先生からの提言を踏まえ、最終的にはSDGSの活動に繋がる気付きや発想を語り合い、今後の暮らしの中で生かしていけるヒントを得ることができた。
         PXL_20221109_023104183.jpg
    PXL_20221109_014241942.jpg
                    PXL_20221109_024223057.jpg
 あっという間の2時間だったけど、参加した方々の感想や意見は、アンケート集計後に明確になるだろうが、会の後の皆さんからのお話では、とてもいい勉強になったとほぼほぼ満足して頂けたような口ぶりだったので、ちょっとほっとした感がある。
 そのあとの昼食会には、先生を囲んで8人ほどで北斗に集結。ちょっとした会の反省や、今の世界の情勢を振り返りながら、SDGSの17の課題についても語り合った。
 13時過ぎにはお開きとなり、無事今日の全ての行事を終え、また事務所に帰って、デスクワークに入った。
 昨夜の皆既月食は上空が晴れて澄み切っていたので肉眼でも見えたが、さすがに天王星の移動は見えなかった。この現象を次に見ようとするなら、332年後らしいので絶対この世にはいない私たちは見ることはできないだろう・・・
             
皆既月食2022

痩せなくっちゃ・・・

 「今日も秋晴れのいい日より。夫の調子が少しづつ回復に向かっているようだが、まだまだ食欲もなく本調子でもないので早く元気になってもらいたいものだ。そのためにもしっかり食事もとってほしいのだが、まだリンゴや青汁などは積極的に食べようとするのだが、なかなか他のものはこちらから勧めないと口にしようとしない。夜はやっと夕食を7割ぐらい食べてくれた。明日はもう少し元気になってくれるかな・・・」

 午前中は事務所にて9日のワイワイ座談会の最後の準備物のチェックなどで忙しく、連絡調整なども行った。
 また昨日のフラの発表会で撮った写真の一部を明日のレッスン時に皆さんに見てもらえるように整理してほしい方にはコピーできるようにした。写真を見るたびに太っている自分の姿、特に上腕の露出の大きい衣装がゆえに興ざめしてしまうが現実を直視し、もう少し痩せる気持ちを保ちたい。ちなみに夫は今回の件で更に3キロぐらい痩せたようだ。がんばろ~

5日~6日にかけて

 「夫の調子が少しづつよくなりつつも原因がよくわからないままでは不安なので、土曜日に診療をやっている武智先生のところに9時過ぎに行って帰宅したのは12時半ぐらいと結構な時間がかかったのだが、いろいろ検査もしてもらいほぼ原因がわかってきたのでほっとした。膀胱炎から腎臓に至るまでCT検査でしっかり説明してもらい、お薬も処方していただき食事も少しずつではあるが食べれるようになって、6日には朝からモーニングにも行けるようになって少し普通の生活に戻ってきたので私も安心してフラダンスの大会に行くことができた。」

 6日の朝にはお弁当を作って9時半ごろ事務に行き、そこに集合した4人のメンバーを乗せて車で来た人は事務所の駐車場においてもらい、会場の元全日空ホテルまで。
 11時までには会場に着き、更衣室が空いたらすぐに着替えて4階の発表会場に行き、ステージの立ち位置の確認などをして一般客の来場を待って、いよいよ12時半にはロケ・ナニフラグループの各教室20数組が日ごろの練習の成果を披露する年一回の大会が始まった。
 今年は衣装を新しくして新曲に挑むグループも多く皆さん張り切っておられるようで、私たちのグループも7年ぶりに衣装や髪飾りなどもを新調して会に臨み、多少緊張はしたものの滞りなく踊れてほっとした。
        
1667787444211.jpg
    PXL_20221106_055202312LS_ex.jpg
 ★早速インスタに上がっていたが、去年から大先生が引退され今の滝口先生が引き継がれ彼女のカラーがしっかり出た新制ロケ・ナニとなってきた。私たちの教室も15年ぐらい過ぎたかな・・・
 みんな高齢になってきたが楽しく自分たちのリズムで活動しながら、これからも仲良く息の長いフラグループとして続けていきたいと思っている。
PXL_20221106_052807823.jpg PXL_20221106_053055490.jpg 
       
   

看病の結婚記念日

  「今日は文化の日で、私たちの43回目の結婚記念日なんだけど、夫はベッドの上で布団でぐるぐるになってガタガタ震えている・・・あ~また熱が上がりだしたのか・・・・今度は胃が痛いと唸っている。熱を測ると39.9度。まさに40度近い熱を出してフーフー言ってる。またもやガンガンに冷やしたアイスノンを脇下、首の下に。その前にトイレに行ってやっと便は出たけど、やはりシーツ、下着、パジャマなど汚れた分を洗濯、トイレの消毒・清掃…結構大変。しばらく様子を見てると落ち着いてきたので、胃の痛みも収まった来た。ちょっとほっとした。10時過ぎにやっ熱が36.8度まで下がってきた。昼過ぎにおかゆと梅干少し食べ、水分補給と薬も飲めた。部屋の換気もして、私もカップラーメンを食べて一息つく。」

 こんな結婚記念日もお互い歳をとるとやってくるのかなとつくづく思った。早く元気になってご飯がちゃんと食べれるようになってほしい。
 北朝鮮が朝からまた弾道ミサイルを日本海に向けて何発も打っ
てきた。昨日は韓国の領海付近に打ち込み、ただでさえ今は雑踏死亡事故で国中が悲しみに包まれているようなときに打ち込んでくるのだから、韓国民の気持ちを逆なでするような暴挙といわざるを得ない。何を意図しているのか、単なる脅しとしてもだんだんエスカレートしてきているようで、大変不気味だ。日本も断固たる態度で臨むべきだろう。まさに拉致問題など北朝鮮の指導部には全く眼中にないのかもしれない。

久々の友人とランチ

 「朝からまだ熱があるのに仕事でどうしても行かないといけないと言って、出て行った夫。心配だったが昼には帰るといっていたので食卓テーブルの上に薬とバナナ、経口水OS1を置いて私は事務所に。午後1時過ぎには松山の友人と待ち合わせていたので高島屋まで直行。久々の再会だったので遅めのランチをしながら話に盛り上がった。3時半には用事も済ませ、4時前に事務所に戻りスタッフに頼んでおいた防災関連の資料の原稿をチェック。何か所か修正して地域の係りの人にメールで送り、デスクワークを終えて帰宅。」

 テーブルの上のものは飲食してくれていたが、作っていたおかゆには手を付けず、ほとんど食べていないので気になりながら夫の寝室に。やはりまだ熱が下がっていない。薬も空腹に飲むのもあまりよくないし、何とかおかゆだけでも食べてくれたらと思うのだけど嫌がるし、ただ水だけはごくごく飲んでくれるので水分補給とアイスノンをわきの下と首の下など頸動脈を冷やすことで熱を下げることにつながるケアをした。
 あ~あ明日は結婚記念日だというのに・・・夫の介護
の1日になりそう・・・

夫、夜間救急へ

 「今日から11月。あと2か月で新年を迎える。2022年もあっという間に終わってしまう感じだ。上半期は特に夏にかけてコロナの第7波が猛威を振るい本当にいろいろな行事が中止や延期になって、今年こそはと思っていた地方祭も地域的には取りやめになり、今の中学3年生はとうとう神輿を担いだり愛護班で集めたお金の分配などもできず、とっても残念に思っているだろうと感じている。地域の文化祭は規模を小さくして密にならないような形で開催することにはなったみたいだ。またこれから11月後半になってくると忘年会や新年会、年末年始の帰省ラッシュなどでコロナがまた感染拡大し、第8波の到来などとなるとせっかく計画している息子たちとの旅行も危うくなってくる。そのためにも早目のワクチン接種(5回目)で自身の感染対策もきっちりしておきたい。接種券が届いたので早速申し込みをネットにて完了。今月26日には行ける。」

 午後からフラのレッスン。6日の発表会に向けての最後の総復習、ステージへの出入りやステージ上での位置取りなどの最終確認、衣装のチェックなど念入りに行われた。
 夕方帰宅後、割とすぐに夫が帰宅。なんだかしんどそう。パジャマに着替えたあと寒気がするし、お腹がすごく痛いんだと体を丸めて苦しんでいる。こんなこと初めてなのでびっくり・・・気分も悪いと何度もトイレに。なんか食あたりでもしたのかなと本人も原因がわからないようで、しばらく様子を見ていたが痛さに耐えられないのかトイレに行っては戻っての繰り返し。
 救急車は嫌だと言うし、私が夜間救急窓口に連れていくしかないと思い、夫も同意したので早速私の車の後ろに乗せて、夜の運転は嫌だったのだけど、そういうこと言ってる場合ではないので頑張って救急当番病院へと走った。済生会病院の近くまで行って、そのあと暗くてよく道が判らずぐるぐる回っているとピーポーの音がしたのでその方向について行ったらたどり着いた。
 手続きを済ませ、かれこれ1時間近く待たされたけど急性胃腸炎のような診断で薬を処方してもらって帰宅。腸の炎症で熱も39.6度まで上がっていたのでびっくり。
 帰宅後、薬を服用して何とか就寝。