fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

9月議会始まる

 「今日は本当に暑かった。午前9時半から本会議初日のため議場にて午前中いっぱい理事者からの議案上程、説明、質疑などがあり、その間の議場室内は冷房が効かず、本当に暑かった。13時半まで昼休憩、その後特別会計の補正予算についての予算決算常任委員会があって、会の進行上、一部案件が後日になった。説明のみ行い関連の条例の成立が先なので最終議決は一般会計補正後となった。2時前には終了、その後事前にお願いしていた現場視察のため車2台に分乗して、かなり暑い中、6か所回りそのうち5か所については下車して担当者から説明を受け、約1時間半ずっと視て回って4時前に庁舎に戻って来た。充実していたが、かなり暑くて軽い熱中症のような倦怠感すら感じた1日だった。」
 PXL_20220830_052714515.jpg PXL_20220830_061557901.jpg
          PXL_20220830_062837772.jpg
 帰りに買物をして帰宅したら、夫はもう帰ってきていた。夕食前にはシャワーを浴びて気持ちよくなって、テレビを見てくつろいでいる。私も正直、誰かに夕食作ってもらって据え膳で食べたいわ~と思いながら、しばらくエアコンで体を冷やし寛いで献立を考え、食材と冷蔵庫の中身と相談しながら、やっとできて、「できたよ」と声をかけると茶の間で寛いでいた夫は当たり前のように食べ始める。
 本当に交代制でやりたいけど、とりあえず夕食だけなので我慢するかな・・・・以前は私も夫も仕事や友人関係などで外食が多かったのだが、コロナ禍でこの2年半近く家での食事が増えて、こちらの負担が増えたのだ。一人だったらデパ地下のお弁当や好きな持ち帰りグルメなどで楽しめるんだけど・・・・
 今日は京セラの創始者で経営の神様といわれた稲盛氏が老衰で亡くなられた。本当に経営哲学の1本筋金入りの方だっただけに、さすがにバイブルのように本も持っていたので、かなり驚いていた。ご冥福を祈ります。

ネットワーク松前 打ち合せ会

 「ここ最近、朝晩の涼しさがほんの少し秋の気配を感じさせます。まだ昼間の暑さは残暑そのものですが・・・27~28の8月最後の土日は結局事務所で過ごす時間が長かったけど、小さな子供さんのいる家庭では最後の夏休みの土日とあって家族で思い出作りのためいろんなイベント参加、小旅行等など大変そうだけど楽しそうなニュースを見ると、なんだか懐かしい。今の夫婦二人の生活はお互いあまり干渉しないことで均衡を保っているけど、これでどちらかが体調を崩したり、介護が必要になったらこのバランスが崩れるんだろうなと、ちょっと不安になる。お互いそういう年齢が近づいてくると、つい後ろ向きな考えがよぎるが、まだまだもうひと踏ん張りしてせめて金婚式を迎えるぐらいまではアクティブなライフスタイルを保ちたい。」

 午前中は、事務所のコミュニティルームにてネットワーク松前のメンバー4人と、11月に実施予定のワイワイ座談会について話し合った。
 事前に講師の竹下先生と打ち合わせしたことについて説明し、今後のスケジュールを確認した。9月末までにはチラシ作りや講師との最終打ち合わせ、また会への参加勧誘と出席者のカウント締め切りを10月末ぐらいに・・・など決定した。
 その後、ワクワクレポートの印刷が完了していたので折り込み作業を手伝ってもらった。みんなでお昼ごろまで折り込み作業をして時間の許すかぎり、さらにもう少し頑張ってもらって約500通分はできた。まだ残りがだいぶあるので明日からも引き続き作業は続くが、私は9月議会初日で、おそらく昼は過ぎるので事務所での作業はできないかもしれない。明後日以降、頑張ろう・・

戦没者慰霊祭&DX研修

 「今日は午前9時半より戦没者慰霊祭が文化センター2階にて、参加者の規模も狭めた状態で椅子の間隔も空けて会場セッティングをしてあった。参加代表者からは、恒久平和と不戦の誓いを立てながらも、最近の世界情勢、特にロシアのウクライナ侵攻から早半年が過ぎても止まない戦争について、終戦から77年を迎える日本人にとって本当に心が痛む懸念材料であることを表明されていた。祭壇に向かい献花する皆さんの胸にも同じ思いがあったのではないだろうか・・・また遺族の方々の高齢化が進み、世代交代で少しづつ戦争の記憶が薄れていくことが次の新たな戦争へと進んでいくことにならないか、とても不安になる。戦争は、悲しみ、憎しみだけが深く、人の心と体に大きな傷を残す、何一つ得るものがない。今の紛争や戦争状態になっている国や地域から送られてくる画像からもその悲惨さがわかる。破壊された建物や道路や公園、公共施設、ショッピングモールなどを見ると完全に民間人が多く犠牲になっている現状が明確に分かるものだ。本当に1日も早い停戦を望む。」
           PXL_20220824_010134044.jpg
 その後10時半より庁舎6階の委員会室にてDX研修会があって、議員8人と監査委員の安永氏が受講した。
 愛媛県・市町DX推進統括責任者の菅原直敏氏のリアル講座で、直接話が聞けた。
 非常に分かりやすく1時間ちょっとの講義の中身は本当に分かりやすく、なぜ今行政にDXが必要なのか、議会人がこれらにどう向き合うべきなのかなど、DXそのもののシステム的な専門用語の羅列でチンプンカンプンな話とは全く違って、私にとって貴重な1時間になった。
 タブレット端末を持っての受講だったので、パワポでの話も手元で確認しながらできたので、わかりやすかった。その中に具体的なDXの取り組みのYouTube先やQRコードなども提示されていたので時間のある時に実際にチェックしてみたいと思っている。
 午後から昼食を自宅で済ませ2時過ぎには事務所に行き、デスクワークや一般質問の発表原稿の準備を始めた。
 ワクワクレポートの印刷も順調に進み、多分来週からは折り込みや封筒入れの作業にかかれるだろう。多くの協力があれば手分けしてさらに早く送付できるだろう・・・

議会運営委員会

 「今日も朝から蒸し暑くてたまりません。いよいよ9月議会に向けて議会運営委員会が始まり、8月30日から始まる議会の会期日程について決定し、先日ほぼ作成したタブレットの使用基準案を再度確認し、全協にて報告することを承認してもらい、次の個人情報に関する議会の条例作りについても新たに作業部会に委任し策定を急ぐことになるだろう。一般質問の答弁書の質問時の提出については、理事者側としては今のところ提出はしないとのことらしい。今後メリット・デメリットを考えつつ、また質問者によってはそれを良しとするものと否と思うものと両方の立場があるので、もう少し議論を深めたほうが良いと思われる。25日の全協にて結論が出るかもしれない。」

 議運が11時前に終わったので、ご近所の方の道路の勾配についてのご相談の件でまちづくり課に寄って相談内容を紹介し、現地にて内容確認をして戴くように要請したところ、すぐに動いてくださって、対策につながったようで対応の速さに驚き、また住民の方も喜んでおられた。
 9月議会の一般質問の原稿は、最後の校正を行って事務局でチエックを終え、今日中には行政側の各担当課へと行く予定だ。来週中には発表原稿も仕上げて、準備しておきたい。
 午後からはフラのレッスンで、エアコンの故障もあってかなり暑い中での練習だが潤子先生も頑張ってんだから負けずにやりましょう・・・後で足腰がだるかったけど達成感はあった。
        
フラダンス
 県はなかなかコロナ感染者が減らない高止まりの中、医療体制のひっ迫状態に危機感をもって県民に呼び掛け、独自の健康センターなどを設け発熱外来で対応しきれない部分について臨時的な対策を打ち出してきた。当分この感染源BA5がおさまるまで、かなり厳しい状況が続くのではないだろうか・・・・

日本防災士会 県支部記念講演会

 「今日は朝からどんよりした天気で蒸し暑さも半端ないが、ジリジリするあの暑さはないのでちょっとほっとする感じ。これでいっそ雨でも降ってくれると涼しくなるんだがと思いながら9時には松山大学の文京キャンパスの研修室で行われる講演に間に合うように家を出る。今回はコロナで2回延期となった高橋治郎先生の南海トラフ地震についてのお話し・・・・これは日本防災士会愛媛県支部創立5周年記念講演で、改めてこの地震のメカニズムとその規模、また被害状況、起こった時の防御のなさを覚悟してその後の復興についてしっかりと考えておくべきだと再確認した。会場には対面でリアル参加メンバーとズームで参加する人たちとで、先生のお話を真剣に聞かせてもらった。最近はどちらかというと大雨洪水対策や事前に避難可能な行動目安となるマイタイムラインや避難所運営についてが関心の中心的なテーマが多かったので、逆に新鮮な感じで聞けたように思う。」
       
PXL_20220820_003334215.jpgPXL_20220820_003142502.jpg

 ちょうど12時で終了したので片づけを終えて女性と防災の会の4人のメンバーで市駅の近くで昼食を食べ、会についてや近況報告など話し合いをした。

 そのあと高島屋によって知り合いのブティックを覗き、セールになっている商品から何点か選び購入。そのあと久しぶりに地下食料品売り場に行き、アナゴ寿司やシーフードサラダ、アンデルセンのパンなどを購入、3時過ぎに帰宅。

 夫から焼き鳥が食べたいとのリクエスト。アナゴ寿司は明日へ持ち越しか・・・・

9月議会に向けて

 「盆休みも終わり残暑と闘いながら、来週から始まる9月議会に向けての準備週間にむけて今のうちにできる一般質問原稿の仕上げなど、デスクワークに集中した。午前中は地域の民生委員さんと地域の高齢者の生活支援や防災関係、サロンのことなどコロナ禍の中でもいろいろ高齢者が孤立したり、認知症が進まないような取り組みを考えていき、その対策などについて事務所にて話し合った。」

 簡単なランチをすませ、資料をチェックしながら原稿の続きを書いたり、ワクワクレポートの最終校正などをして月曜日には印刷にかかれるように準備した。スタッフは検査で病院で一日がかりとの事で、私が一日留守番をするような形で結構仕事は捗った。
 毎日、旧統一教会という宗教法人との政治家との関係が取りざたされているが、日ごとに特に自民党との関係が浮き彫りに出てきて岸田内閣の新メンバーの中にも多くの関係者が含まれ、党自身の自浄作用は中々働きそうにない。その上、政務官を拝命された女性議員の支離滅裂な発言、考え方にはなんでこのような方が政策決定などにかかわる重要ポストに着任されるのか全く分からない。
 支持率アップどころか更に下がってしまうのではないか、信頼回復に舵を切ってほしい。またコロナ対策にも突破口はなく、新規感染者数は更新し続けて、特に地方の数字が深刻だ。
 愛媛もここの所3000~3500人という以前では考えられない数字となり、2年半前からの累計では11万人を超えている。本当に出口の見えない社会的問題となっている。
 猛暑の日々は、ここのところ朝晩の涼しさで若干の緩和が感じられるのだが、まだまだ日中は厳しい暑さでエアコンは離せない。体調には気を付けつつ、忙しい8月下旬を突破したい。

全国的に、お盆休みに入ります

 「今日は朝から曇り気味で、少し暑さも和らいだ感じ。朝起きたら夫は庭で汗だくになって雑草引きをやっていた。少し曇りといっても暑い中での作業は、やはりきついはず。切り取った草や枝葉の山を袋に入れて45ℓ用袋に4つもあったのだからかなりの量だった。こんなに生えていても、やはり作業する気にはなれなかった。日中はつらいし、今は特に熱中症を考えるとできないし、朝早く起きて作業するには早起きが超苦手な私にはそれも出来ず、草ぼうぼうを無視してきたがきれいになってほっとした。」

 お盆休みで昨日から全国あちこちで道路上の大渋滞が起こっている。行動制限のない3年ぶりのお盆休みはやはりこういうことになるのだろう・・・
 感染者が昨日も2400人余り、全国的にも25万人越え、また1週間で積算すると今週は世界1の数字151万人という感染者が出ている。それでもやはり動きは止まらないのだろう。
 たぶん医療現場はお盆でもっと大変なことになるだろうが、国の政策的には何も新しい動きがない。今は内閣改造のほうが重大な課題なんだろう。
 結果的には旧統一教会との関係のあるものは避けていくという岸田総理の話だが、ふたを開けるとそうでもないようで釈然としないが、仕事ができて堅実な内閣と党運営が基本らしい。
 印象としては女性が少なく、以前視たような顔ぶれで支持率はこれでは実際の結果を見ないとわからないが当分下がり続けるような感じは否めない。
 地味な内閣に合わせて、地味なお盆の過ごし方となるのかな・・・・

長崎原爆の日

 「今日も強烈な暑さを感じる1日だった。朝起きた時から、もうキッチンに立つだけでムア~と熱気が・・・・もうすぐに扇風機やエアコンのスイッチを入れなくちゃならない。なかなか省エネにはつながらない。しかし我慢して熱中症になっては基も子もないので。午前9時半には事務所に。久しぶりに顔を出してくれた近所のおじさんからいつもの世間話を聞きながら、10時には打ち合わせも入っていたので遠慮されて帰られたのだが、また涼みに来られるでしょう・・・・」

 11月に開催予定のワイワイ座談会について、盆明けには関係メンバーに声がけをしてチラシのことや内容についてさらに詳しく打ち合わせをするため、その準備についてネットワーク松前の代表と話し合い。
 また依頼していたワクワクレポートのみんなのページの部分の原稿を持って来てくれていたので、それを校正入稿して、明日中にはほぼレポートは一様9割ぐらい仕上がったので、いつも推薦する会の二人に校正してもらっているので12日にはメールで送るようになるでしょう。
 ★今日のコロナ感染者が2841人と過去最高となった。松前町も75人と、これもまた1日の感染者数としては過去最高・・・本当に収まる気配のないこのウイルスに対して、県知事からBA5感染警戒対策が発表され、このお盆の期間に入る前にすでに医療現場で入床率61%となっている実態を示し、県民に対し感染対策の協力を強く提唱された。
 今日は長崎に原爆が投下されて77年になる日に当たる。午前11時2分に黙とうで平和記念式典が浦上の平和公園にて執り行われた。今年になってますます核の脅威を感じるのは、私だけではない。多くの人が核抑止力という言葉の無力さも感じた。専制的な権力のとりこになった為政者の行動一つで、核兵器を威嚇の材料にしたり、本当に使いかねない勢いだ。本当に世界で唯一の被爆国である日本が、もっともっとその悲惨さと憎しみの連鎖や悲劇を引きづるこの武器に対しNOを突き付け、「絶対に使ってはいけない。すべて廃棄すべき」と訴え続けなければならないと思う。

日本防災士会 県支部会

 「今朝から少し曇り気味でその分、少し気温が低く感じられる。今日は松前の文化センターの3階視聴覚室にて日本防災士会の愛媛県支部役員会があった。前回の組織改革で新会長を迎え新しい体制でスタートし、早速ブロック別の研修会を試みて私たちは中予ブロックとして6月8日に会を催した。準備段階の煩雑さでかなり苦労もあったようだが指揮系統がうまく機能していなくて、当日まで大変だったようだ。私などは直接関わっていなかった分もあってその問題点も当事者ほどは分かっていなかったが、その後の南予ブロックの研修会でもいろいろ問題点が浮上してきて、それらについて今後に向けて是正すべき点や簡素化すべき点などを実施に出してみて役員会の場で議論した。ただ今後まだまだ問題点も多いが、実際にやりながら少しづつ修正していくしかないのかもしれない。また連絡ツールであるライングループのやり取りについてもガイドラインの原案を出して皆さんに検討してもらった。おおむねご理解いただいたようで、さっそく役員用のグループラインにこのガイドラインを載せて皆さんのご理解を頂くことにした。」

 会は10時から12時の2時間で終了したので、せっかくの機会なので女性と防災の会の一部メンバーと南予の県支部の仲間とランチ会をうちの事務所にて行った。
 今日の県支部で話題になっていたことや、組織のことなど十分話しつくせなかったことや研修会の裏話など、皆で共有して今後の活動に生かせるようにざっくばらんにガス抜きもかねて話をして盛り上がった。それぞれ移動中にコンビニによって買ってきたお弁当やお菓子を食べながらワイワイ語り合い、3時まにはお開きとした。
 その後私は事務所に残ってワクワクレポートの原稿を書いたり、10日のタブレット関連の資料をチェックして夕方5時過ぎに帰宅した。
 夫は詩吟関係の会議で遅くなると聞いていたので、帰宅後ゆっくり夕食の準備をして、食後はスマホゲームに興じて12時過ぎから全英女子オープンで日本勢の活躍に結構見入って、また寝るのが遅くなってしまった。結局2位まで浮上した渋野が気になって、次の日もかなり遅くまで起きてしまった。
 この日は77年前に広島に原爆が投下され、この世の地獄を経験し、多くの尊い命が犠牲になった。ほとんどが民間人で、軍隊同士が戦う戦争ではない、ただの大量殺人の日になってしまったのだ。しかも9日には長崎においても投下され、私の母もここで被爆し爆心地から1.5km内にいた彼女は奇跡的に助かったから、今の私がいるわけだが・・・
             
キノコ雲

快適空間で捗ります

 「あっという間に7月が終わってもう8月に入った。毎日、朝から暑さとの戦いだ。寝室から出たとたんムウっとした暑さとセミの声・・・・猛暑の始まりだ。もうリビングやキッチン辺りは30度を超えているような雰囲気。すぐに扇風機で中の空気を巡回させて、エアコンのスイッチを。朝の準備が快適にできるまでは、環境整備。ラブちゃんもすでに暑そうにしている。リビングはほぼ1日中除湿50%に設定していると、かなり涼しく感じる状況で過ごせる。事務所内も事務室内はエアコンでコミュニティルームはなるべく自然の風邪を通しながら空気清浄機や除湿で快適さを維持するように・・・」

 今日は午前10時過ぎから昼食休憩をはさんで夕方5時ごろまで、ワクワクレポートの原稿を資料を参考に書き上げていった。やはり快適環境がより効率よく仕事ができる。
 BGMとしてスマホのラインミュージックを聞きながら、もしくは昼おびやゴゴスマなどをラジオのように聴きながら、作業を進める。ほとんどがコロナに関するもの、旧統一教会の政治家との関係、今日は大雨の被害のあった福井、新潟、山形の河川氾濫による災害現場からの中継報道などだった。
 コロナに関しては感染者数はまだまだピークアウトにはならず、医療現場が崩壊寸前、政府の無策状態で各県知事さん独自のやり方で何とか乗り切るのか、この状況を大幅に解決する方策は見つからない。
 このままお盆で帰省ラッシュなどやいろいろなイベントも重なって感染者の減少につながるものは一切見つからない。この先どうなっていくのか、何とか秋まで持ち越したくない問題だ。
 旧統一教会の名称変更が18年間ストップがかかっていたのに、なぜ下村元文科大臣の時に許可されたのか・・・野党からの公開質問に対して、またもや出てきた黒塗り回答。元大臣自身も文化庁が許可した事だから、いやいや大臣クラスの方の意見が重視されるわけだから‥‥とまたまた責任転嫁・・・・挙句の果てに元大臣自身から「今となったら責任を感じる」との発言。いつもながら理解に苦しむ。