fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

防災講座

 「今日は朝から少し雨模様。南からやってくる台風の影響か、気温も低めで過ごしやすい。とはいえ湿度は高いので除湿をしないと快適とは言えない。午前10時から文化センターのふれあい展示室にて社会福祉協議会催の防災講座に応募していたので、受講した。ボランティアグループ湧水の神野さんによるお話し。今までいろんな被災場所へ行かれボランティア活動をされた時の経験を中心に、被災地でのいろいろな出来事にどう対応してきたか、どんなことを想定しながら臨機応変に活動されてきたかなど、パワポでの説明、現場で役に立ったロープワークとその実践、マイタイムラインのさわりの部分、トイレ問題など今まで私たちもかかわってきたような内容も復習するような感じで聞けた。」
                  PXL_20220730_010419656.jpg
  PXL_20220730_025557792.jpg 
          PXL_20220730_010408870.jpg
 お昼までで講演終了だったので、エミフルによって買物。思ったほど人はいなかったので、スムースに動けた。やはり毎日4桁の感染者を出している愛媛では、各自がそれなりの防衛対策をしているのでしょう。今日も全国的には20万からの感染者総数だ。日々、病院や保健所など、コロナ関連の医療関係者においては、限界が近づいているような気がする。いつもながら後手後手の政府の対応には地方行政も独自性を出さざるを得ない状況となっているが、経済的裏付けがないと、
めったなことは出来ないというのが正直なところだ。
 夜は夫が徳島に出張のため、一人のんびりとテレビを相手に晩酌
? いつの間にかサスペンスを見ながら途中から眠っていて、結局犯人が分からずじまいなんてことに・・・

ワクワクレポートに取りかかる

 「今朝から猛暑の気配。屋内でのデスクワークは進んでできるのだが一歩外に出ると本当に暑さで体力を奪われる感じだ。久しぶりにワクワクレポートの発行に取り掛かりコロナ第7波の影響から世界の動きなど、まとめてみた。また原稿依頼や11月に予定しているネットワーク松前のワイワイ座談会のメインテーマSDGSの内容について、愛媛大学の先生と連絡がつき来週以降、打ち合わせをすることが決まった。午後7時から女性と防災の会を、ズームにより11人で意見交換をした。」

 来年2月のコムズフェスティバルで取り上げる分科会の内容についてみんなで話し合った結果、ほぼマイタイムラインの作成で決まった。ただ作成するだけではなく、避難所へ行く場合、自宅避難、コロナ感染への配慮、また避難する際に水位が30センチになった時の歩行の難しさの体験のできるペットボトルを使った道具作りなどもやろうということになった。
 コロナ感染者の毎日の報道で、どんどん医療現場が切迫した状態になっていることや、感染の確認のために抗原検査キットの不足が問題になっていた。発熱外来、無料でコロナ感染のチェックができる場所が、この1週間ぐらいの感染爆発でどんどん間に合わなくなっている。そろそろ行動規制のない状態での社会経済活動維持も、これだけ感染が増えれば事実上難しくなっている。何かもう一つ画期的な対策が出てこないと、この1日20万人を超える感染者が続く状況を打破することは出来ないのでは・・・・
 ★気になるニュースといえば毎日のように安倍元総理の暗殺事件以来、旧統一教会と現職国会議員や内閣の主要なポストの高官たちが何らかの関係を持ち、特に選挙をめぐる活動に大きくかかわっていたことが明らかになってきていて、非常に疑問を感じる。
 特に自民党タカ派の政治家たちの反共の政策信条と世界平和や、家庭平和などの思想に合致するところがあったのだろうが、やはり霊感商法などで家庭崩壊になるような多額の献金を強制する宗教団体であることが随分前から問題視されていたにも拘らずお互いうまく利用し合っていたのではと思われるつながりが続いていたことは非常に問題では。
 もちろん信教の自由は保障されてはいるのだが、個々の幸せや民主主義を破壊するものならカルト集団といわれても仕方ないのでは。明確な線引きをして信教の自由を守りたい。

楽しいサロン

 「今日も蒸し暑く気温も高い1日となった。ただ時々雷の轟音とパラパラと降る雨で曇り空になる時があって少し気温が下がっていたような感じだった。なかなかまとまった雨が降らないので、庭の水まきは欠かせない。やっと石手川ダムの貯水率が95%をこえて取水制限がなくなったと思ったら、また水の心配をしなくちゃならない。九州や東北地方ではゲリラ雷雨で水不足の心配どころか、水害の心配をしなといけない。同じ日本においても地域差はずいぶんあるようだ。」

 午前中は地域の集会所でのサロン活動に参加して、簡単なグリーンポット手作り作業やその合間にはナンプロゲームをやったり、楽しいひと時を過ごした。長引くコロナ対策でなかなか集まりにくくて、また日中の暑さのため高齢者の集いも企画そのものが難しいところ、民生委員さんたちがいろいろ知恵を絞って皆さんを楽しませてくれます。集会所の入り口には季節に合わせて七夕の笹飾りや素焼きの風鈴がたくさん展示されている。
    
PXL_20220727_020038125.jpg
          PXL_20220727_015943085.jpg
 PXL_20220727_005007028.jpg
 午後からは議員のタブレット端末取り扱いについての決まり事を決める作業部会に参加して、いろいろ意見を出し合って次回8月上旬に集まることに。それまでに先進事例の基本項目などを参考に意見の申し入れなどを行うことで会を閉じた。
 事務所に戻って、デスクワークを。少し夕方にはシャワーのような雨で道路が濡れていたのを見て、少し涼しさを感じた。
 今晩、松山の坊っちゃんスタジアムにプロ野球オールスター軍団がやってきて、楽しませてくれるゲームを。結局佐々木投手は1イニング投げただけだが162キロの剛速球を投げ見ごたえがあったが、ヤクルト村上選手が打ち返していたのでさすがいいもの見せてもらいました。
 結果は清宮選手のバットで打った柳田選手のホームランで決まり、パリーグの2勝という結果で終わった。

暑さ厳しい・・

 「今日も朝から猛烈に暑い。日中の体感温度は40度を超えているような暑さを感じる。植物たちも本当にきついだろうな。人も年齢が行くとこういう暑さまでも堪える感じがする。先日までの世界陸上の選手たちの肉体やその競技姿勢など見ると、本当に鍛えた体の美しさや若々しいエネルギーを感じたりして少し元気をもらったりする。スポーツ番組を見るのが好きなのは、こういう力や感動をもらえるからかもしれない。昨日は定期検診で久しぶりに血液検査をしてもらったら、悪くない数字に主治医からはこの調子で血圧の安定を保ち糖尿病の入り口付近の数字には今後も気を付けてといわれ、食生活の見直しをさらに進めたい。暑いからといって食欲はあまり落ちないし、暑いから運動しないので余計身につくこの循環を何とかしなくっちゃ・・・・」

 今日は朝10時には4回目のワクチン接種、特に3回目までも副反応は無かったので今回も大丈夫だと思うけど、さてさて今のところは何もなし。
 昨日お願いしていた11月予定の座談会の講師について、知り合いの先生に依頼していたら承諾のお返事が頂けて、ほっとした。今後は中身について詰めていかなければならないが、できればその頃にはこの第7波が収まってくれることをな願うところだ。
 約40年前にコープリーの取材ではじめてたずねた西予市のシラス生産会社の社長の告別式に、夫も知り合いで仕事のお付き合いもあったので行ってもらったのだが、なんだかとっても寂しい気がした。
 まだ駆け出しの取材リポーターだった私の記事が初めて活字になって掲載された思い出の詰まった会社の社長さんご夫妻には、とっても優しくして戴いた思い出があるからだ。とってもお元気そうだったのでびっくりした。心からご冥福を祈ります。

23日~24日にかけて

 「この両日とも朝からかなり暑かった。久しぶりにじっくり時間をとって家事に専念しようかなと考えていたら、最初からこの暑さに外での作業、特に気になっている自宅庭の草引きはどうにもする気がしない。涼しくした部屋の中での掃除や、たまった新聞の収集、洗濯は1日2回以上やったり、買い物はまとめて夕方に。食事に関しては22日、23日と夫は山の家のほうに行っていないため私の分だけを考えればいいので、冷蔵庫のの中身と相談しつつ適当に済ませることができた。ただ23日は土用の丑の日でウナギがどこの店でもかなり高額で並んでいたが、私は1日早めの金曜の夜に冷酒をちびりちびりとやりながら食した。これで多少はスタミナが付くかと思いきや、どうも自分の下腹肉に加算されたような気がして‥‥」
               
丑の日
 オレゴンでやっている世界陸上の模様をじっくり見ることもできたし、大谷選手の104年ぶりの二刀流2桁勝利を見ることができるかと期待もしたのだが、チームの打線が冷え込んで7回までナイスピッチングだったのに一度のファーボールからあっという間に打たれて5失点にも、結局負け投手に。エンゼルスの連敗が止まらないのも、彼のやる気をそぐ材料になっているのでは・・・
 また連日記録更新、過去最多のコロナ感染者数には脅威を感じつつも止める手立てがないのが現状だ。ついに全国で20万人を突破、ただ今のところ重症者数がさほど上がっていないのだが、日々病院の入院患者の病床数が増してきて、発熱外来に並ぶ人々の列がものすごい。
 検査体制も追いつかないし、また救急車の出動回数に限界が来つつある。それでも行動規制は取
 まりだ。
 高齢者や病院関係者やエッセンシャルワーカーにも広げた4回目接種がどこまで功を奏するか、ピークアウトはどのあたりなのかまだ見えてこないのが不安だ。
 結局3年ぶりに開催できるかと期待していた松前の夏祭りも、すべて中止となった。宇和島でのガイや祭りは3日間予定通り行われたが、その結果は今週後半に出てくるかもしれない。30、31日の伊予市の灘祭りは開催されるのだろうか?各自治体の考え方でそれぞれ異なるのだろうが、住民の思いとしては複雑だ・・・

トイレリフォーム

 「今日は朝から久々の猛暑。うだるような暑さが襲ってきます。洗濯には最適なので、朝食を食べながらマシンを回し、出来上がり次第テラスに干し、9時前には2階のトイレ改装のための職人さんたちがやってきて車の移動。床や側面のクロスも変えてもらい、そのあと3時ごろから便器を入れ替え、付属のペーパーホルダーやタオル掛けなども取り付けてもらった。その間、事務所と自宅を行ったり来たりして結構忙しい1日だった。夕方5時前にはきれいに改装が済み、便器も最新型に代わって気持ちよいトイレに変身した。」

 今日は3連休明けの火曜日の次の日に当たるのだったが、びっくりするほどの感染者数が出ていた。もちろん過去最高の数字、1964人というのにはびっくり。他県でも過去最高の数字が出ていたので、結果日本全国で15万人を超えていた。休み明けの数字は大きくなるのだが、これほどまでに一挙に過去最高の数字が30以上の県でも更新されていた。特に東京も大阪も2万人越え、兵庫や島根、沖縄なども軒並みすごい数字を出していた。また松前も34人出ていることも今までにはない数字だ。隣の伊予市も35人、ましてや松山では645人という大きな数字が出ていた。
 いくら行動制限がないとは言え、ここまで感染力が強いと人の多く集まるところには近寄りたくないというのが正直な気持ちだ。
    
コロナ 7-20
 今週金曜日には久しぶりに議会の全員協議会がある。夏祭りや今後の人の集まる行事はことごとく中止や延期になるのではないだろうか・・・

大洲の紫陽花

 「昨日の大雨から一転していいお天気になったので、久しぶりに夫の運転でラブちゃんもつれて紫陽花の家に行ってきました。本当は6月半ばに行きたかったのですが、お互い時間が合わず一緒に出掛けることもできず、とうとう今日になってしまいました。5月末に行った時にはまだ全然咲いてなかった紫陽花をとても心配していたら、見事に満開に咲いてくれて、ほぼ終わりかけだった。かなり色もくすんできていて葉にも茶色い点々が付いていたりでピークの過ぎた花がほとんどだったので残念だった。それでも多少でも色の綺麗なもの、軸や花びらが元気そうなものだけ剪定して、持って帰ってきて玄関に花瓶で飾ってみたら、まだまだいけそうなのでお名残おしんで飾ってみた。今日は業者さんに入ってもらって来年のために花柄摘みをやってもらっていた。来年こそは、見事な先映えするころに来れますように・・・」
  
           PXL_20220717_002947297.jpg
 
PXL_20220717_005025465.jpg  PXL_20220717_011202954.jpg
 しかし今年の夏もまたコロナでやられちゃいそう・・・第7波は猛威を振るって感染者の数を押し上げています。昨日はついに全国で11万人となっていたし、コロナの変異ウイルスBA5は今までの中で一番感染力が強くて愛媛も千人越えをやって、いまだに800~900という段階で全国的にも4桁5桁のところも出ている。東京はついに2万人になろうかという勢い。でも行動変容については今まで通りで、蔓延防止や緊急事態宣言などは出さすに見守っている感じ。私たちにはもうワクチンに頼るしかないのかなと思うぐらいで、そろそろ4回目接種の件が来てもいいころなのにと首を長くして待っている状態です。
 とうとう3年ぶりの夏祭りもやめになりそう・・・楽しみにして
いた皆さんにとってはがっくりって感じだね。この3連休、夏休みでさてどのくらい感染者が増えるのか・・・空恐ろしいような気分。

ネットワーク松前 会合

 「今日は朝からネットワーク松前の10名全員と準会員さん2人も加わって、これから秋に向けての研修会の中身とワイワイ座談会の内容、さらに地域観光フォーラムについて参加者募集の件、最後にこの前行ったアメリカ空軍のジャズコンサートの結果報告と反省会を兼ねて、ワイワイガヤガヤとお話を進めた。研修会は当初の計画通り10月初旬に香川県の瀬戸内芸術祭に行く予定で、どうやら松前のジャンボタクシーを使う形になりそうだ。さらにワイワイトークのテーマはこれからの暮らしとエネルギー問題について、特に冬に向けて省エネをどう取り組んでいくのかなどがテーマになりそうだ。もちろん前回の座談会後に行ったアンケートで今後の取り組んでもらいたいテーマにも少し触れて、皆さんに紹介することも忘れないようにしようと反省の弁もあり、うまく取り上げていこうと言う姿勢も見せたい。最後にコンサートの実行委員会に結果的に引っ張り込んだ私の強引さを広く受け止めてくれて皆さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいだ。コロナ禍で思うような集客ができない中で何とか楽しんでいただけるぐらいの集客にはこぎつけたので、皆さんの力と協力体制にはあっぱれといいたい。ありがとうございました。」

 それに対するわずかながらの気持ちとしてお礼の会食をわが事務所にて行う予定だったのだが、コロナのため話し合いだけにとどめて、川崎屋さんのちょっと豪華なお弁当と焼き菓子を付けて持って帰って食べていただくようにした。
 午後からは銀行に行ったり、デスクワークいろいろ用事を済ませ、夕方4時からは山下さんに来てもらって事務所のガーデニングのお手伝いをしてもらった。お花畑には夏花の日日草を用済みになったパンジーやビオラの代わりに植え替えて、ラベンダーの切込みなど剪定も行った。
 そしてオカメザサと一緒に生えてきている雑草を抜くためにかなりの労力を使った。本当に雑草の生命力には感心するほど強いし生え方も一挙に進むので大変だった。また雨が降ると雑草も次々に生えてくるだろう。当分鼬ごっこの繰り返しだろうが、庭の維持管理にはそれなりのエネルギーがいるもんだ・・・
           
雑草

女性議員、頑張ろう!!

 「今日は朝から少し曇りがちで、ジメジメした感じだった。しかしお昼ごろには夏らしい蝉がわんわんなくこの時期独特の暑い1日が始まった。午前中は事務所にてデスクワーク、昼からはフラダンスのレッスンのため北公民館へ。とにかく2週ぶりのレッスンだったのですっかり振り付けを忘れていて、ちょっと冷や汗ものだったけど何とかクリア。さらに新しい演目もやるとの事で、ハワイ語のゆったりとした曲を踊ることに。手と足の動き、さらに目線も大事で、まさに頭の体操にはぴったりの運動と言える。」

 やっと参議院議員の女性の割合が30%に近づいてきたなと少し喜んでいたら、またもや男女格差を示すジェンダーギャップ指数が主要156カ国中120位と相変わらず低い位置にいることが分かり、まだまだ程遠い状態を感じ、このままゆっくりと進めていくと本当に50%になるには300年ぐらいかかりそうだって・・・・
 やはり、政治・経済界での女性のポジションが低い。正規雇用が男性に比べ低い上に、結婚後の男女の家事分担や子育てにかかわる時間の助成への負担率は高く、非正規雇用の形になりやすく、そのため賃金格差がなかなか埋まらない。
 大いに政治に期待したいところだが、その主流を担っているのが中高年のおじさんがほとんどだ。地方ではその傾向がさらに強く、パワハラ、セクハラもなかなかなくならない。まさに意識改革が必要な世界だ。私たち末端の地方の女性議員も大いに戦っていかなければならないと痛感している。がんばろ~

女性リーダーを!

 「ここのところ7月6日から週末にかけて体調が思わしくないため自重し、自宅での時間を大切にした。毎日、選挙戦やコロナの第7波に向けての政府の考え、ウクライナ情勢そして金曜日には安倍元総理の暗殺事件、その後の選挙の行方など目まぐるしく変わる社会情勢のニュースに考えさせられることも多く、私にとっては貴重な時間となった。」

 国内的には経済政策、子育て支援対策、外交、安全保障、憲法問題など抱える問題は多いが、与野党で大きな違いは混戦していてはっきり見えない。最近では維新の会や国民民主など右傾化した野党もありで与党内でも憲法改正の内容にも慎重なところもあり、特にロシアのウクライナ侵攻があってから軍拡や核共有論など、その勢いが増しているような雰囲気も否めない。
 国の安心・安全保障については、日本も中国との間に抱える台湾や尖閣の問題、ロシアとの間には北方領土やサハリンの資源開発の問題、さらには北朝鮮の度重なる核弾頭搭載と疑われるミサイルの日本近海への飛翔実験など、懸念事項は近年非常に緊迫度を増している現状の中で、これまで通りの外交、平和路線でいいのかという大きな課題を突き付けられている感じだ。
 日米安保条約の強固な結びつきの確認、G7やサミット、EU加盟諸国との連携を深め対中国、ロシアへの毅然とした対応、経済制裁への強化、さらには軍事費の大幅拡大路線・・・・と限りなく抑止力のための核保有までつながってしまうのではと非常に懸念する。
 あくまで外交努力と西側諸国との連携強化、自国のエネルギー問題解決(自給率アップ)を急ぎ、また食料の自給率(輸入食材に頼りすぎている現状からの脱皮)向上で、軍拡は極力避けたい。
 もちろん自国防衛のための必要最低限の軍備は必要だが、集団的自衛権のためにとか、抑止力のための軍備拡大はあまりにも大きな予算を要し、そのために教育費、少子化対策、福祉予算が大幅に削られることは、国民の暮らしを守ることから言えば、本末転倒のように思える。
 私自身、今回の選挙結果は投票率約52%という流れから与党に大きく期待しているわけですから、政策的にどんどん進みやすいとは思いますが、ぜひ民主主義国家として世界一住みやすい日本になるために努力し続けていただきたいと期待しています。そして躍進してきた女性候補たちに、ご苦労さんと申し上げたい。まだまだ女性の政治参画、とりわけ政治リーダーの女性たちが先進主要国のリーダーたちの顔ぶれから見ても日本は遅れています。今回の参議院議員選挙で多少女性が増えましたが、とりわけ与党の女性候補の1人区での当選が少ない。私たち地方議員はもっと少ないので、私たち地方からも若くて有能な女性候補を育て、政界に送り出す努力もしていきたいが、選挙制度そのものも、暮らしをよくしたい、国政への不満、そして自分ならこうしていきたいという強い思いがあるなら、誰でも出やすい制度にしていく方策が必要では。またみんなの身近な人が選挙の顔となることが、投票率のアップにもつながるのではないだろうか。自分から手を上げにくいのなら、だれかが背中を押してあげる。私には、後輩を育てる責務もあると感じています。
 子育てしながら働き続けることができる仕組みや、社会にしていくことが以前よりはかなり前に進んできましたが、まだまだ賃金の格差、そして今も残る性的役割分担からの脱却、多様性を認め合い住みやすい社会へと加速していくものと考えます。そのためにも政治や経済の分野においても女性リーダーがまだまだ必要です。
           
IMG_20220711_0001.jpg

台風、接近中

 「今日は久々の雨で、前日までの猛暑の日々と比べて少し涼しかった。沖縄から本土上陸が迫っている台風4号のせいなんだが、ずっと雨のなかったこちらとしては恵みの雨のような気がする。田植えの終わった田んぼにもようやくそれなりの水が。また野菜畑ではキュウリやナスが日焼けを起こして悲鳴を上げそうな状態になりかけていたので本当によかった。ただ降りすぎるとまた水害につながるので、いい具合で収まってくれることを祈っていたら、夕方ごろには傘もいらないぐらい雨も止んで蒸し暑さだけが残っている感じだった。」

 全国的にはやはり雨の影響が出ていて、特に東北・北海道などに大雨の被害が出ている。明日以降の台風の進路にも注意が必要だ。かなりのスピードで駆け抜けていってくれそうだが、線状降水帯のように長くとどまって雨を降らされると大きな災害につながる。それこそ避難勧告などがでて我々の判断に委ねられるところになるわけだ。適量降らして、ある程度のスピードを保って駆け抜けていってほしいものだ。
 また昨日からKDDI関連の携帯や通信システムが機能不全となって連絡ができなかったり、通信不能となったりで多くの関係者がこの2日間大きく混乱して大変なことになっていた。
 4年前には私の使っているソフトバンクが4時間半ほど通信不能になってびっくりしたが、その後ドコモさんが29時間ストップ、そして今回のKDDIさんは40時間から完全修復まで最高62時間かかるとかで、その社会的影響は計り知れない。システムを何年かに1回新しい最新式のものに更新するときに、こういう不具合や機能不全が起こったりするようだ。私たちも今後の対策としてこういった時の準備は必要なんだろう。
 午後からは鼻水やくしゃみに変わった私の風邪もだいぶ治まってはきたが、もう少し薬を続け養生していこう。
 夕方には小国さんからの依頼で文化センターの部屋を仮押さえさせてもらった。来月6日、ちょうど夏祭りの日だが、文化センターの視聴覚室は確保できた。少し駐車場の制限はかかりそうだが、午前中なのでそれも大丈夫そうだった。
 せっかくなので隣の庁舎にて期日前投票を済ませ、帰りにはNHKさんの出口調査に引っかかった。さてさて今で期日前投票をしている人は全国有権者の6%ぐらいというから、9日までには前回の15%以上にはなるのかな? 3年に1度の大事な参議院選挙。しっかりこの投票権は使ってほしいと願うところだ。

防災士会県支部の動向は・・・

 「今日は朝から少し夏風邪のようなしんどさを抱えてはいたが、久しぶりの扁桃腺の痛みで微熱っぽいけど、お昼には八木前支部長の慰労会を兼ねた昼食会を計画していたので参加。昼食時には元気を取り戻し、豪華な会席ランチに食欲をそそられた。今後の防災士会県支部の組織としての動向を新支部長になってずいぶん変革されたのだが、まだ十分に組織内部で掌握しきれていない部分もあって、なかなかそれぞれが違った動きをしたり事務局が1本化してなかったりで戸惑うことが多いので、今後こう言ったことも整理していかなければならないだろうと女性と防災の会としても受け止めている。今後時間をかけて詰めていかなければならないだろう・・・・」
          2022703.jpg
 その後1時過ぎには八木氏とは別れて、私たち4人でラザールに移動して7月末の研修旅行の内容などを相談した。
 今回は東北のほうではなく、大分県天ケ瀬辺りを回ってみる予定だ。4年前の西日本豪雨の傷跡もだいぶ修復され、今後に向けて学ぶべき点も多いとの事なのでしっかり研修して、また女性と防災の会の親睦もかねて、いい旅にしたいという点で一致した。
 その後、今一つすっきりしないので耳鼻咽喉科へ行って薬をもらって帰宅。今夜は早く休もう・・・・