fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

あっという間の6月でした

 「ついに6月も今日で終わり。なんと早い1か月って感じ。6月議会に始まり、後半はコンサート準備のために奔走・・・梅雨は瞬く間に終わって、気が付けば猛暑の毎日。事務所の庭の雑草の生え方の早いこと。4日続きでまとまった雨が降ってないので土が硬くなっているせいもあって、雑草の根がしっかりしていて相当の力で引かないと抜けないほどの根強さに驚く。思い切り水まきをしたけど、あっという間に乾いてしまう灼熱の太陽にこちらが参ってしまいそう。昼からは部屋でパソコン相手に先日受けた防災士向けの研修会の報告書を書き直して、明日清書して送る予定だ。部屋はクーラー効かしてるので快適だが、結局昼食はおせんべい3枚とコーラで済ました。買い物に行くのも億劫になってしまうほどの暑さだ。」

 今日は夫が大洲に行って夜は宴会があってそのまま宿泊すると聞いていたので、ぎりぎり6時前までデスクワークをしていた。
 その後、好きなものを買ってのんびりと一人夕食をすまして、取り込んだ洗濯物をたたんで所定の場所にしまい、テレビを聞きながらスマホゲームを楽しんだ。
 夜は少し暑さも収まったが、クーラーはやはり手放せない。温度を一定に保ち、湿度を50%ぐらいに保ち、そこそこの風を巡回させてると気持ちよく行動できるものだ。
 今晩は一人だからお風呂はシャワーだけにしようっと。一人で湯舟たっぷりのお湯はもったいないし・・・・
 今週末までとにかく猛暑は続くようだ。水分補給をこまめにして体力もしっかり保っておかないと、すぐに夏バテしそうだ。それに不気味なコロナ感染者の増加傾向。対策はまだまだしておかないと、こわい、こわい。コンサート関係者からの感染は1週間経っていまだ無いようだ。無事乗り切れたようでほっとしている。

残務整理に

 「昨日からコンサート後の残務整理に追われる。特にプレイガイドへの残券の引き取りと手数料等の精算など一連の作業に追われ、1カ所以外はスムースに終わりそうなんですが、問題の窓口のお局さんがダメ出し注文が多くてまだ時間がかかりそう・・・・また後援を引き受けてくれた町や教育委員会などには事後報告書も提出して、残り愛媛新聞社さんにも本部との連絡待ちで近いうちに出せる予定。また当日の写真など広報さんにお願いしてた分も出来上がったので、これらも整理して後日実行委員会だけの反省会にて披露する予定。」

 ついに梅雨明けと気象庁からの発表。うそでしょう・・・・この前梅雨入り宣言を聞いたばかりなのに、観測史上最速、最短の梅雨明け宣言・・・ほとんどまとまった雨も降らずに、いきなりの猛暑。これでは体がついていかない。各地で熱中症で倒れる人が続出。水難事故の多さも6月では記録並み。これから長い猛暑の夏が9月末ぐらいまで続くと聞けば、それだけでも気分が悪くなりそうだ。
 暑さ対策は個人の問題だけでは済まない。もちろんマスクも完全解禁ではないし、コロナも徐々に増えつつあるし、何より冷房等でものすごく電力を使う時期に入って総電力不足が懸念され政府は節電を呼びかけている。とは言え、冷房を切るとまた熱中症の危険が迫るし、これから3か月、寿命が縮まるような過酷な日々が予想される。
 夜は久々に夫が高知への出張でいないので、友人を誘い美味しいおばんざいの店に行き、飲んでしゃべって、ストレス解消・・・・やはりこれが一番の暑さ対策かな? へへへ

25日~26日

 「25日はコンサートの反省会が終わって、日付が変わるごろに荷物などいろいろなものを事務所に運び入れただけだったので、朝からその荷物の片づけやとりあえず未分別のごみ袋3袋の中身の仕分けをして、自宅に持って帰る可燃ごみ袋は満杯になった。また花瓶の花が枯れて汚くなっているので、水の入れ替えや枯れて汚くなったものを片付けて新しく庭の花なども加えて見栄え良くした。何となく疲れが残っていたが、借りてきているアイスボックスやシッパーなど中をきれいに洗って、月曜日に引取りに来られるので事務所内に準備しておいた。何とか事務所内もチラシやチケット、それらに関する書類など、かなり廃棄しないといけないので今週中には整理してしまいたい。午後からはいいとこ見つけ隊の定例会に出席。」
              PXL_20220625_051414563.jpg

    PXL_20220625_062553278.jpg
「26日は朝から地域の資源ごみ回収に参加。段ボールや新聞紙を束ねたものを出して、コミュニティグランドで段ボールなどのパッカー車が2台、新聞紙や本、チラシ類などを積み込む車が2台並んで、組長さんや地域役員の皆さんが作業をして約1時間ほどで終わった。帰宅後朝食を終え、かたづけやパソコンの作業、スマホではラインやメッセージの返事など、やることは多い。作業を終えると急に眠くなって、何となくボーとしていたら座ったまま1時間ぐらい寝てしまっていた。一昨日の疲れがまだ残っているようだ。」
PXL_20220625_234111922.jpg

              PXL_20220625_230547909.jpg
 明日からまた日常が戻ってくる。若干のコンサート残務作業が残っているが、これらをなるべく早く終えて、少なくとも6月いっぱいですべて終えておきたい。
 とにかくコロナ感染者がコンサート関係から出ないことを祈って
いる。
 7月初めにはネットワーク松前の実行委員さんたちをねぎらう「
ランチ会」をしたいと思っている。代表と相談して日を決めたい。

米国空軍太平洋音楽隊ジャズコンサート

 「今日はいよいよアメリカ空軍太平洋音楽隊のジャズコンサート本番。朝からヘアーサロンで髪を整え、昼前に帰宅し着替えて後藤ちゃんとともに文化センターに向かう。スタッフには夕方必要なものを中心に車に積んであとから運んでもらうことに。そして12時50分に現場スタッフ菊池さんたちと合流。ホールロビーで打ち合わせ、さらに予定より少し遅れて到着の音楽隊メンバー14人をお出迎え。彼らの控室にはすでに冷たい飲み物やお菓子、果物などを準備済みにしておいた。さらに夕方5時前にはリハーサルや音合わせなどの準備中に、夕飯代わりの軽食(モスバーガー、フライドポテト、アイスコーヒーのセット)を23組用意し、それをタイミングよく取りに行ってもらい、楽隊の皆さんに出番前には腹ごしらえをしてもらうように手配。17時過ぎにはネットワーク松前のホールメンバーの打ち合わせをした。入場客をスムースにコロナ対策の検温消毒を経てチケットもぎり、代表者の連絡先など書いてもらうなどの一連の流れについて話し合い、5時半ごろにはお花も届き、ホール正面入り口前にはかなりのお客さんが並び、今か今かと会場を待つ状態に・・・・菊池氏と打ち合わせて、緞帳もおりているので予定より10分早く開場した。スムースに皆さん整然と入場していただき、混乱なく席について頂けた。5年前に比べ、コロナの影響でかなり少なめの観客となったが、会場の真ん中より後ろ側がかなり埋まっていたので、なぜか見た目はそれなりに埋まった感じがして雰囲気は整ったように見えた。」

 ほぼ声をかけた方々については来てもらったみたいで、本当にジャズが好きで楽しむような大人の雰囲気で会場は包まれた。
 6時30分ちょうど5分前の予鈴のあと、会場に間もなく開演のアナウンスが流れ、町長にも一言スピーチをしてもらい、ショーが始まった。
   PXL_20220624_093113934.jpg
  PXL_20220624_093218842.jpg PXL_20220624_111017063.jpg
 期待通りの迫力ある演奏に堪能しながら、しばし疲れを忘れるように自然と体もスイングしていた。
 第二部後半には感謝状授与と花束贈呈のセレモニーがあるのだが、この時団員の方々へのねぎらいにと作ってきた一言スピーチ英語版を、この時私から言うようにという急な菊池氏からの依頼に本当に戸惑ったが、結局承諾して会場の皆さんも踏まえてのステージにて披露することになって、かなり緊張した。やるなら心を込めて団員の皆さんへ力強くスピーチしたら、あたたかい拍手を頂き、ほっとしてまた嬉しかった。
   
1656239449976.jpg
 最後の2曲も素晴らしく、アンコール曲はどこかで誰もが耳にするような往年のジャズミュージックだったので会場全体が一体化して大きな拍手で幕を閉じた。
 すぐに出口へと向かいながら皆さんとできる限りお別れの挨拶をして感謝の気持ちを表した。
 皆さんの送り出しを済ませ、ネットワーク松前のスタッフメンバーと音楽隊の皆さんと一緒に写真を撮ってお開きとなった。私と後藤ちゃん、板ちゃん3人が残り、最後のホール前の片づけをして、現地スタッフ5人は楽屋周り、団員は楽器の搬出、荷物の運び出しと、慌ただしく片づけをし、9時過ぎには団員のバス、機材のトラックを見送り、ホール全体の片づけも終了し、車にゴミも含めて荷物をひとまず載せて、板ちゃんは帰宅。私と後藤ちゃんは現地スタッフ菊池さんたち5人とともに反省会の会場に。
 そこで約2時間、コンサートを振り返りながら冷たいビールと美味しいごちそうで盛り上がった。
 あとはプレイガイドとの精算や後援先への報告書の作成・提出など、まだ残務事項はあるのだけど、やっと大きなイベントが終わり、これから1週間はコロナ感染者が会場客から出ないことを祈りつつ・・・どっと達成感後のさわやかな疲労感が体にやって来た。しばらく用心して過ごそ
う・・・皆さん、本当にありがとうございました。

コンサート準備は抜かりのないように

 「今日は、明日24日のコンサートの前日とあって何かとチケット売り上げの締めをしながら、全体の数字の把握など私もスタッフも忙しい。午前中は残っている精算すべき場所に行ったり、明日必要なものなど購入し、事務所では人の出入りが頻繁で12時前には今回のコンサートの興行主の菊池氏が来て明日に向けての最終打ち合わせをして、当日を待ってプレイガイド以外の精算をすることに。損益分岐点で言えば、今回は思ったほどチケットが伸びず、5年前の時に比べかなり少ない観客数となることは確実なので菊池氏に対して今回の力不足の結果になったことを謝った。逆にコロナ禍の中頑張ってくれたことを認めてもらって、少し気持ち的に楽になった。明日の本番は悔いのないコンサートになるよう、全力で攻めたいと思います。」

 話が終ってお昼ご飯をスタッフも一緒にコミュニティルームのほうで食べた。ちょっと銀皿さんからお寿司をとって、楽しいひと時を過ごした。
 菊池氏の自衛隊時代の面白㊙話がとっても面白くて、笑いをこらえるのが大変なくらいだった。私も若いころの話をして青春談議に花が咲いた。きっと今回の売り上げが思うほど伸びなかってシュンとしている私を慰めてくれたのかと、本当に優しい心遣いに頭が下がります。この借りは、また次の機会に返していきたい。
 3時過ぎには庁舎に行き用事をし、帰りに明日のチラシの引き取りに言ったら、事務局さんが気を効かしていろんなところに配ってくださっていたので回収に行かなくてもいいようだった。
 とにかく明日に向け頑張って行こう・・・・

20日~21日

 「20日は6月議会最終日で、またアイテレビさんが入っていたので、またもやびっくり。夏祭りの減額補正を追加議案として出してきた行政側に対して、いったん取り下げて臨時議会を開いてまた新たな予算として提出すべきとする議員の提案にも質疑という形で出してこられたので、このやり取りを報じたかったのか・・・・結果追加議案として、いったん予算決算常任委員会にて審議し、最終的には全員一致で可決となった。今後は実行委員会とよく話され本当に皆さんが納得のいく夏祭りになるように議論し、来年の夏まつりは今年の反省を踏まえていいものにして戴きたい。議会は3時前に終了し、それから事務所に戻り来客もあって結構忙しい1日を終えた。」

「21日は朝からコンサートチケットの精算に向けてのチェック。すでに置かしてもらっている喫茶店など現在の売れ行きなどのチェック、またチケット購入や事前予約の電話などがあって、やはり最後の駆け込み需要も結構あるようだ。フラの仲間からもチケット購入の声がかかり、レッスン後の3時過ぎには文化センターに行き駐車場の目印看板やコロナ対策用の机の位置づけを施設責任者と確認した。夕方4時半には友人がチケット精算にやってきて、少しばかり政治談議をやって事務所を後にした。夜には住民相談があったり、毎日忙しい1週間になりそうだ。」

 朝から土砂降りで、梅雨のオープニングにふさわしい雨だった。できれば金曜日の夕方からコンサートの終了時間あたりまでは雨が降らないでほしい。週間天気予報では大丈夫そうだが・・・・
 明日も最後の準備物チェックなどをして、必要なら事前の買い物もする時間もいるかも。
 愈々カウントダウンとなってきたが、売れ行きが気になるところだが・・・・時間の限り頑張ろう。
 息子にコンサートのリーダー当てに感謝の言葉を作文したものを送って英訳して送り返してもらうつもりだ。本当に慌ただしい日々が続きます・・・

17日~18日にかけて

 「17日の金曜日は朝から事務所は忙しい1日だった。コンサート関係や事務所内一部工事の方や他、いろんな方の出入りがあって目まぐるしかった。ツバメのカップルは、やはり黒いごみ袋作戦が功を奏したのか、あれからやってきていないようだ。そのためスタッフが購入してくれた100円ショップでの燕撃退グッズは今のところ出番がないようだ。しかし毎年続くこの時期のためにスタンバイしておくつもりだ。今日は宇和島からもコンサートに行きたいからチケットの購入についての問い合わせがあったりして、事前予約の確約を頂いたり、やっとここにきていろいろな反応があったりで嬉しい限りだ。もうあと少し・・・頑張って行こうと思っている。梅雨に入っているのにあまり雨も降らず、結構庭の草木が元気過ぎて、その伸び方も勢いが良くて草引きも追いつかなない状況だ。夫も毎日、汗だくになって猫の額ほどの自分の畑の草引きに追われているようだ。お互い高齢になると、この草引き仕事が辛くなってくる。困ったものだ。」

 「18日土曜日は午前9時から日本防災士会愛媛県支部中予ブロック主催の研修会をコムズ5階の大会議室で行い、出席は20人ほどだがリモートでも5人ぐらいは参加してもらって、改めて普段の防災士としての基本知識の確認、また被災時の避難活動などの最新の考え方などを学んだ。また日本損害保険協会四国支部の斎藤氏から自然災害と保険というタイトルでパワポによる興味深いお話を聞くことができた。12時までにすべての講演を済ませ、片付けなければならなくて最後のほうは駆け足状態だったが、資料もしっかり頂いたので今後の活動のいい種になりそうだ。」
 PXL_20220618_012527663.jpg
         PXL_20220618_020355231.jpg
             PXL_20220618_020412737.jpg
 ★さらに午後1時から女性と防災の会を同じコムズで行い、8人のメンバーで今後のコムズフェスティバル参加にあたってどのような主題で行くか、また今後のリオンの読み聞かせ活動や研修旅行の話なども出て、結局4時ぐらいまで活発な話し合いを行った。
 朝から引き続きで行っている私たち4人のメンバーは少々お疲れモードだったけど、建築士の皆さんからの耐震工事の専門的な話や多様性を社会的に認めていく流れの中での防災活動との関わりなど深い話も合って、充実した3時間だった。
 夜はコンサートチケットの件もあって、久しぶりに夫と会社の人と共に行きつけのお寿司屋さんでリラックスさせてもらった。とはいえ、父の日が控えているので私のおごりで、結構高いものについた。(笑)

ツバメに悪戦苦闘!

 「今日は梅雨の合間のつかの間の晴れ間であった。日差しがだんだん厳しくなってきた。事務所の草花たちがとても元気で色づき、見ているだけでも元気をもらいます。ところがいい季節になったのはいいのだが、ツバメが巣を作ろうと虎視眈々とわが事務所の軒下の白壁にやってきて泥土を運んでくる。ちょうど通路となるところでもあり、フン害がすごいので、なんとしても作ってもらいたくないので彼らの侵略に対抗していろいろやってみたのだが、なかなかしつこくやってきて困ったものだ。ホースから勢いよく水を出し塗りつけた土を流すのだが、流しても流しても懲りずにやってきて巣づくりをはじめるので撃退方法をネットで調べて、明日もいろいろやってみるつもり。」
 PXL_20220617_022822032.jpg   画像1
 今日は朝から予算決算常任委員会で、今回上程された一般会計補正予算と先日審査した特別会計補正予算も20日の最終日に審査内容を報告しなければならないので、案件一つ一つに神経を使ってチェックしながら、タブレットのPDFのページめくりや画面を覗きながら、紙ベースの資料の数字を目で追い、課長の説明が入るとその都度ページチェックをする。全体の進行も大事な仕事。うまくなるべく審議が停滞することなく終える努力をしていたら、結局3時前にはすべての審議を終えることができてほっとした。さすがにお疲れ!
 コンサートのチケットの販売数も気になりながら、今朝は愛媛新聞の11面に小さく載せてもらって、ちょっと嬉しかった。
 さあ明日からは最後の動きとして、思いつくところにはプッシュしに行こうと考えている。たぶん夕方になるだろう今日の分の報告書の仕上がりは・・・それまでは、動いてみたい。 

今日から委員会です

 「昨日の一般質問から一夜明けて、マスコミも入っての議会だっただけに気になっていたがやはり新聞記事に町長の発言問題について書かれていた。ただ、その言葉だけが独り歩きして、なぜそういうことになったかを知ればそういう言葉も言いたくなるようなシチュエーションがあったわけで、賛否両論あると思うが少し理不尽な形になったように思えた。ましてや成人式は1月にあったこと。なぜ3月議会じゃなくて今なのか、よくわからない。ネット上でもかなり同情的な意見もあった。どちらにしても政策論争ならまだしも、あまり後味が良くないものだった。さて今日から委員会が続く、総務産建の常任委員会では税改正や土地改良などの審議、協議会では上水道関係の話が出ていた。時間的にはかなりスムースで11時前にはすべて終わり、今日もコンサート関係で動けるだけ動いてみた。その成果もあって結構順調にチラシの効果も出てきて、チケットの売れ行きもいい。また新聞社の記者さんにも手助けしてもらえるようになったり、本当に私的にはワクワクするような1日だった。」

 夕方、帰宅直後に母の施設から急な発熱があったとの報告。また明日に、その後の様子など報告があるとは思うのだがちょっと心配だ。こんな時でもコロナで直接会えないのでお任せするしかないのだ。
 明日は文教厚生常任委員会。審議する案件の上程がないのだが、研修についての話し合いをしようということなので前向きに対処したい。

紫陽花はまだかな?

 「今日は久しぶりの好天。日中の気温はかなり上がったのでは・・・久しぶりに山の家に向かった。そろそろ紫陽花が満開なのではと思い気になっていたので、山に上がる道中から花の様子を覗いながら写真を撮ったのだがあまり咲いていなかったのでちょっと期待外れ。ちょうど1年前の同じ場所のアジサイの咲きようはすごかったので、何が原因か調べる必要があるみたい。雨が少なかったから、去年の花の後の選定がうまくなかったのか、来年の開花をどうするか6月の花のピークを観て判断するのだろう。」


 午前中はモーニングから始まって、
久しぶりに夫の車で長浜の山の家に行った。本当に1
月以上上が
っていなかったので紫陽花の花の様子が気になっていたのだ。5中旬に行った時には花のつぼみの付き方がやや少ない感じがしていたので、ちょっと一抹の不安はあったのだ。それが的中したので残念だった。
去年がすごかったので余計そのように感じたのかもしれない。それでも全然咲いていないわけではないので、咲いているぶんで比較的綺麗なものを中心に切り花用に持って帰って来た。

 先日お隣のお庭に咲いている紫陽花をもらって飾った分に加えてイケてみた。事務所にも持って帰った分の一部を飾った。

 夕方からちょっと知り合いのブティックに行き、コンサートのお誘いをかけたら「前回も行ってよかったので買うよ」って即決で3枚購入していただいた。もちろんチラシをおかしてもらい、またお友達にも誘ってくれるとの事・・・・嬉しかった。もちろん斬新なデザインのTシャツを購入させてもらいました。

 明日はいよいよ一般質問。頑張って議会にも集中。
 
周りはいよいよ田植えの季節・・・明日から雨模様の1週間と予報が出ている・・・いよいよ本格的な梅雨入りかも。

チケット販売・・・・

 「今日は朝からとっても蒸し暑い。梅雨の前触れなのか、事務所内も風を通さないとムシムシするし、かといってあまり玄関ドアなど大きく開けると蚊など小さな羽虫が入ってくる。ここしばらくはこのような気候が続くのかも・・・とはいえ夏の本格的な暑さには十分耐えうる体にはなっていないので体温調節など自律神経的に誤作動があるのか、なんだか体調が万全ではない。さて午前中には今度のコンサート実行委員会のメンバーの一部で、チケットの売れ行きや当日のコロナ対策などについて話し合いをした。
実際のところ、5年前の同じイベントに対してもコロナの影響が相当影を落として、残り2週間という段階で目標の半分もいってないのが緊急の課題だ。それぞれ以前来てもらった人々、リピーターに対して十分に声がけができているかどうか再度見直しをかけていこうということになった。またチラシやポスターなど、十分においてもらっていないのではないか、近く開催するコンサート情報をもとに来客者へのアピールが可能かどうかプレイガイドの取り組みへ再度お願いをかけるなど、積極的なプッシュも必要ではということでそれぞれ今できる最善の方策をトライしていこうということなど改めて確認した。またコロナ対策についても当日のチェックだけでなく、万一感染者が出た場合の観客の皆さんへの連絡等で、迷惑を最小限にするため事前の連絡先記入用紙の準備など、それらについても手分けして行う取り決めをした。」
          PXL_20220612_055707216.jpg
 午後からは再度お願いができるところはないかリサーチしつつ、電話掛けをしたらたちまち5枚が入金となり、やはりできる気持ちを前向きにコンサート前日までやり続けようと自分に誓った。やはりリピ-ターは話が早いので、このあたりを積極的にターゲットにしていこう・・・
 昨日のリビング新聞からチラシのコンパクト状のものをカラー掲載してもらっているのだが、多少でも効果があればと期待もしている。
 夕方には友人がチケット購入の件で事務所に来てくれて、畑で摂れた新鮮なサニーレタスも届けてくれたのでスタッフと分けて持って帰った。
 夜は夫が久しぶりに食事を外で摂ろうという提案をしてくれたので、ひょうたん島という居酒屋さんへ・・・・ビールにお好み焼きもおいしかったね・・・・
          
乾杯! 

6月議会、始まりました

 「今日は6月議会初日で、本会議場にタブレットを持ち込んでの議事進行となった。紙ベースの資料とタブレットの画面の両方を見ながらの進行は結構疲れた。やっていくうちに慣れてはきたが、意外とロスタイムなしに行けそう・・・それに絶対眠くなったりはしない。報告事項、専決事項も結構多くて議論になるような案件はなかったのでスムースだった。本会議終了後には、すぐに6階の会議室にて予算決算常任委員会を開き、まずは特別会計のみの補正予算審議に入る。ほとんどが条例改正によるものが多く、水道会計については工事の変更過程で出てきた補正のため、次回の工事には順調に行くように期待する。スムースに進行できたので12時15分ぐらいには終わった。」

 議会の予定がすべて終わったので、コンサートチケットの件で招待券の分を行けそうかどうかの確認をしながら手渡す。今回はコロナの件もあるので、あくまで無理にならないように気を付けて・・・
 遅めの昼食を摂るためいったん家に帰り、途中でコンビニによって食料を調達して、2時ぎりぎりにフラのレッスン教室に駆け付ける。
          
フラレッスン
 3時過ぎにはエミフルのソフトバンクショップに行き、投資グループなどのラインがうるさくて興味もないので退会したいのだが、うまくやる方法についてアドバイスが欲しかった。なんとかうまく退会出来たのでほっとした。
 その後、まさき村に立ち寄って買い物をし、ちょっと観光協会の準備室ものぞいてみたが一人パソコンを見つめる事務の人がデスクワークをしていた。今後の本格的活動の様子を見ていきたい。
 夕方帰宅。夕食後、いつの間にか食卓でうたた寝をしてしまった。やっぱり会議の緊張や忙しかった今日の疲れがどっと出たのかも・・・

民音コンサート♬

 「今日は、朝から近所のお友達3人と松前小学校の体育館で行われた民音学校コンサートを楽しんできました。舞太鼓あすか組の勇壮なパフォーマンスを堪能することができました。ただ太鼓の演奏だけでなく、篠笛や尺八、琵琶の演奏、さらには御神楽のような舞もありで、本当にワクワクするような迫力と爽快さを感じることができ、手が痛くなるほど拍手をもって皆さんの演技にエールを送りました。私たちは体育館の2階席から見ていたのですが、小学生たちは下の階で床に座って鑑賞していました。演者の方々の肉体は、みな鍛えられた筋肉の躍動感で視るものを引き付けました。コロナ禍でもいろいろな対策をすればこのように楽しむことができるので、私たちのコンサートにもしっかり参考になりました。」
       PXL_20220606_023437455.jpg
              PXL_20220606_021903060.jpg
 PXL_20220606_015601582.jpg
                PXL_20220606_020131168.jpg
 12時前に終わりましたが、せっかくなので近くの喫茶店でランチを食べながら今日の和太鼓演奏などの話で盛り上がりました。1時過ぎには帰宅。それから事務所に入り、一般質問の発表原稿を書き上げる作業に入った。
 4時半にはほぼ出来上がったのだが、明日の議会初日に向けての準備もして、カバンに入れる書類の点検、確認を終え、5時半ごろに事務所を閉めた。
 庭の蘇鉄の新枝が出ているのを見てほっととした。いつの間にかてっぺんにもボウボウといっぱい新葉がでていて、この2~3日の雨が勢い付けたような気がする。なんだか嬉しい・・・・
 さあ明日からいよいよ6月議会が始まるぞ、頑張って行こう。

史談会理事会へ

 「今日は朝から史談会の理事会に出席し、久しぶりにメンバーと再会できました。約1時時間半にわたるお城にまつわるお話を面白おかしく、そして歴史的背景なども踏まえて、山本氏の奇妙な語り口で聞かせてもらって本当に楽しい時間を過ごすことができた。また会の最後にはコンサートの宣伝もさせてもらってチケット購入の方もいて、チラシも配ることもでき充実した会になった。また夕方から北斗にて懇親会があって、そこに参加。」
PXL_20220604.jpg
              PXL_20220604_015442623.jpg
 コロナ禍で思うような活動もできず皆さんの中にふつふつとたまる不満が、活動再開によって払拭できると思われる。順次できることからやっていこうと皆で知恵を出し合って、7月ごろからは本格的に視察研修なども検討しているようだ。
 また観光協会もようやく松前村の一角に事務所を構えることができたみたいで、ここを拠点に松前の観光や特産物の宣伝、歴史や町の特徴などを発信できるようになり、外部の人へのアピールもより広範囲にできるようになっていくのが楽しみだ。そのためにも史談会、はんぎりボランティアガイドクラブ、いいとこ見つけ隊がコラボして商工会などとも協力し合い、町のアピールにつなげていってほしい。そのためにも私たちがより活発に活動できるよな環境づくりを進めていかなければならない。
 今度の町民講座の見直しについてもやはりしっかりとした検証なしに、いきなり休止を告げられ、準備期間を置くにしても何が原因であるのか納得のいく説明が欲しいというのが皆さんの意見だった。
 それは13日の私の一般質問でもしっかり窺っていくつもりだ。 
 最近、持続化給付金をだまし取るという事件がよく報道で聞くが、その首謀者が国税局の職員だったり、それらの専門知識を持つ人が小遣い稼ぎや投資目的の資金にするため、今わかっているだけでも31億円ものお金が不正に引き出されているという事実を聞くにつれ、本当にやるせない思いになる。本来、コロナ禍で事業や仕事がうまくいかなくて生活が苦しくなった人々の救済手段としての国の制度を逆手にとって、不当利得を得て実際に苦しい人々に届いていない現状もある。もともとスピーディーな給付を目指し、手続きもできるだけ簡単にという方策が裏目に出てしまったこと、性善説が裏切られた感じだ。本当に情けない限りだが、今後のことを考え不正が起こらないやり方を再度考えていく必要があるだろう。

少々、疲れが・・・

 「5月の終わりから6月の初めにかけて、いよいよ忙しい月に入ってきました。しかしながら自分としては結構ハードスケジュールで動いていたために疲れがどっと押し寄せ、昨日31日の議会運営委員会においては1時間ほどの会合だったため何とかこなしていたのだが、やはり夕方から少し疲労感を持っていたのだが今日のZOOM会議を終えた後ぐらいから明日の議員全員協議会に耐えれるかかなり厳しく感じてきた。ましてや夜の青少年育成会まで出るとなると自信がなくなってきたので、明日の様子次第では3日に予定していた個人的な集まりもすべてキャンセルして体調復帰に専念しようと思った。」

 やはり加齢とは馬鹿にできないもので、その上いろいろ行事を重ねて入れると、やはり以前のように十分にクリアできなくなってきている自分に情けないやら悲しいやら・・・でも長年使ってきたこの体、やはり何とかポンコツなりに大事にケアしてやらないと、早目にダウンしては困るのでまずは睡眠、休養を取りつつ細く長く使えるようにメンテナンスしていかなければと思うようになりました。
 ちょうど父の7回忌命日にもなる5月の終わり、これは90まで元気に生きていた父からのメッセージのような気がして、せめて父よりは長生きできるよう頑張りたいと思いました。母も92歳で寝たきりとは言え施設で頑張って生きてます。元気で活きることを目指します。両親が元気なころの写真を見て勇気づけられています。
        
PXL_20220602_032133865.jpg