fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

明日の選挙は・・・果たして

 「今日は朝から事務所にて引っ越し準備と10時半からはネットワーク松前の代表と来月予定のワイワイ座談会の講師のレジュメについて打ち合わせをし、12時まで今後のスケジュールについても話し合いを。お昼過ぎには事務所を出ていったん自宅に戻り、昨日購入した冬花の株を庭に植えてそのガーデニング作業で夕方4時ぐらいまでか買った。その後、先日住民相談のあった場所の確認に行き、住民とその対策について話し合った。その帰りに岡田駅近くのスーパーでお米など食材を購入し、日没が早くなったこ
の頃薄暗くなる帰り道を急ぎ帰宅。すぐにカレーの準備をして夕食に。なんだか今日も
あっという間に終わった感じで、明日は選挙当日。夜には速報が。少しは新しい風が吹くのか・・・・あまり期待はできないが、じっくり見てみたい。」
             PXL_20211031_003421131.jpg
     PXL_20211031_003444259.jpg
          PXL_20211031_003635990.jpg
 私は期日前投票を行ったのだが、さて今回の最終投票率はどうなるのか。政権選択の選挙といわれる衆議院選挙になるわけだが、安倍首相の長期政権、引き続きの菅政権、コロナ禍で浮上した国民の不満から岸田政権、そして政権1カ月後には総選挙となるこの展開に私たちはどう選択していったらいいのか正直分かりにくい。
 これまでの長期政権、特に自
民党1強のような政治がいろいろな問題を起こし、その説明責任を平気でスルーしてしまう傲慢さに、このままではいけないと思う国民も多かったのではなかっただろうか。ただそれを十分払拭して力を出せる野党政権はといわれれば、そこまで信頼できるかというと難しい。時間はかかるが、じっくり育って改革保守といわれる維新の党などが力を持って来ている中で、しっかり連携して胡坐をかいている与党に喝を入れてほしいところだ。
 選挙後の一人一人の議員の活動もしっかり見ていきたい。そして
党を超えて女性議員の輩出に力を入れてほしい。そのための間接的協力は惜しまないつもりだ。

衆議院選挙前に思うこと・・・

 「今日は朝からずっと事務所にて大量の家族写真の整理に追われ、午前午後ともに次から次へと出てくる写真に過去のいろいろな思い出が重なり、それでもある程度に絞り込みながら時間をかけてセレクトし、惜しみつつも残すものを最低限にとしていった。もう父が亡くなって3年が過ぎ、母は認知症でもうほとんど寝たきり状態になっているのでこんな華やかなりし頃があったのだという証のような形で残しておこうと思ったのだ。まだ海外生活など父が残している膨大なアルバムの整理があるのだが、これについては今回はとりあえず汚れて朽ちたものは廃棄して他は残しておくつもりだ。その間、来客も多く結構出たり入ったりの状況で、時間がいくらあっても追っつかないほど片付けるものが多い。昨日はほぼ出来上がった新事務所の現場に行ってきたのだが、今日はいく時間もなかった。夕方、住民相談のあった件で庁舎に行って担当課に問い合わせてみたが、実際の場所を確認していかないと明確な判断もできないので近日中に現地に行って見ようと考えている。」

 いよいよ衆議院議員選挙が31日に迫るが、私はもう期日前投票に行って出口調査も受けたが、毎日のテレビや新聞報道を見ていると今回もさほど投票率も上がらない盛り上がらない選挙になりそうだと思う。特に四国は圧倒的に保守地盤の世襲制や多選候補者など変わり映えがしない上、女性が小選挙区には1人しか出ていないなど残念なイメージが強い。
 これでは若者も余計魅力を感じないだろうし、候補者を決めかねるだろう。投票所に行くのも若者にはハードルを上げている要因だとすると、そろそろインターネット投票も可能にできるようシステム改革してもらえないのだろうか・・・
 年金や雇用、子育てや選択的夫婦別姓制度など若者にとって今後すぐに関係することなのに、選挙には消極的なのは自分の1票で政治はどうにも変わらないと無力感しかないのだろうか。
 我々、学生運動時代に青春時代だったものには考えられないことだが、よく政治体制について親ともよくケンカしたものだったが。その頃の両親にはよく世の中のことが分かっていないのに偉そうなことを言うなと叱られた。父はその頃企業戦士で私たちを置いて単身海外に行きモーレツに働き教育は母に任せ、その母は専業主婦で長いときは3年以上手紙のやり取りぐらいで電話はほとんどなく、よく母は我慢したなと思う。そのことが晩年、父が母に対して苦労を掛けたといつも負い目のように悔いていたが、まさに高度経済成長期を駆け上がって多くの国民皆そういう性別役割分担の中で家庭を守っていたのだ。
 そのためそういう父にも反発、母のような専業主婦にも絶対なりたくないと思ってもいた。この反骨精神が今の私のエネルギーの源になったのかもしれない。ただ今はどの生き方も間違いではなく、その時代時代に即して自分らしく生きていくのが、またそう生き方ができる世の中にしていくことが大事なことだと思う。まさに多様性の時代なのだろう。そういう見地になったということは私もそれなりの歳になった証拠なのかもしれない・・・・・

新事務所工事も大詰めに

 「今日はとっても日差しが暖かくてとても過ごしやすい1日だった。昨日までの1週間は息子たちが来てくれて、とても賑やかでまた話が弾み本当に久しぶりに家族が揃って楽しかったが、やはりみんなそれぞれの家に戻っていき、また私と夫との二人の生活が始まり少しさびしい気分だった。とはいえ今日も事務所に行けば、新事務所の引っ越し準備で相当多くの書類廃棄や不用品の仕分け、必要品の梱包など、11月中旬の引っ越し日に向けて少しづつ焦りながらスタッフと来る日も来る日も片づけをして、そんな中でも午前中はネットワーク松前の一部メンバーと打ち合わせ会を行い、来月18日のワイワイ座談会の準備も着々と。明日は講師の前田先生とも最終の打ち合わせを予定している。」
  PXL_20211026_072438190.jpg
PXL_20211026_072251752.jpg PXL_20211026_072310015.jpg
 いよいよ新事務所の竣工まで急ピッチに最終の工事が行われている。その現場も見に行き、工務店の社長ともチェック事項など話をして、懸念の遅れていた便器の設置もいよいよできることに。明日は県の検査も入るとの事で、同時並行に外構のほうも急ピッチに進んでいる。
(写真あり)
 夕方には設計士や銀行の人が来たりと、いろんな人が出入りして本当に慌ただしい時間が過ぎていくのだが、なんだかこの前からの不整脈によるドキドキも収まってきて、本格的な忙しい毎日が続く中、力もみなぎってきて勢いが付きそうだ。がんばるぞ~~

空き時間なしの一日

 「今日は朝から雨模様。一番がっかりしてるのはラブちゃんかな。せっかくのお散歩が行けないからね。その上少し冷えますよ。気温も下がって本当に寒暖の差が激しい。私は集会所にて西古泉の自主防の代表者の方々から、防災士会のメンバーが個別計画についてその手法について学んだ。というのも西古泉さんは避難要支援者の住宅位置情報や、それぞれの避難についての個別計画が情報提供同意者の分だけだがきちんと作成して町へ提出されている。私たちは情報提供同意者まではわかっているのだが、まだ個
別計画までは作成できていない。今日の話し合いの中でどういうやり方でそれらを作成していったかについて詳細を聞くことができたので、近いうちに西高柳の分を作成していかなければならないだろうし、早く実施していきたい。」


 その後、事務所に戻ってネットワーク松前のワイワイ座談会に講師としてお迎えする前田先生のパワポのレジュメについて少し修正をお願いしたり、こちらの希望をまとめる話し合いに参加した。近いうちに先生と打ち合わせをする予定だ。
 午後1時過ぎにはチラシの印刷も終えて、30分後には山下設計士と打ち合わせ、2時過ぎには久保デザイナーも参加してロゴや入り口看板の文字やポストにつける文字についてなど話し合った。
 3時には家に帰りエアコンのお掃除見積もりのやり直しをしてもらい、確かに年式や使用頻度など細かくチェックしてもらうとかなり最初の見積もりより安くなった。
 そのあと私は月1の定例検診とインフルエンザの予防接種をしに行った。やっぱりちょっと痛かった。
 その後市内に出て夫と息子がいる行きつけのすし屋に合流し、明日には帰京する次男と楽しい時間を過ごせた。

高齢社会をよくする女性の会in松山

 「今日は朝から高齢社会をよくする女性の会IN松山の2日目の会に参加するため、午前8時にはコミセンに集合。ただ8時10分前には着いたのだけど駐車場も本館の下はまだ空いてなくて近くの有料駐車場へ。ここ2週間ぐらいは体調があまりよくなくて、実行委員として貢献できなかったので申し訳なかった。そのため実施日の段取りなどもよくわからなかったのだが、着いてから講師の控室のようなところで留守番を頼まれ、皆さんバタバタ大変な様子を見ていた感じだった。9時前には分科会の部屋に移り、まずは袖口先生の話があって、人生100年の生き方に向かう、過去現在これからについてパワポを使っての説明があって、その後5人のパネラーによるディスカッション。20代の学生さんから90歳に近い元気なおばあちゃま、50代の男性料理研究家、福祉関係にお勤めの50代女性など各立場からいい提言があった。特に今社会福祉士を目指して勉強している大学4年生から社会変化、環境変化に即して自分自身のアップロードもしていきたいという言葉が印象に残っている。午後10時40分には分科会が終わり、全体会に移動。各分科会の発表があり、樋口恵子会長の総括、そして次回開催地の小田原市にバトンを渡し閉会した。コロナ禍でもうほとんどできないかと思われた大会ではあったが、何とか一部実行委員さんの強い熱意により開催されて、その前のアンケートにおいては70%い所の実行委員から中止やむなしもしくは延期かという状況の中で押し切られたエネルギーはすごいと思いますが、あのアンケートの意味は何だったのかなという疑問は残ります。」
        PXL_20211024_000204845.jpg
   PXL_20211024_010616841.jpg
           PXL_20211024_021623372.jpg
   PXL_20211024_025329347.jpg
 今はコロナの感染も下回り、できる環境は整ったが、あの時点ではとてもできる状況ではなかったので推進派の皆さんには先見の明があったのかな?
 昼過ぎには無事会は終わり実行委員みんなで片づけをして、1時
過ぎに昼食を。
 ほっとした気分でのコーヒーブレイクだった。
 2時半には事務所に戻って少し片づけをして、帰宅。
 3時ごろか
らごみ当番表に明記してごみステーションのお掃除も。
 夕方は私と夫、次男の3人でしゃぶしゃぶ食べ放題の店に。久しぶ
りによく食べました。

息子たちが帰ってきました

 「今日は朝から議員全員協議会があって、行政側から4件の報告事項があり、①職員の給与に関する事項②新型コロナワクチン接種について③来年度の小麦への作付け転換助成④北伊予小学校屋外トイレ改築工事の件などであった。①については11月末までに臨時議会を開いて決議する予定②については特に接種後の接種済み証の交付についてや3回目以降のいわゆるブレイクスルー接種についての説明があった。③については数年前にははだか麦を推奨していたのに農協の指示でこのように方針を変えるのはどうなのか、農業委員会の考えも聞いてほしいなどのやり取りがあった。④については前の図面から議員の意見も取り入れてもらったもを確認した。午前11時ごろには終了した。」

 議会事務局からのお知らせと、議会広報から出す議会へのアンケート調査について、広報副委員長から説明を受け若干の質疑応答があって、その後議員よりの提案で広報まさきに掲載された記事について議員間での意見交換を行った。それぞれの考え方が示され、今後の一般質問にも生かしてほしいとの事だった。
 おおむね午前中で終了したので、その後事務所に行きスタッフと打ち合わせをして、次男が久しぶりに帰ってきているので昼食のため帰宅。
 今日は長男夫妻もやってくる予定だったので、帰り次第長浜の山の家に食器棚を運ぶ用事もあって3時過ぎに、車で向かった。
 4時前には食器棚を運び込み、夕方の景色もカメラに収めた。
     
PXL_20211022_070824600.jpg
            PXL_20211022_070937311.jpg
 帰りには墓参りも済ませ、上灘の夕日も見ながら帰宅の路に。
 夜は久しぶりに私たち家族と長男のお嫁さんの5人で、長浜のお美味しい魚の刺身や煮つけ、私のお手製の皿うどんなどワイワイと楽しく夕食の時間を過ごした。夫も上機嫌で結局よく飲みました。

胸の違和感に慣れてきた

 「今朝もしっかり冷えて、昨日出した羽毛の掛布団が心地よく感じられた。昼はまだ暑さも残っているのだが、朝晩はすっかり秋らしい気候となってきて過ごしやすくなってきた。午前中は11月に予定しているワイワイ座談会の件で、ネットワーク松前の仲間とともに今後の予定について話し合い、当日の講師からの予定しているレジュメが送ってきたのでそれらの確認をして、会の参加者確保のためにどのような工法をしていくかなども打ち合わせた。」

 だいぶ事務所内の引っ越し準備もできてきたが、あともう少しがんばらなきゃならない。
 私の体調も今一つパッとしないが、午後からはフラのレッスンもあり、思い切ってできるだけ踊ってみることに。
 何とかハアハア言いながらも、胸の違和感も感じつつそれでも我慢できないほどのものではなかったので、最後まで練習ができた。
 レッスン後も買い物や帰宅後の家事も何とかできたので、少し体がこの体調に慣れてきたのかなとも思えた。
 ★いよいよ今日から衆議院選挙の公示、各陣営が事務所開きなど活発に12日間の選挙運動が始まる。政権選択の選挙にもなるので電話でリサーチも結構あるものだとわかった。

書類整理を

 「今朝から急に寒くなったというより本格的な秋模様という感じ。昨日までは半袖でちょうどよかったのだが、さすがに今日は長袖がほしい。西高東低の冬型の気圧入りで、特に東日本からぐっと冷えてきたみたい。北海道では雪も降ってきたようで、東
京も21度までしか上がらない少し肌寒いお天気になったようだ。
こういう時は風邪を
ひきやすい。体調も壊しやすいので気を付けたい。午前中から事務所には行って、引っ越しのための書類の
整理に時間を割いた。明日からの1週間は結構忙しいので時間の取れるときに、以前の議会資料など多くの古い分がかなり残っているので、これをきれいに片づけたいので紙ごみとして多くの袋や段ボールに分けて詰めていった。令和元年ぐらいからは残しておくのだが、それ以前のものは大方廃棄して差し支えないだろう。もちろん活動上必要なもの特に防災関連、女性参画のものなど過去の振り返りに必要なものは残しておくのだが・・・・」

 3時ごろ遅い昼食を軽く食べて、さらに整理を続けた。資料の中には過去の活動を思い出し、懐かしく振り返るものも多くあった。しかしあまりノスタルジックに振り返っていても時間ばかりかかるので思い切るところはしっかり切って、どうせまた資料はたまるし変化していくものなので全部残すことはなく、ごく一部を置いておけばことは足りるわけだから・・・と自分に言い聞かせながら取捨選択をしていった。
 夕方5時過ぎまでかかったが、かなり物理的にも気分的にもすっ
きりした。
 今週末
には「高齢社会をよくする女性の会」の実行委員もしながら本番が
近くなって体調を壊し、あまりお手伝いもできず申し訳ないところだが、できることはしっかりやっていくように考えている。あまりバタバタと行動しなければ息切れや胸の違和感もないので、今日もこのように書類の整理などは十分できたので、やっていくつもりだ。

不整脈との診断が

 「今日は朝から本当に陽が射して10月中旬とは思えない気候で汗ばむ陽気なのだが、とりあえずどうもしっくりこない胸の疲労感、違和感息切れに、午前11時から心電図の負荷をかけての検査をすることになっていたので少し早めに病院に行った。階段状の箱のようなものを上がったり下りたり一定のリズムに合わせてやってみて、かなりハアハア言いながらそこですぐに心電図をとるのだ。その後12時過ぎまで待って、主治医の指示を仰いだ。結果は心臓そのものより不整脈による息切れや胸の違和感だったようなのだが、改めて1日の動きと心臓チェックというこで24時間モニターを体につけて、明日同じ時間にそれを外してもらうように病院に行くようなことになった。そのため今晩は入浴もできないのだが、早く原因をつかんで治療にかかりたいものだ。」

 帰宅後2時過ぎに遅い昼食を食べ、じっとテレビなどを見ているときは何も胸の違和感はなく、やはり動いたり立って家事などをし始めると少しアフアフするような感覚が出始める。やはりあまり気持ちのいいものではないのだが、このモニターに合わせてチェック表があるのだ。時間ごとの行動とその時の症状を書き留めるメモ票を渡されているので、それに細かく書いていった。
 夕食時に350mlのチュウーハイを開けて全部飲んだが、眠くはなったがさほど影響はなかった。やはり座っているときはさほど感じない疲労感が、立って行動するとあるいは重いものなど持って動くと、なんだか胸の違和感を感じるのだ。
 今晩一晩この状態で寝るのは、ひっついているテープあたりが痒くなってきて、ちょっとイライラするけど我慢できないほどではないので午前1時前には就寝。

久しぶりの防災士会議

 「今日も日中が暑く朝晩の冷え込みは徐々に大きくなってきた。まさに本格的な秋が、もう目の前に来ているのかもしれない。気象予報においても今週末からぐっと気温が低くなり、日中の気温も下がってくると発表されている。そろそろ衣替えや冬支度も必要になってくるのではないだろうか・・・午前中は事務所の書類関係、特に5年以上前のものについてはかなり整理していかなければならない。かなりの紙ゴミが出そうだ。この2週間で何回かに分けて分別し、処分していく予定だ。」

 午後1時30分から自主防災会の防災士6人が集まり、事務所にて要支援者避難行動についての個別計画をどう作成していくかについて先日の高浜の資料や松前町のフォーマットをもとに話し合いをして、10月末までに先進事例の地区の防災会の方々と意見交換させてもらって、同時に
すでに地区で支援を必要とされている方やその要望を出されている人たちの緊急性の度合いを考えながら徐々に作成していくことにして、みんなで協力していこうと合意した。
 また備ニュースの発行についても12月初めを発行日にできるよう、原稿作成の割り振りについても話し合った。
 3時半には会は終わり、4時にはエミフルに行きフジトラベルにより、11月の長崎行きの頼んでおいたチケットの受け取りに行き、帰りに買い物も済ませた。
 ただ長い時間歩いたり重い荷物をもって歩き出すと、胸が苦しくなる症状は変わらないので、明日再度負荷をかけて心電図をとる検査を受ける予定だ。

片付けも順調?

 「今日は朝から曇り空。でも時々差し込む日差しは暑く、本格的な秋はまだまだなのかとも思える。先日からの胸の違和感はまだそのままのため、午後からのフラのレッスンは椅子に座ったままで振り付けの復習をした。」

 昨日整理して処分を考えた母の着物関係を一部風呂敷に包んで、手芸や古布集めの方に持っていき、皆さんでお好きなものを持って帰ってもらった。
 少しずつではあるが、バックヤードの方も片付き始めた。
 また両親の古い思い出の写真がいっぱい出てきて、父が母との商社駐在中に行った欧州やアメリカ周辺旅行などの記念写真アルバム集など、どう処分すべきか迷うようなものもあり、来週息子らが来た時に決めようと残している。
 夜にはサッカーワールドカップ最終予選日本対オーストラリア戦を見て、かなりの崖っぷちに立たされている 日本はここで勝ち点3を取らないと過去6回連続で出場しているワールドカップに出れない可能性が濃くなる状況で、何とか2-1で勝利してくれたので残り6試合で何とか首の皮1枚でつながった感がある。よかった!
        
ワールドカップ予選

胸の違和感で病院へ

 「今日は朝から雨が降っていて、久しぶりのお湿りの日だった。気温は相変わらず高くむしろ暑苦しい感じだった。先日から感じている胸の違和感に、ちょっと気になるので朝から行きつけの病院に行って診てもらうことに。主治医の時間帯ではなかったので別の先生の担当にはなったのだが、心電図、レントゲン、採血上では特に気になるものはなかったのだが、先生曰く「負荷をかけての心電図でチェックしないと、今の私の症状の原因はわからない」との事だった。そのため今週15日にその検査を行うことになり、帰りに買い物などを済ませ、朝から何も食べていないのでさすがに昼食弁当が美味しかった。」

 午後2時過ぎに事務所に行き、今日の結果をスタッフに告げ、また引っ越し準備の作業に入った。
 今日はバックヤードに積み上げていた宝塚に住んでいたころの両親の衣類やアルバムなど記念の品々をいよいよ整理しないと思い、とりあえず衣類や着物など仕分けして箱や袋にいれて、今度息子らが来た時に欲しいものは持って帰ってもらうようにした。
 また父が大事に取っておいてくれた私たちファミリーの写真など、つい見てしまうと時間が経ってしまってまたもやスタッフにせかされる一幕も・・・・
 重いものを運んだり、ちょっと速足で歩くだけでも心臓がドキドキするような違和感はまだ収まらないが、静かに座って作業などしてると治まってしまうので、あまりバタバタしないように行動することに。とにかく原因がわかって治療が始まるまでは・・・・

ボランティアガイド講座

  「朝からとってもいい天気。夫には地域の井出掃除に出てもらったので、モーニング待ちをして9時過ぎにいつものラザールへ。昨日からなんだか速足で歩いたり、長く立ち仕事をしていると胸が苦しくなるような違和感があって、ずいぶん前に味わった不整脈の胸の苦しさとは違うものだった。座ってじっとしてると全く普通に戻るのだが、やはり気になるので明日は主治医に連絡して、できれば診てもらうことに。気になることは早めに原因調べをして治療できるものなら、そうしたいので・・・ただ午前中のはんぎりさんの会合には出席した。本当は午後から高齢社会をよくする女性の会のリハーサルにも参加する予定だったのだが、大事をとって欠席した。」

 はんぎりさんは松前町のボランティアガイドクラブの愛称で、ここには町のことを多くの方に伝え披露目、そして自分自身の勉強にもなるということで頑張っておられる町民の皆さんの会だ。ただ財源的な後ろ盾のない団体なので、今後観光協会や法人格などをとっていくにはまだ時間がかかりそうで、いろいろな先進事例として他の団体から講師を呼んで、ガイドの基本講座を受けてもらい、そこから町内の実践ガイドを行っていく形式をとっている。
        
PXL_20211010_012136602.jpg
 今日は松山市ボランティアガイドクラブの副会長の上松様に来て
もらって、ガイドのイロハから気を付けたいこと、モットーとしていることなどスライドにより説明を受け、その後会員からのいろんな質問に答えてもらった。会員130名で年会費3000円の基本財源プラス松山市からの補助金、商工会観光物産部や松山コンベンション協会などの後ろ盾があり、各観光会社や旅行会社からの斡旋などもあって、結構お仕事自体、ガイドニーズもあるようだ。その点からいっても規模もまだまだではあるけど、学ぶべき点は多いと思った。
             
PXL_20211010_013913000.jpg

女性と防災の会

 「今日も真夏日かと思うぐらい暑い1日だった。朝から部屋の掃除、洗濯など溜まっていた家事を片付け気分的にすっきりしたところでパソコンに向かい少しデスクワーク、簡単ランチを済ませ昼からコムズに行き、「女性と防災の会」に参加。今日は愛大の地質学や防災の客員教授の高橋治郎先生に参加していただき、今度のコムズフェスティバルの中身について打ち合わせを一緒にしてもらった。防災マップだけではわからない危険について、どんな視点でどのようなところを見たらいいのか、実際に街歩きをしてその報告も本番の会にて発表しようということに。そのため11月の部会の前に実際に会のメンバーで1時間半ぐらいかけて街中を歩いてみることに。先生からはいろいろアドバイスを受け、チラシのメッセージやタイトルの副題などをみんなで考えた。」

 コムズフェスティバルまで約4か月あるが、その間に街歩きや自宅の地震リスクチェックなどもしてみることに・・・これから結構、本番に向けて忙しくなりそうだ。
        
PXL_20211009_065242125.jpg
 部会の終了後、仲間の一人と夜食事をすることに。
 伊予市のおいしいお万歳の店に行きました。ちょうど夫も松山で食事会だったので、グッドタイミング。おふくろの味というか、いろんな種類のおばんざいが並んでいてお酒が進んだ。
 それにしても常連客の多い店だから、友人の仲間が次から次に。何とも言えないおおらかな雰囲気がお店全体に、3人のおばちゃんたちが絶妙のタイミングで対応して28年も続いているそうな・・・
 二人で仲良くパチリ
             
PXL_20211009_102345514.jpg

子育て相談

 「今日も日中はまだまだ暑くて、日差しも真夏並みに感じました。午前中、事務所にはネットワーク松前の仲間が来てくれて、いつも文化祭でするガレージセールの売れ残り品などストックしているものが去年も今年もコロナで実現できなかったので減ることもなくそのまま残留してたので少し整理してもらうことに。おかげで少しバックヤードに積んでいたものがすっきりして、来年に向けて新事務所に移ってからまた少しずつストックすることにした。その後も書類の整理など少しづつできるところから手掛けて、今日のところは午前中いっぱいで終わりにした。」

 午後からは、いったん事務所を出て買い物や銀行など用事を済ませ、また夕方4時前に事務所に戻り来客予定に対応した。
 子育て中の若いママさんのお悩み相談だったのだが、子どものことを本当にいつも心配しながら一生懸命育てている感じが伝わってきて、なんだか自分の子育て中の時を思い出してとても懐かしく、そして自分の時と違って環境的なこと、経済的なこと、いろんな面で違いがあるなと思いつつ何とか少しでも子育てしやすい環境づくりのお手伝いができたらと、いろいろな角度視点に立って解決策を考えていきたいと感じた。そのため対策について少し調査し、また彼女と一緒に町のほうにも相談に行くことも考えている。
 夕方6時前には少し車の運転中に感じる雑音とわずかなハンドルを通じての振動の原因を調べるために、近くにいる車に詳しい夫のいとこの作業場に行ってタイヤの空気圧を調べてもらい、かなり減圧している状態だったので通常値まで上げてもらって、この11月初めに車検に出すのでそれまで様子を見ることに・・・
 夜10時過ぎに関東地方に震度5強の地震があって息子たちの様子も気になり連絡したが、さほどの影響もなく無事の確認ができたのでほっとした。本当に地震はいきなり来るので不気味で、怖い。南海トラフ地震が現実的に感じられる今日この頃だ・・・
            
地震

久しぶりのフラレッスン

 「今日も清々しい秋晴れの1日だった。やはり日中は汗ばむ天候で、事務所でもまだエアコンをつけないとしんどい。昨日から本や資料の整理を始めている。当分毎日の日課になりそうだが、スタッフは厨房やいろいろなところを精力的に仕分けしてくれている。私の作業はつい資料に目が行ってチェックに時間がかかって、なかなか捗らない。とはいえ少しづつ段ボールに入れるもの、捨てるもの、シュレッダーにかけるものなど分類していく作業に。午前中はほぼこれで終わり、午後からは事務所を出ていったん帰宅し昼食を済ませ、久しぶりのフラレッスンのため北公民館に。やはりかなりの部分で振り付けを忘れていて、先生の踊りを見ながら少しづつ思い出し、終わるころにはほぼ思い出した。」
                  フラダンス
 午後3時半にはエミフル内のフジトラベルに。11月の初めごろに長崎に仕事を兼ねてお墓参りも計画しているので、チケットやホテルの予約を。第6波の来ないことを祈るばかりだ。
 そういえば午前中引っ越し整理作業をしている最中に、住民の方からの子育て相談が電話であって、また個別に日を改めて事務所に来られるとの事。その時またゆっくりお話しを聞きましょう。
 エミフルにて買物を済ませ帰宅。夕飯時のテレビニュースで、今月14日の解散で31日には衆院選になるという新政権発足後の超スピード解散総選挙になるようだ。どんなことをやろうとするのかが全く見えていないままで選挙に飛び込むのだから、国民的には何を期待し、選択したらいいのか本当に分かりにくいし、わざと見えない間に選挙モードにしたいように見えてくる。コロナ対応についても全く未知数で、今は数字が落ちてるが感染者数がどこかで増え始めてもその対策は全然見えない。今日は株価も暴落してたし、いやな先行きだ!

ぼちぼち引越し準備に・・・

 「すっかり秋らしくなった朝晩に比べて、日中の暑いこと・・・まだまだ日差しはきついものがある。おかげで洗濯物はよく乾く。午前中は事務所にてデスクワーク。意外と来客や電話対応で忙しい時間帯だった。昼からは新事務所の内装やデスク周りについて設計士との打ち合わせが入って、話が終わった後現場にも直接行って確認。事務所に戻ってからは引っ越し会社が置いて行ってくれた段ボール箱にぼちぼち整理しながら、不要となった書類や資料など分けつつ梱包できるものから始めた。スタッフも厨房周りの整理をはじめ、まずは不用品の整理など片付け始めた。書類の整理をしていると、つい過去の資料とかに目が行って割と捗らないので、少しずつ毎日時間をとってやっていくことが肝要かと思われる。」
     PXL_20211004_052506050.jpg
  PXL_20211004_053358040.jpg
 5時前には事務所を出て食材購入のため近くのスーパーに。
 帰宅後すぐに夕食づくり・・・相変わらずのルーティンを済ませ、今夜のメニューは焼き塩サバにモズクの酢もの、ゴボウや鶏肉などの根菜煮物。こういうのはとっても好きなんでしょう、一つも残さず食べてくれた夫にちょっぴりぐー***でもじっくり煮込んだビーフシチューとかチーズバーグなんかかなり残すくせに・・・・
 さあ、明日には久々にフラのレッスンも再開される。かなり忘れているかもしれない振り付けに、明日はあたふたすることでしょう。潤子先生ごめんなさ~い。一度も復習しない劣等生で。

自主防、備品もお引っ越し

 今日も澄んだ青空がまぶしいぐらいいいお天気。日中はやはり汗ばむくらい結構暑かったし、それなりに日差しもまだまだきつかった。そんな中、西高柳の消防団詰所だったところが、町の9分団消防詰所の新設に伴いきれいに移動されたものだから、消防車など収納していた場所がすっかり空いたため、そこに自主防災会のいろいろな備品や備蓄していたものを移設することができるということで、隣の古い旧集会所にあったすべての物を引っ越しさせた。ただその作業をするのに愛護班の方に相談し、今年もお祭りがない中3の皆さんにお手伝いをしてもらい、自主防の存在やかかわってもらうことで少しばかりのお礼として子供たちに地域からお小遣いを渡そうということになり、関わってもらった。もちろんそれだけではなく、祭りの時に使う神輿の点検や掃除などもやってもらうことで意識付けをしてもらった。」    
          PXL_20211003_010207467.jpg
 
PXL_20211003_013647449.jpg
        PXL_20211003_012833009.jpg
   PXL_20211003_022434784.jpg

 
3生たちは皆さん進んで快くその仕事を手伝ってくれて、私たちとしても大変助かったし、これで災害時にすぐいろいろなものを運び出すこともでき、毎年する棚卸点検もしやすくなった。

また賞味期限切れのものや不足しているものなども明確になり、いざという時のための備えの点検ができてよかった。これらはみな来月発行する備えニュースの記事にして、地域の皆さんに配布する予定だ。

 午前10時から約2時間かけて、作業は終了した。本当にっすっきりして気持ちよくなり、お昼には解散した。

 その後私は近所にある自転車屋さんに行って、新車を購入。というのも今の自転車はかなり古くなって何度もパンクするし、自分があまり乗らないことで筋肉が弱ってきて、これはいかんと自分でも思うようになり、この際新事務所までは原則自転車で通うことにした。そのため今の自転車ではなくもう一回り小さな24インチのタイプにして、乗り降りがさらにスムーズになるようにと思い、自動車は車検を通して新車は買わず、その代わり自転車を新車にして健康のため自転車通勤と決めた。(もちろん庁舎には車で行きますが・・・)

 108日には新車が届くのでとても楽しみだ。ミストグリーンのママチャリで~す。健康と体力不足解消のため、頑張るぞ!

引越し日も決定

 「今日は朝からいいお天気で十分半袖で過ごせる1日となった。いよいよ10月に入り、新事務所の完成まで残すところ1か月となり現場は急ピッチに動いている様子。こちらとしても引っ越しの準備やこの際捨てるものや新事務所に持っていかない物の整理など、どんどん進めていかなければならない。午前11時過ぎには引っ越し業者さんが見積もりに来てくれて、その場で交渉成立で段ボール箱50箱置いていったくれたので、来週からしっかり詰め込んでいく作業をしていく予定だ。また午後からは友人が来てくれて、応接セットや大きなテレビ台など引き取ってくれるような話となり、本当に必要なものだけを動かすようなことになりそうで、かなりスムースに行けそうな感じになった。」

 昨日は議員事務所側の打ち合わせや相談デスクとして使う横長のテーブルや椅子などをアイソウやニトリなど見て回って商品を見つけることができ、早速購入して引っ越し日に搬入してもらうことになった。オーダーで創ってもらうこともできたのだが、予算的に他のものも上がりそうな雰囲気だったので節約できるところはそうさせてもらった。
 今日から全国的にコロナ禍における緊急事態宣言や蔓延防止対策措置などのあらゆる制限規制が解除され、少し長いトンネルから抜け出せたような感じとなったが、さてさてあまり緩みすぎると第6波を呼び込んでしまっては元も子もない。そのため慎重に徐々に緩めつつ冷え切った経済活動を回復させていくようなウイズコロナの生活を始めていくのが肝要だと思う。
 そしてこの間に医療体制を充実させ、第5波で起きた医療機関のひっ迫状態を再び起こさないように、また悲劇的な事態を招かないように住民の安心安全を保障できるように新政府には頑張っていただきたい。さてさてどうなるのか新閣僚の顔ぶれは・・・ぜひ女性の割合を増やしていただきたいと願うのだが・・・