fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

半年が終わりました~~

 「今日はいよいよ6月終わりで、2021年もはや半分が終わってしまった。去年1年コロナ、コロナで全く経験しないウイルスとの戦いに終始し、オリンピックも今年7月に延期して、まさか今もコロナの第5波の脅威に苛まされるとは思えず、ここまで来た感がある。この最近の緊急事態宣言解除後の関東1都3県の感染者数は、明らかにリバウンド傾向が見えている。頼みの綱のワクチン接種はここにきて勢いが途切れだし、結局オリンピック開催は予定通りで、最大限の安心安全のための施策を施し有観客で行うとの事。本当に大丈夫なのか・・・・約7万人ぐらいの人が全世界からやってくる。まだまだ世界中でも感染は収まってはいないし、水際対策は万全といえるのか。未だに日替わりでガイドラインやルールブックの見直しを行っているようだが・・・」 

 午前、午後と1日中事務所にて議会だよりの初稿入稿のための段取りで、事務局とやり取りしながらスタッフとぎりぎりまで汗を流した。
 途中来客もあったが、何とかクリアーして無事のノルマはできたかな。ほっ!
 夜遅く始まるウインブルトン全英オープンで、錦織圭選手ら日本人選手数名が頑張ったくれているので、つい見てしまい寝不足生活が始まりそう・・・・
        
全英オープン 錦織  

入稿〆でエンジン全開

 「明日の原稿入稿締めに向かって、午前中からエンジン全開でチェックして原稿担当者に返送したり、校正戻りの自分の分をさらにチェックして準備した。今日は朝から真夏並みの暑さで車の中はかなりの高熱に・・・明日も暑くなりそうなので洗濯物がよく乾きそうだ。何とかほぼ16ページそろえることができそうなので、ほっとしている。初稿でしっかり入稿できると校正上がりをそれぞれ委員で見て、9日の委員会でしっかり校正ができると、あとのプロセスが非常にスムースに流れる。午後からはフラダンスのレッスンに。前回のレッスンは議会のため休んだので、最後の振り付けの部分が全く手探りなのでちょっと大変だったけど、もう来月から新しい演目に入るというから困ったものだ・・・」
               
フラ悪戦
 レッスンの後、いったん家に帰って4時には予約していた歯医者に。5月後半までずっと痛かった左上奥歯のあたりが、最近全然痛みがないので不思議な感じだ。考えたら暑くなってくると歯の痛みがなくなるのかな。思えば去年も冬になるころからぼちぼち痛くなってきたようだし、季節と関係があるのかもしれない。
 帰りに買い物に行くと、友人に会ってちょっと立ち話。
 今晩も夫は付き合いで外食らしいので、私は一人のんびり食ということになるので好きな酒のあてなど購入・・・・ゆっくり8時半ごろまでのんびり酒をやってたら、もう夫が帰ってきた。
 なんでそんな早く帰ってくるねん?なんて思いながら慌ててお風呂を沸かしたら、お酒を飲んでるからしんどいから寝るといって寝室に上がっていった。もう~
 せっかくだから一番湯に入った。頭髪も洗って気持ちよくなって、冷たいお茶が美味しいね。幸せ・・・な気分。
 でもニュースでは労しい交通事故の報道が。下校中の小学生の列に大型トラックが突っ込んで二人の低学年男児が死亡、一人の女児が意識不明の重体、他二人が大けがという重大事故が発生していた。事故を起こしたドライバーは60歳の男性で呼気からは相当の量のアルコールが検出されたとの事。本当に残念で悔しい事故だ。
 飲酒運転が起こす悲劇は、どうして後を絶たないのだろう。もちろんこの道路は以前にも重大事故が起こっているような通学路としては危険な道路らしいが、普通に交通ルール通りの運転が行われていれば何か過失があってもこれほどの事故にはなってなかったのではないだろうか。飲酒をして運転をすることが、いかに危険で重大事故を引き起こす要因になっていることを再度繰り返してドライバーとなるものは自覚すべきだなと感じた。

エミフルも賑わいが・・

  「今日は、朝から少し雨模様。とはいえ霧雨程度で傘がいるような感じでもない。朝から資源ごみの回収日となっていたために慌てて起きて、少し溜まっていた新聞やチラシなどを束ねて、また物置場にためてある段ボールなどを出して、8時前には集会所のほうに行って収集作業のお手伝いをした。いつもより少し全体量が少なかったように思えた。やはりこのために各戸で3か月間すべてをストックしておくのは、スペース的に厳しいので、なるべく集会所の決められた場所に出して頂くともっと全体量が増えて町からいただく協力金も増えるのだが・・・
          PXL_20210626_225837589.jpg
    PXL_20210626_230358309.jpg
 帰宅後、夫とモーニングに行ってそれからいったん帰宅して事務所に行き、明日までにしておきたい原稿書きの続きを昼過ぎまで行った。ここまでしておくと明日の分がはかどるのではないかと思っていたので・・・
 そのあとエミフルに行き、必要な買い物を済ませた。やはり今日
は日曜日ということもあって、結構家族連れなど多くの人が来ていた。やはり緊急事態宣言解除後に、東京、大阪、京都、神奈川、兵庫など、軒並み先週に比べ人の出が増えているようだ。
 これはコロナの感染者数が増えつつあることが不気味に現象化して
いる。来週ごろからぐっと増えるのではないかと懸念される。もう目の前がオリンピックの開幕だというのに・・・
 外国からも事前合宿などで多くの人が日本にやってきている。
これに対する水際対策が意外と漏れがあって、現実にコロナの感染した選手なども入ってきている。もう来月には取材関係やオリンピック関係者が7万人近くやってくるといわれているが、なかなかワクチンのほうも十分には間に合っていないようだ。なんといっても怖いのが、ウイルスの型がインド株の変異型、デルタ株などと呼ばれているが、この感染力が従来型の2倍の力を持っていて広がりつつあって、今どんどんそれらに置き換わっているというから猶更怖い。
 今のところ愛媛では感染者が一桁もしくはゼロとなっているが
、人流が頻繁に動き出すと油断はできない。なんとしても第5波のコロナ感染の勢いには飲み込まれたくないものだ。

多田選手にV

 「今日も梅雨の中休みなのか、とても暑い1日となった。事務所でスタッフとともに議会だよりの原稿入稿の準備で、送られてきた原稿に特に文章を中心にチェックを入れてその裏付けとなる粗原稿にも目くばりしながら、限られた紙面の中にどう分かりやすくレイアウトしていけばよいかなどを考えながら、写真もしくはイラスト図などのスペースを確保しつつ、修正案として原案提出者に返信して、最終的にそこで初稿として事務局に提出してもらうシステムをとっているのだが、なかなか原案が出てこないページの部分もあって、締め切りの近付く来週初めがまたまた忙しくなりそうだ。とはいえ、以前に比べれば皆さん慣れているのでほぼ順調に機能しているように思える。」

 夕方事務所から帰宅後、夫はラブを連れて散歩に出かけてそのあとすっかりいつものルーティーンをこなしリラックスモードでテレビを見ている感じで、本当にこの前のフラフラ意識が半分内みたいな状況は何だったのだろうと思うぐらいに普通なのだ。
 私の手作り焼きそばとトマトパスタスープもきれいに食べて、(さすがにその後の御飯と漬物パターンはなかったが)10時の就寝までは結構座って起きていたので、ますます不思議な感じ・・・当たり前がいいはずなんだが・・・・
 8時半には日本のレベルの高い陸上男子100メートルの決勝戦があって、ずらりと並ぶ100メートル9秒台の選手たちの戦いにドキドキしながら観戦したが、結果は意外に平凡な記録に終わり多田選手が10秒15で優勝、3位に山縣が入り桐生は5位に沈みサニブラウンも小池も0.16秒の間にひしめき合うという形になって、雨上がりのフィールドと無風、極度の緊張によるコンディションの悪さが、いい記録を出すことを拒んだ感じだった。
 しかしその中でもやはり五輪出場選手3枠の内定を取るだけの実力はあったのだから、この二人にはあっぱれだ。
 しかし2位に入った選手は無名の大学生で、五輪出場標準記録を突破してないので残りのすでに突破している選手の中から後日選ばれるようだ。
(NHKwebニュースより)
多田選手
 このようにオリンピック開幕まで1カ月を切って本来ならワクワクする時期なのだが、会場となる東京や神奈川、千葉あたりがまたまたコロナ感染のリバウンドの兆候を見せつつあるのが気になるところだ。その対策について政府も組織委員会も躍起になってガイドラインのやり直し、引き締めなどを行い発表するが、どう見ても水際対策も観客ありの形式でどこまで厳しくおさえることができるのか甘いように感じるのは私たちだけだろうか・・・・

缶詰で

 「今日も梅雨の中休みなのか本当に暑い1日だったが、事務所内でほとんど缶詰状態で原稿書きのためパソコンと資料の書類の前に張り付いていたので、夕方にはエアコンの効きすぎかちょっと寒いくらいだった。もちろん昼食休憩で外に出たときは、まぶしいくらいの暑さを感じ、夕方6時半に事務所を出たときはまだ明るくて、そんな時間になっているのも実感しなかったくらいだ。ちょうど夕方から夫は会社内の打ち合わせ会食に出ていたので、私は一人遅めの夕食をとってリラックスしてサスペンスドラマなどを見て、報道番組を10時ごろから12時ぐらいまで2~3局視て明日の予定を考えながら休んだ。」

 議会だより、まずは25日の中締め、30日までには初稿入稿に全力をかけないといけない。皆さんの協力が不可欠だ。とりあえず自分の担当ページは7割ぐらいは終わったが、これから詰めの作業が必要だ。がんばろ~
 帰宅後の夫は普段と変わらないが、先日のようなことがあった後なので気にはなるが、近いうちに検査に行く予約を取ったとの事なので少し安心はしているが、お互いもういい年になっているから結果が判るまでは心配は尽きない。
 新事務所建設場所に設置された簡易トイレの周りを木で覆いをして花のプランターがあるのにはびっくり。時々水やりもしてくださいとのおまけつきにはさらに驚いたが、設計士の優しい心遣いにほっとするような気持になった。

体調管理には気をつけないと

 「今日も梅雨とは思えない暑い1日となった。梅雨入りが異常に早かったのだが、その後の降水量は非常に少なく感じる今日この頃だ。梅雨明け時期にドワッと来るのは困るのだが、3年前の西日本豪雨の時がちょうど7月初めの週にあれだけの雨を降らして大きな被害をもたらし犠牲者も出た。エリア的には範囲が限定されてはいたが、課題や教訓も多かった。これらを大切にして今後の防災につなげていきたい。さて、今日から議会だよりの編集に向け原稿づくり、校正、関連する仕事が山積みだ。ただ体調管理も同時並行にしっかりしないと、健康第1でまさにそれがベースだから・・・」

 今日はフラのレッスンもお休みだし午後から自由に動けるので公民館に書類を届けに行って、そのあと庁舎に行き小国さんに頼まれていたこの前の「女性と防災の会」で行った講座の報告書を提出しに行き、危機管理課の女性職員さんにはリオンの本を1冊進呈してきた。彼女もとても今回の参加によって防災のいろいろな視点が学べたようで、私たちとしても頼もしい存在に育ってくれることを期待している。もちろん後援してくださった教育委員会にも提出してきた。
 そのあと議会事務局によって表紙の写真や文章内容など少し打ち合わせをして庁舎を出て、エミフルによってその後帰宅。
 ニュースで東京都の小池知事が過労で今後1週間静養に入られると聞き、この1年半のコロナ対応そして目の前にはオリンピック、ワクチン接種などまた都の選挙も近いと来ている中、頑強な彼女でも倒れたか・・・・激務から解放されてしっかり元気になってまた復帰していただきたい。
 体調といえば、夫も夕食後、ふらふらしてしばらく頭を抱えて横になっていて、寝室にようやく入ってベッドで2時間ぐらい過ごしたら、お腹が空いたように下りて来て、メロンを食べて何ともない顔でまた部屋に戻り朝まで何ともなかったのだが、本当に一時は救急車でも呼ぼうかと思ったぐらい意識が朦朧としていたのでとても心配した。ここのところ医者から処方される薬もかなり多いのでちょっと心配なのだが、本人はケロっとしている。そのように見せているだけかもしれないのだが、お酒と薬の相性があまりよくないのかも・・・・
 夜この時期にはよく送ってくださるのだが、山形の果物の女王、佐藤錦(サクランボ)が届いた。これは嬉しいニュースです・・・・
  
PXL_20210622_110049260.jpg PXL_20210622_110039248.jpg   

6月議会最終日

 「今日は6月議会最終日のため午前9時から議運に始まり、全協終了後11時より本会議がはじまり一般会計補正予算を中心に追加議案も含め11の案件の議決をした。松前小学校放課後児童クラブ新築工事の請負締結が入札価格 について低入札価格調査の対象となり最終日に上程されたことで、再度委員会付託で審議され、本会議再開後すべての案件が最終的には可決され、町長の閉会のあいさつで幕を閉じた。ただ今後も入札に関してはダンピング防止や町内業者育成のために制度を見直す必要があり、今後の検討課題も明確になってきた。委員会終了後の報告書作成の時間を利用して広報委員会を開催させてもらい、6月議会だよりのページ配分と担当者の確認を行った。これからが私たち広報委員が特に忙しくなる時期を迎える。がんばろ~」

 議会終了時間が思った以上に遅くなったので、夕方慌ただしく買い物など用事を済ませ、帰宅すると洗濯物を取り込んでたたんでくれていたのには夫への家事分担成功・・・この調子でシェアしてくれたら助かるが、なぜか自分の分だけタンスにしまって残りはたたんで積んであるだけ。わずかな抵抗なのか??
 仕事のストレスは夕食の冷たいビールで払拭。この前sale
で買った大葉餃子を焼いて食べると、これがうまかった。
 ただ、たれのポン酢が少なくてちょっと残念だったが、news報道
で愛媛のコロナ患者ゼロが続いてるようで嬉しかった。単純?
               餃子とビール

紫陽花天国!

 「今日は朝からとてもいいお天気。久しぶりに例の山の家に行くことにした。多分紫陽花が満開になっているかもしれないので見に行きたい思いもあって・・・この夫のぽつんと一軒家はかなりの悪路をくねくね上がっていかないと到達できないので、私は一人では到底いけないと思うぐらい迷路のような山林の中を抜けていくのだから・・・・」
     PXL_20210620_022240782.jpg
               PXL_20210620_020935092.jpg
 午前10時半にようやく到着。まあなんてことでしょう、山の家に近づく山道の両脇のアジサイの大きな花が車のミラーに当たるように迫ってきてるんだから。なんともすごい光景になっていた。まさに紫陽花天国のような楽園に。
 この前来たときはつぼみの状態だったのでさほど感じなかったの
だが、色とりどりで花も大きく、ガクアジサイや種類もいろいろあって赤紫、青紫、薄紫、青、ピンク、赤、白など本当に圧巻だった。何本か生け花にするため切って持って帰った。
        
  PXL_20210620_023413520.jpg 
   PXL_20210620_072111173.jpg

日本防災士会理事会へ

 「今日は午前中に家事を済ませ、午後からコムズにて久しぶりの日本防災士会愛媛県支部の理事会に出席した。ずっとコロナの影響で会が開けず、総会も書面決議となり、ようやく今回その時の結果発表と支部運営に対する皆さんの意見交換の場を持つことができた。支部運営には何かとお金のかかることもあるので、どの辺を厚く、またどの辺をコストカットしていったらいいのかなどに結構皆さんいろいろな思いを述べていた。特に本部に対する5000円の会費が支部と合わせて8000円となるのはなかなかきついものがあるし、その5千円の中身がよくわからないなどと、本部に対する今後のかかわり方にも言及する意見もあった。もちろんその一部1200円分は支部に返ってきているのだが、本部を通しての自治体からの依頼活動などお金になるものもある。そのため切ってしまうこともできないし、今後の運営についてもう少し議論を詰めていく必要があるだろう。また支部長などの人事についても任期越えになっているので後退したい旨をつげられたが、これもブロック長や幹部で候補者の絞り込みをして段階を踏んで決めていただきたい。」
       PXL_20210619_043710047.jpg
 会の後、NHKから防災ニュースのアプリや災害報道について支部にも協力したいとの事で説明に来られた。クリアファイルやチラシなども配布してもらった。
           
PXL_20210619_052952107.jpg
 本当に久しぶりに皆さんとお会いすることができて、雨水期を前
にして私たちも活動を活発にする時期に入ってきた。
 早速、今朝がた宇和島を震源地
とする地震があって、中予あたりで震度2~3の計測が出ていた。午前7時半過ぎだったので、私はその揺れで起こされてような感じだった。やはり地震の揺れは不気味で怖い。人的被害もなくよかったのだが、大きな地震の予兆でなければいいのだが・・・・
 帰りに、明日の父の日のために夫にパジャマを購入。帰宅後手渡
しすると、機嫌よく受け取ってくれた。

入稿に向けて

 「今日は朝から雨模様だがパラパラ程度の雨しか降らなかったので、傘を使わずじまいで終わった。朝から事務所に詰めて、今できる議会だよりの入稿に向けてまずは自分のノルマでもあるページ、一般質問や目次について作成作業にかかった。ちょうど事務局から一般質問の議事録の粗原稿も送られてきてたので、とりあえずほぼレイアウトも完成した。お昼はいったん帰宅したが、休憩後には5時まで事務所に詰めて自分が間接的に担当している記事についても依頼書をメールでまた締め切りについては電話でお願いもしておいた。できる限り作業は最終日までにできるものはしておきたかったので・・・」

 今日の新規コロナ感染者は2人で、ここのところ一桁で抑えられている愛媛県だが不安材料は多い。もうあと35日となった東京オリンピックで人の出入りが活発になり人流、お酒を伴う飲食店の時短解禁など、ワクチンが行き渡る前にこれらの波が押し寄せてくる。
 私たちがいくら自生しても巻き込まれるリスクは大きい。世界のアスリートの最高のパフォーマンスが見れることやそこに展開するドラマは、私たちを感動させる。それはとても楽しみだし有意義だが、パンデミック状態の中でこれだけのイベントを2週間から1か月間、安心・安全を維持できるのか・・・・医学関係専門家たちからはできれば中止、どうしてもやるなら無観客でという意見が出ているがどうも政府側、IOC,IPC からは有観客でしかも1万規模を考えているようだ。
     
尾身会長 (NHK news webより)
 5月に結婚式を予定していて結局写真撮りとごくわずかな友人たちとメモリアルなイベントに切り替えた息子夫婦が、挨拶を兼ねて来月やってくるようなんだが、彼らも東京がまた緊急事態宣言下になるのではとの懸念から気を使ってこの間を利用するとの事。
 7月末には新妻(郁さん)の実家近くの中古マンション(千葉)に引っ越すとの事・・・お手伝いにも行けないのだが、次男に助っ人を頼むつもりだ。

補正予算審議

 「今朝からいい天気。まさに洗濯日和。今日を逃すとまたしばらく雨模様になりそうだとの予報だったので、朝一番で洗濯をしてテラスに干して、夕方にはきれいに乾いていてよかった。午後9時半から予算決算常任委員会で6月議会で付託された一般会計補正予算について審査。古くなった消防団の活動服を新調することに。ただ夏・冬に分かれていた服を合服に統一し難燃性のものを各1枚づつ310人分購入、汗をかいて使えないときの出動でなにか事故でもあったらどうなるのかとか、洗い替えの心配などの意見も出ていたが、あくまでもこれで行くようだ。電子入札の件や私たちもペーパーレスのため来年にはタブレット1台づつ使用できるようになるのだが、ネット環境とか実際に使いこなすまでには時間がいるだろうなと感じた。国費や県費で補助されるもの、ホッケー場の屋根付き観客席の設置、その大屋根に松前のロゴが予定されるとか、北公民館の和室の雨漏りの補修工事にはおどろいた。去年大規模な耐震・改修工事をしたばっかりなのに、なぜ?これは調査が必要では・・ほかにも不具合があるのでは気になるところだ。結局3時前にはすべての案件が審議され終了。帰りにエミフルで買い物して帰宅。」

 帰宅後、花瓶のアジサイが少し弱ってきているので水切りをしたら復活してくれた。この紫陽花は5月末に行った山の家から積んできたものなので、本当によく保っているなと感心している。
 夕方、夫が少し遅くなることが分かっていたので先に夕食を食べ始めていたら、意外と早く帰ってきた。
 伊予市では友人の川口議員が、災害時に聴覚障碍者の意思伝達を支援するよう一般質問していて、この問題に取り組む市内の聴覚障碍者のご夫婦が議会の膨張に来られていて、森川さん(手話通訳士)が傍聴席に初めて入ってその内容を伝えたという記事を見た。
 私も町内のそうした問題に対して調査してリアクションしたいなと感じた。女性と防災の会で絵カードを使って意思伝達していく手法を森川さんから紹介されたときはとても衝撃的だったので・・・(その イラストがとってもわかりやすくて上手だったので)

文教厚生常任委員会での審議

 「今朝から雨も降り梅雨らしい天候となった。今日は午前9時半から文教厚生常任委員会があり、本会議にて付託のあった松前町手数料条例の一部を改正する条例について審議。全員一致で可決した。内容は、個人番号カード(マイナンバーカード)の再交付手数料を徴収できなくなるので条例改正となる・・・デジタル社会の形成を図るための関係法律の整備に関する法律により、マイナンバーカードの発行にかかる事務が町の事務から地方公共団体情報システム機構の事務に変更となったのが大きな理由だ。そのことで住民サービスが低下することにはならないようにするし、手数料減額分はまた別に交付金措置もあるので財政的な問題もないとの答弁もあった。」

 その後の協議会においては、コロナワクチン接種についての質疑が多くあって、いずれも職員さんたちの大変な努力で何とか回している実態が見えてきた。無理しすぎないよう議会に対して相談できることはぜひ議長を通して発信してくださいと委員からもエールを送った。
 また今後の64歳~18歳の住民方々へのワクチン接種のスケジュールについて、少し前倒しで進めていきたいとの意向も聞けた。また町外の施設利用者の接種の有無の確認についてどのように行うのかなど、いろいろな問題点も浮かび上がった。すべて初めてのプロジェクトであるために戸惑いや想定通りにいかない点も多いと思うが、この期間限定の経験を通してマニュアルのない難題にも対処できるように力をつけていただきたい。
 11時過ぎには事務所に戻り、夕方5時までずっとデスクワークを。午後2時にはセコムさんとの打ち合わせ、そのあとは一般質問の原稿を議会だよりのページ作りのために答弁書と合わせて作成作業に。
 明日は補正予算についての予算決算常任委員会があるので、資料の確認を・・

傍聴へ

 「今日は朝からまあまあの天気で、午前9時半より総務産業建設常任委員会が開かれ本会議から付託された2件の案件と協議会が行われた。私は所属が文教厚生なので傍聴席にて会に臨み、今回の特集記事用に写真も撮る役割もあった。案件は国保税率の引き上げについての条例改正と土地改良事業として恵久美の水門改修工事の2件と請願事項があって、これは地方たばこ税を活用した環境整備に関するもので委員会としては全員の賛成により委員会からの国に対する意見書提出という形になった。」

 松前町の国民健康保険税の税率アップには、住民の生活に関わることだけに委員の皆さんからも、上げるにはそれ相当の理由が明確でなければならないとか、平成28年に上げてその後一回下げてまた今回上げる動きについて、算出根拠や国保会計が留保分で賄えなく厳しくなったからにはその理由や上げないためにどんな努力をしてきたか具体的な施策を問うなど、行政に対して厳しく質していた。今後の施政に緊張感をもって動いてもらうことに期待したい。
 協議会においては、入札にかかわる質問がなされ企業に対する支援補助金のこれまで10年間の一覧表の提出などの要求もあった。
 明日は私の所属する文教厚生の常任委員会が予定されている。付託案件は1件だけだが、しっかり審議していきたい。
 11時半には事務所に戻り、少しデスクワークをして12時前には事務所を出た。
 上の階の住民さんのほとんどが某会社の社員さんたちでここは5月からは完全に社宅状態になっているので、ずいぶん雰囲気は変わってきた。今日はその会社の方々の車が下の駐車場にずらりと来ていたので、ちょっとびっくり・・・
 午後1時からは、久しぶりにフラのレッスンに。
 先週は議会で休んでいたので新しい振り付けはわからなかったのだが、何回か繰り返しているうちに何とか覚えて皆さんの迷惑にはならない程度にはなったかな。多分もう1週休みが入ると復習しないとすぐ忘れてしまいそう。
           
フラダンス
 夜は二番町の白魂で、夫と中華料理を楽しんだ。少し人が戻ってきてるかな・・・

一般質問を

 「今日は朝から梅雨らしい雲域 。午前9時半から一般質問だった。通告書の提出順で順番が決まるので、今回割と早くに提出していた私がトップバッターになっていた。三つの質問を行い、1、独居中高年齢者の生活支援 2、人口微減対策としての空き家の利活用について 3、コロナ禍での小・中学生のこころの問題について 以上これらにつき現状の町の施策や今後の課題について答弁があった。」

 ★どの回答も現状把握と一定の方向性は明確なのだが、より具体的に何が功を奏しているかなど、今後の状況を見ながら進めていくという段階のものが多く、今後さらに深堀してお聞きする内容になる可能性を感じた。
 特に2については
8年後に28500人の人口維持を目標にしている限り、着々と実践事例を増やしていかないと絵に描いた餅となったしまう懸念すらある。
 ほかの質問には使用済み紙おむつののリサイクル事業や入札の際
に低入札最低価格の調査内容、下水道事業の繰入金の使途内訳特に大型商業施設の使用に関する算定は計画当時入っていたのか、公共下水道事業計画の凍結や義農大賞の中止の考えなど行政側に大きく一般会計予算の考え方について町長の英断を求めるものなど、幅広い内容になっていた。
 4人の登壇者の質問で12時はまわっていたが続けて行い、1
2時半ごろ終了した。
 明日から各常任委員会で付託された案件について審議されていく
予定・・・・

高齢社会をよくする会

 「今日は朝から雨模様という予報があったにもかかわらず、日が差していたので思い切って洗濯を。もし急な夕立があっても濡れないようにテラス内に干して、モーニングに行って、帰宅後昼までの時間はパソコンの前でおおかたFacebookやメールなどのチェックをして書き込みも済ませた。12時前には友人宅まで車でお迎えに行き、今日の会合「高齢社会をよくする女性の会全国大会㏌松山」の実行委員会の総会に出席するためコムズまで行った。午後1時35分から上野千鶴子さんの講演があって、その後総会がありその議長を事前に事務局より頼まれていた。」

 上野先生の軽快で本音でズバリと語るトークは、聞いていても小気味いい。確かにもう間近に迫っている終末をどう迎えるかという課題について、機嫌よく自分の意志で家族や伴侶に遠慮せずに決めてその道を進むには・・・・在宅一人死をお勧めだといわれる。
 これは孤独死ではなく、不審死でもなく安らかにその時を迎えるや
り方だとおっしゃる。ピンピンコロリはいいようでよくない・・・なぜなら本人はいいかもしれないが突然死なので、不審死の疑いをかけられ警察などいろいろ調べられたりするので後に残るものに迷惑をかけることになる。かといって死ぬ間際に親せき一同集まって周りで泣かれたり、呼び続けられると自然に亡くなろうとしているのに、うるさくて仕方ない。と先生は言う。あ~なるほどなと思いつつ、認知症になったら自分の意志は通しにくいよなと思うが、事前に自分の希望をしっかり伝えておくことが大事で、最後までターミナルケアを在宅で行うことができるのだといわれる。訪問介護や診療がしっかりできるならと思いながら聞いていたが、国の政策として介護保険の限界からだんだん在宅ケアを勧める方向になっていて介護度3以上にならないと施設介護もできにくくなるようだ。国の意図にはまるのではなく、自分の意志で行きたくもない施設に入って最後を迎える必要はないのだと結んでおられた。納得・・・・
          
上野さん 
 その後、総会があって私が議長でスムーズに皆さんの協力も得て進
行することができた。ほぼ時間通りに終了することができ、ほっとした。
       PXL_20210425_043604531_20210614110652de5.jpg

             PXL_20210425_055357572_20210614110650be7.jpg

 明日はいよいよ一般質問だが、今日の会は私自身にとって新しい
発想を得る機会にもなったし、質問に関連するような内容にもなったし参考にもなった。
 ★夜は全仏オープン最後の男子シングル決勝を楽しんだ。

保育士さん向け防災講座

 「今日は朝から何とかお天気ももってくれて、会合に参加の皆さんにもラッキーだったかな。女性と防災の会が、約3年前から手掛けてきた逃げ地図作りと防災絵本の読み聞かせを合わせて約2時間半の防災セミナーを開催し、「園児と保育士の命を守るために」をテーマに松山市から7園、松前町から5園、伊予市から1園の保育士さんたちの参加を頂いた。また他にこのイベントのスポンサーの松山市のライオンズクラブから宮下さんが、町からも危機管理課の職員さん、そして講師としてエルパティオ保育園の川崎さん、仙台から宮城防災士会のフリーアナウンサーでもある黒田さんにお越し頂き、充実した会を開催しすることができた。皆さんのこれからのお仕事に役立てていただけるものになったのではないかと、事後のアンケートからも推測でき安堵しました。もちろん100%ではない部分もあるので、課題としてこれからも研究を続けていきたいねと会のメンバーで確認し、さらなる目標を見つけたように思います。」
      IMG_1759.jpg
 会の後に、来れるもので反省会をして2時ごろ解散。その時、時間が詰まっていたため逃げ地図作りについては事前にこちらで作成した名簿を各保育所や幼稚園さんなどに渡したのだが、実際に各園に帰られてから、できれば2500分の1の縮尺図を使った逃げ地図作りを実際にやっていただければ非常に避難場所との距離感やどう避難体制をとって行ったらいいのかなど、それぞれの抱えている事情もよくわかり独自の準備体制も構築できるのではと感じた。
 またリオンの読み聞かせについては実践例を挙げながら、そのポイントやこれをやっていくメリットなどをしっかり把握し、対象年齢で理解度も違いますし集中力の限界もあるので、各園に沿ったやりかたの工夫が必要かと思った。そのため我々メンバーに声をかけていただければ、実践応援に行きますよとつないでおいた。
      IMG_1768.jpg

   IMG_1781.jpg

 黒田さんには、せっかくの訪問なので道後を案内し鯛めしを堪能していただいた。今度私たちがまた仙台に研修に行った際には、よろしくねと伝えておきました・・・・実際のところぎりぎりまでコロナの心配があったのですが、ようやくこちらも
向こうも収まってきたので、今回リモートではなく対面で実施することができ、本当によかったと思いました。
         IMG_1786.jpg 

ワクチン接種の効果に期待

 「今日も朝から日差しのきつさを感じる始まりだ。昨日から引き続き左目の周りが痒くて目やにも出てきたので、これはひどくならないうちに眼科に行っておこうと思って事務所にちょっと寄ってから西尾先生のところに行った。いつも通り待合室はほとんど人がいないので、すぐに診てもらえるのが気に入ってるのだ。それに私が疲れや寝不足などが続くと、よく目の周りや眼鏡にヘルペスが広がり辛いことがあるのだが、ここのお薬がよく効いてほとんど1週間内で治ってしまうのだ。そのため私はここでは常連さんなのだ。帰りに庁舎によって用事を済ませ、事務所に戻った。」

 午後から議会広報のため表紙やその関連ページのため、新型コロナワクチン集団接種会場の松前公園内のアリーナへと向かった。会場内は思ったほど混んではいなく整然と来られる方を誘導し、2階の広いコート内を各予診票チェック場や接種のブース(4つ)接種後の待機場などに分かれていて、それぞれのエリアや全体、そして実際の各ブース内の接種時の様子などを写真に撮らせてもらった。職員とそれ以外にお手伝いの係員に民間会社からも応援に来てもらって、スムーズな運営を行っていた
       
IMG_1688.jpg  PXL_20210610_043045236.jpg  
   IMG_1696.jpg
               
 写真を撮り終えてから議会事務局に行って、データをお渡ししたかったのだがうまくいかなかったので明日事務所で選択してCDなどに入れて来週中にでも持っていくことに。
 その後、明日からの予定のため車に給油して事前にコースも走っておいて掛る時間などのチェックをして帰宅。
 今日は本当に暑かった。各地で30度越えになっていて、あちこちで熱中症のため病院に救急搬送される方が急増していた。コロナで病院がひっ迫状態の時でなくてよかった。しかし、この夏またリバウンドなどを起こしていたら、こういうコロナ以外の重傷者への対応が難しくなってくるので心配だ。ワクチン接種の効果に期待したいところだ。

6月議会、初日です

 「今日はまさに夏日。本当に気温がぐんぐん上がって、駐車場の車も中は非常に高温状態に。9時半から6月本会議。町長の諸般の報告から始まって今議会に上程される案件について報告、即決分、各委員会に付託されるものなど決定し、14日の一般質問、15日から17日にかけての各常任委員会で審議され、最終日21日に終了予定。ただ今回は、コロナ対策としての専決分も多く、請願も1件あり最終日の追加議案もあるかもしれない・・・それらを踏まえて広報委員会においてもとりあえずのページ配分、また担当者についても決めていった。本会議終了後には特別会計の補正予算の審議(ほとんどが人事異動によるもの)を済ませ、ちょうど12時に終わった。その後1時間の昼食休憩をとって、現場視察で3か所回った。(6月予算に関係するもの)その後2時から議会広報編集会議(№110について)を45分ほど話し合いをして、編集スケジュールについても確認した。」

 ほぼ1日がかりの会議日程をこなし、来週の一般質問に向けて準備に入るための調整や資料チェックなどを行った。
 また買い物も済ませ、帰宅。やはり今日のフラのレッスンはお休みすると伝えておいて正解だった。
 週末にかけて「女性と防災の会」の主催する保育士さんと園児の命を守る防災講座についていよいよ、仙台から講師の防災士も金曜の夕方には来られるし、何年かぶりにお会いできることが大変楽しみだ。空港に私がお迎えに行ってホテルまで送迎し、夕食の接待も任されているので責任重大だ。
 黒田防災士とは4年ぶりぐらいになるかな・・・・SNSなどではよく連絡しあってはいるのだが、今回もコロナでもしかしてリモートでの講演という形になるかもしれなかったので、実際に来てもらえることになってよかった。
 また13日の昼からはまた別の会合が予定されていて、緊張の糸は切れない。がんばろ~

デスクワークで一日!

 「今日も梅雨のお休みなのか、暑い1日だった。午前中から午後4時までは事務所にてデスクワーク。ランチもすぐ近くのコンビニで買って軽く食べ、またパソコンの前で原稿を書いたり必要な電話連絡など。事務所の上の階の住人たちがかなり入れ替わって、周りの事情も徐々に変化。外国人の若い女性たちが増えて洗濯物が国旗のように色とりどりにはためいてる景色は今までにはない感じ。4時過ぎには庁舎に行って、危機管理課で防災マップのセットを今度の12日の女性と防災の会のために受付でゲストにお渡しする分を分けてもらった。また、まちづくり課にも用事があって行き、帰りにエミフルによって買い物を済ませた。」

 夕方5時半には北川原のコーヒー豆を販売しているお店に行き、若い店主にお会いしてお話しすることができた。
 彼女は1年前にこの地に着て出店し、お洒落な店舗と自宅を構え、とってもお若いのにクラウドファンディングでお店を立ち上げSNSや雑誌にもお店の広告も出していた。可愛らしいイラストやチラシなどもご自分で作っているとのこと。偶然なんだが話を聞くと私の出身大学の後輩で、学部こそ違うけどなんだかとっても親近感を持って話を進めることができた。せっかくなのでコーヒー豆を引いてもらって100グラム購入させてもらった。
         
PXL_20210607_084554524.jpg
 今日の愛媛のコロナ感染者2人。昨日はゼロとなりこの1週間はずっと一ケタで続いているため、この間ワクチン接種が順調に伸びてくれるとさらに安心材料が増え、徐々に元の生活がもどってくるのか・・・とはいえ全国的にはまだまだステージ4や3のところも多い中、人流もさほど止まっていない、むしろ増えているような事態にも。そういう状況下では国内はつながっている分、まだまだ安心はできない。
 明日はいよいよ6月議会の初日となる。本会議終了後には特別会計の予算決算や現場視察、広報の委員会などが予定されているので1日がかりだ。がんばろ~

防災講座に向けて

 「今日は朝からお天気も崩れることなく過ごしやすい1日だった。午前中はゆっくりと朝食をとった後、昼から予定している会議のための準備をしたり、新聞でコロナ関係の記事などをチェックした。朝食が遅かったせいもあって昼食は食べずに、昼からの女性と防災の会に参加した。会場は松前の文化センターの2階の研修室だったので、近くて少し早めに着くいたのだが、高校生たちのダンス大会があって若い人たちが大勢同じ文化センターの2階が各陣営の控室のようになっていたので、13時から借りるようになっていた部屋もギリギリまで彼女たちに占有されていた。ようやく5分前ぐらいに部屋に入ることになって、机を並べ会の準備をした。実は来週の12日にこの奥の部屋で「災害時、保育士と園児の命をどう守るか。」というテーマのもと予め参加希望を募って確定した13の保育園や認定こども園、幼稚園の方々に来てもらい避難する時の順路などを逃げ地図という手法を使って身近なものにしてもらうこと、また仙台の防災士を呼んでの防災絵本の読み聞かせの実践を見てもらうことで日ごろの防災教育に生かしてもらおうという試みをする会を予定している。今日はそのための準備と逃げ地図の実践と役割分担や当日のスケジュールの確認をした。」
       PXL_20210605_054405573.jpg
   PXL_20210605_054420477.jpg
 各エリアの防災マップを見ながら、それぞれの園の逃げ地図をみんなで2~3個ずつ分担してグループでワークショップしてみて、またその時の注意点などを確認して本番に臨むことに。
 姫野氏が作ってくだ
さった逃げ地図作成ポイントのパワーポイントがとても分かりやすく好評だった。
        
PXL_20210605_072455605.jpg
 仙台で親しくなった黒田防災士がはるばるこちらに来てくれることに。なかなかコロナで厳しい状況だったのだが、その時にはZOOMでの講演になるかもしれなかったのだが、何とかコロナが収まってきたので実際に来県できるようになった。
 本当に久しぶりに彼女と再会できるので、みんなとても楽しみにしている。夕方17時まで打ち合わせを終えて、12日の会の終了後の昼食会の会場の予約のため北斗に行った。そのあと夕食の買い物を終え、帰宅したのが18時前だった。

梅雨本番!?

 「今日はまた梅雨らしい天候に戻り、じめじめ感がマスクで覆う顔を熱くする。午前9時半より議員全員協議会。6月議会に向けて事前の説明が必要なもの、今後の案件に関係するもの、3月議会で説明不足だったものや入札不調のもの、繰越会計分など13にわたるものの説明を受けた。それぞれ質問のあるものやないものも含め、結局お昼休みを挟んで午後3時ごろに終わった。その後、危機管理課で防災マップを頂いて、来る6月12日の防災講座の準備のために使用するためだ。また福祉課によってさらにコロナ禍の中でも地域活動の再開など、話を聞いた。帰りに少し買い物をして帰宅。明日から、もっと雨が降って梅雨本番という感じになるらしい。」

 コロナ禍のこの状況下でオリンピック開催について、分科会の会長からの厳しい発言があったが政府の姿勢は変わらないようだ。そのための切り札と思っているワクチン接種が加速されている。町内でも結構高齢者への接種が毎日どんどん進んでいるが、6月1日からコールセンターの回線を従来の3回線から5回線に増やすようにしているので、もう少し予約が取りやすくなるかもしれないが、64歳以下、若い人たちへの接種はどこまで広げることができるのか。とりあえず必要なワクチンは送られてくることは今のところ問題なく進んでいるらしいが、打ち手の問題や保存庫のキャパもあるので、あくまでもその範囲での接種であることは間違いないようだ。
 全仏オープンで昨夜から今日の午前2時過ぎまで観戦していたため少々眠気があったけど、錦織選手のフルセット4時間以上のプレーには感動した。テニス選手のメンタル面でも相当きついインタビューをやはり行っていた。大阪なおみさんが訴えていたのはこういう取材なんだろうなと、私たちにも分かった。3回戦までしっかり休んで、万全の態勢で挑んでほしい・・・・
     錦織 [写真/ゲッティイメージズ]ゲッティイメージズ)

フラレッスン再開

 「今日もいいお天気で、むしろすごい日差しで梅雨時期とは思えない天候だった。いよいよ6月議会の準備として早速議会運営委員会が始まり、明後日の議員全員協議会に向けて中身の調整、そしてその会が約30分で終わり10時半より広報の打ち合わせ会を行い、6月号の内容について、また以前から積み残していたアンケート等について委員の皆さんと意見交換をしてほぼ8日に向けて形が見えてきた。議会初日には準備できるようにページ配分などの原案を考えていかなければならない。明日から忙しい毎日が始まる。コロナ感染がようやく一桁台に落ち着いてきて県内の警戒レベルを少し緩和し、やっと公民館など町の公共施設が使用できるようになった。私が所属しているフラダンスの教室も4~5月にかけてずっとお休みだったのだが、今日から練習再開となった。久しぶりに踊ってみると、なんだか体が思うように動かず、振り付けもしっかり忘れていて思い出したころにはレッスンが終わっていた。トホホ・・・」

 こうしてまたサークルの皆さんと顔を合わせると、やっぱりうれしい。コロナがなければこんな事を経験しなかっただろうに。でもマスクや手指消毒、ソーシャルディスタンスを保って練習開始だった。
 マスクは、この暑さの中の練習にやっぱり息苦しさにもつながる。もう冷房がほしくなるようになってきた。水分補給もこまめに必要になってくる。
 今日大坂なおみさんの衝撃的なツイッターからの告白を聞いた。2018年の全米オープンに優勝してからずっとうつ病と闘っていたとは・・・超有名人になって注目を浴びるアスリートになってから彼女には想像以上のプレッシャーがかかり、メディアの取材がきつかったようだ。
 一流選手になっていく上で避けては通れない道なのかもしれないのだろうが、それを必要以上にメンタルヘルスが軽視されているシステムに一言いいたかったのだろう。それなら昨日の発言も納得はいく。全仏オープンの棄権は残念だが、この状態ではますます深みにはまってしまうだろうから、いい選択ではなかっただろうか。今後はまずは体力・気力の回復と、テニス業界とも折り合いをつけたいい関係を構築していただきたい。なおみさん、早く元気になってコートでその雄姿を見せてください。