fc2ブログ

藤岡みどり活動日記

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

サロンの集まりへ

 「今日は、とうとう年度末。あったかい1日だったが、花粉は相変わらずでなんだかマスクのおかげで助かっているけど本当はもっとムズムズ状態じゃないだろうか・・・午前9時半には事務所に入って、昨日校正の入った自分のページに関して修正をしたものを作成し、さらに修正すべき点が見つかったページには修正を入れて事務局に送るように準備してもらい、10時から集会所に行ってサロンの皆さんや健康体操のメンバーの高齢者の方々など約20人の集まりでお話会に参加しました。民生委員さんや区長、そして私のほうからも皆さんに関係する話などをさせてもらって、庭から集めてきたきれいな花々が飾ってあったので、ちょっとしたお花見の会にもなっていた。」
  PXL_20210331_015021638.jpg

                PXL_20210331_010121685.jpg
 購入したお弁当は、それぞれ持って帰って早めに食べてくださいとのことだった。本来ならそこでみんなといっしょにおしゃべりしながらお弁当を楽しむところなんだが、コロナ禍でそれもできず短い時間でお別れという集まりだったが、今は仕方ない。
 いったん家に帰りお弁当を食べて昼の休憩をとって、また2時過ぎに事務所に戻ってまた入稿のための原稿チェックを始めた。討論文章については本人に要旨はこれでいいか、確認のためにファックスを送ったりして、さらにチェックを求めた。
 4時前までその作業にスタッフとともに集中してそれから市内に出た。
 高島屋に以前購入したズボンのお直しを出していたのでそれを取りに行き、少し買い物もして帰宅。デパ地下の食料品は目先が変わってちょうどいいので、夕食の材料として購入。
 夕食時はいつも話題になるのが、コロナの件。厚労省のお役人たち23人の夜中近くまで会食したことや、大阪の599人の感染者。完全にリバウンドして東京よりも多くなっている。ついに国に対して「まん防」を申請したとか・・・・吉村知事の勇み足が結果このような事態を引き起こしたのでは・・・・・

コロナ第4波に危惧

 「今日は、昨日の雨からすっかりお天気に。日中は黄砂のせいなのかくすんでいるような空気感。午前中は広報紙の編集のため、主に文章校正を中心にスタッフとともに缶詰状態。資料を基に、先週金曜日の会議でチェックの入った文章の直しを・・・全体に字数の多いのを削減していく作業が大変だった。ほぼ出来上がったところで時間切れ、あとはスタッフに託して予約の入っている歯医者に。奥歯の左上がずっと痛いのだ。食事の度にキーン、キーンと痛みが頭のほうに来るんだけど、それを言っても先生は、歯茎はきれいだし腫れてないし、噛み合わせの問題だから当たっているところを削っておきましょうとか言って、ちょっと削って、これで多分大丈夫だといわれるが夕食時も全然変わらなかった。」

 5月の息子の結婚式に向けてそろそろ飛行機のチケットの予約もしておかなないといけないと思って、エミフル内のフジトラベルに行っていつものご指名スタッフに相談して調べてもらっていたので、その結果報告を聞きに行った。
 ANA,JALともにかなり減便になっていたので、とりあえず5月の予定はまだ決定ではないのだが早割で抑えておくには近いうちに購入しておかなくちゃいけないし、本当にコロナの感染拡大が影響するので賭けのような購入になりそうだ。
 それにしても愛媛も感染拡大がずっと2ケタ続きになっている。患者数はトータルで1300人は超えてしまった。東京近辺の3県もなかなか3桁から脱却できていない。抜本的な対策もないからだ。
 その対策で一番期待が集まるのがワクチン接種だ。そのワクチンがなかなか入ってこない。私たち65歳以上の高齢者接種もかなり遅れそうだ・・・

ボランティアガイド研修へ

  「昨日はとってもいいお天気で桜も満開になってきて、行く道みちで春を満喫できる雰囲気だった。午前中は、はんぎりボランティアガイドグループの年度内最後の研修会に参加させてもらって、史談会の鷲野氏の松前にまつわるいろいろな歴史話を聞かせてもらい、さらには会員さんの勉強したことの発表なども聞いて有意義な時間を過ごさせてもらった。ただ手違いで5回中3回は出たのだけど、終了証は頂けなかったのが残念だった。今日は朝からずっと雨模様で資源ごみ回収も雨の中、皆さんそれでも頑張って何とかやり上げました。1時間ほどで作業は終わり、帰宅後朝食を食べ、昼前には昨日の 残りのカレーを食べて、午後1時には近所の友人宅へ。」
  
PXL_20210327_020509730.jpg
 午後2時から松前の文化センターにて私たちの共通の友人の山下さんのコーラスグループが発表会をすので、車に乗り合わせて行きました。
 センター内の観客席は1席ずつ間隔をあけて座るような形式で、入
場時には検温、手指の消毒、もちろんマスクをして整理券にはしっかり住所、名前も明記して入った。
 ちょっと時間より早めだったのでいったん席を取ってからロビー
にて少し談笑し、15分前にはホールに入り本番を待った。
 もちろん写真が厳禁だ
ったので、せっかくの美しい衣装やステージ風景は撮れなかったのだが、山下さんはステージライトに照らされて普段より一段と素敵な感じで歌っていて、女声合唱団の優しい音色に思わうっとりして、ややもすると会場内が暗いので睡魔も来そうで注意しながら2時間半を楽しんだ。
 帰りには近くの喫茶店によって、近所友達3人組は女子トークで
これもとっても楽しかった。長いお付き合いの私たちだから、また似たような年頃だし、一緒に近所で何十年って暮らしてるから共通の話題も多いのでね・・・・
 夕方5時には喫茶店から帰宅。また明日からいろいろ仕事もある
し頑張ろう・・・この土日の充電タイムが結構明日からのやる気につながるんだと思う~~~
            
みどり頑張らなくっちゃ!

広報委員会

 「今日は、議会広報常任委員会で文章中心にチェックしていく時間を取った。それぞれのページにおいて一度黙読してもらう時間を取って、それから皆さんで確認してもらうような感じで進めていった。ただ本議会中に意見が分かれた案件についての考え方の違いに対して、少し感情的になったり意見の対立で少し伯仲した感じで何とも言えない雰囲気になる場面も・・・ただこれは乗り越えていかなければならないことなので、ぐっとこらえてやっと全16ページをやり終えた。これをもって4月1日には入稿し、初稿上がりが6日で9日に第4回の委員会をして、みんなでチェックすることに。」

 3時半には事務所に戻って、ほっと一息。ちょうど友人が来ていて、リラックスした中で話をしているとモヤモヤ感はどこかに行き、やはりホームに戻ってきたという感じだった。
 その後、近所の人や銀行の人が来たり、結構立ち代わり入れ替わって来客があり気が付けば夕方5時過ぎになっていた。
 ちょうど夫から電話があり、夕食は近くのレストランへということに。うどん茶屋北斗に行った。行くと、思った以上に客がいた。松山市内は昨日のコロナ感染拡大で陽性者が59人も出たのだから、やはり市内には出にくかったのだろう。
 高校生たちのような若者がやってきてワイワイ密着状態で大声でしゃべっていたので、どうしようかと思っていたら、しばらくすると注意されたのか静かになった。注文したものが来て食事を始めるとさらに静かになった。
 いつもマスクやソーシャルディスタンス、また黙食を続けるなど、いつまでこのような生活を強いられるのか・・・本当にコロナ禍の生活の収束を願うところだ。

広報レイアウト着々と

 「今日はお天気だったけど、やはり朝方はちょっと肌寒い。ただお昼過ぎには結構暖かくなっていた。午前中は議会だよりの原稿について、委員からの原稿送付に対してチェックしイメージ的にページを作り、自分の担当ページも原稿文章も入れ込んで午後からも引き続きやっているうちに、昼食を食べる時間も過ぎてしまって結局気づけば午後3時半になっていた。この陽気で桜の開花も進んでいるだろうと思い、福徳泉の桜を撮影しようかと北伊予に向かって車を走らせた。近くまで行ったが車窓よりまだ3分咲きでもう少し後日のほうがいいなと分かったので、東公民館に向かった。」

 この3月末で館長をひかれる栗田館長に「ご苦労さん」の一言を。
 結局1時間くらいに来られていた地区の区長さんたちといろんなお話をして交流することが
できた。皆さんコロナでなかなか行事ができず、地域の人たちとの交流が薄くなってコミュニティが崩れていきそうで危惧されていた。いったんしなくなった行事についていざやるとなると、もういいじゃない止めておこうという流れになっていくようで心配だとの事だった。
 今はどこの部署も人事異動でばたばた。業務の引継ぎなどもあって、庁舎内も多分ごたついているだろうからあえて今日も行かなかった。
 明日にはほとんど各ページの原稿を仕上げて、26日の第3回広報の委員会には万全の準備をしておきたい。

広報レイアウトに集中!

 「今日は晴れて洗濯日和。事務所に出かける前に洗濯を仕上げ干しておこうと思い、庭に出るとなんと雑草が人工芝と敷石との間からたくさん顔を出していた。少しばかり抜いてみたが、これも近いうちに時間のある時にやらないとキリがない。いろんな事やっていたら、すぐに時間がたって事務所に入ったのは11時前。スタッフと一緒に議会だよりの原稿づくり、また送られてきた原稿のチェックなど多くの時間を割いた。おかげさまで私の担当ページも6割がたできた。明日からまたしっかり残り部分をやって皆さんの送られてくる原稿のチェックにもしっかり時間をとっていきたい。まさに今週が勝負だ。頑張ろう!」

 事務所で仕事に集中する際は必ずお昼の弁当も近くのコンビニで調達して、今日も午後2時過ぎに遅い昼食だった。久々にチキンカツカレーを購入。スタミナつけてさらに4時半まで頑張った。
 今日は私の定期検診の日でもあるので早めに事務所を出て、予約の5時15分位には到着。病院内の患者さんの数は前回の検査日よりは少なくて、さほど待たずに受診でき薬局でもスムーズだった。
 朝出るときに手紙をテーブルに置いていたので読んでくれてるかなと思いながら帰宅すると、ちゃんとご飯も炊いてくれていたし、洗濯物も取り込んでたたんでいる最中だった。ちゃんと手紙で頼んだことをしてくれている。
 ほめてあげようと思ったが、本来なら家事分担で当たり前のことだから、あえてほめずに夕食づくりにかかった。
 7時半ごろ食事に入って、見るテレビの番組の内容に低俗だとか、こんなのだから日本はだめになってしまうんだが・・・とかぼやき始め、私がいろいろな番組があって、いいじゃない、これも多様性よと反論すると、またまた文句を言いながらクイズ番組のクイズの問題がくだらないだの、人生に全く役に立たない問題だとかまたまたひとしきり文句を言って、あ~うっとおしい。あなただって勧善懲悪の時代劇を見てるじゃない、あれこそ私から言えば最初から筋書きのわかる単純な話じゃないって感じ。
 いろいろあって、人それぞれ趣味も好みも違うのだから・・・・自分の気に入らないもの=くだらないと考えるのは、この世代の特色だ。頑固爺さんになってきているよ・・・あ~性格加齢臭がにおいはじめたな・・・・やだやだ!!

息子たちの訪問

 「今日はお彼岸、春分の日。昼と夜の時間がほぼ同じ・・・息子が友人ファミリー2組とともにこの愛媛にやってきて、夫の趣味の家でもある山のロッジに案内。私たちは自宅近くの夫の畑で挨拶だけして、昨日の夕方別れた。今日は朝から雨でせっかくの山遊びも面白くなかったのではと思ったのだが、電話の話によると結構それなりに楽しんでいるようで、さぞかし賑やかだったろうと想像は付く。小学校4年生男子を筆頭に年中さん(男子)、年中さん(女子)、年少さん(男子)に大人4人のグループだったのだ。彼らの春休みの思い出にとプランしたのだろうが、息子にはまだ子供がいないので、さぞかし賑やかな時間を過ごしていたのかと思うとちょっとおかしい。」

 私は、この土・日を大事に使いたい。議会だよりの表紙裏から4ページにかけて原稿を書き上げなければならないので、レイアウトも含めてじっくり案を練っていくので結構時間がかかるから、この両日は貴重なのだ。そのため今日は1日中事務所にこもり、アイデアを自分なりにいろいろ巡らせながら作っていった。
 夜は昨日夫が買って来たステーキ肉を焼いてみたが、思ったよりは柔らかく焼けたのでよかった。とにかく明日も頑張って少しでも原稿を仕上げていくつもりだ。

そろそろ広報着手の準備を

 「今日は朝から20℃を超えるような温かさ。思い切り洗濯して干して、気持ちよかった。昨日まで3月議会の緊張した時間を過ごしていたのでなんだかとってもほっとしたような少し清々しい気分だ。いよいよ議会広報にて一連の出来事をいかに分かりやすく、読みやすいレイアウトで伝えていくのか責任重大だ。でもわが広報委員は優秀なメンバーなので多分大丈夫。ただ人事異動や業者の入札で人も会社も相手が変わる可能性があるので、この時期はいつもながら大変なのだ。ただ議会が早めの3月中旬で終わったので、少し日程的には余裕ができたようだ。去年のことを思うと、だいぶ余裕がある。その分頑張ろう・・・・」

 午前中は事務所の件で来客。打ち合わせをして12時過ぎに終わって、午後からの予定に向け事務所で準備をした。
 支援者からの意見のお手紙を頂いていたので、その内容から伊予鉄松前駅のバリアフリー化の問題の指摘があったので現場に行くことにした。
 普段、岡田駅しか利用してなかったので実際のところどのような感じなのか見てみた。確かにホームに上がる3段の階段も結構段差が大きくて、これはお年寄りのショッピングカートや赤ちゃん連れのベビーカーなどは大変だなと思った。もちろん車イスはそのままでは絶対上がれない。今どきの時代的ニーズからはとんでもなく遅れているなと感じた。駅員さんにもその件で伊予鉄さんのお考えなど聞く機会があったので様子を聞くと、やはり利用者さんからも多くの要望があるらしい。ただ金銭面のことで今の利用客減の中で後手後手になっているとの話だった。
 その後、近くのコンビニでおにぎりを購入して庁舎に行き、議員控室で軽く食事を済ませ、先ほどの件でまちづくり課に行き町としても伊予鉄さんとどのような話ができているのか尋ねた。
 すると、今駅前広場の計画が上がっていてその件も十分わかっているようだった。そのため伊予鉄道とも話し合う機会も増えて、今スグにとはいかないが、また若干の私有地の件もあるのでそのあたりが解決すると必ず話は前向きになるのではということを聞いた。
 水面下で着々とバリアフリー化の方向性も見えてきつつあることで、少し明るい兆しを感じた。またその辺を踏まえてフィードバックしていきたいなと思った。
 帰りに文化センターの事務局によって、今回の「女性と防災の会」の企画した防災教育の講演会の開催場所として予約した件の確認をしに行った。また講演依頼についても必要書類の件で教育委員会にも足を運んだ。
 いろいろ用事を済ませて帰宅。着いたとたんに夫から「今日は夕飯いらん」と電話1本の連絡あり・・・・はよ、ゆうてや~~むかっ!!!それなら好きなもん買ってきて簡単に食べるのに、あ~あ、冷蔵庫を覗く。
 そのため、また車でフジに行って海鮮丼とチキンのタルタルソースかけ、鴨うどんなどを購入・・・ビール飲みながら食べてたら、結局お腹がいっぱいになって半分残しちゃった。やっぱ、歳かな?もったいないな~~~

最終議会 お疲れさまでした~

 「今日は3月議会最終日。いつも通り議会運営委員会が9時から始まり後の全協、そして本会議が10時30分から始まるというパターンだが、今回は議運の時間が本会議の進め方について特に討論の部分での見解の相違による議論の時間がかかって全協の開始時間が遅れたが、全協そのものはスムーズにいってので本会議への支障はなかった。今回は当初予算にも修正案や反対の意見が多かったので、本会議における討論も久々に複数人かかる状態だった。その分緊迫した雰囲気で進行し、私も議案14号の原案に対する賛成討論をした。それは付託された委員会の結果が否決だったため、私は委員会外のメンバーだったことにより、また膨張していて否決すべきではないと思っていたから原案を通すべく賛成討論を行った。結構傍聴者も多く、初日同様議会は緊張感が漂っていた。また議長もお昼の時間にかかっても続行の姿勢で会を進めていったため、結局2時前までかかったが結果的には集中力の途切れない議会で良かったように思えた。」

 そのため、その後の広報委員会は引き続き行うには昼休憩など更に遅くなるが、とりあえず皆なの意向を聞くと昼を挟んでも今日中にやってしまおうという勢いだったのでそのようにした。
 午後3時に再度招集してページ配分と役割分担の見直しを行い、みんなの集中力により前向きな意見の応酬によって、非常にうまく進行出来てなんだかすっきりした。
 これでそれぞれの役割で23日までに大方の部分を作り上げ、3月中に文章の内容をお互いチェックして26日にはそれで大方の中身を作り、4月1日には事務局へ渡すことができそうだ。
 その頃には業者の入札も終わって確定しているだろうから、スムーズにいくのではないだろうか・・・・・
 すべての打ち合わせを終え、ほっとして議員控室にて後輩議員とガス抜きまがいの語り合いをやって、ほぼ4時には庁舎を出ることができた。
 事務所にてスタッフと今後の打ち合わせをして、午後5時過ぎには帰宅の途に。
 さすがに1日の緊張感と集中力の時間から解放されて、夕食後にはもうぐったり疲れていて食卓テーブルを枕に寝てしまって、気が付いたら腕と指がおかしくなっていた。もちろんしばらく時間がたつと治ったが、いかに今日がきつかったかを物語っていた。
 明日からは、またしっかりがんばろ~~~

当初予算について議論

 「今日は委員会の予備日ではあったが、午後1時半には予算決算常任委員会に残された来年度当初予算について2点、義農大賞の予算と合併処理層設置の新築分の補助金について、前者は削除、後者は前年通り新築分にもつけることという増額復活というこの両者をどう取り扱うか、そしてそれらを踏まえて修正案の可否について議員各位の意見交換を行った。委員会においては予算は原案通り小差で可決となったが、浄化槽設置の補助金が来年度から新築分にはつかないという事柄については、ほぼ全員が事前説明がなく2月段階で行政広報紙でお知らせをしていたことに反発。議会軽視ではないかという点で議長を通して文章による今後については住民の生活に影響するものには事前説明をするようにという注文を付けることにした。」

 結局4時前ぐらいには、何とか最終日に向けて議会側の姿勢を明確に見せることができるように準備はできたのではないだろうか。修正案についてもしっかり議論することができたし、これについては委員長からしっかり議論した内容を報告してもらいたい。
 5時前には事務所に戻り、最終日の広報委員会にて委員の皆さんに渡せる一般質問のフォーマットを作って再度確認した。
 帰宅後、一人夕食の準備をして、のんびり個食・・・・夫は事務所の皆さんと打ち上げに。確定申告最終日だったために・・・
 息子たちから結婚式招待状が送ってきた。
           
結婚式 

地域の防災士会議へ

  「今日は気温も上がっていよいよ春らしく、土手の菜の花も満開に、近所の庭の桜も3分咲きのような・・・息子と夫は長浜の山の家に行き、来週来るゲストたちのために準備に出かけた。私は集会所にて防災士会議が開かれ、10時からお昼過ぎまでいろんな議題が出て、大方6人のメンバーほぼ固めていった。まずは防災委員のメンバーの入れ替わりもあって名簿の調整、連絡網のチェック、それらをいつ渡していくのか、その渡し方についても役員会の日程と合わせて手渡していくことなどを決める。備ニュースの発行とその編集スケジュール並びに記事担当の割り振りなどを決めた。また講習会や地区の総合訓練の日程や内容も一部意見交換した。さらには避難行動要支援者の個別計画について、どのような手法で作成していくのか、それぞれの地区の緊急性のある人からやっていくという点については皆一致した。年々歳を取っていくこれら高齢者については、あまり時間的余裕はない。」

 帰宅後一人昼食を食べ、3月議会最終日に向けて広報のこともあるので今まで議論のすんでいる内容について少しずつまとめてみたり電話連絡し合ったり、何かと忙しかった。
 夕方4時半にはラブの散歩要求の甘え声に負けて、散歩に出か
ける。菜の花が土手沿いに咲いて本当に春真っ盛りの演出をしてくれていた。
                PXL_20210314_074557914 (2)
 夕方5時半には息子と夫が帰宅。夕食を作って準備をしていたの
で、午後8時過ぎのフライトに間に合うように食べてもらって、午後7時には家を出た
 今回もバタバタ
と忙しいご帰還だったが、息子の成長にはなんだか頼もしさを感じ
る。親バカか?

町道筒井西古泉線開通式

 「昨日の予算決算常任委員会が朝の9時から5時半までかかって、かなり疲れ切って帰宅。それで夕食は焼肉苑ですませ、今日を迎えた。少し曇り空だったが、午前9時半受付の町道筒井西古泉線開通式に参加。10年の歳月、総工費13億円の大プロジェクトもようやく完了。コロナ禍のため規模をぐっと小さくして、その完成を祝った。町長の挨拶から3人の来賓の言葉、そしてテープカットにくす玉が割れ、私たち議員や職員など関係者が渡り初めをしてほぼ11時前ごろに終わった。帰り際に立ち寄ったコンビニで車のバッテリーが上がって、おお困り。何とかロードサービスさんに来てもらって、ようやく車が動き、帰宅して車は自宅に。昼からコムズにて会議があるので行きたいのだけど、もし向こうまで行って駐車場でまたバッテリーが上がって動かなくなったら大変なのでタクシーで向かった。」
            IMG_1681.jpg 

 PXL_20210313_013553267.jpg
 1時半からコムズ5階にて、松山市の職員さんによる災害ゴミの扱いや処理についての講習会を受けて、3時過ぎには女性と防災の会の部会に出席。
      PXL_20210313_051642051.jpg  
             PXL_20210313_051658244.jpg
 4月以降の行事について計画の中身にを中心により具体的に話し合う。
 今度は6月中旬をめどに、保育園・幼稚園の園児たちの命を守る保育士さんたち対象の講演会とワークショップを企画している。逃げ地図を使っての災害時の対応や日々園児たちに絵本を通して防災教育をしていくパフォーマンスを実際に見てもらいながら、日々の活動に生かしてもらうような取り組みを考えている。そのための準備としていろいろなことをやっていかなければならない。
 話し合いは5時までに終わったが、帰りも車がないので市駅まで送ってもらい、高島屋で用事を済ませその後またタクシーを使って帰宅。
 夜は長男が東京から車で戻ってきていたので食事に出て、久しぶりに楽しいひと時を過ごした。彼の5月の挙式についての打ち合わせもあってのことだが、本当に手作りの思い出に残る式にはなるだろう。ただコロナの終息度がどのレベルになるのかが心配だ。
 明日は朝から息子と夫は山の家に行くそうだが、私は久しぶりに地域の防災士会議に出席する予定だ。

文教厚生常任委員会

 「今日は気温20度で4月中旬並みの気候となって、まさに春爛漫って感じ。桜の開花も結構急ぎ足で、例年よりかなり早くなりそう。そんな中、文教厚生常任委員会で7つの案件について審議した。国民健康保険だけでない子供たちの医療費補助費を社会保険などにも範囲を広げる条例改正や介護保険の見直し、サービスについても3年ごとの見直しのその時期に入っているものについて条例改正など。母のことがあるものだから、つい利用者側の立場からサービス内容などの改正などを見ていたら系者側からの緩和措置だったりするものがあったり、罰則規定などもあるのかなど質問した。」

 11時過ぎには協議会も含めて終わった。その後打ち合わせなど昼の休憩時に済ませ1時過ぎに、事務所に戻った。
 スタッフと昨日の映画について話をしたり、明日からの予算決算常任委員会の内容について事前資料に目を通してチェックした。昨夜の寝不足から急に睡魔が襲ってきて、スタッフにコーヒーを入れてもらってチョコをつまんで食べると、ちょっと目が覚めた。
 4時には来客があって、来週の契約関係の書類に必要な準備をするため書類に捺印署名をしたり、また間違いがあると訂正印の押印や必要項目を書き込んで仕上げた。
 帰宅後夕食の準備、いよいよから明日からは予算決算常任委員会があるので義農大賞のことも話題に上がる。そして最終的に当初予算の案件の質疑が終われば明確に議会としての最終決断を表明しなければならない。
 より熟考して結論を出そう・・・・

一般質問

 「今日は一般質問の日。私の順番は3番目で、ここのところ朝1番に慣れていたので、少々緊張。ただ発言台に登壇すると、なぜか落ち着く。3つの質問を投げかけた。① コロナワクチン接種について②コロナ禍での経済的困窮など影響を受ける女性への支援③地方防災会議の女性委員の必要性、数値目標30%に向けて・・・・このような課題に向けてそれぞれ行政側からの回答があった。① については、国からの情報が日替わり定食状態なので6項目の質問の半分は明確な回答は聞けなかったが、出てきた情報については遅滞なく住民へ知らせていくという回答を信ずるしかないだろう。② については県の補助金が主なものなのだが、社会福祉協議会を通していろいろな救済、支援金が受けれる情報を多く知りえたので、また実績数も多くあることもわかり、さらにより多くの困っている人たちへ周知してもらい支援出来たらなと感じた。③ 地方防災会議において女性の視点は非情に大事である。これについては条例に定めた委員の中に女性を入れていく余地があることに気づいてもらい、また専門職の人たちの導入についても同意を得ることができた。」

 6人が登壇して、すべてが終わったのは午後2時前だった。
 事務所に戻ったのは3時前でスタッフと明日のことなど打ち合わせをして、コーヒーブレイクタイム。なんだかどっと疲れが・・・・・
 しばらくデスクワークをして、事務所内では午前中の忙しいやり取りの中で結局私の実況動画は見れなかった旨など、スタッフから報告を受けた。
 明日は総務産建の常任委員会がある。もちろんできる限り傍聴して、その後別の約束もあるので午後3時ぐらいまでに終えていったん帰宅して、夕方からは北朝鮮による拉致問題でその被害者の代表的な事例である横田めぐみさんの被害者家族の長くつらい戦いのストーリーが映画化されたものを、衣山サンシャインで上映されるので観に行く予定だ。

読書の勧め

 「今日は午前中から忙しく、まずは10時から12時まで来客対応で重要な打ち合わせをして今後の計画も含めて綿密な話し合いを行った。時間の過ぎるのはとても早く午後からは最後の一般質問に向けてのチェックを行い、発表原稿として準備した。その後、庁舎にて用事を済ませ、帰りに少し食材関係の買い物に行って、夕方5時半過ぎには帰宅。先日リニューアルでエミフルの2階に移動した蔦屋で購入した本3冊のうち1冊目をつまみ読みした。佐藤愛子さん御年97歳のエッセイ「何がおかしい」を手に取った。彼女が60代のころに小名損していたものを改めて編集した作品だったのだが、なかなかのもので、くすっと笑いが出るものなのだ。30年前でも十分今に通ずるおかしさがあるのだ。さすがな婆さんだなと思った。だからこれだけ長生きできるんだと思った。是非興味ある方は読んでほしい。」
     PXL_20210306_052648520.jpg 
 他にも阿川佐和子さんの「聞く力」という心を開く35のヒントからというサブタイトル付きのエッセイ集、お金の大学【両@リベラルアーツ大学学長著】という本、全然異なる分野の本を時間の隙間を縫って読んでいこうと思ってる。ふと週末時間のある時、スマホゲームに飽きたり、課金が重なって出費が多くなりそうなゲームに遭遇したりすると頭の切り替えには最高のツールになる。
 それについ買いたくなるような本の展示レイアウトに、思い切ってTSUTAYAはリニューアルしてた。立体的で曲線並びの本の展示は、より人の動線を延長させる効果があるような気がする。いいんじゃない・・・・

デスクワークを

 「昨日はお雛様、桃の節句でしたが、そのタイミングで長男が2年ほどお付き合いをしていた女性と正式に婚姻届けを出してめでたくカップル誕生となりました。私たちとしてもやっと親としての肩の荷が下りたような、二人の門出を心から祝福したい気持ちでいっぱいだ。結婚式や披露宴はコロナの時期でなかなか思うように計画ができず、今のところ5月の季節のいい頃にと思っているが、これもまた今の状況からするとかなり不確定だ。二人とも仕事があるし、理性的に進めていくだろうから、あまり口出しせずにしっかり見守っていくスタンスだ。自分たちの時を振りかえると、経済的にも自立していて本当に立派な社会人になってくれたなと我が子ながら成長ぶりに感動する・・・親バカは治ってないか?・・・」

 今日は午前中に残っていた一般質問の発表原稿を書き上げて、質問の要点を確認した。
 昼過ぎには事務所を出て軽食をとって、ワクワクレポートの手配りをいつものところで行い、約1時間後には終了し、銀行での用事を済ませ、久しぶりにエミフルにも立ち寄った。
 化粧水と乳液がもう切れてきたので、美容スタッフの薦めで新商品を買わされようとしたのだが、リーズナブルなものをセレクトして購入。
 今日いよいよ正式に1都3県の地域に出ていた緊急事態宣言をさらに2週間伸ばすことに。実際のところその影響は大きい。ニュースで東京都庁前にずらりと並んだ老若男女。コロナ禍で職を失った人、雇い止めにあって住居も無くなった人、給料が大幅ダウンで十分に食事もできていない人たちが並んで、炊き出しの食料を分けてもらうのだ。このように失職した人は9万人を超え、ぎりぎり状態でこのように並ぶ人がコロナ前に比べて4倍も増えているとの事。経済界が本当に大きな影響が出て倒産件数も増え、このよな人たちを毎日のように生みだしているわけだ。本当にコロナを早く終息させないと、ますますひどい状況を生み出すことになる。
 この2週間をしっかり我慢の期間として、一人一人がコロナ対策を励行していかなければならないだろう・・・

補正予算にヒートアップ

 「今日は朝から雨が降り、少し寒かった。9時半より庁舎にて予算決算常任委員会が開催され、主に今年度3月補正予算について審議した。全体的に案件はさほど多くなかったので午前中で終わるかと思っていたら、補正内容にいろいろ渡された資料だけでは判断しにくい内容のものも多くあって、結構質問する時間も取られ予想もしないぐらい昼休みを挟んで1時からも3時ぐらいまでかかった。特別会計に至っては早く終わったのだが、特に午前中の議論になったことは入札に関する業者の問題、ペーパーカンパニーのようなものにも落札業者として仕事をさせているのではないかなど、業者指導や注文者である行政側の姿勢についていろいろな質疑が出されたいた。午後からは介護福祉施設に関する補助金に関連して、県の認可に関して町の選定委員会の決めた業者が十分に契約通りの日程で工事着工もされていないことに行政側から県に指導を入れるように申し入れるべきではないか、県の事だからとほっておくのはいかがなものかとその姿勢についてかなり厳しく指摘されたり、なかなかヒートアップしていた。」

 約束していたことがあって3時過ぎにぎりぎり銀行にも飛び込めた。
 4時過ぎには事務所で来客が時間差で2件あって、その後デスクワークなどいろいろ雑事を済ませ、事務所を出たのは5時半ごろとなり車のガソリンを入れたり買い物などで帰宅は6時過ぎとなった。
 夕食の片付けが終わったのは8時半過ぎ、その後ぼんやりニュースを聞いたりしているうちに、何となくて食卓テーブルでお茶を飲みながらうとうとしていたら12時前になってしまって、慌てて入浴して床に就いた。今日もまた1時半と日付が変わっていた。

3月定例議会初日

 「今日は3月定例会の初日。町長の諸般報告に始まり、新年度に向けた意気込みを込めて26件の案件が上程された。傍聴席はほぼ満席。コロナ対策で45人ぐらい入る傍聴席に約半分ぐらいの人で埋まっていた。せっかくなので議長の許しを得て、その様子をカメラに収めることができた。午前9時半から休憩を挟みながら12時45分までかかって、今日の本会議は終わった。その後1時間の昼食タイムを挟んで広報編集会議を開き、3月号のページ校正について広報委員みんなで話し合った。3月号は結果16ページ立てにすることに。一般質問は1ページで2人にする試みは字数や写真、カットなどのレイアウトはかない厳しい状況になるだろう。実際にやってみて一度3月末に皆さんの分を集めるとその状況がよくわかるので、またいけない場合はアイデアを出して20ページにすることも可能だ。」

 これから議会は進んでいくのだが、今回は町長肝いりの『義農大賞』が当初予算の新規事業として挙げられているが、これについて議員間ではかなりの異論があり、今日も町長からこれについての思いや上程理由について長い説明があった。これに対し議員4名から、いろいろな質疑が出され町長にその姿勢を質した。
 実際の議論の場は、予算決算常任委員会にステージを変えて議員間討論も重ねて行われていくことになる。なぜこの時期に1500万円もかけてこの事業をすべきなのか・・・義農作兵衛の偉業は町内では有名だが県内さらに全国にこの偉人の出た松前町ということを知らしめたい。そのためにはマスコミや大きな広告代理店などの力を借りてイベントや大賞などを打ち上げて松前町を広めたいということなんだろうが、なぜ今なのという疑問が残る。
 この対象のスポンサーは町だけでなければならないのでしょうか、またその発表のイベントにも工夫がもっと必要では・・・・納得のいく形、多くの住民の皆さんに理解を得れるものにすべきでは・・・・・これからの時間でもう少し知恵を出し合いましょうよ。