FC2ブログ

~松前町の明るい未来を目指して~   ワクワクレポート+α

誕生日祝い?!

 「いよいよ1月も終わり。本当に早いね。年が変わって早1か月か・・・昨日で私の誕生日も終わってしまった。今日は朝から2月7日に予定している議会報告会のために、報告内容に合わせてわかりやすいレジュメと説明用にパワポを作っていく作業に。当分この忙しさは続きそう。朝晩の冷え込みは厳しく体調管理が大変だ。」

 午前中からずっとデスクワークとなる作業で終始した。ときどき議会事務局と連絡を取り合いながら、パワポの一部とレジュメづくりを夕方まで続けた。
 昨日までの研修などで連日県外に行ってたりしたもので疲れは残っているのだが、とにかく仕上げなければという切迫感に押されながら何とか明日以降の仕事の見通しがつくぐらいまで仕上ってきた。
 夕方までスタッフと頑張っていると夫から連絡が入って、今晩は食事に行こうとお誘いが。昨日の誕生日が私の研修でスルーしてしまったことで、今日の夜にエントリーしてくれたようだ。思いもよらなかったが、夫にしたら気が利くじゃない。私のリクエストはお寿司。やっぱり江戸前のお寿司はすみもとが天下一品だね。
 1日遅れの誕生日のお祝いだけど、その気持ちに感謝だね。いつもカチッとくる夫だけど、たまに優しさを感じるところもあるね・・・寿司屋の後に「パルむ」というスナックでも飲んだために、もう横でグーグーといびきをかいてこたつに入って寝ている。そろそろ私も休むとするか・・・

地方議員研究会講座

 「今日は私の誕生日なのだがセミナーを受けに来ているのだから、そのことは封印して、しっかり学んで帰ろうと思った。一般質問の年間計画や答弁マトリクスシートを作成して理事者のやる気や本気度を測り、それらが十分に機能していない時は徹底的に追及していく姿勢があるかどうか・・・質問する側も十分な資料や理解のもとに発言しないとうわっすべりの質問となってしまうことを学び、この真剣勝負をいかにこなすかは、議員活動をしながら住民の声をニュースソースとして自分にフィードバックさせながら形にしていくことにかかっていると感じた。」
              P1130127 (250x132)
 教室内は受講者でほぼいっぱいになっていた。比較的、期の浅い新人議員さんも多かったが、講師の話が関西の人でとても面白くて経歴が何と言ってもユニークだった。あの大阪元府知事の橋下とおるの知事選挙の事務局長なども務め、自身も寝屋川市議会議員に27歳で初当選して5期20年務めて、ほか首長選にも出たり、選対本部の事務局長をしたりとなかなかの波乱万丈の略歴も面白い。
      P1130129 (280x210)
 だから話が面白い。なるほど、そうやそうや…と納得する話も多く、
わかりやすい。でもしっかり的をついてるし、痛烈な批判や攻め方もうまい。29日の講義も受けたかったぐらいだ。
 また3月末に川本先生の講演があるのでそれにも参加したいと思っ
た。この先生の本「地方議員のための役所を動かす質問の仕方」も購入したが、今日の宮本先生の推薦もあって聴いてみたいと思っている。
 また日置市の女性議員さんとお友達になれたし、
昼食もご一緒させてもらった。またお会いできたらいいなと思っている。
 16時半には講義は終わったけど、
いろいろ質問時間も取ってくださって、この集中講座を基に3月議会に向けて一般質問の内容もさらに充実させたいし、年間のスケジュールも立てるつもりだ。
 飛行機の時間に間に合うように空港へと移動したが、
やはりまだ足が完全に治っていないので長く歩くとしびれてくる。搭乗ゲートが一番はずれのほうにあるのでずいぶん歩かないと行けなかったので、つらかった。20時過ぎに帰宅。
 庭の方はしっかり出来上がっていた。お決まりのように洗い桶や洗濯物が・・。どんなに疲れていてもこれは片づけないとたまる一方なので、やるしかないわね。
 あ~誕生日はコレデおしまいか・・・
でもフェイスブックには多くの方からお祝いメッセージが入っていて嬉しかったし、疲れもとんだ。単純??

全員協議会

 「今日は朝から全員協議会の準備で大わらわ。議会報告会のための準備書類が十分に整っていなかったので情報開示という意味で不手際があり、その点を責められたのは私のミスだが、議会報告会そのものについて必要性があるかどうかの言及は議会基本条例を作成する折に十分議論して出来上がったものだと認識していただけに、少し残念だった。この点についてはやりながら納得していただけるものを提唱し、不備なるものは是正していく、その姿勢を進めていくしかないだろう。ネガティブな意見に振りまわされていても前には進めないから・・・。」

 2月7日の当日までにそろえておかなければならない書類、特に来ていただく方のためのレジュメと報告の要旨を伝えるパワポづくり、また報告者と進行係のものの最終打ち合わせが必要かもしれない。
 31日には、こちらに戻って仕事ができるので、頑張って早めに仕上げていこう。ギリギリだとあわてて抜けてしまうことが多いので。
 12時前には帰宅。14時前には松山空港に。
 明日の地方議員研究会(福岡会場)に出席するために前日から移動が必要で、博多ターミナルホテルで前泊して、明日朝10時から16時半までの議会質問や委員会質疑やり取り向上研修セミナーに参加する予定。
 今晩は、いとこの房江さんと博多のステーションビル内のレストランで食事をすることを約束していたので、6時前には緑の窓口で待ち合わせをして本当に久しぶりの再会を果たした。
 彼女は私より9つも上だけど、とっても若々しいので、そのようには見えないのだけれど、父を連れて2年前にこの博多で会い、彼女の家に泊まったこともとても懐かしい。その父もその年の5月末に亡き人となってしまったのだから、分からないものだ。彼女と父のことや母のことなど色々積もる話も多く、あっという間に10時前になって別れた。明日のために早めにホテルに戻り、休んだ方がいいだろうと思い名残惜しかったがそのようにした。

防災ワークショップ

 「今日はいよいよ女性と防災の会にとって1年中で一番大きなイベントでもあるコムズフェスティバルの分科会の当日だ。今回のテーマはそんな時どうする?災害時のお困りごと。前半は身近なものを使って困りごとを少しでも解決していこうというワークショップをして共助の大切さを学び、後半では熊本大地震の時に実際に避難所運営をして今もその時の経験を踏まえていろいろなノウハウを全国に発信している私の友人でもある熊本市議会議員の小池氏に約1時間にわたって心に響くお話をしてもらった。」

 最初に10分少々の時間で去年5人で行った仙台近辺から東北被災地巡回の旅の報告をパワポで、私から説明した。
 
そのあと5つのグループに分かれた参加者に、こちらから事前に作った困りごとについて簡易トイレやおむつ、防臭スプレー、赤ちゃんの子守用のグッズ、子供のおもちゃなどをあらかじめ用意した雑誌や本、輪ゴム、段ボールやキッチンペーパー、アルミホイル、ホッチキス、ペンなど筆記道具、ビニール袋、ストッキング、大型ごみ袋などをそれぞれ5~6人で島を作ってるので与えられた問題ごと(それぞれ少しグループごとに変えている)に40分の間に色々なものを5つぐらい作ってもらうような仕掛けになっていたので、みなさんそれぞれ知恵を絞っていろんなものが完成した。あとでそれぞれのグループ発表で、工夫や問題点などを語ってもらった。
 P1130073 (250x188)
           P1130091 (250x188)
 作った後に考察、まとめも行った。
また小池さんからの講演も皆さん真剣に聞いてもらって、全体的に充実した分科会になったのではないだろうか。時間は20分近くオーバーしたけど、伝えたいことは大方できたのではないだろうか。小池氏は少し時間が少なくて橋負った部分もあったのではないかな…申し訳ないが、時間の都合上そういうことになってしまったが、あらかじめ大体の時間はわかってくださっていたので了承して頂けるだろう。

 閉会後、
会場の片づけをして6時から大街道の近くの居酒屋で小池さんを囲んで7人で瀬戸内の魚中心のコース料理で盛り上がった。本当にやりきった安堵感と満足感からか、やけにおいしいお酒だった。本当にご苦労様でした。お店を出たところでもハイポーズ。    
           P1130126 (250x188)

 小池さんとはここでお別れ。
彼女は明日ゆっくりと松山の観光をして夕方の飛行機で帰るとのこと。(明日はお付き合えできなくてごめんなさいね。)  

リサイクル工場視察

 「今朝はホテルを8時20分スタートで一路,加東市のパナソニック家電リサイクル工場へと向かった。神戸市内の都会的な雰囲気からガラッと変わって、まるで私たちのいる松前や伊予市の田園風景を見るようなところに、大きな庭園や駐車場を持つ広大な施設が見えてきた。入り口には可愛い御嬢さんが笑顔でお出迎えに。エントラス付近はこの工場の沿革や表彰状などが並び、いかに最先端の技術で環境に配慮しているかを示す内容やその説明が分かりやすくモニターテレビや掲示板で表示してあった。年間多くの見学者が来て、そのうち3割が小中学生など学生さんたちの学習の場にもなっていて夏休みの理科研究のいい題材になっているとのこと。この日も私たち以外に別の団体さんも来ていて、工場内でもヨーロッパの人たちの団体ともすれ違った。」

 最初に2階のオリエンテーションルームのようなところで全体の説明を受け、そのあとそれぞれがイヤホン付きの説明器を首からかけて説明員の話を聞かしてもらいながら実際の工場内の設備や稼働状況、そのシステム内容について、詳しくわかりやすく説明してもらった。
 撮影はできなかったのだが、
ガラス張りになっていたり、上の通路から下を覗き込むような形でそれぞれの工程が見れるような構造になっていた。ここに送り込まれてくる家電製品は、冷蔵庫、液晶テレビ 洗濯機、エアコンの大型家電だが、年間70万台以上を処理しているとのこと。そして一切の野積はせずに汚染水も有害ガスも出さず、まわりの住民の方々との年間を通しての話し合いなどで信頼感を構築し、地域と密着した工場運営をされていることが分かった。ここで最終プラスチックの顆粒はまた新しい製品を生み出す原料になっている。本当にリサイクルの三様をしっかり実践していることがよくわかった。
     P1130046 (250x182)
 11時40分過ぎには、
そのリサイクル工場の前で集合写真を撮ってから、帰路へ。
 途中、姫路城に立ち寄りふもとのお店で昼食をいただき、
お城の見学に行くもの、私のように周りからコーヒーを飲みながら、その優雅な天守閣を観るものなど、2時半にバスに集合するまでフリーに行動していた。私は何回もこの地に来て最近では改修中の天守閣にも上がったこともあり、またちょっと階段をこの足で上がる自信もなかったので遠くから写真を撮ったり、お土産を買ったり、少し寒いけどお天気のいい青空の中にそびえる壮麗な城の姿を楽しんだ。
 それから何回かトイレ休憩などをはさみながら、
伊予市に18時15分、最後に松前庁舎に18時半に到着。研修はここで終了。
 ただ私はそのあと、
熊本から明日の分科会のために講師として松山に来てくれている小池市議に会うため、松山市内のホテルに行った。
 
20時15分には予約していた店に行き、明日の会のための打ち合わせも兼ねた久しぶりの再会にワインも進んだ。彼女は相変わらずスレンダーで若々しくはつらつとしていてまぶしかった。ただ2年前の熊本地震のすさまじい経験を防災士として地域や困っている人々のため自己を顧みない粉骨砕身の働きで頑張り、その時のいろいろな事象から今全国を飛び回っていろいろな提言を行っている彼女なのだ。
 さあ明日の分科会に向け、
私も頑張らなきゃと11時過ぎには別れ帰宅。さすがに疲れがどーっと出てバタンキューだった。

ごみ組合議会研修

 「今朝からとっても寒い気候が続き、これから行く阪神方面への出張がちょっと不安。8時には庁舎前に集合。まずは1日目の宝塚クリーンセンターに向けてバスは進む。途中石鎚インターや高速の山沿いでのトンネルの多い当たりでは、結構雪がふぶいていて、豪雪に合って車が渋滞したらどうなるんだろう…なんて不安を抱えながら、でも途中からお日様がさんさんと照らし私たちの不安を一気に消し去った。松山、徳島自動車道から淡路島に抜けるルートを走って、昼食を景色のいい淡路サービスエリアで済ませ、明石海峡大橋を通り一路目的地に。途中バスの中で組合議長として挨拶を頼まれていたので、事務局のあんちょこを覚えながら自分なりの台本を描き何度も自分の中で繰り返していた。なんといっても宝塚は自分の青春時代を過ごした第2の故郷でもあるし、そのあたりの思いも込めて挨拶ができるようにオリジナルも完成。センターにはほぼ時間通り到着して、無事挨拶も少しなごめるような雰囲気も醸し出して成功。」
            P1130035 (250x200)   
 最初に所長さんたち3人のスタッフさんからパワポを使っての全体説明と今回のごみ焼却施設の基幹的設備改良工事を施された先進的設備として視察研修に来たので、そのことを中心とした説明並びに施設をずっとまわってその要所要所で立ち止まり、通路側からガラス窓を通して中を見ることができるようになっていたので、少し寒かったけれどもじっくり見せてもらうことができた。
P1130017 (250x178)
           P1130020 (250x140)
 またそのあと研修室に戻って質疑応答の時間などを取って、無事1時間半の視察研修を終えた。やはり長年使っている焼却炉を長寿命化させていくためにメンテナンスを含め大規模な改良工事をしながら、その性能を維持していくにはやはり多額のお金がかかることは否めない。でも宝塚の住宅街の中に武庫川沿いとはいえこういう施設が何十年も前から稼働しているという事は、私も以前住んではいたがこの施設の存在すら知らなかった。
       P1130027 (250x188)
 今後は今の伊予市三秋の施設もそれぞれの市町の真ん中に作られる時代が来るかもしれないと思った。環境に配慮し汚染水や有毒ガスなど一切排出しない施設ができて、しかも冷却ボイラー熱などを利用して自家発電できる施設なら、理解はしてもらえるし、今までのごみ焼却施設のイメージは払しょくされるのではないだろうか・・
 施設を出た後、時間調整のため宝塚文化創造館すみれミュージアムに入り、宝塚少女歌劇団音楽学校の100年の歴史などDVDの上映などを観て、一路今夜の宿泊場所神戸の大和ロイヤルネットホテル三宮へとむかった。
 夕食は伊予鉄観光さんおすすめの神戸中華街の中の京華楼で、伊予市・松前町の一部事務組合のメンバー(両首長含む)で懇親の宴で時を過ごした。ここでも乾杯の音頭を頼まれ、終わりの挨拶は岡本町長という布陣となっていた。そのあと二次会はまだまだ元気な一部メンバーでカラオケで盛り上がった。

作業部会

 「今日は気温がさらに下がって寒い1日だった。でも足の痛みは本当にウソのように少なくなってきた。このまま元のようにしびれやむくみがなくなることを祈る。とはいえ、本当に忙しい1日だった。朝から作業部会があって時間になっても忘れてるメンバーがいて、何度も同じことを言わなくちゃならないので、皆さんもうちょっと気合いを入れて臨んでほしいと思う。議会報告会がだんだん近づいてきたのでその準備でものすごく忙しかったけど、また資料等を作成する時間も多く取って準備はしてきたけど、また皆さんに作業をシェアして効率を図りたい。」

 作業部会が終わって、事務所にてタイムスケージュール表を作りながら、途中でバドミントンの仲間にイタリアのお土産を届けて、3時半には予約していたヘアサロンで髪染めとカットを。 
 5時過ぎに、帰宅。
 途中になっていたタイムスケジュール表の完成を目指して、夕食後自宅にてパソコンとにらめっこ。12時過ぎには仕上がったのでちょっとほっとした。なんせ29日の全協までには間に合わせておかないといけないものなので・・
 9時ごろ悲しい知らせが。月曜日に聞いていた大学時代のゼミの先生危篤の知らせが、ついにお亡くなりになったというメールになって帰ってきたのだ。ご家族の方から会ってやってほしいとの声掛けもあったのに・・
 結局時間切れで、関係者も身動きとれず間に合わなかった。本当に残念なことだ。私たちゼミの1期生は本当に先生にお世話になったし、一番元気なころの先生と一緒に2年間過ごしてきた思い出が昨日のことのように思い出される。ここの所、入退院を繰り返しておられることは知っていたのだが、こんなに早く急変されるとは思いもよらなかった。友人仲間にお願いして供花と弔電を頼んだ。心よりご冥福を祈ります。
 明日から宝塚のクリーンセンターと神戸のパナソニックエコテクノロジー工場へ視察研修に出かけます。
 26日の夕方こちらに帰ってきますが、バスでの往復となるので途中の道中が雪などで交通渋滞に巻き込まれたりしないことを祈るばかりだ。無事予定通り帰ってこないと、そのあとの予定が大幅に狂ってくるので・・・

議会だより最終校正を

 「今朝から冷たい雨が降っていて、寒い冬が戻ってきたような感じだ。関東から東はかなりの積雪が予想され、テレビの画面からは都内とは思えないほどの雪国のような様子が伺えた。9時半から庁舎にて最終校正をする予定だったが、昨晩遅くに大学のゼミの先生の容体がかなり重篤なので会いに来てほしいというようなメールが来ていたので、その件を我々1期生の世話役をしてくれるY 氏に委ねてほかの同期生にも連絡した。そんなことをやっていたので時間に少し遅れて、議会事務局へ。そこで1ページ1ページ細かくチェックして、またお詫び掲載なんてことの無いように3人で作業にかかった。」

 ほぼ12時ぐらいまでかかって18ページ全部を見ることができた。
 昼には1回帰宅して昼食をとり、また事務所に戻ってスタッフに頼んでおいた27日の東北被災地視察巡回の時の報告文を作成してくれていたので、それをさらにチェックして写真などを加える作業をした。結局パワーポイントの形にして報告をすることにしたので・・
 そのあと2時半には母の診察日だったので渡辺病院に行き、主治医の診察に同席して今の状況を聞く。やはり全体的に臓器の動きが弱くなり、かなり痩せているのが気になるところだが、目は開けてくれるようになったので時々は私の顔を見てくれているような感じがする。手を握ると私の手のぬくもりに顔が和らぐようだ。
 3時半にはまた事務所に戻り作業を続けて、5時前には事務所を出て買い物をすませ夕食を作って今日もひとり食事を楽しんだ。夫は出張から帰ってきてそのまままた新年会に出て、10時過ぎに帰宅。何となく不機嫌でものも言わないので無視。疲れてるからかもしれないが、あまりいい感じはしない。

賀詞交歓会に

 「今日も朝から暖かい。まるで春のような陽気。このまま春にはならないから、寒の戻りに気を付けよう。今日は公明党さんの賀詞交歓会にお招きいただいているので行くことに。時間の確認をすると思っていた時間より2時間早く12時からだったので、出席チケットを見てよかった。車の手配をしてその時間の少し前に到着。知り合いの議員さんたちも来ていたので、同席させてもらった。町長も来賓席に座っておられた。中央からも国会議員さんたちや今年の4月に松山市議会議員の選挙もあるので宣伝アピールに余念がないという感じだった。一連の行事の後はバイキングスタイルだったので好きなものを適当にお皿についで、結構いろんな種類があってデザートのケーキなども多くて、夕食がいらないくらいカロリーが高そうだった。」

 帰宅後はパソコンに向かって議会報告会の準備用の資料作りに集中。
 
全豪オープンテニスを時々観戦しながら・・ナダルは相変わらず強いね。今ランキング1位だけど納得だね。
 明日の12月号議会だよりの最終チェックのため、
持って帰ってきた印刷屋から戻った2回目の校正上がりの書類に目を通し、明日に備えた。
 夜はお茶漬け程度にして、
さらにコムズフェスティバルで報告する東北被災地視察研修ツアーの原稿作りに入った。同時に写真を写しだせるように、USBにまとめておくつもりだ。
 突然、
大学時代のゼミの先生がご病気であることは知っていたのだが、かなり重篤になっておられるのだろう、ご家族の方から最後に会いに来てもらえたらとメールをいただいた。今週は二つの出張が重なっていて、週末土・日ともに行事が入っているので、行けるとしても2月初めとなる。それまで先生がご存命かどうか・・地元にいるゼミ仲間に相談してみることに。

消費者ネット新年会

 「今日も朝から暖かい。でも来週からはまた寒い冬に逆戻りらしい。風邪をひかないように気をつけよう。朝から議会だよりの最終校正のために再度チェックを。また議会報告会のための各常任委員会から報告用フォーマットに書き込みをしていった。この3日間で忙しい来週の準備としていろいろな書類を仕上げていかなければならない。コムズフェスティバルの仙台など去年の夏に行った被災地めぐりの報告のための原稿もまとめておかないといけない。本当に時間のあるときには、片づけておかないと、ぎりぎりになるとかちかち山の狸のようにお尻に火が付き状態になってしまう。頑張ろう・・」

 今度熊本からお呼びしている市議会議員のKさんのパワポの資料が送られてきたので開くと、すごい量と内容なのでびっくり。全国で引っ張りだこの彼女だが、何回も講演してるうちにどんどん上手くなってくるだろうし、今回はそういう意味でもとっても楽しみだ。あの熊本地震の後で、夏に再会していらいだから2年ぶりになるだろう。
 夫は今日の昼から東京出張で息子たちと一杯やってるだろう。また明日は大阪で月曜に帰ってくるらしい。その間私も自由に時間が取れるので、出来ることから片づけていくつもりだ。
 夜は、消費者ネットの皆さんと新年会で楽しく過ごしたのだが、呼んでくださった役員の河野さんが、配偶者の病気のため来れなかったのは残念だった。
 だから早めに午後9時前には帰宅できた。これからは全豪オープンが楽しみだ。錦織圭は出てないが、大坂なおみがベスト16に残って世界ランキング1位のハルプと対戦する。もしかすると・・・そんな期待の持てる今日の試合ぶりだった。だって地元のランク17位のハーディをストレートで下したのだから。動きが去年に比べ俊敏になっている。8キロもダイエットして絞り込んだ肉体は、早いコート内の対応もスムーズに余裕すら感じる動きだった。

           大坂なおみ (200x147)

防災アドバイスへ

 「今日は、朝早くから日本防災士会県支部のメンバーとしてブロック長や支部長とともに、県の依頼を受けて松山のグループホームへ風水害時の防災体制について10項目にわたるチェックさせていただき、より災害に強い施設となっていただくためにアドバイスさせていただいた。それぞれの施設で立地条件や利用者さんも多様でなかなか一律には行かない条件がついてまわるのだが、それぞれに対して的確な指摘をしていくというなかなか大変な責任のある任務を感じたが、私たち自身にもとてもいい学びの場になるようにも思えた。」
       DSC_1326 (280x157)
 11時半には事務所に戻ってきて議会報告会のための準備書類を作成し、またほかの資料も確認し、昼から庁舎にも行き関係部署で相談事なども聞いてもらいながら、今後について話をしたり、その後エミフルに行き買い物をして帰宅。
 買ってきた白ワインのハーフボトルを開けて、夫はお客さんと外食だし、のんびり個食を楽しんだ。
 ちょっと眠くなったけど、テレビで日本のシャワートイレが外国人にとって驚異的なものであることをある番組でやっていて、改めて日本の技術や発想がすごいなと感じ、そのDNAをもっと大事にしなくちゃ、まだまだ自分は役立ててないなと反省・・年のせいにしてサボることは許されないなと思った。

史談会原稿、校正へ

 「今日は朝から気温が上がってコートを着てると汗ばむくらいの暖かさがあった。明日は高めの気温のままだが、雨が降るので寒く感じるらしい。そのため今朝洗濯をして干しておいた。事務所にて史談会の県外研修の原稿が印刷会社から校正上がりで届いていたのだが、会長から原稿にいろいろダメ出しがくっついていたので、そこを中心に文章の書き直しをした。ほぼお昼までに出来上がったので、また再校で印刷会社に送った。」

 午後1時過ぎよりフラダンスのレッスンだが、先週丸々1時間基礎ステップから現在習っている分までやったところ左足全体がしびれて痛みを3日間ひきずったので、少し遅れていくことにした。
 今日も現在習っている分の練習から入ることにした。そうすると前回のような痛みを引きずることはなかったが、踊っている最中はかなり痛かったが我慢して振付も覚えるようにした。
 練習が終わって買い物もついでに行って、3時には庭のリフォームを頼んでいる業者さんと打ち合わせをするようにしていたので帰ったらもう来られてて、すぐに話をして今週末から取り掛かってもらうことに。
 支払い額の3分の2をはじめに払って、そのあと完了時に残りを支払う約束をした。
 これが完成すると草むしりの手間がぐっと減って、庭の管理も今後この業者さんにしてもらえれば、ぐっときれいなままの庭を維持することができるので体力的なことを考えたら、それが一番という感じ。
 夕方には夫も帰ってきて、久しぶりに早めの夕食ができた。
 早く体、特に左足の痛みを取って普通に歩いたり走れるようになりたい。そのためにもダイエットを続けながら治療もしっかりしたいにだが、明確な原因がわからないのが厄介だ。

広報委員会&作業部会

 「今日はなんだか足が痛くて、特に歩き出しに苦労する。午前9時半から広報編集会議があって、そのあと作業部会と続くようになっていた。先週印刷会社から上がってきたカラーバージョンの分でチェック。各委員からいろんな指摘もあったが、やはり印刷会社のミスが目につく。またワードでフォーマットに貼り付けていくより向こうのソフトを使ったらどうだとか仕事の効率を上げるためにそういう意見も飛び出したが、これもそのソフトを買い取るにはかなり高額だし、こちら側にそれを使いこなす技術が必要になってくる。そのあたりの事情がよくわかってないと返って混乱する可能性がある。本当に思ったことをポンポン言い合う会なので議論をコントロールしながらまとめていくのには、かなりエネルギーを使う。なんとか12月号も表紙を除いてほぼ形はできたが、あと何回か見直しや校正が必要になってくるだろう。」

 12時前まで広報にかかったため、引き続き作業部会を昼食後回しにやって行った。
 ほとんど議会報告会の内容と役割分担についてたたき台を作ること
に終始したが、ほとんどタイムスケジュールの中身の説明とそれぞれの段取りを示し、みなさんの意見を取り入れながらまとめていった。
 もう一度取りまとめて24日に最終基本案を作って、
部会の合意を持って29日に上程して、みなさんに報告という形をとって協力してもらう予定だ。ただ報告者である各常任委員会の委員長さんには発表原稿を書いてもらう都合上、少し早目からの準備を考えて早速フォーマットを作ってそれに沿った原稿と写真などを出してもらうことでレジメとスクリーン表示の準備ができるのではないかと思うので、その方向で動くつもりだ。
 3時過ぎに事務所に戻って必要な作業をして、
のちに歯医者に行き、歯周病の治療と予防のため歯磨きトレーニング。
 体力が落ちるとインフルの菌にやられそうなので、
早く就寝して体力を温存したい。今日は忙しすぎて昼食抜きになってしまったが、これもあまり良くないことだ。

消防出初式

 「今日は久しぶりにちょっと暖かい朝を迎えた。朝から消防の出初式に参加させてもらうため10時半にはアリーナ横のグランドに消防団の赤い車が集結していた。行進の後、開会式。町長の式辞や来賓挨拶、功労表彰などなどセレモニーがあって、最後に放水のパフォーマンスをして終わった。」
               P1130003 (250x188)
        P1130006 (280x210)
  11時半には終わって、帰宅。
 正午より組内のご祈祷会があった。そこで今年度の組長さんより祈祷会欠席者に対する3千円の返金はやめたらどうか、交通共済金も組費で一括支出にという提案の2つとも出席者だけで判断しにくいので1年かけて説明を指揮棒を取るという手間をかけて状況を見て出席状態である程度判断できるのではということになり、この件は継続審議という形をとって1年後に結論を出すことにした。
  そのあとお祭りの神事においてお供えのお米について事前に一括購入はどうかという提案もあったが、これも神事にはいろいろ考え方もあるので、もうちょっと見当時間がほしいとのことで即決はできなかったようだ。
  2時半には帰宅して、4時過ぎにエアコン取り付けに来るので、その足場の部分の下がいろんなものでいっぱいなので掃除もかねて、書類やほかいろいろなものについて整理してほぼ1時間以上かかって、それだけでも足が痛くてそれでも何とか工事ができるようにスペースを確保。
 4時半頃来て約1時間半かかって取り付けてくれた。これでリビングのエアコンを威力の大きなものに変えたので、安心して冬が越せそうだ。
 息子たちも夕方帰ってきて、6時には空港に向かってほんのちょっとの里帰りだった。でもその間インフルエンザの置き土産は無かったことを祈る。

防災セミナー

 「昨日から息子が友人とともに仕事を兼ねてやってきた。今回は息子がインフルエンザの病み上がりとわかっているのでこちらに来るのはやめておいたらと言っておいたのだが、大丈夫だからと言って来たのだが、やはりどこかしんどそう。こちらとしても移されたら困るし、と言って突き放すわけも行かず、なるべく寒いので家にいるようにと言って私は午前中から防災の件で社協が主催する防災セミナーの分科会に参加。身近なものでできる避難所で使えるものにというテーマでゴミ袋をはさみで切ってカッパにしたり、新聞紙のスリッパ、キッチンペーパーでマスクを作ってみたりした。」
DSC_1317 (250x141)
       DSC_1321 (199x250) DSC_1324 (130x200)
 1時間ほどで講習は終わったのだが昼からの全体会には出ないので、昼からの女性と防災の部会に出席するため会場を出てエミフルに立ち寄りった。壊れたエアコンの買い替えのため商品選びをして、明日には取り付けに来てくれるとのこと。よかった、やはりリビングのエアコンの故障はきついものがある。
 午後1時前にはコムズに入り、コンビニで買ったおにぎりを食べて、1時にやってきた仲間たちと4時ごろまで、来る1月27日のコムズフェスティバルに向けて最終打ち合わせをした。
 夕方7時にはこの前行ったイタリア料理の店を予約していたので、4人でまた例のごとくワインを開け、気づけば3本もあけて、よく飲みますね。息子がインフルエンザの病み上がりで少々飲みっぷりは抑え目だったが、夫がよく飲むようになっていた。
 楽しく会食して9時半には、そこを出てからも夫のテンションが高く、自分の趣味の品品を頼みもしないのに二階から持ってきて見せるのにはあきれてしまう。でも上機嫌の夫を見ているとなんだかホンワリするのも事実。
 さあ明日は消防団の出初式がある。そろそろ就寝しよう。  

史談会理事会

 「今日は昨日よりもさらに冷える1日で風も冷たく、外にいるだけで手がかじかむような寒さだった。さらに午後からは雪がちらほら降り出して、積もるほどのものではなかったが本格的な冬を感じた。午前中は事務所にて史談会の県外研修の原稿をようやく仕上げて、印刷会社にそのデータを送ることができた。また午後からは北公民館で史談会の理事会があって、年間事業の報告や来年度の研修計画などが述べられ、最後に会員の減少をどう食い止め、また新規会員さんの勧誘について以前からそのことを訴えている会員さんからの依頼もあって私の方から問題定義をさせてもらった。これについてはやはり懸念されてた方も多くいろいろな意見がでて、最終的にはこの問題の解決に向けて小委員会を作って具体策を打ち出していくことでみなさんの合意があった。」

 その後第2部として新春年賀交換会という形になって、お酒やお茶などで乾杯をして、つまみや乾きもののピーナッツなどを口にしながら、あちこちでいろんな話が。私には行政のことでよく質問されたので、わかる範囲でお応えする形をとった。2月7日の議会報告会のお知らせをしたところ反応が良くて結構来てくれそうで、気を引き締めて会の充実を図らなくては・・・
 4時過ぎには議会事務局によって、印刷上がりの原稿を取りに行って委員の状況を聞いた。私が行ったときにはまだ半分も取りに来ていなかったので、さっそく電話で連絡を。忘れている諸氏もいて困ったものだ
 夜になったらまたもや気温が下がっているようで本当に寒くて、暖房がなかなか効いてこない感じだった。息子が旅行から帰ってきて体調を崩し、どうもインフルエンザに罹ったみたいで、12日に用事で友人とこちらに来ることになっていたのだが、本人は大事を見て来ないことに。友人だけ私が空港に迎えに行くような感じになった。たぶん疲れが出たんでしょう・・・

史談会原稿

 「今日は朝からとっても寒い。風も強い。雪が降ってきそうな空模様だ。10時には議会報告会の内容について、議長や事務局と打ち合わせ。今後のこの会の広報についてもどういう形で広めていくかなど。作業部会で中身についてしっかり詰めていってほしいと依頼を受け、来週の会で話し合いのテーマとする予定だ。」

 昼は久しぶりにエミフルに行きランチを摂って、写真を整理するフォトアルバムを購入し、近いうちに今回の家族旅行の写真を忘れないようにまとめておくつもりだ。
 足が痛くて歩くのもつらかったが、用事を片付けるため頑張った。昨日のフラダンスのレッスンの後、いつも痛い足が極端にだるくなり、今日もその痛みが続いていた。
 レッスンを受けるまでは、さほどでもなかった痛みがきつくなったのは、やはり左足に負担がかかったからと思える。今後は少し考えていかなければならないかも・・
 午後から事務所にて、議会だよりのページの中でまだ十分校正ができていない部分があったので、スタッフとともに工夫しながら私なりの案としてページを作って行った。
 今後の委員会でより読みやすいページにできるよう、一つのたたき台として提案していくつもりだ。
 また史談会の県外研修のレポート原稿がほぼ8割型できてきたので、明日にはほぼ完成するだろう。1回目の校正のため印刷会社に送付できるだろう。
 夕方にはずいぶん冷えてきた。クリーニング屋によって帰宅した時には、かなり家の中も寒くすぐに夕飯の準備に取り掛かった。ただ台所に立っているときにも足のだるさが結構あって、座りたい気分だった。
 鎮痛剤を飲むと楽にはなるのだが、やはり抜本的な解決にはならない。やはりもう一度 病院に行ってセカンドオピニオンが必要なのかも。

夫、 birthday

「今日は成人式で休日なのだが、町内の式典は昨日中に終えたので今日はゆっくり時間があった。特に昨日に比べてお天気が悪く雨模様だ。晴れ着には大敵の雨が昨日は降らなかったのでよかったね。でも全国的には今日が成人式というところも多く、傘を持って着物の裾を気にしながらの式典参加にご苦労さん。でも預けた晴れ着の業者が当日営業停止で、一生に一度のビッグイベントに水をかけるような不届きな事件が起きてしまった。被害にあったご家族のことを思うと、憤りを感じる。」

 今日は夫の66歳の誕生日でもあった。朝から大きな詩吟の大会の準備のために、私が起きた時には姿はなく、夕方まで帰ってこなかった。
 
私は史談会の原稿を書く作業でパソコンの前でずっと午後からしていたが、彼のほうからイタリア料理が食べたいとのリクエストがあったので
大街道の近くの店を予約した。
  トスカーナ地方産の赤ワインでパスタ料理、カルパッチョ、
チーズやポテト料理など楽しんだ。本場のナポリ料理とは違うけど、日本人向けに全体にあっさりした味付けになっていた。でも気に入ったようで、今週末にも来客用に予約してほしいと頼まれた。
          
ボッチャーノ (200x150)
 この3日間の連休もあっという間に終わってしまったが、
溜まっていた仕事、特に原稿書きなどは結構はかどったのでよかったかも・・

成人式

 「今日は朝ゆっくり寝たので、頭はすっきりしている。少し足の痛みは軽くなったような・・・・お昼から松前町の成人式が文化ホールで行われる。私たちも来賓として彼らのお祝いに駆けつける。祈念の写真も撮らしてもらう。なんといっても女性たちの晴れ着が見てるだけでも楽しくなる。また息子たちよりも若い男子の凛々しいスーツ姿やはかま姿もなんだか7・5・3みたいで、ちょっと可愛らしい。それらをカメラに収めるのもいい記念になる。」
        IMG_9799 (300x165)  
 今回の実行委員さんは15名ぐらいいる中で北伊予校区が半分以上で、岡田と松前は残り半分づつという感じ。全体にワーワー騒ぐ子もいないし、町長の話もおとなしく聞いていたので比較的アットホーム的な会になっていた。年々新成人が少なくなっているようで、会に集まってくる人はもっと少ないのかもしれない。
                  IMG_9814 (250x124)
 
久しぶりの友人や恩師との再会に皆さんとても楽しそうに団らんされていたようだが、彼らがまた地元に戻ってきて松前町や県のために仕事をしてくれたり、こちらで生活してくれるのか期待は大きいが、我々もそれらに呼応できるような雇用や住宅地やその環境づくりをしっかりしていかなければと改めて感じた。
    IMG_9818 (250x113)
帰宅後、またパソコンの前で仕事を続けて、
できる限りこの連休の3日間で済ませるべきものは片づけておこうと頑張った。

お酒とお笑いの会

 「朝はゆっくり休めて、9時半過ぎに起床。夫は詩吟の大会の準備のため、朝早くから出かけていなかった。午前中は少し溜まっていた家事を片付け、イタリアから帰ってからの旅日記の書き上げを進めていった。時間が経つと忘れてしまうことも多いので、なるべく鉄は熱いうちに打つべく、パソコンに向かった。」

 夕方から、友人の滝口さんの毎年の『お酒とお笑いの会』に出席。
 6時前には道後のふなやさんに100人を超える人たちが、集合。
この会は今年で20回を数える。私も初めのころから参加させてもらっているので歴史を感じるし、この会で年に1回だけお会いする方々も多い。それほど色いろなジャンルの方々が集まって、年の初めに桂小春団治さんの落語で初笑い、さらに愛媛とほか有名どころのおいしい酒をみんなで飲み比べ、楽しく語らい1年の事始めとする。ただこの会も20回でもうそろそろ打ち止めにしようかというような話も。長年この会に親しんできたものにとっては何とも残念な話なので、何とか会費を上げてでも続けてほしいと願うところだ。
        DSC_1294 (250x141)
 会が終わるとみんな次回を楽しみにてんでんに分かれて、
1年後の再会を楽しみに1年を過ごす。こんな会が一つぐらいあってもいいと思うのだが・・・・

広報委員会

 「朝から広報委員会。ぎりぎり状態でこぎつけた校正分もあって、こちらで勝手に直して出すくらいなら先に本人に確認すべきではと文句の出る幕もあったが、時間のなかった分そういう気遣いがなくて申し訳ない部分もあった。なんせ大幅な変更を要するかもしれないときは、形で表現したほうがわかりやすいと用意したのだが・・・実際には次回の1回目の印刷会社から上がってきた校正後に、いろいろなアイデアが生まれより良いものになって行けばいいのだから。午後1時にほぼできているページについては、1回目の校正を終えることができた。そのあと3時ごろまでかかって事務局とチェックをして4時前に事務所に戻り、今後の仕事配分についてスタッフと打ち合わせをする。」

 夜には、また足や歯の痛みでぐっと疲労が出てきた。明日は少しゆっくり起床できるので、早く回復するよう早めに就寝しよう。

仕事始め

 「朝まで1度も起きずに、ぐっすり眠れた。やはり家のベッドが一番なのだ。熟睡した感じがあって、足の痛みも心持ち減ったような。ただ相変わらず歯の痛みは残っている。今日は10時から新春の集いがあって文化センターに。町長はじめ町内のいろいろなジャンルの方々が集まって、新春の挨拶をかわす恒例の行事だ。私はまだ時差ボケが残る中、多くの方々とお話をすることができ2018年の意気込みを語り合った。それにしてもテーブルの上の花や食べ物、飲み物を早々に紙袋に入れてごっそり持って帰って行    く人がいたのにはびっくりしたが(笑)」
               P1120675 (250x131)
   P1120682 (220x143)
 新春の集いのオープニングはめでたい踊りから始まる。そして町長の挨拶、議長の挨拶と続く。今回は議会報告会についてもちゃんと宣伝アピールをしてくれたので、多くの人から行くからねとお返事をいただいて、改めてしっかりやらないと気が引き締まった。
    P1120685 (220x115)
            P1120684 (220x165)
 帰宅後お昼食をとり、
明日の広報委員会に間に合うように原稿確認や少しレイアウトの変更など事務所にて仕事に集中した。
 
ラブちゃんも迎えに行って久々の再会にとっても嬉しそうだった。首輪もリードも新しくなってきれいに歯の歯垢取りやシャンプーカットもしてもらって、とっても可愛くなっていた。
       DSC_1314 (200x113)
 いよいよ明日から本格的な日常が戻ってくるのだ。
2018年も本格始動だ!!

帰国しました

 「いよいよここからローマに行って、そこから日本へ帰る予定だ。ただ朝から雨模様で、どのようにしてここからケーブルカーの出ている駅まで行ったらよいのか・・飛ぶ鳥跡を濁さずの言葉通り3日間のごみをきれいに集め、使った食器や食べかすなどもきれいに掃除し、オーナーに戻すようにみんなで片づけた。そして時間ぎりぎりまで雨の止むのを待ったけれど、返ってきつくなってきた。長男が私達を玄関内で待たして、自分が近くの店に行ってそこでタクシーを呼んでもらって、そのタクシーで私たちを迎えに来てくれて、結局それで中央駅まで出て事なきを得た。本当に頼もしい息子だ。機転がきいていろんな困りごとにも対処していく、わが息子ながら誇らしい。」

 せっかちの夫のために1時間ぐらい駅で時間つぶしをしなきゃならない羽目には陥ったが、間に合わないよりはましかと思うことにした。
 そしてタクシーと言えば、イタリアではよく利用したが本当にみなよく飛ばすので乗っている側としては恐ろしい。しかも結構狭い路地でもスピードを緩めないし、車間距離もとらないし、やたらクラクションは鳴らす。道路は車が両脇にぎっしり縦列駐車していた。どうやって抜け出るのかと不思議になるくらい、車と車の間が空いていない。だからどの車も傷だらけ。全然気にしてないみたいだが・・
         DSC_1269 (220x99)
 列車で約1時間、ローマに到着。
そこからまたバスに乗ってローマ空港に。到着後空港内のショップで最後のお土産を買って、時間調整もかねて昼食をとって、ここで長男はロンドンに向けて午後5時発の飛行機で、私たちは午後3時の飛行機で先に日本に向けて出発だ。そのため私たちの出発ゲートのところで、別れた。本当にこの1週間いろいろお世話になったね。あなたのおかげで決してできない体験をさせてもらって思い出深い旅をすることができた。ありがとう・・・
 飛行機は3時15分発で、
プレミアムシートで行きより機種が新しく快適だった。私と夫は隣同士で、二男は前のほうに座って隣が空席だったので楽だったのではないだろうか。
 日本までは11時間ほどで着く。機内食もしっかり食べて、
映画も二本観て成田には日本時間で午前11時には到着。やはり時差ボケで頭がボーっとしていたけど、無事日本に着き、なんだかほっとした感じになった。
 やはり多少は緊張していたのかな。この成田で次男とも別れ、
私たち二人が松山に帰る。羽田空港にはバスで約1時間で。3時半発で最終松山には5時過ぎに到着だったが、預けた荷物が出てくるのに約20分ぐらいかかった。それぐらい多くのお客さんが乗っていて、荷物も多かった。
 やっと家に無事帰りついたのが6時前。夕飯を食べに全日空ホテルの雲海という和食処に。やはり久しぶりの和食がおいしかった。
       DSC_1287 (200x112)
 ご飯が終わってもう疲れがピークになっていたので、
寄り道せずに直行で帰った。
 荷物のかたずけも済ませ、
久しぶりのシャワーじゃない湯舟に入って、やはりほっとって感じだ。頭も洗ってすっきりして、倒れこむように就寝。

イタリア最終日

 「ナポリの元日はとても静か。昨日の喧騒はどこに行ったのかしら? 今日はゆっくりとナポリの街の中を散策して回る。私にとっては、結構過酷な1日。足がつらいもんだから・・・ポンペイの遺跡にまで足を伸ばしたかったのだが、元旦はみな公園内は入れず遺跡も見れないという情報を事前に得ていたので、サンタ・ルチアまで行き卵城のそばまで行き、中に入るのは階段が幾重にもあると聞いたので外から眺めることに。それでも中世の古城を見るのも、ロマンがあっていい。何せ12世紀のノルマン朝によって建設されたものだけに、いろいろ想像も膨らむお城だ。」
       P1120643 (250x188)
 そのあとヌオーヴォ城に行き、2つの王家で争ったお城が全面改修されて海側につきだすような要塞のような形になって、せり建つような姿をしていた。また大聖堂もあってそこでお祈りをしたり、ぽつぽつ降ってくる雨をよけながら狭い路地裏を歩いてみたり、ナポリ市内散歩をエンジョイした。
    P1120511 (250x134)
 
雨宿りを兼ねて昼食にレストランに寄って、おいしいパスタやピザを食べてワインももちろん飲んで、いったん3時ごろ家に戻り、また夕食頃に家を出てナポリ最後の晩餐を楽しんだ。
 本当にあっという間のイタリア旅行。でもとても充実していたし、
私たち家族にとってとても思い出深い旅となった。
 これから私たちもどんどん年を取ってだんだんハードな旅はできなくなっていくだろう。それを思うとこれが最後の旅になるかもと、いつも思いつつ次を計画するのだ。
 元日の夜は、結構人が出てきてみんな楽しそう。
明日から平常通り仕事も始まるらしい。クリスマス休暇というらしいが、この辺りで一区切りらしい。
 10時前には帰宅し、
この素晴らしかった眺望とも今夜でお別れと思うと思い切り目に焼き付けて、荷物の整理準備をして明日の出発に備えた。ソファに並んで記念写真も
   P1120662 (250x188)(イタリアでは1月1日)

大晦日?

 「日本では元旦。あけましておめでとうの挨拶が各地で繰り広げられているところだが、ここはイタリアのナポリ。時差のため今日の夕方から大晦日モードになるようで、朝の景色をテラス越しに見ながらお目覚めだ。少し曇り気味で向こうに見えるベスビオス火山の頂上付近に雲がかかって、途中で降ってきたら困ると思いながら今日の予定地カプリ島に向かって港のほうに行かねば・・・やはり今回のカプリ島行きは私の立っての希望で長男に頼んでいたので、それをしっかり実現してくれてうれしかった。でも冬にカプリに行く人は珍しく、ほとんどが夏のバカンスを楽しみにくるところらしい。そのため島の頂上にはイブサンローラン、ベルサーチ、アルマーニ、ソフィアローレンなどなど世界のセレブ達、お金持ちたちの豪邸(別荘)がいっぱい。その辺りはまた高級そうな素敵なホテルがいくつかあって、ブランド商品のお店もいっぱい出ていた。ただ今日のような天候の際は島に渡っても、島めぐりやその先の青い壁(世界遺産)に行けるかどうかは不確定。」

 ナポリの港の集合場所で待っていると今日のツアーガイドのおばさん(私たちぐらいの年齢の日本人、ここに在住42年のベテラン)がやってきて、フェリー出港の時間まで待つように言われ、10時45分に港を出て約1時間、日本人は私たち家族4人と若い男性二人組の6人しかいなかったが船内は多くの外国人が乗り込んでいた。ほぼ満席状態で島に到着。この段階で天候の具合で、今日の観光内容が決まるのだ。
 残念ながら、海も荒れているし風もきつく曇っているので、
島めぐりも当然青い洞窟への潜入もできないとのことで、島内散策だけと言われた。本当にここまで来て残念!無念!
 港からのカプリ島の雰囲気を写真でパチリ。
        P1120536 (250x144)     
 それからマイクロバスに乗って、島の坂道をどんどん上がって行く。島の中腹あたりから車を降りて、昔の島の領主の作った庭園を散策して、石畳を歩きながら島のあちこちの名所を案内してくれた。
 そして昼食を取った後、うれしいお知らせが。
天候の回復で島めぐりはできるとのことで、大慌てで船着き場まで戻り、小型の船に乗ってカプリ島を一周するコースに。
 
海はかなりうねっていたが島の断崖絶壁をぐっと近くまで寄ってくれたので、いくつもの自然にできた洞窟のすぐ近くまで寄ってくれて、しっかり見ることができた。風も強く、船もかなり揺れたが、もう来れるかどうかわからないのでしっかりカメラを向けて写真を頑張った。
     P1120556 (250x188)
 P1120586 (150x200) P1120563 (230x173)
 1時間余りのコースを満喫。
エメラルドグリーンのきれいな海とその海底が目にしっかり焼付いた。本当に来てよかった。最後、島を離れる前にお土産を…カプリウオッチもゲット。
 いよいよナポリの港に向かって帰りの船に。
でも行きよりもいっぱいでやっとこ座れるぐらいの混みようだった。
 船の中でサンセットを見て、
ナポリの港に着いた時はすっかり暗くなっていた。これからナポリの街は年末のお祭り騒ぎになって、花火や爆竹ですごいことになるとのこと。もうすでにバンバン始まっている。
 その上、
ナポリの人は古いものを捨て新しいものと入れ替えるため、大晦日の夜に窓から古い家具をぼんぼん投げ捨てる習慣があるなんて聞いているもんだから、早く食料品を買って家に帰ろうと駅に向かった。
 ところがもうケ-ブルは止まっていて、
タクシーを捕まえるしかなかった。しばらく買い物などをしながらタクシーを捕まえる努力をしていたら何とかキャッチできたので、大急ぎで帰宅した。
 そのため、あまり食べるものも買えずに来たもので
近くの店も閉まっていたので、ワインとビールとポテトチップと果物ぐらいで年越しを・・・
 それにしても12時が近づくにつれて、ものすごい花火や爆竹でまるで爆撃を受けてるのかと思うほど、すごい勢いで街のあちこちで花火が上がり打ち上げのものすごい轟音と火薬のにおいと煙でテラスに出て動画を撮っていた息子たちと、その喧騒に唖然としていた。
 世界のお正月、これほど違うのかって・・・
日本では除夜の鐘でも煩いと言われて止めたところがあると聞いているが、ここは全く逆でこの煩さを楽しんでいるようだった。
 P1120619 (250x130)
                DSC_1263 (159x200)
 ちょうどカウントダウンのクライマックスのころには、
夫はまたワインで気持ちよく寝てしまってまた3人で新年を迎え、午後2時ごろ少し花火の勢いが収まったころに就寝した。
 2018年の開幕を日本より8時間遅れで迎えたわけだ。足の痛みも歯の痛みは
越年してしまったが、帰国後には本格的に治療しようと誓った。今日も1万5千歩ぐらい歩いて、本当に足はバンバンになっていた。